ワンルームのキッチンと部屋を仕切るのにおすすめのアイテム

ワンルームはドアがないので開放的に見える反面、仕切りがないことによってエアコンの効きが悪く、夏場は暑くて冬場は寒いというデメリットがあります。

さらにキッチンで炒め物をすると部屋全体に臭いが行ってしまうという難点もあります。

これらのデメリットを解消するためにはキッチンと部屋の間に何か仕切りを取り着けなければなりません。

そこで今回はワンルームに最適な仕切りアイテムと具体的な取り付け方についてご紹介していきます。

キッチンと部屋を仕切るためのグッズ

ワンルームの場合はキッチンの部屋の間にドアがないため仕切るためには独自でアイテムを購入する他ありません。

また部屋の間取りによってキッチンの配置が異なるので同一のやり方でうまく仕切れるとも限りません。

そこでまずはキッチンと部屋を仕切るのに役立つグッズを紹介してきます。

カーテン

カーテンは仕切りとしては安価で購入できて、一般的な間取りのワンルームなら最適です。

取り付ける位置としてはちょうどキッチンと部屋の境目の部分。1Kでいうところの扉がある部分にカーテンを設置します。

カーテン

カーテン (1)

イメージとしてはこんな感じです。

カーテン自体が大きい物が一般的なのでキッチンと部屋の仕切りとしてだけでなく、部屋を仕切りたい場合にも利用できるのでおすすめです。

NICETOWN 仕切り ドア カーテン 遮光 断熱 隙間風遮断 部屋仕切り 目隠し 防音 安眠 客間・子ども部屋・寝室 (幅150丈200cm ベージュ 一枚、アジャスターフック付き)

新品価格
¥2,450から
(2021/2/3 02:55時点)


長さは床につくかつかないかぐらいのものが最適。カーテンを設置することで料理した時の臭いもある程度防ぐことができますし、玄関から部屋までの目線をしっかりと切ることができます。

また、長さが十分だとエアコンを使用した際にしっかりと部屋中に空気を送り込むことができて滞留してくれます。

設置も簡単だしコストも低く使い勝手としては抜群。

ロールスクリーン

ロールスクリーンというのは巻取りができるタイプのカーテンです。部屋をしっかりと仕切りたい時に最適。

断熱性や防音性に関して言えばカーテンのほうが良いですが、ロールスクリーンは使わない時に巻き取ることが簡単にできるので移動で邪魔にならないという利点があります。

例えば料理をする時はしっかりとスクリーンを下までおろして、それ以外は巻き取って上部にあげておけば移動時に擦れるという心配もありません。

また料理をリビングに運ぶ時にカーテンだとうまくあたらないように避ける必要がありますが、ロールスクリーンならそんな心配をする必要もないのが利点。

Deconovo ロールスクリーン 1級遮光 断熱 遮熱 防音 防寒 UVカット 13サイズ 表裏同色 幅60cm 丈90cm ベージュ

新品価格
¥2,850から
(2021/2/3 02:56時点)


ただロールスクリーンには大きさ的に限界があるので基本的に使うとすれば幅が狭い廊下などの場所に限られます。

のれん

のれんはどちらかというと玄関からの視線を遮る目的が主になります。

そこまで長くないので冷気や暖気は普通に通ってしまいますし、エアコンを使用した際にはキッチンまで無駄に空気が送り込まれてしまうので寒さ・暑さ対策にはあまり不向きです。

ただ安価で設置もめちゃくちゃ簡単なので「取りあえず外から見えるのが嫌」という場合にはありです。

MEMETARO のれん 180CM丈 120CM幅 ロング おしゃれ 北欧 目隠し 無地 厚手 防寒 断熱 遮光 間仕切り 保温 冷気遮断 透けない 飾り

新品価格
¥3,200から
(2021/2/3 02:54時点)

