一人暮らしには不向き?メゾネット物件のメリット・デメリットをまとめてみた


メゾネット物件のメリット・デメリット

引っ越しを考えている方は通常の部屋を見る機会が多いと思いますが、最近普及してきているメゾネットタイプ物件をご存知でしょうか。

あまり聞きなれない言葉ですが、普通の物件とは異なりちょっと変わった雰囲気を楽しむことができます。

そんなメゾネット物件のメリットや意外なデメリットについてご紹介していきますので住もうか悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

メゾネット物件とは

メゾネット物件

メゾネットとは何か。

このサイトにたどり着いている時点でどんなものなのかおそらくわかっていると思いますが、簡単に言うと一軒家のように部屋の中に階段がある物件のこと。

この1階と2階は全て自分の部屋として使うことができるので本当に一軒家に住んでいる感覚になります。

階段付きといえばロフト付き物件が思い浮かびますが、ロフトの場合はリビング(居間)の2分の1以下の面積で”物置”というくくりになります。

メゾネットは部屋がもう1つある感じですが、ロフト物件の場合はリビング+物置というイメージです。もちろんメゾネット物件の方がはるかに過ごしやすいです。

ちなみにメゾネット+ロフトという物件も存在します。

1Rや1Kのメゾネット物件の場合はロフト付き物件とかなり間取りが似ているので写真だけではわからない場合もあります。

メゾネット物件のメリット

【メリット】

  1. 生活空間と寝室を分けることができる
  2. 足音をあまり気にする必要がなくなる
  3. ルームシェアしやすい
  4. 収納スペースが通常の賃貸よりも多い
  5. 通気性が良くてカビが発生しにくい
  6. 天井が高くて開放的
  7. オシャレ

生活空間と寝室を分けることができる

メゾネットタイプの物件は1階と2階で用途を別々に使うことができるため、生活するための部屋を寝室を分けることができます。

例えば友人が遊びに来た時に寝室に人を入らせずに済みますし、仕事する用の部屋や趣味の部屋を作って、生活にメリハリを持たせることもできます。

足音をあまり気にする必要がなくなる

メゾネットの物件はファミリー層にも人気がありますが、その理由は騒音対策になるため。

子供が走り回る音というのは下の階に結構響くので、それがきっかけで隣人トラブルにつながるケースも少なくありません。

こういった時にメゾネットタイプなら”子供部屋は2階で1階はリビング”というように部屋を上下に分けることができるので足音が近隣の迷惑になりません。

ルームシェアしやすい

通常の物件だと部屋を分けると言っても隣がすぐリビングで声が聞こえてしまったり、完全にプライベートな空間というのは作りにくいですが、メゾネットは上下で部屋を分けることができるのでルームシェアや同棲にも向いています。

上下で部屋が分かれていることにより音をそこまで気にする必要もなくなりますし、友達と一緒に住む人にとっては理想的な間取りです。

収納スペースが通常の賃貸よりも多い

メゾネットタイプは収納スペースを広くとっていたり、上下に部屋があることで各部屋に収納スペースがあったりと通常の物件よりも収納に困らない造りになっていることが多いです。

物が多い女性なんかにはうれしいメリット。もちろんこれはすべてのメゾネット物件に当てはまるわけではないのであくまで傾向です。

通気性が良くてカビが発生しにくい

メゾネット物件は吹き抜け階段など天井が高く設計されているため、通常の物件よりも空気が循環しやすくカビが生えにくい傾向があります。

また、窓の設置数も多いので光を取り込みやすくてよどんだ空気になりにくいというメリットがあります。

換気がしやすいのは結構魅力です。

天井が高くて開放的

平米数的にはそこまで広くなかったとしても天井が高いため広くて開放的に感じるのもメゾネット物件ならではの魅力。

ロフト物件も同じように天井が高くて開放的ですが、ロフト部分が部屋ではないので生活自体はあまりしやすくありません。

オシャレ

構造的にも通常の物件とは違って面白みがありますし、一人暮らし歴の長い人だと新感覚を味わうことができます。

メゾネット物件はオシャレな部屋も多く、特にコーディネートしなくても空間自体がオシャレなので満足度も高いです。

こういったオシャレな部屋だと友人を招きたくなりますが、寝室と分けられているのでそういった意味でも便利。

メゾネット物件のデメリット

【デメリット】

  1. 家賃が高い
  2. 壁が薄い
  3. 冷暖房効率が悪い
  4. 階段が面倒
  5. 掃除が面倒
  6. そもそも物件数が少ない

家賃が高い

まず一つ目は普通の物件に比べて家賃が高いこと。

スーモで検索してみたところ、普通の物件の約1万円ぐらいは高いんじゃないかな。

もちろんこれはアパートタイプとマンションタイプ、建物の構造によって大きく差はありますが。

壁が薄い

意外とメゾネット物件は壁が薄いことが多いです。

一軒家っぽいので壁に関しては全く気にならないと思っていましたが多くは木造か軽量鉄骨なんだそうです。

つまり実際のメゾネットはほとんどが普通のアパートと一緒。

構造別の防音度数はこちらをご覧ください!

