一人暮らし用の部屋で2人住むのは規約違反?同棲や郵便物について


部屋を探す時、普通は1Kやワンルーム、1DKなど一人用の部屋を借りるのが当たり前だと思います。

しかし、一人暮らし中に彼女、あるいは彼氏ができてしまい引っ越すのも面倒だからと同棲しようと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は一人暮らし用の部屋で実際に二人住むのは違法なのか、どうなるのかについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

同棲禁止物件でもみてみぬふりが現状

一人暮らし用の部屋ということですから、規約には通常「一人入居可」「二人入居不可」と書かれていると思います。賃貸契約の際は必ず契約確認を行うのでその時にも不動産の方から言われているはずです。

実際恋人が出来てそのままずっと一緒にいる人も珍しくはないですよね。一般的な解釈で言えばこれは間違いなく規約違反となりますのでやってはいけない行為です。

見つかれば注意される、追い出される等なんらかの処置が施されるでしょう、普通に考えればね。

ですが、現状同棲しているのかどうかを明白にすることはできないので例え同棲していたとしてもばれていなければ問題ではありません。

しかも、この問題については大家さんや管理会社によって対応がかなり変わってきます。

うちは大家をしてますが、
契約書では居住者1人になっていますが、実際のところどの部屋の人も彼氏彼女をつれこんで、ほぼ同棲しています^^;

でも他の部屋の人に迷惑をかけたり、部屋を必要以上に汚したりせずに、常識の範囲で一緒に住んでる分にはかまわないと思ってます。ですからうちは「契約違反」とはいえ、追い出すつもりはありません。

 

当方の実家が不動産を貸しています。

(集合住宅)

一応、契約書に違反されては困るのですが、現実問題
としては、恋愛をする自由があります。
憲法の基本的人権をどうこうと規制出来ないのも
事実です。

周囲から見て、事実婚と同様ということですと、
いきなり契約違反だから出て行けというのは難しいですね。客を呼んでるなら別です。

 

つまり、隣近所に騒音などによる迷惑をかけていない限りは見て見ぬふりをしてくれるのが実際のところ。

そもそも、大家が必ずしも管理物件近くに住んでいるとは限りませんし、住んでいたとしても勝手に部屋に入ってくることは不法侵入に当たるのでありえません。

普通に生活していて同棲がばれることはほぼありません。仮に恋人が部屋に入っていくところをお隣の人や管理人に見られたとしても「遊びに来ているだけ」と認識されるでしょう。

さすがに毎晩騒いでいるようであれば、隣人から通報されて注意されるかもしれませんが、それでも強制的に追い出すことはほぼ不可能です。

スポンサードリンク

住民票は移すべき?やめとくべき?

同棲している上でもう一つ気がかりなのが郵便物について。

住民票を恋人の住んでいる住所として届け出ることは普通にできますが、実際問題同じところに別々の名前で郵便物が届くのってまずいんじゃないかということ。

見つかるリスクを考えれば住民票は写さず、実家に送ってもらうのが一番です。しかし、郵便物を大家が見ているわけでないので、郵便物によってばれるというのは実際はなかなかありません。

ただ、ばれてしまった時に言い逃れができないので出来れば郵便物だけは別にした方がいいですね。

結局、一緒に暮らしていることがばれてしまうのってほとんどが住人からのチクリによるものなので、大家さんに直接見られてばれるなんてことはほとんどありません。

もし、アマゾンなどネットショップ等で新住所をした時に移住確認はがきが届いた方は「移住確認で同棲はバレるのか」でまとめていますのでそちらをチェックしてみてください!

ちなみに私は過去に一人暮らし用物件で2人で住んでいたこともありますし、その物件に住民票を移したこともあります。

部屋を借りる際の規約と郵便局(宅配物全般)は一切関係ないので、安心してください。

一人暮らし用物件に2人で住むデメリットについて

部屋探し 付き添い

規約違反なのは前提として、家賃を安く済ませられる反面のデメリットについてご紹介していきます。

部屋が狭くてケンカになりやすい

一緒に住むとなるとお互いのプライベートスペースを設けていないとストレスが非常にたまるのでケンカに発展しやすくなります。

寝る時間、起きる時間は微妙に異なるので片方が寝不足になったりすることも。

びくびくして生活しなければならない

例え大家や管理会社にばれなくても、「ばれたらどうしよう」という不安にいつまでも苛まれることになります。

無駄に住人に対して警戒したり、話し声なんかでばれることもあるので生活が窮屈になる傾向があります。

収納スペースがなくて困る

一人暮らし用の物件なので収納スペースも1人分しかありません。

なのに荷物は2人分あるので、当然部屋がめちゃくちゃ狭くなります。私は恥ずかしながら過去に経験したことがありますが、自分のものをめちゃくちゃ捨てる羽目になりました。

クローゼットが狭いと服はかけられませんし、必要最低限のもの以外は捨てるか実家に送るしかなくなります。

そうしないと生活スペースが確保できないので。

結論

あくまで「一人暮らし用物件に2人で住むのは規約違反」前提ですが、実際はこんな感じ。

  • 2人で住んでもバレる可能性は低い
  • ばれても注意される程度、最大でも退去費が少し値上がるぐらいのリスク
  • 2人の住民票を同じ物件にしても問題なし
  • 家賃を安くできるが、その分精神的によくない

特にマンションなど鉄筋コンクリートでできているような壁の厚い建物なんかだとまずばれないでしょうね!

実質ばれたところで大家が一方的に追い出すことは難しく、例え家賃を少し滞納したところで追い出されないのと同じです。

家賃を滞納してしまった場合の対処方法

ちなみに住民票を移動させていないにも関わらず、郵便物を2人で住んでいる部屋に届けようとすると「住居確認はがき」というものが届くことがあります。

詳しくは「住居確認ハガキが届いたら」でまとめていますが、これをそのままにしておくとずっと郵便物が届かなくなることになるので注意してください!私も一度経験があります。

一番いいのは二人でお金を貯めて新しい部屋を借りることです。

同棲で部屋を借りるのは一人で借りる時と勝手が多少異なるので引っ越す前に簡単に下調べをしておくと良いと思います。

同棲目的で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?

意外とこういう疑問には気づきにくいと思うので参考にしてみてください。

同棲のあれこれ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す