オートロックは逆に危ない?モニター付きインターホンとどっちがいい?

オートロックマンションは防犯性を売りにしているセキュリティ面が充実した物件ですが「意外と危ない」「逆に狙われやすい」と言ったことも指摘されています。

実際にオートロックは危ないのか、モニター付きインターホンとオートロックマンションだったらどっちがいいのかについてまとめてみました!

オートロックは逆に危ない?不審者の侵入方法

オートロックのエントランスはその名の通り、自動でロックされるため専用の鍵がなければ開くことはできません。

ただ、鍵がなかったとしても物件自体にはあらゆる手段を用いれば侵入することも一応できるので、まずは不審者の侵入経路についてまとめてみます。

住人や配達人の後ろを追う

一番良くある侵入方法です。

オートロックと言っても鍵を開ければ一定時間は開いた状態になってしまうので同時に入れば簡単に侵入可能。

住人の後ろじゃなくてもちょうど宅配便を届けるために住人が解錠してくれたり、逆に出て行くときに入れ替わりで侵入することもできます。

鍵を無くした時にはかなり使える方法ですが、誰でもやろうと思えば簡単に建物内部まで侵入できてしまうという危険性があります。

しかも、不審者じゃなくても「たまたま扉が開いたから鍵を開けずに済んだ」という言い訳もできてしまうので不審者扱いされにくいです。

不審者が仮に侵入していた場合、部屋の鍵を開けるタイミングで襲われてそのまま家に押し込められることも可能性としてはあり得る話。

駐輪場部分の鉄柵から侵入する

オートロックマンションと言っても四角が全くないわけではありません。

確かにエントランス部分の扉はオートロックでも駐輪場側は簡易的な鉄柵のみでよじ登ろうと思えば小学生でも侵入できてしまうようなお粗末な造りになっていることもあります。

僕が小学生の頃はオートロックマンションに住む友達と建物を使って鬼ごっこをしていたぐらいです。


特に駐輪場部分や階段部分は防犯性が低い可能性があるので、不審者への対策としてはオートロックが意味をなしていません。

1階のベランダから侵入

1階のベランダ部分というのはたいてい覗かれない程度の高さになっているので侵入しようと思えば簡単に入ることができます。

2階以降は侵入できないにしても1階部分はベランダから侵入することもあるのでオートロック物件では1階だけ家賃が安くなっていることが結構あります。


せっかくオートロックなのに狙われやすいベランダ部分の防犯性が低ければ意味がありません。

扉下に紙を通す

以前逮捕された人の侵入方法で、オートロックの扉が動くものに反応するタイプの場合は扉の下にチラシの紙等を滑り込ませることで外側からでも開けることができます。


もちろん、体温を感知するタイプのセンサーの場合は紙を滑り込ませても意味がありませんが、外からでも少し手を加えるだけで侵入できるのであればオートロックとしての機能をほとんど果たせていないのと同じです。

不審者はしっかりと建物を調査するので扉がどういったタイプなのかを把握することは容易ですし、逆に狙われやすくて危ないということになります。

防音性がより高いオートロックマンションの特徴

見た目だけのオートロックマンションと本当に防犯性の高い物件には違いがあります。

より防犯性の高いオートロック物件の特徴についてまとめてみました。

管理人が常駐している

オートロックよりも重要ってぐらい重要です。

管理人が常駐しているマンションでは不審者がいた時にすぐに対処してくれますし、何かあった時にすぐに駆け付けてくれる、相談できるという利点があります。

また、管理人が常駐していること自体が防犯性を高めることにも繋がります。

空き巣やストーカー等の犯罪は人がいないことを確認した上でバレないように犯行に及ぶので常駐している時点で狙われることがほとんどなくなります。

防犯カメラが複数台設置されている

不審者というのは防犯カメラを嫌います。グレードの高いマンションにはエントランス、駐輪場部分、廊下部分等にも防犯カメラが設置されていますし、エレベーター内にもカメラが仕掛けられているので防犯性が高いです。

