車の騒音が気になる賃貸物件の防音対策方法とは?原因は窓にある?

賃貸物件は必ず静かな路地にあるとは限りません。

中には大通りで車が一日中走っているようなところに家賃も手ごろで部屋も良い感じな物件が潜んでいることも良くあります。

私も実際に内見をしてみてかなり良い感じの間取りの物件が交通量の多い大通りに面していた物件だったことがあります。

そこで今回はそんな車の騒音など外からの騒音に対する具体的な防音対策についてご紹介していきます。

まずは音(騒音)の種類を理解しよう

騒音と言っても音には色々な種類があります。

防音対策をする前にまずこの音について多少理解しておいた方が失敗しにくいので簡単に説明します。

騒音には大きく分けて高い音と低い音があります。

  • 高い周波数の騒音・・・女性の喋り声や赤ちゃんの泣き声、踏切の音など
  • 低い周波数の騒音・・・車やトラック、バイクや電車などの重低音

一般的に高い周波数の騒音ほど防音対策はしやすく、逆に低い周波数の騒音は防音対策が難しいと言われています。

今回の場合、問題があるのは低音の方です。

カラオケでドアを占めているにも関わらず重低音が外まで聞こえてくることがありますが、これは低い音が遠くまで響くからです。

高い音は遮蔽物等に吸収されやすい性質がありますが、低音は高音に比べて減衰されにくいという性質があります。

今回の車の通る音やバイクの音はさらに2種類に分類できます。

1つは車が通ることによる振動音。

この振動は建物全体を伝わって部屋内部まで伝わります。トラックが通ると建物が揺れるという場合、部屋の一部ではなく建物全体が響いているので防音の対策をすることはほぼ不可能です。

これを対策するとなると建物の構造をなんとかしないとならなくなります。個人ではどうしよもできないというのが現実です。

いくら防音対策をしても建物全体から伝わってしまうので振動が構造自体を振動が伝わりにくい素材に変えなければ防ぐことができません。

2つ目は車そのものから出るエンジン音等。

これは空気中の分子を伝って建物の外壁、そして部屋に伝わります。この音は建物全体に伝わることはありません。

実際に防音対策をするとなった時に個人が出来るのはこちらの空気振動音です。

では具体的な方法についてご紹介していきます。

賃貸物件でも出来る具体的な防音対策

外からの騒音のほとんどは窓が原因です。おそらく現在騒音で悩んでいる方の部屋には大通り側に窓が設置されているかと思います。

つまり窓から伝わってしまう騒音を防ぐことが出来れば音に悩まされる可能性が激減するわけです。

最も手っ取り早いのは2重窓にしてサッシを取り付けることですが、賃貸物件の場合はそれが出来ません。

2重サッシの物件を内見したことがありますが線路沿いなのに電車の音がほとんど気にならないほどの防音性がありました。

2重サッシの代用として防音カーテンを使用します。

防音カーテンは高音域には効果を発揮するが低音域にはまるで効果がないということが言われていますが、他の防音グッズを組み合わせることでしっかりとした効果を発揮します。

1.窓を徹底的に密閉する

とにかく窓から伝わる音を遮らなければなりません。1mmでも隙間があいていたら音は部屋内部に簡単に伝わってしまうので密閉率を上げる必要があります。

単純に防音カーテンを設置したところで窓に隙間が出来ている限りは意味がありません。

そこで使うのがこの二つ。

ニトムズ 窓ガラス断熱シート フォ-ム水貼り 徳用2巻パック

新品価格
¥1,895から
(2021/11/19 18:18時点)

プチプチは断熱効果がありますが、正直防音効果はそこまで期待できるものではありません。

ただし何もやらないよりかは多少ましになるのと同時に断熱効果で冬場や夏場の外の空気を伝わりにくくさせるので意外と重宝します。

まずはこのプチプチを窓面に取り付けます。

わかりやすく説明するとこのシートで窓を厚くするようなイメージです。分譲賃貸のようなコストがかけられている物件は窓ガラスも厚手なものを使用しています。しかし、通常の物件は軽くて安価な窓がほとんど。

