一人暮らしに1LDKは広すぎる?住んだ100人に聞いてみました

1LDKは広めなリビングと寝室部分が設けられていて一人暮らしとして住むには理想的な部屋にも思えますが、実際に借りるとなるとデメリットが多いのも事実です。

今回は一人暮らしに1LDKは広すぎるのか、住み心地はどうなのか解説していくので迷っている方は参考にしてみてください!

一人暮らしで1LDKは広すぎる?

結論から言えば一人暮らしで1LDKに住むのに広すぎるということはありません。

1LDKで一人暮らしをしたことのある方100人にアンケート調査を行ったところ、全体の66%は「ちょうど良かった」と回答しています。

  • 調査対象:『1LDKで一人暮らし』経験のある人
  • 調査期間:2022年12月13日
  • 調査年齢:20代~60代
  • 調査性別:男性44人/女性56人
  • 調査機関:クラウドワークス
  • 有効回答数:100人

ただし、今までワンルームや1Kに住んでいて問題なく生活できていた人からしてみれば、1LDKに引っ越して思っている以上に広いと感じることはあるでしょう。

1LDKというのはリビングダイニングキッチン+1部屋が備わっているような間取りです。

キッチンと一体型になっているようなリビングですが、使い方としてはワンルームや1Kと同じように1部屋としてテレビやソファ等置くことが可能です。

リビング部分は8畳以上あることが多いのでかなり広々した空間となっています。

1LDKは約40㎡前後と言われています。

厚生労働省が定める「住生活基本計画における居住面積水準」によると、一人暮らし(単身者)の最低限必要とされる部屋の面積は25㎡となっています。

場所畳数平米数
リビング8畳約14.6㎡
キッチン廊下2畳約3.6㎡
トイレ0.7畳約1.7㎡
お風呂場1.8畳約3.3㎡
クローゼット1畳約1.8㎡
合計13.5畳約25.0㎡

また、suumoが20代社会人の一人暮らしに調査を行ったところ一人暮らしのボリュームゾーンは「~18㎡」で、全体の3割となっています。

間取りによる調査でも1LDKを選ぶ一人暮らしは全体のわずか14.6%しかありません。

一人暮らしだとワンルームや1Kが圧倒的に多く過半数を占めています。

1LDKの場合ソファもテーブルも置かない、テレビも全く見ないという人ならば空間を持て余すことになるため広すぎるという意見が出るのもごもっともです。

友達をよく呼ぶ人や、8畳程度の1Kでも狭いと感じる人にとってはちょうど良い大きさに感じるかと思います。

1LDKで一人暮らしした人の意見

調べてみたところ「広すぎる」という意見はかなり目立っているように感じました。

寝室部分は広くても6畳程度なので、使い勝手が良いですが問題はリビング部分です。

リビングの広さがキッチン含めて10畳前後となるのでソファやテレビ、棚を置いても余るぐらいには広いです。

友人を招くとか恋人を呼ぶとか趣味が多かったり、私物が多い人であれば十分に活かすことができますが、物が少ない人や友人や恋人を呼ぶ予定がないとなると広すぎて寂しさを感じる可能性があります。

1LDKで一人暮らしが向かない人の特徴

1LDKは一人暮らしと二人暮らしのちょうど間に位置する間取りです。

一人暮らしでも広すぎるということはありませんが、結局は使い方次第で部屋の広さを活かすことができずに後悔する可能性はあります。

1LDKが向かない人の特徴について紹介していきます。

帰って寝るだけ生活の人

仕事が忙しく、家にいる滞在時間の少ない人では1LDKという広さがあってもうまく活かせず無駄に家賃を払うだけになってしまう可能性が高いです。

1LDKはリビングと寝室を分けるような構造をしているため、私生活を充実させなければ1Kや1Rでも変わりません。

寝室とリビングが同じでも生活が変わらないのであれば広い部屋に住む意味がないというわけです。

荷物の量が少ない人

もともと荷物の量が少ないという人も1LDKのような広い間取りは不向きです。

「テレビを全く見ない」「ベッドではなく布団で寝る」「無駄なものは置かない」という性格であれば、スペースが余ってしまうため、かえって寂しさを感じることになります。

逆に言えば荷物の量が多かったり、理想とする部屋のイメージがついている人ならうまく活かすことができます。

友人や恋人を呼ばない人

寝室を分けることで急な来客時にも対応しやすいのが1LDKです。

友人や恋人と過ごすときはリビングだけで使うことができますし、生活リズムの違う恋人と半同棲状態となったときでも部屋を分けることができるのは1LDKならではの利点です。

