マンション角部屋でも後悔することはある?意外なデメリットとメリット

賃貸物件の中でも角部屋は需要も高く、あえて角部屋を選ぶ人は多いです。

ただ、そんな角部屋でもメリットとデメリットは表裏一体なので住む場所によっては後悔することもあります。

今回は角部屋の意外なデメリットとメリットをまとめ、どういった立地の角部屋は避けるべきなのかまとめてみました!

マンション角部屋の意外なデメリットとは?

角部屋はやたら人気が高いですが、そんな角部屋にもデメリットはいくつもあります。

家賃が少し高くなっていることがある

賃貸物件は需要と供給のバランスで家賃も変動します。

中部屋に比べて角部屋は需要も高く、なおかつ1フロアで2部屋しか存在しないので家賃も1,000円~2,000円高くなっていることがあります。


全く同じ間取りでも家賃が高いというのは確実にデメリットです。

家賃は固定費となるので住んでしまえば引っ越すまで削減することはできませんし、家賃を重視して考えている人やお金を少しでも貯めたい人にとっては数千円でも痛手です。

外気の影響を受けやすい

角部屋は外壁とベランダの2面が外に接しているため中部屋に比べて夏は暑くなりやすいですし、冬場は寒くなりやすいです。


外壁に窓が設置されている場合はもろに影響を受けてしまいます。

エアコンをつけていても窓があるせいで暖房の熱はすぐに逃げてしまいますし、夏場の冷気も同様にすぐに暖まってしまいます。

夏はまだしも冬場の冷気はかなりきつく、エアコンを常時つけても寒いと感じることは増えるでしょう。

エアコン使用頻度が高くなればそれだけ電気代も高くなってしまいます。

外からの騒音を受けやすい

静かな住宅街ならまだしも大通りや線路沿いなど外がうるさいと角部屋はその影響をかなり受けやすいです。


外からくる騒音というのは通常ベランダ窓部分から入ってしまいますが、角部屋の場合は加えて外壁からの振動音も影響して内部に伝わります。

中部屋であれば両隣りに部屋があるのであまり気にならないレベルの音でも角部屋だとかなりうるさく感じることも。

車の騒音がうるさい賃貸物件のベランダ窓の防音対策とは?

ベランダが狭いことがある

角部屋は中部屋のように等間隔で仕切りができていない分、ベランダが少し狭くなっているケースの物件が多いです。


もちろんその逆で角部屋のほうが少しベランダが広い物件も中にはありますが、基本的には角部分がカットされていたり丸みを帯びた形状になっているので狭い物件のほうが多いです。

ベランダが狭くてもそこまで困ることはありませんが、そのせいで中部屋よりも洗濯物を干せる量が少なくなってしまったり、物干しラックが置けない等の問題も起こります。

家具が配置しにくい

角部屋は中部屋に比べてデットスペースが生まれやすい間取りとなっています。

角部分を無理やり部屋にしているので家具を置くのに不便な形をしていたり、窓が中部屋よりも多いせいで家具を置くスペースが限定されるため模様替えを楽しみづらく、固定されてしまいます。


また、窓が多い分カーテンを余分に購入しなければならなかったり、引っ越し先が中部屋だと購入したカーテンが無駄になってしまうといったデメリットがあります。

空き巣被害に遭いやすい

マンション最奥の角部屋は中部屋に比べて人通りが少なかったり死角が多いことによって空き巣被害や何かしらの犯罪被害に遭いやすい一面があります。


目的がなければ最奥の角部屋前に人がくることはありませんし、角部屋は窓が複数設置されているので鍵の閉め忘れや侵入経路が増えるせいで狙われやすいのです。

男性の一人暮らしならまだしも女性の一人暮らしでなおかつ1階となると狙おうと思えば簡単に侵入できてしまうので防犯性は低いので避けるべきです。

角部屋に住むメリット

角部屋の住み心地は全体的に中部屋よりも高いです。

具体的なメリットについてまとめてみました。

隣人による騒音リスクが半分になる

角部屋の一番の魅力は住人による騒音リスクが半分になることです。

中部屋だと両隣りの音が聞こえてしまうような構造になっているので例えば自分が102号室に住んでいて101号室の人が非常に静かで常識のある住人だったとしても103号室がよく騒ぐような人だったらうるさくなってしまいます。