これを補うためにシートを取り付けるというわけです。

本気で防音したい人用のものもありますが、価格が高いので長く住み続ける人以外はおすすめできません。

TRUSCO(トラスコ) 窓用防音透明シート UVカットタイプ 920mmX2m 厚み2mm TSFP2ST 吸音材 遮音材 防音材

新品価格
¥24,245から
(2021/11/19 18:19時点)

レコーディングスタジオ等でも使われるぐらい防音性の高いものなので効果は高いです。

東京防音 防音戸当たりテープ TP-25 黒 幅15mm×長2M×厚2.5mm 2本入

新品価格
¥431から
(2017/1/11 20:49時点)

続いてこのテープを窓の隙間部分に貼っていきます。

防音テープを貼りつけることで密閉性が増し、高い防音効果を発揮してくれます。

隙間テープはサッシをしっかりと掃除してから使うようにしてください。スポンジタイプのものはサッシに使用しても窓が開かなくなったりうまく閉まらなくなるということがないのでおすすめです。

左右の窓どちらもやるようにしてください。上下に貼り付けると窓自体が動かなくなってしまうので端の部分だけで構いません。

長さを測定してハサミで切って貼り付けるだけなので誰でも簡単にできます。

この2つを設置すると防音以外にも断熱効果や結露防止効果もあるので一石三鳥です。

2.防音カーテンを設置する

続いてカーテンを取り付けていきます。

注意点
  1. 遮光度の高い厚手のものを選ぶ
  2. 窓枠よりも大きめのサイズを選ぶ

遮光カーテンというのは当然防音効果もあります。

学校の音楽教室を思い出してみるとわかりやすいと思います。

音楽教室には必ず厚手のカーテンが壁一面に設置されていたはずです。

防音カーテン 2枚組 遮光1級 形態安定加工 幅100cm×丈200cm ブラウン

新品価格
¥5,770から
(2017/1/11 20:56時点)

こういった光を一切通さないレベルのカーテンの方が防音性が高くなるのでおすすめ。

問題はカーテンを開けないと部屋に日光が入ってこなくなってしまうことですが開ければ済むのでそこまで困らないかと思います。

設置の際は必ず窓枠よりも多少ゆとりをもって取り付けることです。ぴったり設置していまうとカーテンの隙間から音が漏れ出すことになります。

床に付くぐらいの長さがないとほぼ意味がないので注意してください。微妙な長さで迷ったら長いものを選ぶようにしてください。

3.さらにカーテンを重ねる

この2つだけでもある程度効果は発揮してくれますが、もう一枚カーテンを重ねて設置するとより防音性の高い部屋が作れます。

先ほども説明した通り防音カーテンは高音域の音に対してはしっかりとした効果は発揮してくれますが、車のような低音域で外からくる音に関してはそれほど高い効果は発揮してくれません。

つまり1枚防音カーテンを使用しても意味がないということです。

効果があまりない理由の1つは窓枠すべてを覆うことができていない点も大きいです。

そのため2枚目のカーテンは壁一面が覆えるぐらいのサイズが理想的。ただそこまで大きなサイズは見つけるのが難しいので最初に設置したカーテンを覆えるぐらいのサイズがあれば大丈夫です。

カーテンレールが余っていない場合は新たに突っ張り棒を用いて設置します。

突っ張り棒シャワーカーテンロッド 強力伸縮棒 つっぱり棒 ブラック 50-80cm

新品価格
¥1,780から
(2021/11/19 18:03時点)

 

スライドリング カーテンリング 内径34mm ホワイト 直径28mmまでのポールに適用 お得な20個入り

新品価格
¥860から
(2021/11/19 18:01時点)


