一人暮らしで家具家電を一式揃えると費用は平均いくらかかる?

一人暮らしをする場合の初期費用については以前ご紹介しましたが、一人暮らしをする場合は仲介業者等に支払う初期費用の他に家具家電を揃えるお金がかかります。

だいたいいくらぐらいかかるのか正確なデータを知りたいところでしたが見つからなかったので今回は改めていくらぐらいかかるのか独自に計算してみました。

これから一人暮らしをする予定の方は参考になるかと思います。

家具家電一式揃えた時にかかる費用

今回は生活に必要だと思える最低限のものを揃えた場合の金額を計算してみます。

イイものを購入すれば当然高くつきますが、一人暮らしの場合はとりあえず安くてコスパの良い商品を選ぶと思うのでこれを前提条件とします。

生活必需品値段
テレビ30,000円
テレビ台3,000円
洗濯機30,000円
冷蔵庫30,000円
炊飯器10,000円
テーブル6,000円
カーテン3,000円
ベッド30,000円
布団一式5,000円
掃除機3,000円
ドライヤー2,000円
合計152,000円

※リンクをクリックするとおすすめの家具家電ページに飛びます

家具家電一式を揃えようとすると152,000円ぐらいかかります。

つまり生活必需品を全て揃えると約15万円かかる計算です。

しかもこの金額は「なるべく安くてコスパの良い家具家電を揃えた場合」の金額となるため、少し良いものを買おうとするともっと高くなります。

1つ1つ補足説明していきます。

テレビ/テレビ台

テレビはサイズや機能によって値段が変わります。

一人暮らし用の部屋なら32型があれば十分です。それ以上はでかいのでそれ以下で考えます。

Amazonで調査したところ32型のテレビはだいたい2万円~3万円程度。

最近ではテレビすら見ないという人も多くなってきたので、あまり見る機会がなさそうならいっそのこと買わなくても良いと思います。

テレビを購入してしまうとNHKの受信料を払う羽目になるのでそのあたりも厄介な部分。

NHK受信料集金人は居留守をし続けると来なくなるのか実際に試してみた結果

ちなみにテレビ台は本格的なものを購入する必要はありません。僕が最初に一人暮らしをした時は親と一緒に家具店にいって4,000円ぐらいのちょっと重量のあるものを購入しましたが模様替えの時に移動させるのが大変でした。

引っ越す時も運ぶことが大変なので結局処分してしまいました。

テレビ台はラック等で代用できますし、そっちのほうが安いです。

洗濯機

洗濯機はメーカーやサイズ、性能によって値段が変わります。

東芝やシャープ等の有名どころはやっぱり高いです。逆に海外メーカーのハイセンス等は極端に値段が安くて2万円前後で購入できてしまいます。

一人暮らし用の洗濯機はだいたい3万円前後が相場。

ドラム式洗濯機で乾燥まで使いたいと思わない限り機能性としてはそこまで変わらないので保証のある安いものを選んだほうがいいです。

ちなみに乾燥機付きのドラム洗濯機はめちゃくちゃ高いですが、洗濯物を干す手間がかからないので一度使ったら元の生活には戻れないほど良いそうです。

ただ、一人暮らし用物件だとそもそもドラム式が入らないって可能性があるのでその点注意。

冷蔵庫

冷蔵庫はサイズと機能で値段が変化します。一人暮らし用なら洗濯機と同じぐらいで3万円が相場です。

だいたい140L前後で間冷式(霜がつかないタイプ)のものを選べば間違いありません。「料理なんて全くしない」という人ならもっと小さいサイズでもいいかも。

ちなみに一人暮らしをすると最初の頃はほとんど物を入れずにスカスカになります。これは一人暮らしあるある。

「料理しないから冷蔵庫なんていらない」と思う人もいるかもしれませんが、冷凍食品や飲み物を冷やすことができなくなるので必須。

僕の場合、最初の1年間はスカスカ状態でしたが料理をするようになってからは割と140Lの冷蔵庫でも入りきらないレベルで物が多くなってしまいました。この辺は人によってかなり違う部分です。

