ペット不可の賃貸物件で1日だけ友人のペットを預かるのは規約違反?

本来ペット禁止のアパートやマンションでペットを飼うことは当然アウトなわけですが、友人が旅行に行く、留学するなどの理由により仕方なくペットを預かることになる人もいると思います。

今回はそもそもペットを預かる行為は認められるのか、ペット可や不可が記載されていない物件ではどうなるのかなど気になる疑問についてまとめてみました!

預かる行為も禁止?

賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは

そもそもペット禁止のアパートやマンションはペットを飼うことを禁止しているということですよね。

じゃあペットを預かるだけなら「飼っているわけではない」のだから認められるのではないだろうかと考える方も多いようですが、本的にペットを部屋内に入れる事自体がアウトです!

これは重要事項説明書の禁止事項に「飼育・餌付け及び一時的に持ち込むこと」等と書いてあることが多いです。

禁止事項が特に設けられていない場合でも原則として預かりを認められないことが多いですが、個人で管理している物件の場合は大家に相談することで一時的なら許可が出ることもあるようです。

ではなぜ一時的でもペットの預かりを禁止しているのかその理由についてもまとめてみました。

建物の資産価値が下がるため

人だけが生活するのとペットとともに生活するのでは部屋の傷や汚れが大きく異なります。

ペット不可としている大きな理由の1つに修繕費が必要以上にかかってしまうことが挙げられます。退去する時って誰しもハウスクリーニング代を請求されますが、もちろんこれは全額借主が負担しているのではなくて貸主も負担しています。

修繕するためには多額のお金がかかってしまいます。

また、臭いや汚れの付着により通常よりも早く腐食したり劣化することになるので部屋を所有している側としては出来れば避けたいのが本音。

ペットを一時的に預かることではそんなに問題はないように思えますが、万が一大きな傷や汚れがついてしまった時に困るのは大家なので一時預かりも禁止しているというわけです。

アレルギー持ちの人が被害を被る可能性があるため

隣人トラブルの1つにペットによるアレルギーが挙げられます。

喘息とかよくある症状の1つで、アレルギーを持っている人はなるべくペットを接触したくないので必ずペット不可物件を”選んで”借りますよね。

にもかかわらずそのマンションにペットがいるとなればアレルギー症状が出てしまう可能性もありますし、そうなれば「せっかくペット不可の物件を選んだのにどうなってるんだ」という管理責任に問われるわけです。

鳴き声等により隣人の迷惑になることがあるから

これもよくある隣人トラブルの1つ。預かる動物によっては鳴き声を発する可能性があるのでそれを考慮して禁止しています。

例えば犬を飼えばインターホンが鳴るたびに吠えたり、猫を預かれば夜行性なので夜にいきなり鳴く可能性があります。

こうした動物の鳴き声を不快に思う人は必ず一定数いるので一時的な預かりだとしてもトラブルになるのを避けるために禁止にしているということです。

 

内緒で預かったとしても、犬や猫の鳴き声が隣りの部屋にまで響いて、結局それが管理会社や大家に通報される原因となりバレるケースが多いです。

スポンサードリンク

ばれにくいペットとばれやすいペット

基本的に全てのペットがNGではありますが、近所迷惑にならないものや部屋を汚さないペットなどは飼っていても預かっていてもほとんど問題になることはありません。

バレやすいペット

賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは

  • サル

これらの「鳴く」「吠える」動物は隣りの部屋の人にばれてしまい、管理会社に連絡→大家にばれるという流れになる危険性があります。

もちろん、預かる日数や犬によっても全く吠えないものもいるので一概には言えませんが、ばれるリスクは高いと考えていた方が良いです。

最も、マンションに住んでいて構造が「鉄筋鉄骨コンクリート」でしかも角部屋で隣が住んでいない場合は防音性が高いので、ばれにくいかもしれません。

バレにくいペット

賃貸アパートで友人のペットを預かるのは規約違反?ばれにくいペットとは

  • ウサギ
  • ハムスター
  • イグアナ
  • ヤモリ
  • イモリ
  • 金魚

こういった「吠えない」「鳴かない」ペットだと、ばれる可能性は非常に低いと思います。

「一週間預かってくれ」と言われたとしてもまず下手なことをしなければまずばれないでしょう。

そもそもバレる、バレない以前にペット不可物件でも問題にならないぐらい微妙なラインなので、一時的な預かりなら全く問題ありません。

ペットを預かっていることがバレるとどうなる?