角部屋なら隣りに住んでいるのは1人だけなのでそのリスクは半分というわけです。

また、もし角部屋に住んでいて隣人が少し騒がしかったとしても内壁側に家具を重点的に置くことで騒音を多少防ぐことができるといった対策がとれるのも良さの1つです。

中部屋で両隣りどっちもうるさかったらどうしようもありませんからね。

日当たりが良い

窓の多い角部屋は他の部屋に比べてかなり日当たりが良いです。

洗濯物は乾きやすいですし、部屋にカビが生えにくかったり、布団は干さなくても部屋にまで日がちゃんと入るので問題なかったりと手間がかかりません。

日当たりが良すぎるせいでパソコンやテレビ画面が見づらくなってしまうといった一面もあるのでメリットだけではありませんが、住む上で日当たりの良さは重要です。

もしあまりにも良すぎる場合は遮光カーテン等で対策することも可能です。

風通しや通気性が良い

日当たりの良さもさることながら風通しを良くすることができるのが角部屋の魅力です。

通常、部屋を換気する際はベランダ窓を開けるのが一般的ですが、一方向だけ開けた状態ではうまく空気が循環しないため見た目以下の換気能力しか発揮してくれません。

窓が2つある場合は両方を開けることで片側から外の新鮮な空気を取り込み、もう片方で部屋の空気を逃がすといった空気の流れを作ることができます。

これにより非常に早く部屋を換気できるので急に恋人が来たときとか家で鍋や焼き肉をした後はかなり便利です。

中部屋より虫出現率(特にゴキブリ)が低い

一見すると角部屋のほうが外に近いので虫が出やすいようにも思えますが、中部屋は隣りで出現した虫がそのままこっちに来てしまうことがあるので中部屋のほうがやや虫出現率は高くなります。

侵入経路が角部屋より中部屋のほうが多いのが原因。

中部屋のほうが害虫は出やすいと思われます。 侵入経路が多くなるわけですからね。 あとは隣で防虫とかされるとこちらに逃げてきますんで。 あとは単純に隣が汚いだけで虫は増えますしね。

参照:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14110065079

例えば隣りでゴキブリが発生すれば、それがそのままベランダやわずかな隙間をつたってきてしまう可能性があるというわけです。

いくら自分の部屋の対策をしていても隣人の汚さにも影響を受けるものなのでリスクとしては角部屋のほうが低いです。



避けるべき角部屋の立地や特徴

角部屋のほうが住み心地が良いのは間違いありませんが、物件の立地や建物の向きによっては後悔することもあるようなので避けるべき角部屋の例をいくつか紹介していきます。

通りに面している1階の角部屋


オートロック物件など防犯性の高い角部屋ならともかく、マンションでも簡素なエントランスだったりする場合は1階手前側の物件は避けるべきです。

通りに面していることで誰でも簡単に侵入できてしまいますし、見られやすいので犯罪に巻き込まれやすくなってしまいます。

駐車場や階段に近い側の角部屋

角部屋を選ぶならなるべく奥側のほうがデメリットも少なくておすすめです。

階段に近かったり、駐車場が備え付けの賃貸物件の場合、その近くの角部屋だと人が通ったり車に乗り込んだりするたびにその音が聞こえてしまいます。

階段は足音も響きやすいので玄関部分から人の気配が常にする羽目になるので避けるべきです。

大通りなど騒音がうるさい立地


角部屋は外からの影響を受けやすいので大通りや線路沿い、車通りに多い場所に位置している物件は避けるべきです。

もろに車や電車の振動音の影響を受けてしまうため中部屋よりもうるさいですし、住み心地が悪くなってしまいます。

また、こういった通りに面している角部屋は他人からも見えやすい位置になっているので危険です。

寒い地域の物件


角部屋の特性上、室温を快適に保ちにくいので東北等の寒い地域に住むのであれば避けたほうが良いです。

夏場は多少暑くても風通しが良かったり、エアコンを使ってもそこまで電気代は高くなりませんが冬場は非常に部屋が暖まりにくく、なおかつ電気代も暖房機器となるのでかなり高くなります。

毎日寒い思いをする羽目になるので寒い地域なら角部屋は選ばない方が賢明です。

最上階の角部屋


最上階でしかも角部屋となれば自分の玄関の前を通る人は誰もおらず、景色も良くてしかも足音も気にしなくて良いのでかなり魅力的に思えますが、3面外壁と接触することになるので外気の影響をもろに受けてしまいます。

もともと角部屋のデメリットが外気の影響を受けやすいのに最上階であれば上部からも影響を受けることになるので当然と言えば当然です。

分譲賃貸などコストの高い物件ならまだしも、低コストで建設された賃貸マンションの場合は十分な断熱材が使われておらず後悔する可能性が高くなります。

まとめ

項目角部屋中部屋
家賃
外の遮音性×
苦情率×
防音性×
外気の影響×
虫出現率×
防犯性
住み心地×

角部屋にもたしかにデメリットはあり、住む場所によっては後悔することもあるようですが全体的に見れば中部屋よりも明かに住み心地は良いです。

鉄筋コンクリート造や分譲賃貸ならまだしも木造アパートのような比較的防音性の低い物件なら中部屋のほうが住んでから後悔する可能性は高いでしょう。

角部屋を選ぶなら大通り等騒音がひどい場所だけ避ければ後悔は少ないです。

少しでも参考になれば幸いです。

賃貸マンションの中部屋は後悔する?住んで感じたメリットとデメリット