全く家に人を呼ばないのであれば、寝室を分けたところで移動が増えるだけとなってしまうので無駄も多くなります。

家で仕事をまったくしない人

寝室を分けることのメリットはオンとオフの切り替えに大きく関わります。

テレワークや在宅ワーカーであれば、日中はリビングで仕事をしたり、あえて仕事専用部屋を設けることによりだらけることなく仕事をすることができます。

仕事や勉強というのは無駄なものや誘惑を視界に入れないことが重要になってくるので、在宅ワーカーにはおすすめの間取りです。

家で全く仕事をしないのであれば、常にオフ状態となるので部屋を分けても大したメリットがありません。

一人暮らしで1LDKに住むデメリット

広い部屋は気分の向上させてくれてインテリアの自由度もあがりますが、デメリットもあるのでメリットと比較して選ぶことが大切です。

100人を対象に『1LDKで一人暮らしをして感じた不満点』について調査したところ、第1位は家賃の高さとなっていました。

また手狭な1LDKや広い部屋から引っ越した場合は手狭に感じることもあるようです。

気になる問題点について1つずつ紹介していきます。

家賃が高すぎる

ワンルームや1Kに比べると1LDKの物件はどれもかなり家賃が高くなっています。

【女性/20代】都心での1LDKは家賃が高く、節約しなければならない月もあった。

【女性/30代】家賃が高くて払うのが大変でした。

池袋駅にある木造の1Kと1LDKの家賃をそれぞれ比較してみました。

種類家賃専有面積築年数
1K9.4万円25.3㎡新築
1K7.1万円17.6㎡2年
1K9.2万円22.3㎡2年
1LDK13.0万円32.5㎡6年
1LDK17.2万円39.7㎡新築
1LDK11.0万円37.4㎡11年

1Kの平均家賃は8.6万円に対して1LDKは13.7万円。

ある程度の広さが確保されているため家賃が高くなることは仕方ないことですが、1LDKの間取りは比較的新しめの物件がかなり多く占めているので相乗的に高くなっていることも原因です。

「築年数はそこまで気にしない」というタイプでも築浅物件ばかりとなってしまうので必然的に家賃の高い物件を選ばざるを得ないというわけです。

高い家賃を払ってまで1LDKに住む価値があるかどうかは意見の分かれる部分です。

掃除が大変

ワンルームや1Kに比べると広さがある故に掃除をする範囲も当然広くなってしまいます。

【男性/20代】空間が広いので掃除が大変だった。

【女性/40代】掃除をすることが面倒くさい、どんどん物が増える。

ごちゃごちゃしていないので掃除機をかけたときにそこまで面倒に感じない人も多いですが、掃除する範囲は広いので大変と感じる人も多数。

いつもの掃除はまだしも本格的な大掃除となると1日がかりでも終わらないレベルになるので年末は特に大変という意見が多いです。

光熱費(特に電気代)が高くなりがち

リビングともう一部屋追加されている1LDKは比較的電気代が高くなりがちです。

【女性/20代】冷暖房が全ての部屋についていなかったので、全ての部屋で快適に過ごすのが少し難しかった。

【女性/40代】エアコンや暖房を使う際、リビングと寝室を賄うことになり、それが付いていない部屋の方が暑かったり寒かった。

【男性/40代】冬の暖房費を抑えるために、寝室を閉め切っていたので寝るとき寒かった。

リビングの電気をつけっぱなしにしていたり、そもそもリビングに設置されているエアコン自体が8畳や10畳用の大型のものになるので6畳のワンルームと同じ時間つけていても電気代に差がでます。

また、暖めたり冷やす範囲が広いので自動でつけているとフル稼働状態になってしまうのも原因です。

電気代というのは使えば使うほど単価が高くなる契約になっていることが多いので注意が必要です。

1LDKの場合は各部屋にエアコンがついていない場合もあるため、住んでから不便に感じる人も多い模様。

物が多くなりがち(引っ越しが大変になる)

【男性/30代】間取りの広さに甘えて、物が蓄積されてしまっていました。

【女性/40代】空いたスペースが多いので、邪魔なもの、片付けてないものをそのあたりに放っておくようなことが何度かありました。結局、最終的に片付けなければならないので大変でした。

