賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは


本来ペット禁止のアパートやマンションでペットを飼うことは当然アウトなわけですが、友人が旅行に行く、留学するなどの理由により仕方なくペットを預かることになる人もいると思います。

今回はそもそもペットを預かる行為は認められるのか、ペット可や不可が記載されていない物件ではどうなるのかなど気になる疑問についてまとめてみました!

スポンサードリンク

預かる行為も禁止?

賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは

そもそもペット禁止のアパートやマンションはペットを飼うことを禁止しているということですよね。

じゃあペットを預かるだけなら「飼っているわけではない」のだから認められるのではないだろうかと考える方も多いようですが、本的にペットを部屋内に入れる事自体がアウトです!

その理由としては色々ありますが例えば住居者の中にペットアレルギーの方がいたとすれば問題になる可能性があります。

さらに、犬や猫はフローリングを傷つけたりしますし、鳴く動物の場合近所迷惑になります。

内緒で預かったとしても、犬や猫の鳴き声が隣りの部屋にまで響いて、結局それが管理会社や大家に通報される原因となりバレるケースが多いです。

規約にペット可も不可も書いていない場合は?

賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは

ペットが禁止のアパートやマンションの規約にはしっかりと「ペット不可」と書いてありますが、ペット可も不可も書いていない場合も意外と多いようです。

ですが、この場合、原則としてはやはり「ペット不可」となります。

これはペットを飼っていい場合は賃貸契約書の特別条項として記載するのが世間的な常識となっているためです。

つまり、残念ながら「ペット可」となっていない場合は飼うことも友人からペットを預かることも認められていません。

スポンサードリンク

ばれにくいペットとばれやすいペット

基本的に全てのペットがNGではありますが、近所迷惑にならないものや部屋を汚さないペットなどは飼っていても預かっていてもほとんど問題になることはありません。

バレやすいペット

賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは

【例】

  • サル

これらの「鳴く」「吠える」動物は隣りの部屋の人にばれてしまい、管理会社に連絡→大家にばれるという流れになる危険性があります。

もちろん、預かる日数や犬によっても全く吠えないものもいるので一概には言えませんが、ばれるリスクは高いと考えていた方が良いです。

最も、マンションに住んでいて構造が「鉄筋鉄骨コンクリート」でしかも角部屋で隣が住んでいない場合は防音性が高いので、ばれにくいかもしれません。

バレにくいペット

賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは

【例】

  • ウサギ
  • ハムスター
  • イグアナ
  • ヤモリ
  • イモリ
  • 金魚

こういった「吠えない」「鳴かない」ペットだと、ばれる可能性は非常に低いと思います。

「一週間預かってくれ」と言われたとしてもまず下手なことをしなければまずばれないでしょう。

そもそもバレる、バレない以前にペット不可物件でも問題にならないぐらい微妙なラインなので、一時的な預かりなら全く問題ありません。

ちなみに「ペットを飼っていることがバレたらどうなるのか」に大家に見つかった場合についてもまとめているので参考にしてみてください。

まとめ

  • 一時期的に預かる場合でも規約違反となる
  • 鳴かない・吠えないペットなら預かりしても問題になることはほぼない
  • 大家に相談すると許可が下りることもある

確かに友人が困っている時には助けてあげたいものですが、基本的には一時的に預かることも規約違反であることを覚えておきましょう。

ちなみに、優しい大家さんによっては「預かるだけなら」と許可をいただける物件もあるそうです。

もし少しだけ預かるという場合はそのペットが「鳴く・吠える」かどうか確認してから考えるべきでしょうね。

その上で大家に確認したり、相談するというのも1つの手。本当はダメだけど一時的な預かりなら特別にOKを出してくれる場合もあります。

少しでも参考になれば幸いです!

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す