賃貸でのタバコのヤニによる退去費用はいくら?ヤニ汚れは落とせる?

一人暮らしや同棲をしている方で、タバコを吸っている人は少なくありません。

特に学生はサークルなどに喫煙者も多いですからその流れでタバコを吸い始めたという人もいるのではないでしょうか。

一人暮らしをしていて部屋でタバコを吸っている方、換気扇下でタバコを吸っている方必見。退去金・クリーニング代がいくらかかるのかまとめてみました!

タバコのヤニは借主(入居者)負担

部屋に住んでいて自然に劣化していくものを「経年劣化」「通常損耗」と言い、このお金は私達(借主)が払う必要はありません。

  • 太陽の日によるフローリングの傷み
  • 温度差によって窓ガラスが割れた
  • 冷蔵庫を設置したときの若干の凹み

住んでいて絶対に傷ついてしまうもの、劣化してしまうものは大家側の負担となるのでその心配をする必要はありません。

しかし、壁にくぎを打って穴を空けたり、床を傷つけてしまった場合は意図的、故意に傷をつけたことになるので借主が払う必要があります。

タバコのヤニによる壁紙の黄ばみは故意によるものなので借主がそのクリーニング代を支払う羽目になります。

また、ヤニによる黄ばみだけでなく臭い残りも退去費用に加算されるので「黄ばんでいないから大丈夫」とは思わない方がいいです。

軽度の場合は部屋でタバコを吸うのを控えることで臭いが取れることもあります。臭いもなく黄ばみもないようなら高額な退去費を請求されることもありません。

タバコの黄ばみによる退去費用はいくらかかる?

退去費用は部屋の広さによって大きく異なります。今回は一般的な6畳のアパートを例にとって解説していきます。

1K

間取り

黄ばみなどによる壁紙(クロス)の張り替え費用は1㎡あたり1,000円~1,500円ほどで平均は約1,200円ほど。

壁紙の質によっても値段は異なるのであくまで参考値としてください。

この部屋の専有面積は22㎡ですがクロスは天井部分にまで及ぶので6畳の部屋でも40㎡ほど必要になります。

仮に部屋でずっとタバコを吸っていて壁紙全体を替えなければならないとすれば相場は48,000円ほどかかってしまうわけです。

6畳(40㎡)約48,000円
7畳(43㎡)約51,600円
8畳(48㎡)約57,600円
9畳(51㎡)約61,200円
10畳(54㎡)約64,800円
11畳(57㎡)約68,400円

※1㎡=1,200円で計算

部屋の広さごとにクロス張り替えの料金を一覧にしていました。

ちなみにリフォーム会社のサイト「リノコ」でも調べてみましたが、やっぱりだいたい同じぐらいの料金がかかるようです。

ただしこれは”タバコのヤニによるクロスの張り替えのみ”の料金。退去費用は他にもフローリングや水垢を落としたり設備の補修に対してお金がかかってきます。

クロスの張り替え以外でかかる退去費用

項目料金相場
ハウスクリーニング約20,000円
エアコン清掃費約8,000円
フローリング交換費(1畳)約20,000円

平均的な退去費用についてまとめてみました。

エアコンや換気扇、フローリングや部屋全体のクリーニングで細かくお金がかかります。クロス以外でも約50,000円近くの費用がかかってしまいます。
こちらは無人契約機検索サイト「アトムくん」が行った男女200名による退去費用に関するアンケート調査結果です。

間取り退去費用の平均額
ワンルーム/1K/1DK/1LDK49,980円
2K/2DK/2LDK79,924円
3DK/3LDK/4K~4LDK90,139円

一人暮らし用物件のワンルームや1Kで普通に過ごした場合の退去費用相場は約50,000円ほど。

ヤニ汚れでクロスを全て張り替えする場合は50,000円ほどかかるので最大で合わせて10万円ほどの退去費用が請求される可能性もあるということです。


もちろんフローリングの交換等は絶対に必要とは限りません。傷がつかないようにキレイに使っているなら交換の必要がありませんし、基本的なハウスクリーニング費用のみで済むこともあります。