広さがあるのでついつい家具を追加したり、シングルベッドじゃなくてセミダブルやダブルベッドを設置したり、ソファを設置したりする人も多いと思いますが、そうなれば退去の際にかなり苦労します。

引っ越し業者に依頼するにしても料金は割増になってしまいますし、もし仮に次引っ越す物件がワンルームや1K等の手狭な間取りだと入りきらない可能性すらあります。

住んでいる物件に合っている家具も、引っ越したら使えるかどうかわからないので最悪処分する可能性も。

引っ越しにおいて面倒になる可能性が高いけど、かといって快適に過ごしたいならある程度家具は必要になってくるのが悩ましいところ。

一人暮らしで1LDKに住むメリット

こちらも同様にアンケート調査を行ったところ、1LDKで良かった点の圧倒的1位は「メリハリがつく」で全体の31%を獲得しています。

他には「手狭なワンルームや1Kと比較すると使い勝手が良い」「快適に過ごすことができた」などの意見がありました。

具体的な利点について紹介していきます。

生活にメリハリが生まれる

1LDKで一人暮らしした多くの人が挙げていた生活のメリハリというのは寝室とリビングを分けることができるという点が非常に大きいです。

【女性/40代】リモートワークのとき、zoomで寝室を観られたくなったのでリビングにパソコンを置いて参加出来たのが良かった。部屋が分かれていて助かった。

【男性/20代】しっかりとしたテーブルと椅子で在宅勤務ができる。休憩する位置とご飯を食べる位置が異なるので、気持ちが変わる。

【男性/30第】シンプルな用途に応じたベストな作りで生活もスムーズ化されてよかった。在宅ワークに向く良い環境だと思います。

ワンルームや1Kでは食事・仕事・娯楽といったすべてが1つの部屋で行われるのでメリハリをつけることが難しくなります。

1LDKの場合はベッドがリビングを離れていることで生活空間とリラックス空間を完全に分けることができ、仕事空間を切り離すことも可能です。

特にテレワークや在宅ワーカーにとっては集中できる環境を作ることが大切になってくるため、1LDKは理想的な間取りというわけです。

キレイな部屋に住める

先ほど紹介した通り、1LDKの間取りだと新築や築浅物件が非常に多く存在します。

キレイな部屋に住みたい人は選択肢が多いのでより好みの近い物件に住むことができます。

2DKとは逆で1LDKは近年需要が高いため積極的に建設している会社も多いので探すことに関して苦労することはありません。

その分家賃がお高いのが悩みどころですが、ある程度資金力のある人ならデメリットになりません。

レイアウトの自由度が高い

いままでワンルームに住んでいた人なら「棚を置きたいけど部屋が狭くなってしまう」だとか「ベッドの置く場所がなくてベランダまでの同線がなくなってしまう」といった悩みを抱えたことが一度はあるかと思います。

1LDKの場合は8畳以上のリビングに加えて6畳前後の寝室部分が別に設けられているので、家具の配置に困ることはまずありません。

【女性/40代】本や衣類など、置き場を心配することなくとっておくことが出来て安心感がありました。

【女性/40代】とても荷物が多かったので、結構置き場所が沢山あってよかった。また広くそれなりに使え台所なども料理作りなど困らなかった。

居心地の良いリビングをとことん追求して家具を配置できますし、睡眠に最適な専用空間を作ることも可能です。

今まで購入できなかった大きめのソファを配置したり、専用デスクで在宅ワークを快適にすることもできます。

独立した寝室を設けることができる

【女性/30代】ベットルームは人が来た時に見られたくなかったので、リビングと部屋が分かれてたため、よかったです。

【女性/30代】人が来た時に、ベッドなどのプライベート空間を見られずに済んだ。

「睡眠は人生の3分の1を占める」というように、生活において寝具というものはかなり重要です。

1日のうち8時間程度はベッドの上で過ごすことを考えると専用で寝室を設けられるって大きなアドバンテージです。

実際僕が1LDKを借りたい理由も独立した寝室スペースを設けたいから。

大きめのベッドを買うのも1LDKならできますがワンルームだと部屋が狭くなったり、置く場所が限られているせいで現実的には難しいです。

1LDKなら独立した寝室を持つことができ、さらに友人を呼んだ際にベッドルームに他人を入れさせずに済むため、プライバシーが確保しやすいのも利点です。

収納スペースに困らない

【男性/40代】生活空間に余裕が持てることが良かったです。特に筋力トレーニング用の機材が場所をとるという問題があったので、以前の1Kに比べのびのび暮らすことが出来ました。

