ベランダやバルコニーがない部屋は要注意!デメリットや洗濯物の干し方まとめ


ベランダやバルコニーがない部屋は要注意!デメリットや洗濯物の干し方まとめ

割と一人暮らしの物件ならベランダやバルコニーがない物件って多いような気がしますが、気にしたことはありますか?

間取りを見る時に、部屋の広さを重点に置く場合が多いので、ついうっかり見逃してしまいがちですが内見してみると「あ、この部屋ベランダないのか」ってことに気付くと思います。

さて、そんな一人暮らしのベランダ・バルコニー事情ですが、ないと本当に不便なのかデメリットや実際の洗濯物の干し方の注意点なんかを挙げていきます。

スポンサードリンク

ベランダとバルコニーの違い

似たような言葉ですがこの二つは意味合いは微妙に違います。

ベランダとは、建物の外に張り出した屋根付きのところのこと。 広さにもよるが、屋根があるため、雨の日でも洗濯物を干すことができる。 バルコニーとは、2階以上の室外に張り出した屋根のない手すり付きのところのこと。 下階の屋根部分を利用したものは、「ルーフバルコニー」と呼ぶ。

参照元:違いがわかる辞典

 

つまり、ベランダは屋根が付いていてバルコニーは屋根がない2階以上の物件ということです。

ルーフバルコニーに関しては一人暮らしにはほぼほぼ関係ないので覚えなくて大丈夫です。

ベランダ

ベランダ

屋根が付いているのでこの画像はベランダということになります。

バルコニー

バルコニー

こっちは屋根がないのでバルコニーです。

一階に住んでいる場合なんかはバルコニーと書かれている物件が多いような気がします。

部屋ごとに仕切られていないこともあります。

ちなみに、以前私が住んでいた部屋は一階アパートのバルコニーで、仕切りは全く付いていないタイプでした。

しかも外からも普通に入ってこられる仕様だったので、防犯面はがばがばでした。

続いてベランダとバルコニーそれぞれの住み心地について私の感想を述べていきます。

バルコニー物件の住み心地

まず、バルコニーは屋根がないので雨が少しでも振ってきたら一瞬で洗濯物がずぶ濡れになります。

例えば、少し外出して突然雨が降ってきた時なんかは、その時点で洗濯し直さなくてはなりません。

それと、仕切りがほとんどないバルコニーは特に注意が必要です。

晴れ晴れとした陽気でも、風で洗濯物が飛ばされることが結構あります。

これで何着服を無くしたことか・・・

道路に落ちていたこともあります。仕切りがないのでどこまでも飛ばされます。

ベランダ物件の住み心地

最初の物件はベランダが付いていました。

この時は2階。

ベランダだと雨が降っても多少の時間は洗濯物が持つので、もう一回洗わなくてはならないという状況になりにくいです。もちろん豪雨の場合や暴風雨ではダメですが。

それとバルコニーのように洗濯物がどこまでも飛ばされるということがないので、飛ばされたとしても大抵はベランダ内に落ちています。

あとは、喫煙者なんかだと仕切りがあって、屋根のあるベランダタイプの方が良いでしょうね。

住んでいて不便に感じることはほとんどありませんでした。

スポンサードリンク

ベランダもバルコニーもない物件の住み心地

ベランダやバルコニーがない部屋は要注意!デメリットや洗濯物の干し方まとめ

さすがにどっちもない物件には住んだことはありませんが、ネットの意見を元にデメリットをまとめてみます。

最大のメリットは家賃の安さ。

想像するだけで住みにくそうですが、実際はどうなのか。

【デメリット】

  • 屋根がないので少しの雨でも窓が開けられない
  • 布団や洗濯物が干せない(干しにくい)
  • コインランドリーのお世話になりまくる
  • こまめな洗濯が必要
  • 洗濯物が部屋干しの臭いになることがある

