一人暮らしで外置き洗濯機の物件を選ぶメリットとデメリット

Pocket

家賃の安いアパートやマンションではベランダや玄関の外に洗濯機を置くような物件も存在します。

実家だと室内洗濯機が当たり前なので外の洗濯機を置くことに不安を抱える人も多いと思うので今回はこれまで2回ほど外に洗濯機を置くタイプの物件に住んだ僕が室内洗濯機と比較してメリット・デメリットをまとめてみました。

抵抗を感じている方や迷っている人は参考にしていただければと思います!

洗濯機置き場が室外の理由とは?

洗濯機は室内に置くイメージが強いですが、物件によってはベランダ部分や玄関外の扉付近に置くようなタイプの物件も多く存在します。

室外洗濯機タイプの物件というのは基本的に築年数の古い物件が多いですが、昔は洗濯機の水をそのまま外に排水することが困難だったため、屋外に設置してそのまま排水する構造になっていたようです。

現代であればこういった構造は容易に建設することが可能なので室内洗濯機が当たり前となっていますが、築40年以上の古い物件ではどんなに部屋が広くても鉄筋コンクリート造のマンションでも室外洗濯機が主流になっています。

配管というのはリノベーション工事をしてもなかなか改修工事をすることが難しいので内装は綺麗なのに外置き洗濯機の物件は珍しくありません。

外に洗濯機を置く物件のメリット

家賃が安い

室内に洗濯機置き場がある物件に比べると当然ながら需要が低くなるので相場よりも5,000円~10,000円前後は家賃が安くなる傾向があります。

さらに新築で室外洗濯機置き場の物件は非常に少なく、ほとんどは少し築年数が古めの物件ということになるのでより家賃が安くなります。

家賃は正直言って無駄金でしかないので毎月のコストを抑えることができるのがなんだかんだで最大の魅力だと思います。

1万円安いだけでも年間で12万円お得ですからね。

洗濯機スペース分広くなる

室内に洗濯機を置く場合はたいていワンルームや1Kなら冷蔵庫横かもしくは脱衣所部分になると思います。

室外に洗濯機を置くタイプの物件ではそのスペースをまるまるカットすることができるのでリビング部分を広くとれるような構造になるというわけです。

確かに僕が最初に住んだ木造アパートも部屋は8畳ありましたし、2回目は10.5畳というかなりの広さでした。

室内の広さが変わらない場合はその分さらに家賃が安くなっているはずです。

ベランダに洗濯機があると干しやすい

室外洗濯機はベランダに置くタイプのものと入り口ドアの横に置くタイプの2種類があります。

ベランダに置くタイプの洗濯機だと洗濯が終わった後にわざわざ運ばなくてもそのまま物干し竿に干すことができるのでかなり便利です。

手間はかかりませんし、無駄に洗濯カゴを購入する必要もないのでラクでした。

外に洗濯機を置く物件のデメリット

故障する確率があがる

部屋に置く場合と比べると当然ながら故障するリスクは高くなります。

外に置いておけば雨風に晒されますし、砂埃が洗濯機内部に溜まったりすれば洗濯機自体がうまく動作しないということも起こります。

洗濯機の寿命はだいたい6年~8年と言われていますが、室外洗濯機はその半分の年数で故障が起こりやすくなります。


僕が大学時代に使っていた洗濯機も室外タイプで新品を購入してから4年目あたりで脱水ができなくなるという症状が起こりました。

普通に使っていてこんなに早く壊れることは少ないので買い替えるコストを考えればやはりデメリットです。

雨風に晒されるので汚れやすい

使用していて思いましたが、やっぱり室外に洗濯機を置いておくとすぐに汚れてしまいます。

綺麗な状態で使いたくても2週間程度放置しただけで洗濯機の表面には汚れが付着してしまうので最終的に面倒になって掃除するのをやめてしまいました。

また、本来洗濯機は使用後にふたをあけておいたほうがカビの発生リスクを抑えられたりしていいのですが室外に洗濯機を置いておくとこれができません。

ふたを開けて放置すれば当然砂埃が内部に入ってしまいますし、余計故障の原因にもつながるので環境的にも最悪な状態です。

冬場は水が氷ることもある

意外と気付きにくい部分ですが住んでいる地域によっては室外に洗濯機を置いておくと冬場に水が氷るせいで使用不可になることがあります。

僕は関東に住んでいますが冬場に使用しようと思ったら蛇口から一切水が出てこないという状態に陥りました。

こうなると蛇口の氷が解けるのを待つか、室内から水を汲んだりしなければなりません。

昼間の日が出ている時間帯なら問題ありませんが、時間が取れなくて夜に洗濯する機会がある人とかだと使い勝手が悪いと思います。

盗難の被害に遭いやすくなる

これは彼女と同棲していた時に起こったことですが、当時住んでいた物件はドア横に洗濯機を置くタイプで洗濯が終わってから数分間放置していてフタを開けたら下着が盗まれていました。

おそらく犯人は女性が住んでいることがわかっていたので隣人や近隣の住人であることは間違いありませんが、室内洗濯機ではまず起こらないようなケースです。

防犯性を考えると女性は室外に洗濯機を置くタイプの物件はやめておいたほうが良いな、と思います。


やろうと思えば同じ物件に住んでいる人だったら誰でも犯行可能ですからね。

洗濯終了の音が聞こえず忘れがち

これも室外洗濯機と比較した時のデメリットです。

外に洗濯機があるせいで洗濯が終わった時のアラーム音が聞こえにくいので、忘れていてそのまま放置してしまうことも珍しくありません。

室内であれば洗濯していたことを忘れていてもアラームで知らせてくれるのですぐに干すことができますが、室外だと忘れたままになって部屋干し臭になることもあります。

洗濯時の音が大きく夜使いづらい

鉄筋コンクリ―造の室内洗濯機物件なら夜に洗濯しても隣人に音が聞こえてしまう心配はありませんが、室外洗濯機の場合は洗濯時の音がもろに聞こえてしまうので夜や朝方に使いづらいというデメリットがあります。

