アパートの隣人が夜うるさい!隣人を黙らせる仕返し方法7選

一人暮らしをする時は誰しも慎重に部屋を決めると思います。

しかし、隣人がどういう人物なのかということは100%わかるわけではないですから、住んでからうるさいことに気づいたという方も多いでしょう。

アパートに住んでいる人で、隣が大学生で夜騒ぐせいで眠れいないと悩んでいる方も実際多いようです。

そこで今回は隣りの部屋の話し声がうるさくて我慢ならない状況での正しいクレームの入れ方についてご紹介していきます!

まずは音がどこから聞こえるか確認しよう

アパートなどの壁が薄い物件では、隣から物音や話し声が聞こえてくるような気がしても実は下の階だったり上の階だったりすることもあります。

隣は全くうるさくないのに壁ドンしてみたら隣人にとっても迷惑ですし、騒音は全く改善できませんからね。

確認する方法は壁を耳に当てるのが手っ取り早いです。グラスを壁に当ててみるとよりちゃんと聞こえます。

 

隣りなら話し声なんかは筒抜けで聞こえてきますし、何人ぐらいいるのかまで確認できてしまいます。

同様に下の階なら床に耳を当てて確認しましょう。

上の階の場合は確認しなくても真上かどうか判断できるかと思います。斜め上だとそれほど音が聞こえてこないですし、聞いていると「遠いな」というのが肌感でわかります。

一人暮らしでうるさくしてないのに苦情がくる原因とその対処法

わざとやっているかどうか確認する

騒音の種類によってはたまたまなのかもしれませんし、わざとやっているのかもわかりません。

  1. 手が壁に当たって壁ドンみたくなった
  2. 模様替えをしていたら壁にぶつかってしまった
  3. 声を抑えて話していたけど意外と壁が薄くて聞こえてしまった
  4. 酔っぱらっていて壁が薄いことを忘れている

一人暮らしの部屋は狭いので壁際にベッドやデスク等を置いている人は多いです。たまたま寝返りを打った時に肘が壁にぶつかってしまった場合もあり得ますし、頭をぶつけて壁ドンしたような音を出してしまうこともあります。

わざとやってくる人は少数派ですが、僕が昔住んでいた物件の隣人はちょっと頭のおかしい人で静かなのに壁ドンしてくる人がいました。

実は自分がうるさくて壁ドンされる可能性も少なからずあるので「自分がうるさくないかどうか」は一度考えた方がよさそうです。

相手がわざとやっている場合は常識のない人ということを頭に入れておきましょう。普通に対応してもかえって悪化する可能性もあります。

うるさい隣人を黙らせる方法7選

どう考えても騒いでいる相手が悪いので少し荒いやり方をしても問題はないでしょう。今回は効果のあるクレームの入れ方についてご紹介していきます。

1.相手のポストに手紙を入れる

一番スマートで有効的なのは手紙を相手のポストに入れること。

隣りが夜うるさかったらその場で壁ドンするよりも、一日耐えて翌朝手紙を相手のポストに入れておくのです。

手紙を書くことによるメリットは以下。

メリット
  1. 誰が書いたかわからない
  2. 相手が冷静な精神状態で読める
  3. 相手の反感を買う可能性が低くなる
  4. 効果が高い

手紙には自分の部屋番号や名前を書く必要はありません。

◇例「隣人の迷惑となりますので夜騒ぐことは控えるようお願い致します。あまりにもひどい場合、管理会社や警察に連絡しますのでよろしくお願いします。」

こんな感じの簡潔な文章で構いません。

誰が書いたかはわかりませんし、相手がお酒を飲んでいる状態や深夜のテンションではないので相手の心に深く突き刺さります。

手紙の目的は”人に迷惑をかけている”ことを認識させることにあります。常識のある人なら自分が騒音トラブルの原因だとわかれば気を付けて生活してくれるはずです。

また、そもそもうるさくしているという認識がないのが大半なのでかなり効果的。


問題は手紙を見てくれるかどうかがわからないという点。

一人暮らしだと毎日ポストを確認している人は少ないですし、チラシと紛れて捨ててしまっている可能性もあるので数日経って変化がないようなら再度手紙をポストに入れてみてください。

2.壁ドンしてみる

これはあまりおすすめできる方法ではありませんがよく使われる方法の1つです。

あまりにもうるさい場合、かつ相手が良識のある人間の場合のみ有効な方法です。

壁ドンをすることで「うるさかった」と認識させることができます。即効性の高い方法ですが壁ドンをしたことはバレてしまうので余計なトラブルに発展する可能性も。

お酒が入っている学生なんかに壁ドンすると酔っているせいで押しかけてくるってこともありますからね。

こちらが壁ドンをしてしまうと確実に関係性は悪化するので外ですれ違った時とかはかなり気まずくなることを忘れないように。

僕が学生の時に住んでいたアパートでは静かにしているのに壁ドンを何回もしてくる狂気的な隣人がいたのである日、さすがに苛立って壁ドンで対抗したらそれ以来静かになりました。