ハウスクリーニングは例え傷がなくてもフローリングにワックスを塗ったり、水回りの水垢を落としたりという作業として基本的にはどの賃貸物件でもかならずかかる費用。

場所によってはハウスクリーニングの中にエアコンや換気扇の清掃が含まれている場合もあるのでこの金額より安いこともあります。

長く住めば済むほど退去費用は安くなる

賃貸物件は長く住めば住むほど建物の価値が下がってきます。これは部屋の内装に使われているクロスやフローリング等の設備にも言えることです。

設備ごとに耐用年数というのが決まっており、例えばクロスであれば耐用年数(何年使えるかという値)は6年です。

つまり、仮に賃貸物件に6年住んだ場合クロスの価値は1円になるので例えタバコのヤニでクロスを汚してしまった場合でもクロスの張り替え費用を払う必要がなくなるということです。

6畳の部屋(クロス代:48,000円)を例に経過年数ごとの支払い費用を一覧にしてみました。

経過年数費用
1年約39,840円
2年約32,160円
3年約24,000円
4年約15,840円
5年約5,740円
6年1円

クロスはこのように減価償却されて価値が下がります。

※減価償却とは建物の価値が年数とともに下がること。クロスや設備の値段も長く住めば済むほど割り引かれる

 

耐用年数が6年であるクロスを例にした場合、耐用年数・減価償却の考え方では、入居開始後6年経過で価値は1円まで減ります。

参照元:http://ure.pia.co.jp/articles/-/66837?page=3

計算上では6年間住むと1円まで減価償却されるので、部屋が汚い場合は長く住むというのも1つの作戦かもしれません。

部屋に穴を空けてしまった!!アパートの壁の穴の修繕費用はいくら?

スポンサードリンク

壁紙(クロス)についたヤニを落とす方法

壁紙についたヤニの黄ばみは凸凹に付着してしまっているので濡れ拭きなどでは当然落とせません。

ただ、100円均一で手に入るグッズを使用すれば素人でも簡単に清掃することが可能です。

用意するもの
  1. 水(お湯がおすすめ)
  2. 雑巾
  3. スポンジ
  4. 重曹
  5. 霧吹き

霧吹きスプレーの中に5倍~10倍に薄めた重曹を入れて完成。

重曹はアルカリ性なので粘着性の高いヤニを落とすのに役立ちます。

部屋のタバコのヤニによる退去費用は平均いくら?換気扇下で吸ってもNG?

これを使用するだけで軽いヤニ汚れであれば落とすことが可能です。

こういうのを作るのが面倒な人は市販で売っているヤニ落としを使うのが一番手っ取り早いですね。

スーパーオレンジ 消臭・除菌 泡タイプ 天然オレンジオイル配合 多目的クリーナー 本体480ml

新品価格
¥800から
(2018/10/11 07:45時点)

やはりオレンジオイルは汚れにかなりの効果があるようで、クロス以外にも換気扇の掃除や空気清浄機なんかでも使うことができます。

ただし頑固なヤニ汚れや長年のこびりついてしまった汚れは落とせないことがあるので注意してください。一応やってみる価値はありますが必ずしもヤニが綺麗に取れるという保証はありません。

アパート退去時の掃除はしなくてもいいの?どこまですべきなの?

よければこちらも参考にしてみてください。

部屋をヤニだらけにしないための対策

すでに部屋でタバコを吸ってしまっていて壁紙が黄ばんでしまっている状態なら今更対策しても遅いですが、今後引っ越した時に余計に退去費用を取られないための対策をいくつか紹介していきます。

タバコは簡単にやめられるものでもないので場所や方法を変えることが重要です。

換気扇下で吸う

 

部屋のタバコのヤニによる退去費用は平均いくら?換気扇下で吸ってもNG?

「部屋で吸うのはさすがに臭くなるから控えているけど、ベランダだと冬は寒いし夏は暑いから換気扇下で・・・」

てな感じで換気扇下でタバコを吸っている人も多いのではないでしょうか。

確かに煙自体は換気扇に吸い込まれ、外に排出することができますが、油分と同じようにヤニが換気扇に付着しまくります。

で、そのまま退去するとヤニがべっとり状態になり、換気扇を全とっかえするために退去費用を多く支払う可能性も出てきてしまいます。

換気扇の清掃代の相場は10,000円~20,000円ほどです。普通にキッチンを使用していても油やほこりで換気扇が汚れれば清掃代はかかるので換気扇下で吸ってしまうというのはありなのかもしれません。

ただ、ヤニの付着は普通の汚れではなく、余計な金額を請求される可能性もあるので注意が必要です。

部屋で吸うよりは換気扇下の方がまだマシですね。

僕も以前住んでいたアパートでは換気扇下でタバコを吸っていましたが退去費用は2年住んで総額で37,500円でした。部屋を綺麗に使っていたこともありますが、換気扇下ならそこまで高くならないようです。

部屋の設備の一部が自然に壊れたら自己負担?

