引っ越しが退去日に間に合わないと違約金がかかる?

一人暮らしを始める前はすっきりとした部屋でも、長く住んでいる内にだんだんと家具や家電、小物は増えていってしまいます。

住んでいる時はまだしも退去する時に処分方法を考えておかないとかなり手間がかかり面倒くさいです。

今回は引っ越しが退去日に間に合わずに明け渡しができない場合、違約金はかかるのかについて紹介していきます!

退去日に間に合わないと違約金がかかる?

結論から言えば退去日までに荷造りが出来なかったり、引っ越しができない場合は違約金が発生してしまいます。

正確に言えば違約金ではなく賃料相当損害金です。

通常なら「家賃」という名目のお金を取ることができますが、契約はすでに終了しているので代わりに大家が請求できるのは賃料相当損害金というものです。

日本の法律というのは貸主に対して割と甘いので退去日を過ぎて退去しなくても高額な料金を請求されることはありません。

賃料相当損害金はは家賃を居座り続けた日数で割った金額、つまり日割り家賃と同程度が相場と言われています。家賃6万円で1週間居座り続けたら約2万円。

たとえば借主の明渡が契約終了日からちょうど1ヶ月遅れた場合は、
ちょうど家賃1ヶ月分に相当する金額を、貸主は借主に請求できる、
ということになります。

参照:南青山法律事務所

遅延日数賃料相当損害金
1日賃料の30分の1
1週間賃料の25%
2週間賃料の50%
3週間賃料の75%
1ヶ月賃料の100%

すでに入居者が決まっている場合は他に迷惑がかかってしまうので絶対にやってはならない行為ですが、居座っていた割にはあまりヤバいことにはならないということです。

退去する際は日割り家賃となるので、居座ってしまった日数を支払うだけで済んでしまうというわけです。

違約金なしに退去日を伸ばすのは難しい

退去日までに荷造りをすることができなかったりして間に合わないとしても原則としては退去日を変更することはできません。

通常、賃貸物件というのは1ヶ月前までに退去の連絡をしなければなりませんがそれは次の入居者を探すために設けられている期間です。

つまり、退去日1日~2日前になって「退去日を変更したい」と思っても次の入居者がすでに予約していて契約してしまっている可能性すらあるわけです。

残置物は処分される可能性が高い

引っ越しに間に合わずに荷物が運べなかったり、「退去はするけど荷物を置いておく」というのはリスクがあります。

退去日には入居した状態(何もない状態)に戻す必要があります。

残置物というのは基本的には大家の判断で勝手に処分しようとすると窃盗罪や器物損壊罪に問われる可能性がありますが、たいていは特約として残置物についての取り決めもされているのが一般的です。

例えば特約で「退去日以降の残置物については入居者が所有権を放棄したとみなす」等の記載があれば実際には勝手に処分しても問題ないということになります。

さらに残置物を処分するときの費用というの退去費用として新たに請求されることになるので、大量の荷物をそのまま放置しておくと処分されるだけじゃなく合わせてお金も請求されることになるので気を付けましょう。

退去日までに引っ越しできない場合の対処法

基本的には退去日までに退去しないとそれに相当する費用がかかってしまいますが、部屋がうまく決まらなかったり、日にちの調整がうまくいかずに同様のケースに陥る人は意外と多いです。

管理会社に相談してみる

原則としてできないと言っているものの、実際問題としては変更を認めている不動産会社は結構多いです。

例えば大東建託。

大東建託退去

この記述を見る限りかなり退去に関しては寛容で「次の入居者が決まっていない」という条件ならすんなり退去日の変更は認めてくれそうです。

レオパレスでも同じような記述を見つけました。

レオパレス退去

大手ですらこんな感じで許容してくれるところが多いので、退去日直前とか次に入居者が決まっていなければ交渉の余地はあります。

一応相談してみれば1ヶ月は無理でも2日~3日程度であれば許可してくれることもあります。

無断で居座るのではなく連絡はすべきです。

退去の連絡をした後に退去日を早めたり延期することはできる?

荷物の預かりサービスを利用する

仕事の都合等で自分で荷造りを行う時間さえ取れない場合は家族や友人に手伝ってもらうしかありませんが、頼める身内がいない場合でも引っ越しが可能な荷造り引っ越しサービスというものがあります。

荷造り引っ越しサービスはその名の通り、荷造りから引っ越しまで手伝ってくれるサービスで、本当に時間がない人にとっては需要があります。

価格は一人暮らしで最低2万円程度と安くありませんが最終的にどうしようもなくなった場合はこういったサービスを利用してみると良いでしょう。

荷造り引っ越しサービス


最低限荷造りをする時間があるなら上記の方法で手早く引っ越し作業を終わらせてしまいましょう。

効率的な引っ越しの荷造り方法

荷造りが間に合わないことで退去できない人もいます。

大型家電や家具は粗大ごみにするにも時間がかかりますし、すぐにどうにかできるものでもないので扱いが難しいです。

大型家電や家具

一番問題となるのは、やはり大型の家具や家電です。

小物に関しては時間がなくてもなんとか処分することが可能ですが、サイズの大きなものは普通にゴミとして処分することはできませんし、引っ越し先へ運ぶにしても引っ越し業者に依頼しなければなりません。