騒いでいるのは認識がないケースもありますが、なめられている場合もあります。隣人がめちゃくちゃ怖い人だったら誰だって静かにするのと同じ。

3.直接注意しにいく

効率よく部屋探し

あまりにもうるさい場合は直接インターホンを鳴らして注意する方法も有効です。

壁越しでは強気な態度を取っている人間でも直接話してみると良識あることも多いです。

◇例「すいません。隣の者なんですけど少し騒がしいようなのでもう少し静かにしていただけませんか?」

大切なのはあくまで冷静に会話すること。

怒鳴ったりすれば口論に発展する可能性があります。

相手が反発してきたとしても悪いのは相手側なのは確実なので「管理会社に伝えます」と最終的に言えば静かにしてくれるはずです。

もちろんこの方法は直接インターホンを押す勇気のある人や喧嘩に発展しても大丈夫という人しか使えません。

ただ、騒いでいる側としては直接来られたらさすがに怖くて静かにすると思いますけどね。


僕も以前友人と宅飲みをしていた時にゲームをしていて騒いでしまって下の階の人が深夜に尋ねてきたことがあります。完全に悪いのはこちら側だったので謝罪してなるべく音を出さないように静かにして過ごしました。

ただ女性の場合は直接クレームを入れに行くことは危険なのであまりやらないほうが良いと思います。

もし「隣人だとバレたくない」というのであれば近所の住人(例えば目の前の一軒家に住んでいる人)になり気って注意するのも手。

「直接言うのが怖い」というのであれば友人を呼んで代わりに注意をしてもらいましょう。女性だと男性に頼むことで解決できる可能性が高いです。

4.騒音で対抗する

これも正直おすすめはできませんが、やられたらやり返すのも1つの手段です。

他に住んでいる方の迷惑になる可能性があるので騒いでいる部屋に向けて騒音を出します。

例えばスピーカーを隣人が住んでいる壁に向けてPCからお経の音を流す方法も以前ツイッターで話題になった方法の1つ。


騒いでいるところでやっても大した効果がないので、相手が静かにしている日にあえて攻撃すると精神的にダメージを負いやすいです。

騒いでいる人は自分がどれだけ相手に迷惑をかけているのかがわかっていないので「こんなに聞こえてるんだぞ」という意味合いでも一度やってみるのは効果あり。

僕の場合はうるさかった隣人に直接文句を言いに行くのは怖かったので部屋から大声で「うるせえよ」と言ったら静かになったことがあります。

壁が薄いことを利用して大声で叫んでみるというのは意外と効果的でした。

5.朝騒がしくする

効果としては微妙かもしれませんが、夜騒いでいるのであれば朝は寝ている可能性が高いです。

睡眠妨害をするためにあえて朝に掃除機をかけたり洗濯機を回したり少しうるさくすることでちょっとした仕返しをすることができます。

夜にやり返してしまうと相手と同じになってしまいますが、朝なら騒ぎ立てる人も少なくてなおかつ苦情としても言いにくい時間帯です。


毎朝掃除機をかけることで嫌がらせをしつつ部屋を綺麗にすることができるのでおすすめ。

睡眠妨害にはこちらも睡眠妨害で対抗しましょう。

6.警察に連絡する

管理会社よりも対応が早く、かなり効果的なのが警察に通報すること。


110番通報すると必ず「事件ですか?事故ですか?」と聞かれます。

騒音の場合は「どちらでもありません。隣人があまりのもうるさくて通報しました」と言いましょう。

通報されたからには警察も確認をしなければならないのでこちらに向かってくれます。

住所と何号室がうるさいのかを伝え、名前を聞かれたときに答えたくなければ「匿名でお願いします」と言いましょう。

もちろん名前を言ったからと言って「○○からクレームが入っています」と相手に伝えるようなことはしないので安心してください。

実際、警察は民事不介入なもめごとなのでやれることは注意ぐらいでしかありませんが【警察が動いている】ということの大きさがかなり効果的です。

意外とこういう騒音トラブルでも動いてくれるので困ったら通報するのは大切。

しばらくしてまた騒ぐようであったり、効果がないようであれば再度警察に連絡してみましょう。

何度か通報することで騒いだら警察が来るという条件反射のような状態になるので自然と静かになります。

通報されることを嫌がって最終的に追い出すこともできるぐらい効力はあります。

7.管理会社に連絡する

1度だけならまだ我慢もできますが毎週うるさくされると住んでいる側としても睡眠不足になりますし、ストレスが溜まります。