木造アパートの室内洗濯機も音は聞こえやすいのでアパートならあまり関係ない話かもしれませんが、自分の使いたい時間帯に使えない(使いづらい)というのは少しストレスを感じる部分だと思います。

仕事が忙しかったり生活リズム的に昼間洗濯できない人もいるでしょうからね。

深夜とかに使おうものなら隣人がその音のせいで起きてしまって管理会社にクレームを入れられてしまう可能性すらあります。

ベランダ置きとドア横置き洗濯機の使用感の違い

icatch-600x336

室外洗濯機はベランダに置けるタイプの物件と入り口ドアのすぐ横に置くタイプの物件があります。

同じ室外洗濯機でも使用感が違うので実際にどちらにも住んでみて感じた使用感の違いについてまとめてみました。

ベランダ置きの物件
  • 洗濯物が終わったらすぐに干すことができる
  • 洗濯が終わった音は割と聞こえやすい
  • 盗難被害には遭いにくい
ドア横置きの物件
  • 洗濯物が終わった後にベランダに運ぶのが面倒
  • 洗濯が終わった音は聞こえにくい
  • 盗難被害に遭いやすい
  • 洗濯する時に隣人に出くわしやすい
  • 設置しやすい・処分しやすい

こうやってみるとドア横置きの物件よりもベランダに洗濯機があるような物件のほうが優れていることがわかります。

女性で仕方なく室外洗濯機の物件に住むのであればせめてベランダに置くタイプのほうが盗難被害とかを考えるとおすすめです。

ドア横洗濯機は購入後に設置しやすくて、粗大ごみとして処分するときもそのまま運ぶことができるのが唯一のメリットです。

短い期間住むのであればいいですが、普通に住むならベランダに置くタイプの物件を選びましょう。

外置き洗濯機の選び方

外置き洗濯機を選ぶ際には室内洗濯機とは違った目線で見ることが大切です。

とにかく安いメーカーを選ぶ

デメリットからもわかるように室外洗濯機は汚れやすくて故障もしやすいものです。

高い洗濯機を選んだところでその洗濯機は次の引っ越し先では基本的に使うことができません。

室外に置いていたものを室内に置くのは抵抗を感じる人も多いでしょうし、何より汚いので新しく買い替える人がほとんどだと思います。

以上の点から住んでいる期間使えればいいのでなるべく安い洗濯機を選んだ方が良いです。

同じ機能でもメーカーによっては高くついたりするので新品を購入するなら安いメーカーで十分。

安いメーカー例
  • アイリスオーヤマ:日本の家電メーカー
  • ハイアール:中国メーカー
  • ハイセンス:中国メーカー
  • マクスゼン:日本の家電メーカー(機能が必要最低限)

室外洗濯機は汚れるので引っ越し時にリサイクルショップに売ろうとしても拒否されることも多々あるので高いメーカーを選んでも利点が少ないです。

リサイクルショップなどで中古品を選ぶ

中古品にあまり抵抗がない場合は新品ではなくリサイクルショップ等で購入できるような型落ちの洗濯機を選ぶべきだと思います。

リサイクルショップの洗濯機はしっかりと内部の汚れを落としてから販売しているので意外と綺麗なものも多く、保証も効いたりするのでリスクも低くておすすめです。

もっと安く手に入れたいのであればジモティーなどのフリマアプリを利用するというのも手です。

僕の場合は2回目に室外洗濯機を選ぶ際はジモティーで4,000円程度で国内の有名メーカーのものを手に入れられました。

最終的には処分することになったので別に有名メーカーじゃなくてもよかったんですけど、格安なのでかなりお買い得でした。

まとめ

MEMO
  • 室外洗濯機は汚れやすく壊れやすい
  • そのぶん家賃が安いのが一番の魅力
  • 購入するなら中古or安いメーカーの洗濯機がおすすめ
  • 女性が住むならせめてベランダ置き洗濯機の物件

室外洗濯機タイプの物件は決して悪いわけではないですが、室内洗濯機と比較すると当然デメリットも大きいので住むならしっかりと把握した上で選ぶようにしてください。

また、室外洗濯機は基本的に使い捨てるような感じになるので安物や中古品を購入したほうが後悔は少なくて済みます。

「室外洗濯機は嫌だけど家賃が安いから・・・」という理由で選ぶ場合はコインランドリーという選択も取ることができるので費用面を考えてみましょう。

一人暮らしに洗濯機はいらない?コインランドリーとどっちが安い?

住む年数にもよりますが、意外と買うより安く済むこともあります。

家賃が安い物件の効率的な探し方

スーモやホームズでは室内洗濯機の物件を絞って検索することはできるものの、家賃の安い室外洗濯機の物件を絞り込んで検索することはできません。

あえて室外洗濯機にこだわる必要はありませんが、こういったランクの低い物件を探すには不動産に直接行く必要が出てきます。

ただ、不動産に行って探してもらうと自分の条件にぴったり合う物件を効率的に探すことはでませんし、時間効率が悪いです。

そこでおすすめなのがイエプラというサイトです。

イエプラ

イエプラは家にいながら専門スタッフに部屋を探しもらうというサイトでチャットでのやり取りが可能なので細かい条件を伝えることができます。

取り扱い物件数は約500万件とスーモやホームズに引けを取らないので効率的に探したいならこういったサービスの利用がおすすめです。

もちろん全て無料で使えるサイトです。

イエプラの公式ページへ

参考になれば幸いです。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