探してみるとカーテンのような長いのれんもあるので廊下がある間取りならこういうタイプのほうが良いかもしれません。

パーテーション

パーテーションは本来部屋の空間を仕切りために使用します。カーテンやロールスクリーン、のれんと違い上から垂れ下がるタイプではなく設置型なので上部に隙間ができてしまいます。

設置は置くだけで簡単なので仕切るのが難しいキッチンが部屋内部にあるような間取りの物件にはおすすめです。

仕切り

置くタイプなので微妙に場所を取るのと、圧迫感があるので部屋が狭くなったように感じるのが難点。

ottostyle.jp スクリーン パーテーション 【ダークブラウン】 目隠し 仕切り 衝立 間仕切り 高さ180cm 幅120cm スクリーン洗濯可能 軽量4kg 玄関 オフィス 自宅 待合室 レイアウト 模様替え

新品価格
¥7,600から
(2021/2/3 03:00時点)


それとパーテーションを一人暮らし用の家に置くとオシャレな雰囲気にしづらいので注意。

ラックや棚

これもキッチンが部屋の微妙な位置にある時に取りあえずの仕切りとして使えるグッズ。

カーテンやロールスクリーンを設置できないぐらいの幅があるときにキッチンの背面に設置することで簡易的な仕切りの役割を果たしてくれます。

仕切り

また、使い方次第ではラックや棚に食器や調味料等を置いておけるのでパーテーションで区切るぐらいなら設置する意味のある棚とかのほうが個人的には良いと思います。

すでに棚やラックを持っているなら新たに購入しなくても配置を変えるだけで仕切りの役割を果たしてくれますからね。

佐藤産業 Cafetira レンジ台 食器棚 幅88cm 奥行40cm 高さ82.5cm ホワイト×ブラウン スライド棚 コンセント付き 可動棚 CTS90-90G

新品価格
¥16,843から
(2021/2/3 02:53時点)


こういう間取りであれば食器棚を設置してキッチンの空間を区切ってしまうのもありですね。

寒さ・暑さ対策や臭いを防ぐのにベストなのはカーテン

僕も実際に色々と調べてみましたが、やはり手軽さや実際に効果を発揮しつつある程度のおしゃれさを保つにはカーテンを設置するのがおすすめです。

よくファミリー家庭ではキッチンと玄関の間にのれんを設置していましたがのれんの役目は中が見えるのを防ぐ効果しかありません。

実際にドアのような仕切りを設置しようとすると釘やネジを打つ必要が出てくるので賃貸に住んでいる人にとっては適しません。

棚などを置いてしまうとそれこそ通れなくなるので問題外です。

となるとやはりカーテンを設置するのが最も適していると言えます。

では具体的にどのように設置するのかご紹介していきます。

ワンルームに仕切りを設置する具体的工程

パーテーションや棚、のれん、ロールスクリーンに関しては購入して設置するだけなので今回はカーテンを設置する方法について紹介していきます。

1.カーテンの種類を選ぶ

カーテンと言っても色々と種類がありますが、選ぶのは厚手のものにしてください。

例えば遮光カーテンは普通のカーテンよりも厚手に出来ており、その名の通り光を遮断してくれます。

光を遮断してくれるということは外からの熱をシャットアウトしてくれるということです。

選ぶポイント
  • 幅に対して適切なものにする
  • 床につくかどうかぐらいの長さを選ぶ
  • 厚手のものを選ぶ

 

廊下とリビングの間に設置する場合、狭いので幅の小さいカーテンじゃないと見栄えが悪くなってしまいます。

大体2mほどあれば丈は問題ないと思いますが念のため購入前に測っておいてください。

スポンサードリンク

2.突っ張り棒を設置する

続いて突っ張り棒を選びます。

カーテンは普通カーテンレールに設置するものなので普通の突っ張り棒を購入しただけでは付けることはできません。

カーテンレールを作る方法
  1. カーテン上部を輪っか状に縫い合わせて突っ張り棒を通す
  2. リングランナーを購入する

1は縫い合わせる手間がかかるので個人的には2をおすすめします。

リングランナーというのはカーテンを突っ張り棒に取り付けるためのリングのことです。シャワーカーテンなどに使用されているのもこのリングランナーです。

カーテンに付属しているアジャスターフックを輪っかの小さい部分に引っかけるだけです。

アジャスターフック↓

アイリスオーヤマ カーテン用スライドリング CSR-S

新品価格
¥219から
(2017/1/9 17:16時点)