【女性/40代】荷物が多かったので、突然の来訪者にも荷物を隠せて良かった。

1LDKならそれなりの広さのクローゼットやそのほかの収納スペースが設けられているので「収納がなくて困る」ということはありません。

もし仮に収納スペースが少なかったとしても棚を設置すればいいだけですし、実際にそのゆとりもあるほど広いので邪魔になることもありません。

インテリアにこだわりやすい

【女性/20代】インテリアにこだわりがあるため、沢山のものを置けて良かったです。

本来、寝室と生活空間を一緒にするというのはかなり難しいものです。

部屋がごちゃごちゃしやすくなってしまいますし、配置も限られているのでよほどおしゃれな人じゃないとインテリアをうまく活用することすら難しいです。

1LDKの場合は寝室は間接照明を多く利用したリラックス空間に仕上げて、リビングは居心地の良さと動きやすさを重視したインテリアに分けることができるので配色さえ間違えなければ誰でも簡単にそれなりにおしゃれにすることが可能です。

こだわりたいけど狭くてできないという問題がないのはかなり大きいです。

恋人ができたときに一緒に住みやすい

カップルの場合は1LDKや2DKの間取りを選ぶ人が多いです。

通常であれば同棲をする際は広めの部屋に引っ越しを検討しなければなりませんが、最初から1LDKに住んでいるのであればわざわざ引っ越す必要はありません。

1LDKなら寝室とリビングを分けることができるので2人で住んでも十分に暮らしていけるだけの広さがあります。

高い引っ越し代を払う必要はなくなりますし、簡易的な手続きのみで同棲をすることができるのでメリットです。

1LDKのレイアウト例

寝室として使用する(定番)

最も多いレイアウトは片側を寝室として使用し、キッチン部分はリビングとして寝る以外の生活空間として使用するような配置です。

寝室はベッドしか置く必要がないので狭い空間でも全く問題ありませんし、寝る場所をこだわることができるので睡眠の向上につながります。

これならダブルベッドでも余裕で置けるぐらいのスペースはあるので寝心地を追求したい人にはかなりおすすめです。

リビングはテレビ、ソファ、もしくはデスク等を置いて寝る以外の時間帯にくつろげるような場所にするのが良いでしょう。

広さによってはテーブルを置いたり収納スペースを増やすこともできます。

仕事専用部屋にする

テレワークが多い人やフリーランス等で在宅仕事をする場合は仕事専用の部屋を設けるというのも作業効率があがるのでおすすめです。

仕事や勉強を自宅でする際に重要なのが集中力です。仕事以外で使うものが目に届く範囲にあると集中力低下につながるので専用部屋にするのが大事です。

L字デスクなどの大きめの机や書類等をまとめるための棚を置いてもスペース的には余裕があります。

趣味部屋と寝室を兼用する

趣味が多い人ならあえて趣味部屋を設けるというのも使い方の1つです。

例えば読書が趣味であれば全面に棚を設けて手に取りやすくしておいて寝室も兼ねておけば寝ころびながら漫画や小説等を読むことができます。

本と寝る場所というのはマッチしやすいのでレイアウトとしては一緒にしても問題ありません。

趣味に取るスペースがどの程度かによって寝室を分けるか一緒にするか考えましょう。



1LDK以外におすすめの間取り

1LDKだと広すぎるという場合におすすめの間取りを3つほど紹介していきます。

1DK

1DKというのはダイニングキッチン+リビングの間取りです。

キッチン部分が3畳~6畳程度の広さとなるので「1LDKだとリビングが広すぎる」という人におすすめの間取りです。

6畳あればダイニングキッチンにテレビを置いたりして居間として使い、本来のリビング部分は寝室として使い分けることも十分可能です。

1DKの魅力
  • キッチン部分も広く使える
  • やろうと思えば生活空間を分けられる(キッチン部分の広さによる)
  • 家賃が比較的安い(築年数が少し古めの物件が多いため)

築浅の物件は比較的少ないですが、そのおかげで家賃を抑えつつある程度の広さを確保することができます。

築浅物件が良いって人にはあまり向きませんが、選択肢として考えてみましょう。

広めの1K

1Kの場合、一般的には6畳程度の広さが多いですが8畳や10畳程度の間取りも存在します。

寝室を分けたいと考えていない場合や6畳だと少し手狭だと感じている場合は1LDKにするのではなく1Kの中で広い部屋を選んでみるようにしてください。

広さはあっても間取りは1Kなので1LDKのように一気に家賃があがることもありません。

10畳もあれば仕切りを使うことで簡易的に部屋を分けることも可能ですし、在宅ワーカーでも仕事空間を作ることができます。

1Kに住むのはやめたほうがいい?ワンルームとの違いは何?