炊飯器

炊きあがりの良さによって値段が変化します。一人暮らしなら3合あれば十分です。

相場はだいたい1万円前後。実際にはもっと安いものもありますが、炊飯器は安いと炊きあがりが悪くなってしまうのでご飯があまりおいしく感じません。

僕も最初は「炊飯器なんて安いもので良い」と思うタイプでしたが、使ってみると美味しさそのものが変わるので安い炊飯器はおすすめしません。

また、一人暮らしをずっとしていて思いましたが炊飯器は他の家電と違って壊れにくい。つまり買い替えることがほとんどないので割と良いものを購入しといたほうが良い。

テーブル

ご飯を食べる時やテレワーク中の仕事等で使えるテーブル。一人暮らしならコンパクトのもののほうが場所を取らないのでおすすめです。

これも値段はピンキリで安いものだと2,000円程度で購入できます。

僕の場合は電気代を節約するためにコタツを選びました。暖房って結構電気代が高いのでコタツのような電気代が比較的安いものを持っておくと結果的に安く済ませることができます。

テーブルってガラスタイプのものとかありますが、指紋がついてしまうので使い勝手は悪かったです。普通のものがベスト。

カーテン

カーテンの相場はだいたい3,000円程度。厚さや仕上がりによって値段が変わります。

個人的におすすめなのは遮光カーテンです。断熱効果もあり、昼間に少し寝たい時とかに重宝するので普通のカーテンを購入するぐらいなら遮光カーテンがおすすめ。

カーテンがないと外から覗かれてしまったり冬場の冷気で部屋が全く暖まらないなどのデメリットがあるので購入必須です。

ベッド

ベッドにいくつか種類があって【すのこ式】や【折りたたみ式】なら1万円程度で購入できます。

大きなマットレスがついてくるタイプのベッドはフレーム+マットレスで3万円以上が相場。

ベッドは確かに良いもののほうが部屋がオシャレにできたり寝心地も良くなりますが、そのぶん引っ越しや模様替えの時に大変になるというデメリットもあります。

長期的に住む予定なら良い物を購入したほうがよいし、1年ぐらいで退去するならむしろベッドじゃなくて敷布団でもありだと思います。

布団一式

布団一式を購入するならセットのほうが明らかにお得になるので単品購入は避けましょう。

そもそも布団なら実家で使用しているものをそのまま持っていけばいいだけなのでそこにお金をかける必要はないような気がします。

新居で心機一転したいという場合には購入が必要。布団はともかく枕の性能によってもかなり寝心地が変わります。

高い枕だと平気で3万円とかするのでどれだけ寝具にお金をかけたいかによって値段が変わる印象。

掃除機

掃除機は紙パック式やコードレス、サイクロン式など色々ありますが、一人暮らしならスティックタイプの細くて場所を取らないものがおすすめです。

安いものだと3,000円前後で購入できます。高性能なものほどゴミをよく吸ってくれますが一人暮らしならあまり必要ありません。

そもそも掃除機自体を持たない人もいるぐらいです。代わりにクイックルワイパー+コロコロで代用する感じ。

ドライヤー

割とドライヤーも値段はピンキリですが、安いものなら2,000円程度で購入できます。

高いものは髪の毛の保湿力や速乾性があるのでもちろん使い勝手は良いですがその分値段も馬鹿みたいに高くなるので取りあえず生活のために買うなら安いもので大丈夫です。

生活必需品以外の家具家電等を購入した場合

準生活必需品値段
本棚4,000円
タンス(衣装ケース)3,000円
カーペット4,000円
ゴミ箱2,000円
ケトル3,000円
フライパン・鍋一式4,000円
箸・スプーン・フォーク1,000円
物干し竿1,000円
合計22,000円