正攻法で攻めるのであれば管理会社に連絡してしまうのが最も手っ取り早いです。

管理会社はこういったトラブル報告には慣れていますから堂々と報告しましょう。

「〇〇〇号室の方が夜毎回うるさくて困っています」と報告すれば、クレームが入っていることをそのまま伝えてくれます。

もちろん誰がクレームを入れたかはわからないようにしてくれるので安心してください。

ただ、この方法はすぐに騒音を収める方法ではないのでその日は我慢するしかありません。例えば後日その人に通知を送ったとしてもそれを見るのは数日先ということになります。

管理会社が必ずしも即座に電話して対応してくれるわけではないのでその点は注意が必要です。

管理会社は動いてくれないことも多い

隣人トラブルに関しては管理会社に連絡するというのが良く言われていますし、確かに正攻法ではありますが、実際に管理会社がちゃんと対処してくれるかは正直微妙なところです。

管理会社の悪い対応例
  • 誰が騒いでいるのかわからないような曖昧な手紙をアパート全体に出す
  • しばらく様子を見る

こういった管理会社も多く、直接「夜騒いでいて困っているというクレームが入っています」と電話で伝える管理会社は少ないでしょうね。

取りあえず管理会社に連絡しつつ、同時に警察にも通報するのが1番賢いやり方かな、と思います。

騒いでいるタイプの人間は繰り返すので、そのたびに連絡して注意してもらう必要はあります。

うるさくて眠れない時の対処法

外に対する騒音ならある程度対策もできますが、話し声や壁ドン、楽器の音なんかはどうやって対策してもうるさいです。

防音対策例
  • 窓や給気口を閉じる
  • 壁側(騒いでいる側)に家具を配置する
  • ベッドを騒いでいる側と反対側に設置する
  • 防音シートを張る(値段が高いので微妙)

こういったことぐらいしかないですね。

部屋の壁が薄い時に役立つ簡単音漏れ防音対策方法まとめ

夜騒がれてあまりにも寝られないようなら耳栓がおすすめです。

MOLDEX 使い捨て耳栓 コード無し お試し8種エコパック ケース付 (Camoplugs Sparkplugs Goin’green Meteors Softies Mellows Pura-fit 各1ペア)新品価格
¥500から
(2018/10/17 11:07時点)

耳栓は100円均一で売っているようなものから射撃で使われるような高性能なものまでいろいろあります。

高いやつはほぼ無音状態になるので寝不足の人にはかなりおすすめです。

騒いでいる側が悪いのにこちらが防音対策をしなければならないのはおかしな話ですが、現実問題として我慢するか行動するかの二択です。

一時的に静かになったとしてもまたいつ騒ぎ出すかわからないので念のために耳栓ぐらいは用意しておいたほうが良いと思います。

スポンサードリンク

まとめ:家賃の安いアパートほど騒ぐ人も多い

MEMO
  • 手っ取り早いのは警察に即通報すること
  • 数日かかってもいいなら管理会社に連絡
  • 自分で対処したいなら手紙or直接クレームを入れるのが有効

家賃の安い物件ほど民度も悪くなる傾向があるので夜騒いだりする人も多くなります。

また、大学や専門学校近くのアパートは学生が住むので宅飲みも多くなって騒音がひどくなる傾向があります。

もともとアパートというのは構造上、壁が薄いのである程度我慢しなければならない部分です。

防音性が高い物件を選びたい場合は鉄筋コンクリート造がおすすめです。木造や鉄骨造に比べてはるかに防音性が高く、1度住んだら2度とアパートには戻れない魅力があります。

次に引っ越すときは何を重要視するかよく考えると快適な生活が送れます。僕も鉄筋コンクリート造のマンションに住んでからは音に悩まされることはなくなりました。

最も、鉄筋コンクリート造の物件すべてが防音性ばっちりってわけではないので注意してください。

安い家賃ほど住民の質が高く、高い家賃ほど住民も常識を持っている人が多いのでそういう面でもちゃんとした物件にはメリットがあります。

木造アパートと鉄筋コンクリートマンションに住んでみた防音性の違い

少しでも参考になれば幸いです。

賃貸アパートで楽器音がうるさい場合苦情を入れてもいいの? 部屋の壁が薄いと感じたときの簡単音漏れ防音対策方法 車の騒音が気になる賃貸物件の防音対策方法とは?原因は窓にある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です