ただ、リングランナーの輪っか部分が突っ張り棒よりも小さい場合はつけられないのでサイズを考えなければなりません。結構こういった失敗が多いので注意。

突っ張り棒は絶対に100円均一で購入しないようにしてください。カーテンを設置した瞬間にずれ落ちるので無駄になります。

購入する際は耐久性も考慮してください。

そういう事自体考えるのが面倒臭い場合はリングランナーが付いている耐久力抜群の突っ張り棒がおすすめ。

アジャスターポール M:111-190cm 強力タイプのつっぱり棒 リングランナー付/Z3K

新品価格
¥2,480から
(2017/1/9 17:20時点)

突っ張り棒としては値段が少し高いですが、その分10キロまで耐えてくれます。

遮光カーテンは普通のカーテンよりも重く、だいたい2キロぐらいです。

さらに開け閉めする力が加わるのでこのぐらいの耐荷重性があると安心です。

ちなみにレビューを見る限り重いカーテンでも問題なく取り付けられるとのことです。

リングランナーがついているのでこれとカーテンを購入すれば準備OKです。

3.出来るだけ隙間がないように設置する

突っ張り棒の位置は天井ギリギリにしてください。余裕をもって設置してしまうと上部に隙間が発生してしまうので料理の臭いがそこから簡単にリビングに侵入します。

料理の臭いは熱がこもっているので暖かい空気です。暖かい空気は上に行くので隙間があると臭いが広がりやすいというわけです。

またカーテンの長さが足りないと冬場の冷気が足元から入ってくるので隙間が出来ないサイズを選ぶようにしましょう。

カーテンで仕切る際の注意点まとめ

最後にいくつか注意点を挙げておきます。

注意点
  • 隙間が出来ないようにカーテンの長さを調節する
  • 裾部分が余り過ぎると踏みつけて突っ張り棒が落下する危険がある
  • 突っ張り棒は耐荷重性の高いものを選ぶ(最低5キロ以上)
  • カーテンは厚手の遮光カーテンがベスト
  • カーテンレール付突っ張り棒は耐荷重性の低いものが多い
  • 白色は長く使っていると汚れが目立つので避けるべし

サイズを測ることは購入前に絶対に行ってください。

仕切りに臭いが移らないようにする方法

カーテンなど布製品を使っているとどうしても料理の臭いが染み込んでしまいます。

これを完璧に防ぐことは難しいので、嫌な人は臭いがつきにくいシャワーカーテン等を仕切りに使うしかありません。

布製品を使う場合はそのまま仕切りとして使う前に防水スプレーを使用してみてください。

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

新品価格
¥619から
(2021/2/3 03:21時点)


防水スプレーは雨などの水をはじくことができる成分が含まれているわけですが、臭いの元をたどると水蒸気です。つまり空気中の水分が吸着することで臭くなってしまうというわけ。

防水スプレーをかけておくことで臭いの吸着を阻害してくれるのでおすすめです。

それでも多少臭いはついてしまうので、そうなった場合は消臭スプレー等で対策するのが効率的。

部屋が原因不明の異臭!臭いの意外な原因場所とは?

最後に

ワンルームは仕切りがない分家賃が安いというメリットがありますが、扉がついていないことでエアコンの効きが悪くなったり、玄関を開けると部屋内部まで見えてしまうので宅配等が来た時に他人に部屋を覗かれるリスクがあります。

仕切りは自分で簡単に設置できるものばかりなので用途に合わせて購入を検討してみてください。

参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です