絶対に必要とはいえないけど、人によっては必要なものをピックアップしてみました。

1つ1つはそれほど高いものではありませんが、そろえようとすると最低でも2万円以上はかかります。

入居してすぐに料理をする人は少ないですし、後から徐々に揃えていけば良い部類ばかりですが、絶対に必要だと思うなら最初から購入しておいても良いと思います。

他にもシャンプーやリンス―、ハンガーとか細々した生活用品を購入していくとなんだかんだで合計20万円ぐらいはかかる計算です。

僕の場合は取りあえず必需品の大型家具・家電は入居時に購入しましたが、準必需品は必要だとおもった時に購入するようにしました。

なんかお金がもったいなくて、新居に引っ越して1年経ってもいまだにゴミ箱を買っていなかったり、カーペットがなかったりという状況です。

スポンサードリンク

家具家電費用を抑えるには

なるべく金額を抑えたいのであれば新品購入以外の方法を考えるべきです。

1.実家から持ってくる

私の場合、実家の自分の部屋に置いてあったローテーブルやテレビ、布団は車で運んでなるべく初期費用がかからないようにしました。

初期費用を10万円以下に徹底的に抑える方法

実家で使っていないもので、購入するとお金のかかるものは優先的に持ってくるようにするとだいぶ金額も安く抑えることができます。

ただ、どうしても洗濯機や冷蔵庫など実家に1つしかないものがあるので全て実家から持ってくるということはできません。

それと大型家電や家具は自力だと車で運びにくく、引っ越し業者を利用すると高くつくので考え物です。

配送料無料の電気屋等で新品を購入するよりは安いですが、それでも無駄金には違いありません。

2.友人から譲ってもらう

洗濯機や冷蔵庫はさすがに実家のを持ってくるわけにもいかないので購入しましたが、友人からもらえる人は貰った方がいいですね。この二つはなかなか金額も大きいので。

引っ越しの時期に友人がちょうど引っ越す場合は積極的に声をかけてみるようにしましょう。

人によっては引っ越す時にちょうど家具を一新するようなブルジョアもいるので意外ともらえたりします。

先ほども言ったように大物の家具家電は引っ越しの手間となるので面倒臭がって人にあげてしまう場合は多いようです。

3.中古リサイクル店を利用する

もしそれらが出来ない場合、中古でも良ければリサイクル店で探すのもありだと思います。

しっかりと保証が付いている物を購入すれば故障してしまった時にも対応してもらえますし、嫌でなければおすすめします。

私も実際に足を運んで何度か見て回りましたが、洗濯機や冷蔵庫は新品に近い状態のものも多く、潔癖症でなければかなり安く済ませることができます。

中古リサイクル店はトレジャーファクトリーや2ndストリートなどの大手だけでなく聞いたこともないようなマイナーなお店も数多く点在しています。

物を売る時には買い取り価格がお店によって大きく異なるので注意した方がいいですが、買う時はそこまで商品の価格に差はないのであまり気にしないで良いと思います。

4.家具家電付物件を選ぶ

まだ部屋を決めていないという人は最初から家具家電が付いている物件を探すと良いでしょう。

家具家電付と言えばレオパレスのイメージが強いですが、最近では他の不動産屋も同じような商法を取り入れているので選択肢は割と充実しています。

最初から15万円以上の初期費用を抑えることが出来るというのは最大のメリットです。

しかも、退去時の処分方法にも困らなくて良いという点もいいですね。

ただ、家具家電付物件はレンタル状態になるので不注意で壊してしまったり、傷とつけてしまうと退去時にお金を請求されるといったデメリットもあります。

また、通常の部屋よりも家賃が高く設定されていることが多いので注意が必要です。

ちなみに借りる物件によってついている家具家電は異なるようですね。

家具家電付き賃貸のメリットとデメリット

5.最低限の家具家電しか購入しない

上記で紹介した家具家電は一人暮らしでの生活必需品ですが、人によってはいらないものやあまり活用しないものもあります。

例えばテレビ。最近ではテレビ自体を見ないって人も珍しくありませんし、そうなればテレビ+テレビ台の購入は必要なくなります。

また結構値段がするベッドも人によっては使わないこともあります。

僕の場合は以前まで折りたたみベッドを使用して引っ越す時に後輩にあげてしまったのでチェストベッド(収納付き)のものを購入しました。

しかしそれもチェスト部分が破損して、引っ越しの時も運ぶのが大変だったので処分。

以降は布団だけで2年以上生活しています。

確かに布団だけとなると見栄えはあまり良いものではないので「部屋をオシャレにしたい」という人にとっては不向きかもしれませんが、なくても生活はできます。

そうなれば単純に3万円まるまる浮かせることができるので取りあえず最初は布団で生活するのもありだと思います。

布団で生活してみて「やっぱりベッドが欲しい」となれば購入すればいいだけの話。

洗濯機や冷蔵庫はなくてはならないものなので外すことはできませんが、自分があまり使わないと思えるものは省いていくことで安く生活することができます。

徐々に揃えれば無駄なものを買わなくて済む

色々と方法はありますが、個人的には最初に必要最低限の洗濯機や冷蔵庫だけ揃えておき、後から徐々に購入したり実家から持ってくるなどして揃えていった方が良いような気がします。

ちなみに僕は電気屋で冷蔵庫と洗濯機を購入しましたが、入居日に宅配が届かず、再配達してもらったので2週間冷蔵庫・洗濯機なしで過ごしたことがあります。

新居に付く時間に5分遅れただけなのに宅配業者は待ってくれないようなので、ないとは思いますが一応この辺も注意してください。

その他の一人暮らしコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です