回線は重い?インターネット無料物件に実際に住んでみた感想まとめ


インターネットは工事すれば月々4,000円ほどで割と安定した回線を手に入れられますが、最近はインターネットを無料としている物件も多いです。

「インターネット無料物件は回線がクソ」って話をよく耳にしますが、実際のところどんな感じなのか私自身住んでみたのでその正直な感想についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

インターネット無料物件は賃料に上乗せされている?

インターネット無料物件といってもネット回線をつないでいる以上、必ず誰かがインターネット料金を支払っています。

大家(貸主)が全て負担している良物件というのは稀で、実際は賃料に上乗せされている可能性があります。

金額も1,000円や2,000円程度なので賃料が相場より高くなっているとはわかりずらいのが現状。

ちなみに「月額2000円程度でインターネットが使い放題!工事も不要!」って回線もインターネット無料の回線と仕組みはほぼ同じです。

ネットの接続方法

引っ越したら部屋の四隅を見てください。コンセントの横付近にネットを接続するための差込口が必ずあります。

有線しか持っていない場合はパソコンに優先をつなぐだけで使用できますが、この場合だとPC一台しかネットに接続できなかったりスマホは対応していないので必ずルーターを購入した方がいいです。

無線ルーターがあれば複数の機器にネットを飛ばすことができますし、インターネット無料物件でも工事あり物件でもほぼ必ず必要となるので持っておいた方がいいと思います。

値段はピンキリですが1万円ぐらいあれば良性能のものが購入できます。良いものほどその部屋まで来ているネットの性能を生かすことができ、悪いものだとちょっと不安定なネット環境になりやすい傾向があります。

ただ一人暮らしなのに遠くまで届くルーターを買ってもあんまり恩恵はないので注意してください。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866 300Mbps 3LDK 2階建向け 【iPhoneX/iPhoneXSシリーズ/Echo メーカー動作確認済み】

新品価格
¥4,860から
(2019/1/13 12:21時点)

何でもいいですが、無線ルーターは10年レベルで使用するのであまりケチらないほうがいいのかもしれません。

ルーターを部屋にある差込口にさせば、準備完了。ルーター1つ1つに【SSID】と【パスワード】が記載されているので接続したい機器に打ち込めばそれだけでもう使用できます。

インターネット回線の仕組み

インターネット無料物件は工事ありで1つ1つの部屋の別々の回線をつなげるようなネット回線とは仕組みが異なります。

一般的なインターネット無料物件の場合、1つのネット回線を複数の部屋に通して、それを各部屋の人が共有して使用しているような仕組みになっています。

つまり、複数人が動画を見たり、ゲームをやっている場合は回線に負担がかかるので重くなりますし、ほとんど使用している人がいないような状況だと回線速度も工事ありのネットと同じレベルの速度で使用できます。

私が使っている回線速度はこんな感じ

あくまで目安ですが、目的別に必要な速度についてまとめてみました。

目的別 下り回線速度目安
ネットサーフィン等 10Mbps以上
youtubeなどの動画視聴 20~30Mbps以上
FPSなどのオンラインゲーム 100Mbps以上

重要なのは下りの回線速度。

調べ事をするぐらいなら10Mbps程度で十分ですが、重たいファイルのダウンロードや高画質のオンラインゲームをやりたいなら100Mbps以上が理想とされています。

ただ実際には40Mbps程度でもFPSゲームは快適にできました。

で、私の現在使用しているネットの昼間と夜の回線速度がこんな感じです。

【昼間】

回線速度昼

【夜間(混雑時)】

速度チェック夜

よく考えると夜間は昼間の10分の1ぐらいしか速度が出てないですね。

やっぱり昼間は誰も使用していないのでかなり速度がでますが、仕事から帰宅した夜の時間帯は多くの人がインターネットを使用するので速度が出にくいです。

これは平均ですが、ひどい日はもっと速度が低くなります。

回線速度最低

ここまでくるとネットサーフィンぐらいしかできなくなります。ちなみにこれは23時頃です。

使用感について

昼間はやっぱりサクサクですね。ストレスフリーで動画再生もできますし、オンラインゲームもカクツキなく遊ぶことができています。

しかし、夜になるとだんだんと回線に負担がかかっていて重くなってしまいます。日によりますが22時ぐらいになると重すぎて高画質の動画は再生不可能になります。

それとFPSのようなゲームも夜の時間帯はけっこうキツイです。これも同じように22時ぐらいまでならなんとかできますが、そこから12時まではラグが凄すぎてできません。

