車の騒音が気になる賃貸物件の防音対策方法とは?原因は窓にある?


賃貸物件は必ず静かな路地にあるとは限りません。

中には大通りで車が一日中走っているようなところに家賃も手ごろで部屋も良い感じな物件が潜んでいることも良くあります。

私も実際に内見をしてみてかなり良い感じの間取りの物件が交通量の多い大通りに面していた物件だったことがあります。

そこで今回はそんな車の騒音に対する具体的な防音対策についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

まずは音(騒音)の種類を理解しよう

騒音と言っても音には色々な種類があります。

防音対策をする前にまずこの音について多少理解しておいた方が失敗しにくいので簡単に説明します。

騒音には大きく分けて高い音と低い音があります。

【例】

  • 高い周波数の騒音・・・女性の喋り声や赤ちゃんの泣き声、踏切の音など
  • 低い周波数の騒音・・・車やトラック、バイクや電車などの重低音

一般的に高い周波数の騒音ほど防音対策はしやすく、逆に低い周波数の騒音は防音対策が難しいと言われています。

今回の場合、問題があるのは重低音の方です。

カラオケでドアを占めているにも関わらず重低音が外まで聞こえてくることがありますが、これは低い音が遠くまで響くからです。

今回の車の通る音やバイクの音はさらに2種類に分類できます。

1つは車が通ることによる振動音。

この振動は建物全体を伝わって部屋内部まで伝わります。トラックが通ると建物が揺れるという場合、部屋の一部ではなく建物全体が響いているので防音の対策をすることはほぼ不可能です。

これを対策するとなると建物の構造をなんとかしないとならなくなります。個人ではどうしよもできないというのが現実です。

2つ目は車そのものから出るエンジン音等。

これは空気中の分子を伝って建物の外壁、そして部屋に伝わります。この音は建物全体に伝わることはありません。

実際に防音対策をするとなった時に個人が出来るのはこちらの音です。

では具体的な方法についてご紹介していきます。

賃貸物件でも出来る具体的な防音対策

外からの騒音のほとんどは窓が原因です。おそらく現在騒音で悩んでいる方の部屋には大通り側に窓が設置されているかと思います。

つまり窓から伝わってしまう騒音を防ぐことが出来れば音に悩まされる可能性が激減するわけです。

最も手っ取り早いのは2重窓にしてサッシを取り付けることですが、賃貸物件の場合はそれが出来ません。

そこで防音カーテンを使用します。

防音カーテンは高音域には効果を発揮するが低音域にはまるで効果がないということが言われていますが、他の防音グッズを組み合わせることでしっかりとした効果を発揮します。

1.まずは窓を密閉する

とにかく窓から伝わる音を遮らなければなりません。

単純に防音カーテンを設置したところで窓に隙間が出来ている限りは意味がありません。

そこで使うのがこの二つ。

ニトムズ 窓ガラス断熱シートフォーム水貼り4M 約4mm×90cm×4m E1582

新品価格
¥980から
(2017/1/11 20:38時点)

いわゆるプチプチですが100均などで売っているものとは違い断熱効果があります。断熱効果があるものは防音の効果も同時にあり価格帯的にもお手頃です。

本当は防音シートを窓に張り付けた方が良いのですが、値段が高く、賃貸の場合は退去の際に剥がさなければならないので大変です。

まずはこのプチプチを窓面に取り付けます。

東京防音 防音戸当たりテープ TP-25 黒 幅15mm×長2M×厚2.5mm 2本入

新品価格
¥431から
(2017/1/11 20:49時点)

続いてこのテープを窓の隙間部分に貼っていきます。

こうすることで密閉感が増し、高い防音効果を発揮してくれます。

問題はこれを貼ってしまうと窓が開かなくなること。

私の場合は窓を開けたところで騒音だらけなので開けなくても良いと思いましたが、窓が開かないと困るという方はこちらは使わない方が良いですね。

この2つを設置すると防音以外にも断熱効果や結露防止効果もあるので一石三鳥です。

2.防音カーテンを設置する

続いてカーテンを取り付けていきます。

カーテンを選ぶ上での注意点は2つ。

  1. 遮光度の高い厚手のものを選ぶ
  2. 窓枠よりも大きめのサイズを選ぶ

遮光カーテンというのは当然防音効果もあります。

学校の音楽教室を思い出してみるとわかりやすいと思います。

音楽教室には必ず厚手のカーテンが壁一面に設置されていたはずです。

防音カーテン 2枚組 遮光1級 形態安定加工 幅100cm×丈200cm ブラウン

新品価格
¥5,770から
(2017/1/11 20:56時点)

こういった光を一切通さないレベルのカーテンの方が防音性が高くなるのでおすすめ。

問題はカーテンを開けないと部屋に日光が入ってこなくなってしまうことですが開ければ済むのでそこまで困らないかと思います。

設置の際は必ず窓枠よりも多少ゆとりをもって取り付けることです。ぴったり設置していまうとカーテンの隙間から音が漏れ出すことになります。

3.さらにカーテンを重ねる

この2つだけでもある程度効果は発揮してくれますが、もう一枚カーテンを重ねて設置するとより防音性の高い部屋が作れます。

最後のカーテンは壁一面が覆えるぐらいのサイズが理想的ですが、そこまで大きなサイズは実際見つけるのが難しいので最初に設置したカーテンを覆えるぐらいのサイズがあれば大丈夫です。

カーテンレールが余っていない場合は新たに突っ張り棒を用いる等して設置します。

平安伸銅工業 強力極太タイプの突っ張り棒 ホワイト 耐荷重55~12kg 取付寸法178~283cm NGP-175

新品価格
¥1,595から
(2017/1/11 21:12時点)

【窓美人 超特大スライドリング】ついに登場!太いポールにも使用できる超特大サイズ!! 内径39mm ホワイト 8個入り SR-WH39

新品価格
¥999から
(2017/1/11 21:16時点)

リングを選ぶ際は棒の太さよりも内径が大きいものでないと取り付けできないので注意。

壁までの長さが足りない場合は多少防音性が低くなりますが窓枠の内側に設置してください。先ほどのカーテンの内側に設置する感じです。

あとは同じようにカーテンを設置すれば終了です。

完璧な防音対策は不可能だがある程度はマシになる

音の種類でも説明しましたが、車の騒音や電車の音を完璧に防ぐことは不可能です。

ただ、今回ご紹介した方法で窓を隙間なく覆うことが出来れば約50%の音はカットできるかと思います。

防音カーテンが効果なかったという意見も結構みかけますが、購入したカーテンの防音性が低かったり、設置の方法が間違っているという場合が結構多いので注意。

防音グッズも1つだとあまり効果を発揮してくれませんが、2個3個と組み合わせていくことによってそれなりに満足できる効果を発揮してくれるようになります。

最後に

これから引っ越し予定の人はなるべく大通りに面していない静かな住宅街を選んだ方がストレスのない生活が送れると思います。

すでに住んでいて騒音に悩まされている場合は参考にしてみてください。

それでも耐えられないという場合は引っ越しを検討すべきです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す