リングを選ぶ際は棒の太さよりも内径が大きいものでないと取り付けできないので注意。

壁までの長さが足りない場合は多少防音性が低くなりますが窓枠の内側に設置してください。先ほどのカーテンの内側に設置する感じです。

あとは同じようにカーテンを設置すれば終了です。

4.窓の片側をラックや棚でふさぐ

カーテンを使用しても隙間から音は通ってしまうので、物理的に窓との距離を離す必要があります。

かといって窓を完全にふさいでしまうと洗濯物を干すときや換気の際に困るので片側を背の高いラックや棚などで塞ぐのがおすすめ。

こうすることで音の吸収率が高くなり、なおかつカーテンを抑える役目もあるためある程度車の騒音を防ぐことができます。

もう片方の窓から音は入ってきてしまいますが、利便性を加味するなら片側だけにとどめておいたほうが良いでしょう。

5.換気扇や給気口を閉める

給気口

いくら窓から来る騒音の対策をしたとしても隙間があれば結局意味がありません。見落としがちなのが換気扇や給気口。

換気扇に関してはキッチンに設置されているので問題ないことが多いですが、部屋に設置されている給気口に関しては外からの騒音に対して深く関係しています。

部屋を見渡してみるとこのようなダクトっぽいものが見つかるかと思います。これが給気口(換気口)です。

給気口は本来部屋の換気を効率よく行うために設置されていますが、外の空気を取り込むために密閉されていないのでこれをふさがないとどうしようもありません。

給気口はフタと同じ要領で回転させるかプッシュすることで開閉ができるようになっています。上部とかについていると意外と気付かない部分なのでチェックしてみましょう。

アパートの換気口の使い方!開けっ放しにしておくべき?閉めてもいいの?

完璧な防音対策は不可能だがある程度はマシになる

音の種類でも説明しましたが、車の騒音や電車の音を完璧に防ぐことは不可能です。

ただ、今回ご紹介した方法で窓を隙間なく覆うことが出来れば約50%の音はカットできるかと思います。


防音カーテンが効果なかったという意見も結構みかけますが、購入したカーテンの防音性が低かったり、設置の方法が間違っているという場合が結構多いので注意。

防音グッズも1つだとあまり効果を発揮してくれませんが、2個3個と組み合わせていくことによってそれなりに満足できる効果を発揮してくれるようになります。

耳栓を使用するのもおすすめ

騒音対策を講じてもすべての音が防げるわけではありません。物件によっては大した効果が得られないこともあります。

  • 救急車のサイレン音
  • トラックが通る時の振動+音
  • マフラーを改造したバイクの音

これらの音に関しては防音性が高いと言われている分譲賃貸マンションでさえも部屋まで割と普通に聞こえてきます。特に救急車のサイレン音は防音対策がほぼ無意味なほど貫通して聞こえてきます。

騒音のせいで寝つきが悪い、寝ていても途中で起きてしまうような生活に支障がある場合は耳栓を使用するべきかもしれません。

耳栓にも色々種類がありますが、現状安価で最も音を防いでくれるのはこれです。

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

新品価格
¥380から
(2021/1/29 19:19時点)

大通り周辺の物件はどうしても車の音が聞こえてきてしまいますし、救急車の通り道になっているので神経質な人は路地裏や閑静な住宅街に引っ越すべきなのかもしれません。

ベッドは窓から距離を離して配置する

騒音の一番の問題はうるさくて寝られなくなってしまうことです。

いくら防音対策をしてもベッドが窓のすぐそばにあると車の音は聞こえやすくなってしまうので、できる限り離れた位置に配置したほうが効果を実感しやすいです。

一人暮らしのワンルームや1Kやクローゼットや扉の配置的に難しい場合も多いですが、片側の窓前に棚やラックを置いてその横にベッドを置くなど工夫をすることで窓との距離を離すことは可能です。

まとめ

MEMO
  • 外からの騒音の原因はベランダ窓にある
  • 賃貸物件でもある程度車の音を防ぐことは可能
  • 完璧に騒音を消すことは不可能
  • 防音カーテンを設置するならサイズに気を付けよう

賃貸物件でも工事不要である程度の騒音対策は可能です。

ただし完璧に防ぐことはできないのでこれから引っ越し予定の人はなるべく大通りに面していない静かな住宅街を選んだ方がストレスのない生活が送れると思います。

すでに住んでいて騒音に悩まされている場合は参考にしてみてください。

それでも耐えられないという場合は引っ越しを検討すべきです。

その他の一人暮らしコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です