特に引っ越し業者は繁忙期だと予約が取れないことも多いため、他の手段を利用するしかありません。

処分する場合

処分したい大型の家具や家電は粗大ごみとして区分されます。

住んでいる市町村によって若干異なりますが、粗大ごみの業者に電話をしてみてください。

粗大ごみの処分方法
  • 市町村の粗大ごみセンターに電話をする
  • 処分する数や物を報告する
  • コンビニ等で粗大ごみ処理券を購入する
  • 家の前に出しておく

粗大ごみは数日前から家の前に出しておくことができ、予約日になると勝手に巡回している粗大ごみ者が回収してくれます。


退去日までに間に合わなくても連絡さえしておけば、あとは家の前に出しておくだけなので問題ありません。

引っ越し先でも使う場合

引っ越し業者に頼むが理想ですが、それができない場合は自力で引っ越す必要があります。

この時に利用するのがレンタカーです。

車の免許さえあれば誰でも比較的用意に借りることができ、当日、翌日などすぐにレンタルできるのも特徴。

大型家具や家電は普通の車には入りきらない可能性が高いので軽トラックやバンなどの車を選ぶようにしましょう。

僕は今まで全て自力で引っ越しをしていますが、軽トラックは安く借りることができるのでおすすめです。

長距離の引っ越しでどうしても引っ越し業者に頼みたいという場合は一時的に大型家具や家電を預けることができるレンタル倉庫を借りるのも手です。

食器やその他の小物類

小物類に関しては使わないものはそのまま処分すればいいだけの話ですが問題はゴミの日問題です。

24時間ゴミ出し可能な物件じゃない限り、ゴミの日以外にゴミを出すことはできないため退去日に間に合わない場合は他の手段を取る必要があります。

処分する場合

通常のゴミ出し以外での処分方法は3つあります。

◆リサイクルショップを利用する

僕も退去時にはお世話になることが多いリサイクルショップ店。

洗濯機や冷蔵庫など大型家電から、時計やスリッパなどの小物までなんでも売ることできます。

リサイクルショップが近くにない場合は自分で車を出さなくてはならなかったり(お店によっては自宅まで来てくれる出張サービスもある)と少し面倒くさいですが案外手っ取り早いです。

ただリサイクルショップに売りに持っていってもあまり高い値段がつけられることはないので期待しない方が良いと思います。

個人的におすすめなのが2ndストリートというリサイクル店です。

僕も実際に利用してみましたがとりあえず大体のもはなんでも引き取ってくれるので、持って行って「買い取れません」となることも滅多にありません。

お金にならなくてもそのまま引き取り処分してくれることもあるので二度手間になりにくいです。

◆不用品回収業者に依頼する


自治体とは違い民間が運営するゴミの回収業者になります。

不用品回収業者はいくつもありますが、基本的には予約制となってしまうので「今日引っ越さなければならない」という人には向きません。

それと自治体ではないためゴミの回収にあたってお金がかかるので注意してください。

不用品回収業者は粗大ごみも回収してくれます。


◆管理会社に連絡する

ゴミ出しと引っ越し日が間に合わないという経験をされている人はかなり多いのでこういう問題は管理会社に連絡してみましょう。

単純に「退去日までにゴミ出しの日が合わないのでゴミを出せなくて困っている」と相談すると「では、家の前に置いておいてください」等サポートしてくれることも良くあります。

事前に許可を取っているのであればゴミ出しすることも可能なので不法投棄せずに済みます。

引っ越し先でも使う場合

小物類は基本的に段ボールに詰めて持ち運ぶのがベストです。

段ボールはコンビニやスーパー等で無料でもらうことができるので即日引っ越したい場合にもちょっと寄って店員さんに声をかけてみましょう。

引っ越しの段ボールが無料でもらえる場所はどこ?入手方法をまとめてみた

ちょうど余っている段ボールしか貰えないので「処分してしまって今ありません」と言われることもありますが、無料で手に入れることができます。

自力で引っ越しを考えている場合はあまり詰め込みすぎないように注意してください。

あまりにも1つの段ボールに荷物を入れると持ち運びがかなり大変になってしまいます。

また、段ボールは種類ごとに分けてマジックペンで【食器類】とか【棚にあるもの】とか分けたほうが荷解きもラクになります。

スポンサードリンク

まとめ

MEMO
  • 基本的には退去日の変更はできない
  • 退去日を過ぎて居座わると日割り家賃等の損害金が発生する
  • 管理会社に相談すれば退去の猶予を与えてくれる可能性がある
  • 本気を出せば2日程度で引っ越しをすることも可能
  • どうしようも行かない場合は管理会社に相談を

引っ越し作業が終わらないと嘆いていてもやること自体に変わりはありません。

予約しなければならない引っ越し業者等のサービスはどうしても時間がかかってしまいますが、自力で引っ越しをするなら2日間あればなんとかなります。

本当に退去日に間に合わないなら取りあえず管理会社に相談してみるのが一番です。

参考になれば幸いです。

敷金なしの一人暮らしの退去費用相場は?ハウスクリーニング代はいくら? アパート退去の掃除はどこまですべき?間に合わない場合はしなくてもいい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です