最初の一点に関しては屋根のないバルコニーにも言えることですが、その他はかなり住みにくそうな印象を受けます。

まず、洗濯物ですが外に干すことが出来ません。

物干し竿だけついている物件もよく見かけますが、囲いが一切ないのでひと目を気にすると外に干しにくいのかもしれません。

防犯面も良くなさそうです。

そうなってくると、部屋干しするしかありませんが、一人暮らしの部屋干しは浴室乾燥機がついていないことが多いので部屋干しならではの独特の臭いになります。

最終的にコインランドリーで乾燥機に掛けるという人も多いのが現状です。

見比べてみるとバルコニーと割と良い勝負な気もしますが、バルコニーは一応敷地面積として確保されている分マシ。

ベランダ&バルコニーがない部屋の洗濯物の干し方

対応策としては、3つ。

  1. こまめに洗濯して部屋干しをする
  2. コインランドリーの乾燥機を使う
  3. 浴室乾燥機で干す
  4. カーテンレールに干す

こまめに洗濯して部屋干しをする

一番良いのは一日一回洗濯するようにして、その洗濯物を部屋干しすることです。

一人暮らしは大抵2~3日に一度、洗濯物が溜まったら洗濯する人が多いですが、外に干したくない場合はそれをやると確実に部屋干しの臭いになったり、乾くのが遅いです。

窓付近に簡易的な物干しラックを設置して、洗濯物を干す時はカーテンを開けて(できれば窓も)干すことで外干しとそれほど変わらない状況を作り出すことができます。

物干しラックは使わない時に畳んで置けるタイプのものを選ぶようにしましょう。

物干し台がない?狭いベランダにも置ける物干しラックはこれ

コインランドリーの乾燥機を使う

部屋干しの臭いになるのがどうしても嫌だったり、部屋に洗濯物を干すのは大変ですし、抵抗がある人はコインランドリーを利用するのも手です。

乾燥機だと1回あたり300円ほどかかりますが、温度が高いので滅菌されて嫌な臭いになることもなく、30分ほどで乾くのはコインランドリーならではの良さです。

節約するために洗濯物を1週間ぐらいまとめて、週末とかにまとめて持っていくという感じで利用すれば1か月1,500円ほどで済みます。

洗濯機すら購入せずにコインランドリーで洗濯と乾燥を行ってしまうような使い方をしている人もいます。

どっちが得なのかは、以前「洗濯機を購入して部屋に置くのとコインランドリーはどっちが安くて得か」で計算してみたので参考にしてみてください。

浴室乾燥機で干す

ベランダがついていない物件やベランダに物干し竿を設置するスペースがない物件に多いのが浴室乾燥機付きというパターン。

私も今住んでいる物件がベランダはあるけど物干し竿をかけるためのフックがついていなくて、どうしようか困っていましたが実は浴室乾燥機がついていました。

浴室乾燥機があれば2時間程度で乾かすことができます。ただ、そこまでスペースが広くないのでこまめに洗濯しないと量を干すことができない点と、そもそも浴室乾燥機付き物件じゃないと使えないので注意してください。

カーテンレールに干す(おすすめはできない)

わざわざ物干しラックを購入するのが面倒だったり、浴室乾燥機もないしコインランドリーも近くにない時はカーテンレールに干すというのも1つの手。

一人暮らしでは結構やりがちな部屋干し方法ですが、正直個人的にはあまりおすすめしません。

というのも私も以前雨の日とかはカーテンレールにハンガーをかけて干してたんですけど、大量に干しすぎてレールが曲がってしまいました。

こうなると退去時にカーテンレール代を請求される羽目になります。

もしやるなら”なるべく少ない量”を干すようにしてください。

洗濯物の部屋干しの臭いを抑える方法とよく乾く場所

まとめ

ベランダがない分、家賃が安かったりとデメリットだけではありませんが、住み心地を考えると最低限バルコニー、出来ればベランダはあった方が良いと私は思います。

ベランダ>>>バルコニー>>なし

これが住み心地の順位です。

特に初めて一人暮らしをされる方は気にしない人が多く、実際に住んでから後悔する場合が多いので注意が必要です。

それと、もしベランダやバルコニーのない物件に住むのであれば浴室乾燥機がついているかどうかを確認しておきましょう。

条件に合う物件を効率的に探すには

確かにベランダやバルコニーのない物件は家賃も抑えられて、洗濯物を干す手段さえ考えられればお得な物件です。

こういうちょっと変わった物件を探したい時にスーモやホームズなどの不動産サイトだと絞って探せないので効率が悪いです。

そこでおすすめなのがイエプラというサイト。

イエプラの物件

イエプラはチャットを通じて条件を伝えることができ、あとは半自動的に新着物件を送ってくれるサイトです。

例えば「バルコニーがない物件を探してほしい」と伝えれば、その条件に合う物件だけを探してくれて、しかもおとり物件がないのでかなり効率的に部屋探しができます。

無料で使えるサイトでアプリとかもあるので、気になる方は使ってみてください。

イエプラ公式ページへ

イエプラを使ってみた感想まとめ

実際に使ってみたところ、かなり使い勝手も良く、レスポンススピードも早かったのでストレスなく使えます。

参考までにどうぞ。

■関連記事

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す