階段式のロフト

ロフト付き物件ははしごのイメージが強いですが階段式タイプのものもあります。

ロフトは専有面積に含まれないため広さの割に家賃を抑えることができるタイプの間取りとなっています。

ロフト部分を仕事部屋や寝室として使い、下の部分はリビングとして使うことでさながら1LDKのような使い方もできます。

注意点としてはロフトの寒暖差ですね。特に夏場は暖かい空気が上部に行く性質があるせいでかなり暑いです。

エアコンの設置部分や小窓が設置されているかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

一人暮らしでロフト付き物件はやめとくべき?住み心地をまとめてみた

家賃を抑えて効率的に1LDKを探すコツ

1LDKが広すぎると感じるかどうかは人にもよりますが、それ以上に問題となるのは家賃の高さです。

広い部屋に住みたいという憧れがあって無理して借りたとしても、家賃の高さに苦しんでいたら元も子もありません。

リノベーション済み物件を探す

「広い部屋に住みたいけど家賃は抑えたい」という人におすすめなのがリフォーム・リノベーション済みの物件です。

ある程度築年数が古くなってくると需要が一気に減るので大家としては家賃収入を得るために内装を新しいものに改装しようと考えます。

外観は古いままですが、内装は新築同様の物件となっていて家賃もかなり手ごろに抑えられるのでおすすめです。

物件によっては水回りがそのままだったり1階だと虫が出やすい等の問題もありますが、物件選びさえ間違えなければ確実にお得な部屋です。

リノベーション賃貸は虫やゴキブリが出やすい?1年間住んで感じたデメリット

物件数の多い不動産を利用する

直接不動産に行って探してもらう人も一定数いますが、不動産というのは自社物件(利益率の高い物件)を優先して紹介していたり、他社物件を扱えない等の規制があるため物件数自体が少なかったりします。

基本的にはネットで部屋探しをするようにしたほうが間違いなく条件の良い物件が見つかりやすいです。

ネットでの部屋探しの問題点としては空室になった物件を掲載するまでにラグがあることです。

この問題を解決しているおすすめサイトはイエプラ。

イエプラのホームページへ

運営会社株式会社エヌリンクス
口コミ評価(google)★★★★☆(4.5)
対応エリア関東・関西
店舗数2店舗
物件数約10万件以上
仲介手数料基本賃料1ヶ月分+税(保有不動産に依存)
利用料金無料
会員登録必要
おとり物件0件
特徴自宅にいながら部屋探しができる
チャットでやり取りが可能
新着物件を手に入れられる
業者専用サイト「ATBB」が見られる
設定できない細かい条件を伝えられる

イエプラはチャットで部屋を探してもらうというアプリで、新着物件紹介までのラグがないのが強みです。

店舗で紹介してもらうスピード感で情報が手に入り、スーモやホームズで掲載されている物件はほぼすべて紹介可能となっています。

無駄なオプション代もかからないため、安く効率的に部屋探しができます。

イエプラ公式ページへ

まとめ

MEMO
  • 物が多い人なら1LDKでも広すぎるということはない
  • 今までワンルームや1Kでも十分だった人からすれば広すぎるように感じる
  • 1LDKならレイアウトの自由度が高くなるので快適度は増す
  • 1LDKは家賃が一気に跳ね上がるので無理をしてまで住む物件ではない

広すぎると思うかどうかもう1部屋を何用に使うかどうかで決まります。

家にいることが長い人や在宅が多いのであれば生活空間と仕事空間をしっかりと分けることができるのでいいですが、帰って寝るだけのような生活をしている人からすれば無駄に高い家賃を払うだけで大したメリットを感じられないのも事実です。

1LDKは設備も充実していたり、築浅だったりするので家賃がかなり高くなる傾向があるので無理をしてまで住むべきではありません。

もし選ぶのであれば30㎡~35㎡ぐらいを目安にして探すことで家賃を比較的抑えつつ、無駄な広さを感じることなく過ごすことができます。

住まない方がいい間取りとは?後悔しやすい間取りの特徴まとめ