ベランダで吸う

夏場は暑く、冬場は寒いですがベランダでタバコを吸っている人も結構多いと思います。

意外かもしれませんがベランダというのは正確には共用部分とされています。各部屋にベランダがある場合占有権が与えられているような感じです。

ベランダで吸えばヤニがつくことはありません。ただし、臭いが周辺に散布するので隣人トラブルの原因になる可能性があることも考慮してください。

よくあるトラブルが「隣人がベランダでタバコを吸っているせいで洗濯物に臭いがつくから困っている」という問題。また、換気しようと窓を開けたらタバコ臭くて迷惑という問題もあります。

あくまで壁紙にヤニがつくのを防ぐための選択肢の1つです。

空気清浄機を置く

どうしても部屋でタバコが吸いたいというのであれば空気清浄機は絶対に購入しておきましょう。

壁紙にヤニがつく前の空気を吸ってくれるのでかなり有能です。

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 2019年モデル ホワイト KC-L50-W

新品価格
¥21,980から
(2021/3/11 17:01時点)


空気清浄機の働きでヤニが壁に付着することもありませんし、何より退去時の費用を考えたら空気清浄機の方が安い!
花粉症対策にもなるので、購入しておいて損はありません。
喫煙する人にとって空気清浄機は必須レベル。

電子タバコに移行する

僕が悩みに悩んで出した結論がこれです。


以前まではずっと紙巻タバコを吸っていましたが周囲の迷惑になるのと、部屋が臭くなったり掃除も面倒なのでアイコスに変えました。

最初の3日間は「なんだこれ、まっずい」って思いながら吸っていましたが、それ以降はなぜか紙巻タバコのほうが科学的な味がして吸えなくなりました。

電子タバコの場合、葉を燃やすのではなく蒸している状態なのでヤニ汚れが発生しません。

正確にはヤニ汚れってタールに含まれるものなんですけど、アイコスの場合はタールを9割以上削減しているおかげで壁紙が黄ばんだり臭いがつくことがありません。

実際、今の物件もずっと部屋で吸っていますが壁紙が黄ばむどころか臭いがつくことすら一切ないのでまさに快適な生活を送ることができるようになりました。

最新型 IQOS3 DUO (ウォームホワイト)

新品価格
¥7,665から
(2021/3/11 16:59時点)

いちいち吸う場所を考えたり、退去費用を心配するぐらいならいっそのことこの機会に乗り換えるのもありだと思います。

高額請求された場合の対処法

部屋がヤニだらけなら10万円近くかかることもありますが、上記に挙げたようにクロスなどは経年劣化で長く住めば住むほど安くなります。

極端な話、6年以上住んでいるのにクロスの張り替え費用を全て請求されるようならそれは「原状回復に関するガイドライン」に反して請求しているということになります。

高額請求された場合の対処法
  • 退去費用の内訳を請求する
  • 経年劣化等の主張を抗議する
  • 消費者生活センターに連絡する

退去費は意外とごねれば安くなる傾向があります。あたかも当たり前に払う傾向がありますが、疑問に感じたら見積書の請求をしたり、それでも納得がいかないようなら消費者生活センターに連絡して対処してもらうという手もあります。

まぁタバコを吸っていると臭いの除去とかにもお金がかかってしまうので少し高いぐらいなら納得するしかありません。

まとめ

ヤニによって壁紙が黄ばんでしまった場合、全て貼り替えとなるので退去費用はやはり高くなってしまいます。

長く住むか自分で掃除してヤニ汚れを落としてみることで退去費用は安くなる可能性があります。

対策
  1. 自分で掃除してヤニを落とす
  2. 長く住んでクロス費用が安くなるのを待つ

ただし、長い期間ヤニを落とさないでいると頑固にこびりついてしまい、素人の掃除だけではうまく取り除けない可能性もあります。

その場合は割り切るか長くその部屋に住んで減価償却費を1円にまで下げることで対処可能です。

参考までに。

その他の一人暮らしコラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です