残高不足や管理会社のミスで家賃が引き落とされなかった場合の対処法


一人暮らしをしていると1ヶ月に1回、まぁまぁ大きな額を一気に家賃として支払うことになるので毎回「家賃ってもったいないなぁ」とか考えてしまいます。

で、この家賃についてですが引き落としの場合に残高不足だったりすると1円でも足りないだけで引き落とされないんですよね。

今回はこういった何かの理由により家賃が払えてない状況になったらどう対処すべきか私の経験を踏まえてご紹介していきます。

スポンサードリンク

家賃の引き落とし日は基本的に27日

基本的に聞いたことのあるような名前の不動産で契約した場合、引き落とし日は毎月27日です。私は今まで5回ほど引っ越しましたがいずれも27日が引き落とし日でした。

これは振込みの期日でもあるので注意してください。

一人暮らし初心者あるあるかもしれませんが、家賃の支払いは毎月1日だと思っている人もいるかと思います。実際私も最初の頃は「毎月1日に振り込めばいいんだなぁ」とか呑気に考えて振り込んでいましたが、これは間違いです。

立派な滞納ですので振込みの方は特に間違えないようにしてください。

自動引き落としにしている方は27日までに口座にある程度のお金を入れておくようにしておきましょう。

引き落としがされないとどうなる?

27日に口座にお金が入っていなかった場合は引き落とされません。これは1円でも不足していたらアウトです。

引き落としのデータというのは何日か立たないと管理会社もわからないので、たいていは引き落とし日から1週間後ぐらいに「家賃が引き落とされていない」といった内容のメールや電話が管理会社から来ます。

日にちで言うと翌月の3日~5日ぐらいです。私も恥ずかしながら何度か経験しましたが、引き落とさされてないとすぐに催促の連絡が来るわけではないので気付かなかったりします。

強制退去はありえる?

以前に「家賃を滞納したらどうなるのか」という記事を書きましたが、実際問題1週間程度家賃を滞納してしまったからと言って強制退去になることはまずありえません。

強制退去というのは思っている以上に難しく、規約違反をしていても追い出すのは難しいと言われているぐらいです。

すぐに強制退去になることはないので安心してください。もちろん滞納しているこちらが悪いのですぐに対処しましょう。

余計な手数料を取られることはある?

これもありません。少なくとも1週間程度振込みが遅れたところで遅延手数料のようなものは発生しません。

ただし、規約に事前に特約として「家賃の滞納の場合○○円支払う」等と書かれていれば話は別です。

私の経験上は催促が来てもすぐに払えば余計な手数料はかかりませんでした。

支払い忘れに気付いた時にすべきこと

引き落とし口座にお金が入っていなくてすでに27日を過ぎていた場合、あわててお金を口座に入れたところで意味はありません。

この場合は指定されている口座に“振り込む”ことになります。

催促の連絡が来るまで待つ人もいますが、出来る限り気付いた時点で振り込むようにした方が良いです。

スポンサードリンク

管理会社のミスで引き落とされていなかった場合

こちらのミスではなく、お金が入っているにも関わらず管理会社の誤りで引き落とされなかった場合、一見「ラッキー」にも思えますが、後でしっかりと請求されます。

確かに相手側のミスですが、規約上毎月家賃を払うことで部屋を借りさせてもらっているので仕方のないことです。

契約の際に注意事項として説明されていたはずですが、自動引落しには3ヶ月くらい掛かることもあります。

その場合、連絡して直接相手口座に振り込むことになっていると思います。

参照元:教えてgoo

入居したばかりであれば口座振替にするのに時間がかかるので、もしかしたら振り込まなければいけないのにしていないだけというこちらのミスかもしれません。

私が口座振替にした時も3ヶ月ほどかかり、それまでは振込みしていたので気を付けてください。

もし、相手側のシステム上のミスだったとしてもこちらから連絡を取った方が良いと思います。結局は払うことになりますから黙っている意味はありません。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す