家具家電付き賃貸って何がついてる?レオパレス以外で探す方法とは?

家具家電付きと聞くとレオパレスを思い浮かべますが、最近ではレオパレス以外の賃貸不動産でも増えています。

一見ありがたい話にも思えますが、当然デメリットや問題点も多いです。

今回は「家具家電付き物件には何がついているのか、いらないものは拒否可能なのか、レオパレス以外でも探す方法はあるのか」についてまとめてみました!

家具家電付って何がついているの?

よく聞く家具家電付物件ですが、そもそも家具家電付って何がついてるのか気になる方も多いと思います。

レオパレスを例に挙げてみましょう。

部屋に設置されている家具・家電
  1. テレビ
  2. 洗濯機
  3. 冷蔵庫
  4. 電子レンジ
  5. テーブル・椅子
  6. ベッド
  7. 寝具一式

寝具一式というのは布団以外で、布団に関しては有料です。

レオパレスの社員による書き込みも見つけました。

家電家具は、テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、照明器具、エアコン、ベッド(ロフト、又はセミロフト)、テーブル、イス(2脚)、コンロ(電気、又はIH)、浴室乾燥機(一部物件)です。

参照元:Yahoo不動産

 

その他の仲介業者も同じような感じですし、ホームページなどに記載があると思うので確認してみてください。

基本的には大きな買い物をせずに入居できると考えてよさそうです。布団ぐらいは自分で買っても大した金額じゃないですからね。

小物類以外の大きなものは基本的についていることが多く、オプションでさらにつけてもらうこともできることが多いので不便には感じないと思います。

いらない場合でも基本的に拒否することはできない

家具家電付き物件といっても自分にとって不要なものがあった場合、そのまま置いておくと部屋が狭くなりますし、できることなら撤去してもらいたいですよね。

最近ではテレビを設置しているとNHK受信料が請求されて色々トラブルになっているのでそれを避けるために「テレビは設置しないでほしい」ということは可能なのか気になるところ。

これについて調べてみましたが少なくともレオパレスのように最初から規定の家具家電が備え付けのような物件というのはいらなくても我慢するしかないようです。

お部屋に設置してある備品の撤去・引き上げは致しておりません。

参照元:レオパレス

逆にオプションとして家具家電をつけることが可能な物件であればつけないという選択もできるというわけです。

家具家電付き物件は最初から備え付けなことのほうが多いので、基本的にはいらないと思っても撤去してもらうことはできないと考えておいた方がいいでしょう。

家具家電付き物件にこういったデメリットもあるので、もし入居する予定の人は事前に「いらない設備は撤去してもらえるか」を聞いておきましょう。

家具家電付き物件に住むメリット

家具家電付き物件の魅力
  • 家具家電を揃える費用が抑えられる
  • 引っ越しが楽
  • 退去の荷造りがラクになる

家具家電を揃える費用が抑えられる

ご存知の通り、家具家電付にすると初期費用が圧倒的に抑えられます

大型家電は揃えるだけでも軽く10万円以上しますから、その分がなくなったと思うと相当オトクです。

また入居時の時も買いに行く手間が省けますし、退去時に家電の処分方法について困らなくて済みます。

退去の時って家電をどうするか悩む方も多いですし、新たに一人暮らしするつもりもなければ結果的に全て処分する羽目になります。

家具家電系は粗大ごみになる可能性が高く、そうなれば粗大ごみとして処分するための費用が新たに必要になってしまいます。

引っ越しが楽

家具家電が最初から備え付けなら身一つですぐに引っ越すことができるのも大きなメリットです。

通常なら引っ越し業者に依頼して自分の家具家電を配送してもらったり、初めての一人暮らしなら購入しなければなりません。

繁忙期だと引っ越し業者も忙しいので予約が取りづらく、その上費用も結構かかるのが一人暮らしをする際のネックな部分です。

しかも「15日に入居だからすぐに届くようにするためには・・・」みたいな予定をいちいち組まなくて良いのも精神的な負担を減らすことができます。

入居する際には引っ越しだけじゃなく電気ガス水道の手続きや住民票を移動させたり面倒なことが多いのでその負担を減らすことができるのはメリット。

自分の荷物だけなので自力で運ぶことも容易にでき、金銭的な負担を減らすことができます。

退去の荷造りがラクになる

退去する際には洋服をまとめたり、自分の荷物をまとめるだけではなく家具を分解して運びやすくしたり、ギリギリまで使うものとそうでないものを分けて考える必要があります。

家具家電付き物件はそのまま退去できてしまうので荷造りと言っても自分が運んだものをまとめるだけの簡単な作業で済みます。

一人暮らしなら1日~2日もあればすぐに荷造りを終えることができます。

家具家電付き物件のデメリット

デメリット
  • 家賃が割高
  • 自分の好みの部屋が作りにくい
  • 壊すと修繕費用が必要
  • ほとんど中古品

家賃が割高

比較をしてみるとわかることですが、一般的な物件に比べると家具家電付の物件は家賃が割高です。

もともと家具家電付き物件はレオパレスが多いのでなんとも言えませんが、相場より5,000円~10,000円ほど家賃が高いです。

初期費用は安くとも、長く住むと家賃が割高なので結果的に損をするということになります。

1年ぐらいの短期間だったらまだしも、大学生のように4年間住むとしたら普通の物件の方が良いかも。

自分の好みの部屋が作りにくい

最初から備え付けられているということは自分で家具・家電を選ぶことができないので好みの部屋が作りにくいということでもあります。

せっかくの一人暮らしで自分だけのコーディネートをしようにも、家具家電付だと難しいでしょうね。

レオパレスの場合は半ロフト状態でベッドの位置が固定されている場合もありますし、一人暮らしだと冷蔵庫が小さいサイズとなっていることも多く、料理が好きな人にとっては少し生活しずらい環境になってしまっています。