もし万が一被害に遭ったとしても犯人特定のための証拠をとらえることができますし、泣き寝入りすることも少なくて済むのも利点。

築年数の古い物件では設置されていませんが、分譲賃貸等は防犯カメラが設置されていることが多いです。

大通りに面している

オートロック物件はエントランスからの侵入ができなかったとしても建物横をよじ登ったり裏側から侵入することが可能なことも多いです。

大通りに面している物件というのは人通り、車通りが激しいので犯行に及びにくくて不審な行動もすぐに他人が発見することができます。

逆に路地裏など閑静な住宅街だと人通りが少ないので狙われやすくなります。

3階以上の部屋

よじ登って侵入できる物件は2階まで足場をうまくつたって侵入可能なので、できれば3階以上の部屋を選ぶようにしましょう。

これだけでも防犯率はあがります。

逆に1階はどんなにセキュリティが良くてもベランダ部分から侵入することは比較的容易なので家賃が安いからといって選ばないようにしましょう。

玄関前にもモニター付きインターホンが設置されている

僕が住んでいた物件にはありませんでしたが、オートロック物件でも2重カメラになっていてエントランスの映像、玄関前の映像をそれぞれ見ることができるモニター付きインターホンが設置されていることがあります。

玄関前の映像が見れるかどうかというのは物件情報だけでは判断できません。

内見時に自分あるいは営業マンに玄関前でインターホンを押して中から確認できるかどうかをチェックしておきましょう。

モニター付きインターホンとどっちがいい?

オートロックマンションではエントランス部分の映像をモニター越しに見ることはできるが、玄関前の映像は見ることができないようなタイプとなっていることも多いです。

僕が住んだオートロック物件もまさにこのタイプで、玄関前でインターホンを鳴らされるとモニター越しに会話はできるけどどんな相手なのかは扉を開けるまでわかりませんでした。

もちろんエントランスでインターホンを鳴らされた時点で顔は確認できますが、しれっと入ってきていきなり玄関前で鳴らされたらわかりませんし、隣人が苦情の申し出で訪問してくることもあるので出ないわけにはいかないのが難しいところ。

「オートロックはなくても玄関前でちゃんと顔を確認できるモニター付きインターホンの物件のほうがいいのでは?」と思うかもしれませんが、結論を言えば防犯性的にはオートロックのほうが断然良いです。

理由はいくつかあります。

理由1:いきなり玄関前のインターホンを鳴らす訪問者がほとんどいないことです。1年に1回あるかどうかの頻度なので基本的にはエントランスで顔が確認できます。

 

理由2:オートロック物件自体がそもそも通常のアパートよりも狙われにくいという点。

わざわざリスクを冒してオートロック物件を侵入するよりも、アパートのほうがはるかに侵入しやすいのは当たり前です。

モニター付きインターホンがある物件というのは最低限の防犯性。不審者はベランダや窓からの侵入をすることも多いので営業訪問を回避する程度にしか使えません。

オートロック物件は厳密に言えば安心感があるだけで侵入しようと思えば侵入可能な物件ですが、そもそも狙われにくくて設備的に優れているので被害に遭う確率は低いです。

まとめ

MEMO
  • オートロック物件は侵入しようと思えば誰でも侵入可能
  • セキュリティの優れたオートロック物件とそうでない物件がある
  • オートロックがあること自体の防犯性はある
  • モニター付きインターホンよりオートロックのほうが安全
  • 管理人常駐&防犯カメラ設置の物件がおすすめ

オートロック物件というのは安心感があるだけで誰でも簡単に侵入できてしまうのは事実です。

ただ、オートロックがあるだけで通常の物件より狙われにくくはなるので犯罪率は少なくなります。意味がないということはありません。

オートロックは逆に危ないとも言われていますが、それは住んだ人が「オートロック物件だから不審者は入ってこれないし安全」と慢心して鍵を開けっ放しにしてしまったりして起こる事態です。

本当にセキュリティを考えるなら管理人常駐で裏側からも侵入できないようなしっかりとした設備の物件を選ぶようにしましょう。

ただし、いくらオートロック物件でも住人が犯罪行為を行えば止める手段はありません。

男の一人暮らしにオートロックは必要ない?住んで感じたデメリット

防犯性の高いオートロック物件を探す方法

スーモやホームズでもオートロック物件は探せますが「管理人常駐」や「防犯カメラ設置」など細かい条件設定ができないので1つ1つ見ていくしかありません。

かといって店舗で探してもらうと物件数自体が少ないですし、余計なオプション代で初期費用が高くなるのでおすすめできません。

効率的に探したいのであればイエプラなどの直接やり取り可能な部屋探しアプリがおすすめです。

イエプラは部屋を探してもらうというサービスですが、チャットでスタッフとのやり取りが可能なので細かい条件を伝えることができます。

また、鮮度の高い新着物件を家にいながら手に入れることができる点がかなり有用です。

無料で使えるアプリなので試してみてください。

イエプラの公式ページへ