風呂場の洗面台は邪魔?実際の使い勝手と洗面台なし物件の探し方


賃貸アパートや家賃が比較的安めのマンションだとお風呂場に洗面台が設置されている物件が多いです。

私もこれまで何度もこういった物件に住んだことがありますが、今回はその使い勝手(メリット・デメリット)やお風呂場の洗面台が嫌だという人のための部屋の探し方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

お風呂場に洗面台が付いている物件のメリット

1.家賃が安い

実際はこういったお風呂場と洗面台が共有されている物件が非常に多いので家賃が安いとは感じられにくいですが、コスト削減のためにこういった造りになっているので相場よりも家賃は安くなっています。

洗面台が別(独立洗面台)付きの物件と比較すると家賃は5,000円~10,000円ほど差があります。

2.掃除が楽

これはトイレとお風呂が一緒になっているユニットバスでも同じことが言えますが、少し汚れてもシャワーで流して少しこすれば汚れは落ちるので掃除は比較的楽です。

ただ、お風呂場に洗面台が付いているようなタイプは洗面台の裏側が若干掃除しにくいという点もあるので完全にメリットとは言い切れません。

デメリット

1.朝支度をするときに足場が濡れていて不快

個人的に一番嫌だなと思ったのはお風呂に入る時以外に洗面台を使う場合です。

例えば朝支度する時に歯を磨いたり髪の毛を整えたり、顏を洗ったりするのに洗面台を使用するわけですが、足場が濡れているので朝からかなり不快な思いをします。

夜お風呂に入るとまだ乾いていないことも多く、寝起きの朝は特に不快感が強いです。

このためにお風呂場用の靴を利用するのも手ですが、お風呂入る時にいちいちどかしたり戻したりしなきゃらならないので手間です。

最終的にはこの不快感が嫌で洗面台を使わなくなる方も多いと思います。

2.お風呂にお湯を溜めにくい

湯船に浸かりたいという人にとって洗面台はかなりのデメリット。

まず第一にお風呂場自体が狭くなってしまいますし、掃除がしにくい洗面台の裏側が湯船に浸かっている時に見えてしまうので綺麗好きな人には気持ち悪いと思う人もいると思います。

実際、私はこの辺がかなり気になるのでお湯を溜めることは滅多にありません。

3.お風呂場に小物を収納できない

収納付きの洗面台も物件によってはありますが、基本的には鏡と洗面台のみのシンプルな造りになっている物件が多いです。

歯ブラシはコップを用意しておくことで置いて置いておけますが、その他の物(ヘアワックス、スプレー、化粧品等)は置けないので身支度がお風呂場で全て行えません。

当然こういった小物は他に収納スペースを作らなければならないので部屋が散らかりやすいというデメリットもあります。

4.コンセントが付いていないのでドライヤーを使用できない

お風呂場なので当たり前ですが、コンセントはついておらず、ドライヤーやヘアアイロン等は部屋で使用することになります。

独立洗面台なら基本コンセントが付いているので朝の準備も効率が良いですが、お風呂場に洗面台がついている物件は独立洗面台がないのでかなり面倒です。

5.ひじや手や足をぶつけることがある

いかんせん邪魔なので身体を洗っている時に手足をぶつけることがたまにあります。

お風呂場が狭く見える上に使用する上でも邪魔になることが多いので、ない方がいいと思う人は少なくないでしょう。

スポンサードリンク

独立洗面台とどっちがいいの?

単純に利便性だけを考えるなら独立洗面台の方が圧倒的に使い勝手が良いのでおすすめです。

ただ独立洗面台あり物件は家賃が5,000円~10,000円ほど高くなるので家賃をあげてまで必要かどうかは微妙なところです。

独立洗面台は支度に時間がかかる女性に特に人気が高く、女性なら必須級かもしれません。

ただ、男性はそこまで支度に時間がかかりませんし、独立洗面台がなくても鏡があれば身支度にはそれほど困らないのでいらないかもしれません。

私はどちらにも住んだことがありますが、一つ言えるのは独立洗面台付き物件に住むと元の生活に戻るのが嫌になります。

独立洗面台のメリット・デメリットまとめ

ネットの口コミを集めてみた

あってもなくてもどっちでもいいような物ですね。
風呂に入った後は床が濡れているので、すのこを敷いたりしていましたが、面倒になって、台所で歯磨きするようになりました。

参照元:OKWAVE

 

引っ越してきた当初は微妙に邪魔だな~、洗面台が別の方が良かったかもと思いました。
実際、身体を洗う最中に洗面台に腕をぶつけたり、しゃがんで掃除してて頭ぶつけたりとかしました^^;;
でもすぐに慣れましたよ。今では全然気になりません。

参照元:OKWAVE

 

一度洗面所付きの物件を借りると、次の物件探しのとき、どうしても洗面所付き物件を探してしまうので、選択肢が少なくなってしまうのもネックです。

参照元:OKWAVE

 

風呂場の中にある洗面台にいいことなんて何もないです(涙)
どうしても使いにくければ、洗面台は使わず台所の流しで洗顔・歯磨きすべて行うという手もあります。

参照元:発言小町

調べてみましたが、やはり「足が濡れる」のが不快と感じる方が多いようです。

足が濡れるのが嫌すぎてお風呂以外の時はすのこを引いたりして対処している方もいます。

結論

  • お湯に頻繁に浸かりたい人
  • 身支度に時間がかかる人(特に女性)
  • 潔癖症ぎみな人

こういった方は洗面所がお風呂場にある物件ではなく独立洗面台付きの物件が良いと思います。

お風呂場に洗面所があってもたいしたメリットはないので、家賃次第ですが出来れば洗面台は別の方が良いでしょう。

ただ、あったとしても身支度する場所を変えたり、対処方法はいくらでもあるのであまりこだわる部分でもないのかもしれません。

少しでも参考になれば幸いです。

物件の特徴まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す