壊すと修繕費用が必要

家具家電付はいわばレンタル状態なので、傷をつけたり壊してしまった場合は修繕費用を取られる可能性があります。

例え壊さなくてもそういう前提がある以上、慎重に扱わなければならないため生活する上で少しストレスになりかねません。

自分のものだったら多少乱暴に扱っても誰からも文句は言われませんが、レンタルしている以上はずさんな管理をすることができません。

冷蔵庫や洗濯機ならまだしもベッドやソファなどの家具系はちょっとこすったりしただけで傷がつく可能性はありますからね。

ほとんど中古品

新築物件や急に家具家電付き物件を取り入れているような物件でもない限り、ほとんどは中古品となってしまいます。

クリーニングされているとは言え前任者が使っていたものをそのまま使用することになるので気になる人は気になると思います。

また、ソファなどは少しへたってきてしまっていたり、洗濯機は必ずしも中まできちんと全てクリーニングされているとは限らないのでカビが生えている可能性も。分解しない限り汚れているかどうか見ることができないのも不安な点です。

家具家電付き物件に住んだ人の意見


一人暮らしで家具家電をそろえようとするとだいたい15万円~20万円ぐらいかかります。

家具家電を一式揃えるといくらかかるか計算してみた

もちろん次に引っ越した時にも使えますが、初期費用を含めるとかなりの金額になります。

自分のものじゃないので適当に扱うこともできませんし、備え付けの家具家電は決してランクの高いものではないので最低限のものでも構わない人ならいいですが「ドラム式洗濯機が良い」とか「多機能のレンジが欲しい」って人には不向きな形態です。

スポンサードリンク

家具家電を破損させた場合の修繕費用はいくら?

もしも生活している上で備え付けられている家具や家電をアクシデントによって破損させてしまうとどのぐらいの費用がかかるのかはある意味一番気になる点だと思います。

故意によって破損させた場合(殴ったり蹴ったり等)や不注意によって傷をつけてしまった場合は基本的に交換や修理にかかる費用同等が請求されます。

物によって違うというわけです。

洗濯機だと最低でも新品購入で3万円前後かかりますが椅子だったら2,000円~3,000円程度と値段が違うので修繕費用も壊してしまった家具家電により異なります。

ただ、故意ではない破損の場合は貸主側が負担してくれることが一般的です。


例えば部屋に備え付けられているエアコンが壊れてしまった場合って一般的な賃貸物件なら修理はすべて大家が負担してくれるのでこちらは一切負担する必要はありません。

これと同様、備え付けられている家具家電というのは設備として組み込まれているので破損してもこちらが負担することはあまりないようです。

「普通に冷蔵庫を使っていたのにある日いきなり冷えなくなった」とか「洗濯機の脱水が急に使えなくなった」等の問題は設備故障となるので無料で交換してもらえます。

ただし賃貸借契約書に「無償貸与」や「設備外」と書かれていた場合は設備として扱われていないため借主が負担する羽目になることもあります。

まとめ

MEMO
  • 家具家電付き物件は家賃がその分高くなっているので短期的に借りる人向け(1年程度)
  • 引っ越しはラクだし身軽なのが家具家電付きの良いところ
  • カスタマイズ性は低く、自由度が低いので部屋を作り込むことはできない
  • 家具家電付き自体は悪くないが、レオパレス(壁が薄い)の印象が強いので割と評判は悪い

家具家電付き物件は自分の思い通りの部屋にできない点や賃料に上乗せされていることがほとんどなので長期的に住むとデメリットが大きくなってしまいます。

単身赴任だったり「取りあえず数か月だけ住みたい」という人にとってはまさに理想的ですが、長期的に住む予定の学生や社会人は家具家電付きの物件じゃなくて普通の物件のほうがお得です。

意外と壊れても無料で交換してくれたり修理してくれるのは魅力だと感じました。自分で買ったものだと壊れても保証期間が切れて新たに購入する羽目になりますからね。

一人暮らしの家具家電を安く揃える方法!フリマアプリはかなり安い?

家具家電付物件をレオパレス以外で探す方法

レオパレスは全物件に家具家電が付いているのでわかりやすいですが、壁が薄かったりあまり良い評判は聞きません。

他の不動産で探すには特集ページをチェックする必要がありますが一つ一つ不動産で調べなければならないので手間がかかります。

一番効率良く探すにはイエプラやイエッティ等の部屋を探してくれるアプリを利用すること。

イエプラとイエッティは同じサービスですがレスポンススピードは圧倒的にイエプラの方が早いです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

チャット上で専門スタッフに条件を伝えるだけで探してくれるので「家具家電付物件をレオパレス以外で探してほしい」と言えばそれだけで条件に合った物件を探してもらうことができます。

利用も全て無料なので参考になれば幸いです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

その他の一人暮らしコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です