バレる原因は「鳴き声が隣人に聞かれてしまう」場合や「ちょうど預かる瞬間を目撃される」などさまざまですが、もし仮にバレてしまったらどうなるのか預かる身としては一番気になる部分だと思います。

禁止事項に違反した場合はまず管理会社から連絡がきます。

「○○さんは現在ペット飼っていますか?この物件はペット不可なので規約違反となります」等の連絡をされてしまいます。

賃貸借契約書によれば規約違反をした場合は即時契約の解除するという記載がありますが実際にはそのまま強制退去になることは少ないです。

これは賃料を滞納してすぐに強制退去させられないのと同じ理由です。強制退去させるには裁判所で判決を出してもらわなければなりません。

ただし現状の改善は当然しなければなりません。一時的に預かっていたとしても隣人の迷惑になる行為なので自腹でペットホテルに預けたりしなければならないということ。

さらに退去時にはペットを預かったことで違約金として賃料の1ヶ月程度多く払わなければならなくなってしまいます。

もちろん緩い管理会社であれば「今後は注意してください」と言われるだけ済むかもしれませんが、最悪のケースは即時契約解除、違約金の支払いをする羽目になってしまいます。

ペット禁止のアパートやマンションはどこまで不可?バレるとどうなる?

「ペットを預かってほしい」と言われた時の対処法

預かると言っても命には変わりないので当然責任が生じます。ペット不可の物件ではそもそも無理な可能性も高いのでどうやって断るかが重要。

管理会社に相談する

基本的にペット不可物件では預かる行為すらも禁止されていますが小さい管理会社や個人で経営しているような賃貸物件の場合は融通が利く可能性があります。

びくびくしながら預かるよりもどうなのかを管理会社やオーナーに直接問い合わせるのが一番の正攻法です。

相談する際には「友人から1日だけ猫を預かってほしいと頼まれた」と言ったように【ペットの種類】【期間】については伝えるようにしましょう。

もしダメであれば規約違反をする前にわかったことになりますし「管理会社に相談したけど却下された」と断る口実を作ることができます。

さすがに何もせずに「無理だよ」と言うよりはよっぽど誠実な断り方です。

ペットホテルを勧める

世の中には旅行や急な出張等でペットの面倒を見ることができなくなる人のためのサービスがあります。

その中でおすすめできるのがペットホテルというサービスです。その名の通りペット専用のホテルがあって一時的に預かってもらえるというもの。

価格は場所によって変動しますが相場は1泊2日で子犬・子猫であれば3,000円~5,000円ほどです。

そこまで値段が張るものでもないので数日間であればペットホテルに預けるように勧めてみるのも手。

代案を出さずに断るよりもこういったサービスに預ければ問題ないことを伝えた方が親身になってあげることができるのでおすすめです。

「ペットホテルは高いから」という理由であなたに預けようとするのであれば上記で挙げたように管理会社に相談した上で断りましょう。

ペットを飼った以上はそういった非常時になんとかする責任があるのでそれを他人に押し付けるのは間違いですからね。

「都合がつかない」と断る

特に理由もなく断ろうとすると相手の気分を害してしまう恐れがあるので断る際はしっかりと理由をつけましょう。

例えば「預かりたい気持ちはあるけど、ちょうど自分も旅行に行く」とか「実家に帰らないといけない」などと預かれない明確な理由を伝えましょう。

こういう理由付けは大切です。理由なく断ると説得してくるので押しに弱い人なんかだとそのまま押し付けられる可能性があります。

まとめ

MEMO
  • 一時期的に預かる場合でも規約違反となる
  • 鳴かない・吠えないペットなら預かりしても問題になることはほぼない
  • 大家に相談すると許可が下りることもある

確かに友人が困っている時には助けてあげたいものですが、基本的には一時的に預かることも規約違反であることを覚えておきましょう。

優しい大家さんによっては「預かるだけなら」と許可をいただける物件もあるので思い切って相談するのも大切です。

もし少しだけ預かるという場合はそのペットが「鳴く・吠える」かどうか確認してから考えるべきでしょうね。

本当はダメだけど一時的な預かりなら特別にOKを出してくれる場合もあります。

少しでも参考になれば幸いです!

その他の一人暮らしコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です