ひどいときはyoutubeですら最低画質じゃないと見れないぐらいのレベルです。

大丈夫な日もあるので完全に日によりますが、ゲームや動画編集をしたいって人にとってインターネット無料物件は相当ストレスが溜まると思います。

スポンサードリンク

無料回線を使って感じたメリットとデメリット

【メリット】

  • ルーターや優先を持っていればすぐにネットが使える
  • 月々の料金や工事費がかからない
  • 違約金がないのでいつでも退去できるという安心感がある
  • 夜中じゃなければ割とストレスフリー
  • いちいちネット回線を調べたりしないでいいので手間がかからない

私の場合は引っ越してすぐにネットを使用したかったので無料物件は非常に助かりました。引っ越したその日から使用できるのはかなりありがたいですね。

工事ありだと2週間~1か月ぐらい待たされてやっと使えるようになるので時間がかかりますからね。

手間がかからないってのが最大のメリットです。

【デメリット】

  1. 夜中の2~3時間はゲームをしたり動画を見たりするのが難しい
  2. 途中で工事ありのネット契約したくても違約金制度のせいでためらう

昼間はともかく、夜は本当に重くなります。私の物件の場合は日によってまちまちでしたが住人が帰宅している時間帯は重かったです。

インターネット無料物件に独自にネットを引くことはできるの?

回線速度が気になった場合は通常の賃貸物件と同じように自分で他の回線を契約することも可能です。

ただ、この場合だとインターネット使用料が月々約4,000円程度かかってしまう上に工事費という名目で10,000円~20,000円ほど取られてしまうので注意してください。

さらに、一般的な工事ありのネット回線契約の場合は違約金というものが存在します。2年使わずに解約したら~みたいなやつです。

ネットが遅いと仕事にならないとか、お金よりもストレスフリーな生活をしたいと思う人は新たに回線契約するのも一つの手ですが色んなリスクがあるので注意しましょう。

【工事ありネット回線のリスク】

  1. 月々料金が約4,000円ほどかかる
  2. 工事するまで時間がかかる(2週間~1か月ぐらい)
  3. 工事費が10,000円~20,000円ほどかかる(会社により異なる)
  4. 2年使わないで解約すると違約金が約10,000円ほどかかる(会社により異なる)

特に途中でネット契約してしまった場合、部屋の更新とともにネットを解約しても2年未満だったりするので違約

金が発生してしまいます。

ずっとその回線を使い続けるならいいですが、実家に戻る人とか違う引っ越し先でそのネット回線が使用できない場合は違約金がかかってしまいます。

インターネット無料物件に住んでいる人の口コミ・評判

https://twitter.com/mikath_12/status/375270751047127040

1つの回線を複数人で使用する仕組みなので物件次第なところもありますが、夜使おうとすると重いのは覚悟しておいた方がいいと思います。

結論:無料はありがたいがやっぱり回線速度は気になる

すぐに使えたり、無料や安価で使用できるのは嬉しいですが、口コミでも言われているように回線速度はやっぱりきになります。

ゲームをする人、動画編集する人など回線が弱いと困るな~って人は最初から工事ありのネット回線を契約してしまった方がいいかもしれません。

ただ、昼間の回線速度は良好ですし、重いのは夜の2~3時間程度なのでそれを我慢できるなら無料でも十分といえば十分です。

インターネット無料物件や工事不要のネット回線を使うべきか悩んでいる時はぜひ参考にしてみてください。

ネットに関する記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す