隣りの部屋との壁が薄いため、ドアを閉める音や足音なんかも物件によっては聞こえてきてしまうでしょうね。

メゾネット物件の多くは隣と隣接しているのでアパートと変わりません。

冷暖房効率が悪い

メゾネットタイプはやはり冷暖房効率が悪い事がネックとなります。

そりゃあそうですよね、1階と2階に別れている時点で仕方のないことかもしれませんが、冬場の電気代はかなりかかることが予想されます。

ロフト物件とは違い、1階にも2階にもエアコンが設置できるのでエアコンの効きが悪い時は両方つけることもできますが、片方の階にしかエアコンがついていないとちょっと地獄かも。

このあたりは交渉できるので「エアコンを設置してほしい」と営業マンに伝えてみましょう。

階段が面倒

ロフトほどではないですが、部屋の内部に階段があると毎日階段を上ったり下りたりするのはちょっと面倒そうな気がします。

慣れたらそこまで気にならないレベルだと思いますが、一応デメリット。

掃除が面倒

階段があることによるもう1つの弊害。階段部分自体も掃除は面倒ですが、掃除するたびに1階と2階を行ったり来たりするのは大変そうです。

専有面積に通常の賃貸と変わらなかったとしてもコンセントが届かなかったりする弊害はありそうですね。

メゾネット物件に住むならコードレスの掃除機が必要になってくるかもしれません。

そもそも物件数が少ない

条件に合う物件を探そうと思ってもメゾネット物件自体が全体の5パーセント以下に満たない数なので非常に探しにくいです。

住みたい駅の近くにメゾネット物件自体がない可能性だって高いですし、あったとしても間取りが気に入らなかったり、駅から遠かったり、何かしら不満になる要素は出てくると思います。

先ほども言ったようにそれで通常よりも家賃が高いので”そこまでしてメゾネット物件に住む価値があるのか”を考えてしまいそうですね。

スポンサードリンク

ネットでの口コミ・評判をまとめてみた

メゾネットに住んでます。
うちは、隣の部屋との間に階段や押入れが配置されてるため、それがワンクッションになって音は気になりません。
欠点は、洗濯物を干すのに二階まで行くのが面倒なこと、二階のお部屋に服など収納すると、いちいちとりに行くのが面倒・・・など、まぁ運動だと思えば・・・というところ。

 

現在夫と二人で住んでいます。1階が居間で2階が二間です。

メリットはあまりないですね。しいて言うなら夏の夜、窓を開け放したまま寝られることと、玄関が1階なので出入りが楽ってことぐらいでしょうか。

デメリットは、階段のことです。結構ほこりがたまります。2階にちょっと何かを取りに行くにもいちいち階段を上り下りしなくてはならないのも面倒ですし・・ あと、朝起きて意識がはっきりしないときに階段を下りるのは結構こわいです。手すりにしっかりつかまって降りてきますが、いつか転げ落ちると思っています。

暖房の効率も悪いです。我が家は1階と2階の仕切りがないので、2階に暖気が行ってしまいます。

 

調べてみたところメゾネット物件は一人暮らしというよりも同棲、ルームシェア、夫婦向けのような気がします。

生活空間を完全に分けることができますが一人暮らしでわざわざ部屋を分ける必要はありませんし、階段の上り下りが面倒という意見も多く、掃除も普通の物件より大変です。

しょっちゅう人を招き入れたりする人にとっては良いと思います。寝室に絶対友達入れたくない人とかもいるでしょうからね。

まとめ:メゾネット物件は同棲やファミリー向けの物件

実際に住んでいる人の意見からメリット、デメリットを調べてみましたが、正直一人暮らし向けというよりはルームシェア、同棲、もしくは子供のいるファミリー層向けの物件のような気がします。

  • 生活空間を分けられる
  • 足音が気にならなくなる
  • 寝室を別に設けられる
  • 収納が多い

こういった部分は一人暮らしじゃなくてすべて複数人で住むのにありがたいメリットです。

一人で住むなら生活空間を分ける必要はありませんし、寝室が欲しいなら普通の1LDKとかも選択肢としてありますからね。

誰かと一緒に住むなら1階と2階があるのはプライベートな空間を仕切りやすいのでもってこいの物件。

賃料が安いならメゾネット物件に住む価値は高いですが、相場よりも高いことの方が多いので、そういった点を踏まえても一人暮らし向けとは言えません。

希望賃料で見つけた物件がメゾネットならありというぐらいのレベル感だと思います。

メゾネット物件の効率的な探し方

どのサイトでもメゾネット物件は取り扱っているので探そうと思えば簡単に探せますが、メゾネット物件に絞りこむとかなり物件数は少ないです。

メゾネットに似た物件である「ロフト付き物件」なども視野に入れて探すとよいでしょう。

効率的に探したいのであればイエプラというサイトがおすすめです。

イエプラ

イエプラのホームページへ

イエプラはネット上で条件を伝えて部屋を探してもらうサービスですが、チャットでやり取りができるので「○○のようなイメージの物件を探して」と細かい条件を伝えることができます。

自力で部屋探しをするとすでに成約済み物件も検索結果に出てきてしまうので非常に効率が悪いです。

私も過去におとり物件まがいなことをされた経験があります。

こういった無料で使えるサービスは積極的に使っていくべきです。

自力で探したいなら取り扱い物件数が多くいスーモホームズが無難。

店舗で探してもらうとやたら時間ばかり取られるので物件の目星をつけて問い合わせるなりするのが効率的です。

ぜひ参考にしてみてください。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

同棲に関するページ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す