一人暮らしの狭いキッチンのまな板の置き場所や便利グッズまとめ


一人暮らしの狭いキッチンのまな板の置き場所や便利グッズまとめ

部屋探しの際に料理好きな人ならキッチンを重要視する人もいますが、一人暮らし初心者ならキッチンよりも部屋の広さや間取りを第一に考えてしまいます。

しかし、住んでみて実際に自炊をするようになってからそのキッチンの狭さに気付くのです!

「キッチン狭すぎてまな板も置けない!!

今回はそんなまな板の置き場所がないような狭いキッチンの部屋に住んでいる人のために、まな板の置き場所や超使える便利グッズについてご紹介します!

スポンサードリンク

まな板の置き場所について

広いキッチンならともかく、一人暮らしならまな板が置けないほどの狭い作りになっている部屋は非常に多いものです。

いざ、料理をしようとしても「まな板どこにおくねん」とツッコみたくなるような狭さに苛立ってしまいますよね!

ではそんな狭いキッチンの部屋に住んでいる人はどうやってまな板を使っているのかまずはご紹介していきます!

シンクの横

一人暮らしの狭いキッチンのまな板の置き場所や便利グッズまとめ

おそらくまな板が置けないレベルなら、流し自体もかなり狭いことが予想されます。

そのためIHあるいはコンロの横から流しのふちを利用してまな板を置きます。

安定性は抜群とはいかないでしょうけど、なんとか食材は切れると思います。

IHの上

一人暮らしの狭いキッチンのまな板の置き場所や便利グッズまとめ

もうそのままIHの上にまな板をのせて切ってしまう人も。

確かにIHなら平たいのでそのスペースは確保できますが、例えば料理を炒めながら食材を切ることは一切できません(笑)

「IHとガスコンロ」料金や利便性的にどっちが得?

食器棚を購入する

一人暮らしの狭いキッチンのまな板の置き場所や便利グッズまとめ

私の場合はキッチン自体は狭かったものの、通路にわずかな余裕があったため、腰の高さほどの食器棚を購入し、その上にまな板を置いていました。

安定はしますし、料理がしにくいという事はありませんでしたが微妙な高さ調節が出来ない点や狭いキッチンスペースがさらに狭くなることを考えると最善とは言えないかもしれませんね!

とはいえ、食器を入れられるので買って損したということはありませんでした。

まぁこれは、キッチンスペースに若干余裕がある人向けかも。

だいたい上記の内のいずれかの方法でまな板を置いている方が多いのではないでしょうか。

人によってはいっそキッチンではなく、テーブルの上や冷蔵庫の上、中には地べたで切ってしまう人もいるようですがやはり、キッチンから離れるというのは手間がかかるのでおすすめできません。

これでまな板が置ける!便利グッズ

 

キッチンの狭さに悩みを抱えている人があまりにも多いため、ついにはまな板を置くスペースを作るための便利グッズまで販売されるようになりました。

 

  • 山研工業 まな板受スライディ

山研工業 まな板受スライディ

新品価格
¥1,044から
(2016/5/23 10:44時点)


価格:1044円

 

シンクの上に橋渡しのような感じで乗っけてその上にまな板を乗せると安定して切ることができるアイテムの一つです。

今までシンクの縁で食材を切っていた人は、まな板の不安定さにいら立っていたと覆いますが、これを使えばそういった苛立ちを解消できるかもしれません。

また、スライド式なので邪魔だと感じたら端に寄せればいいだけ。

まぁ、それでも洗うときに「ちょっと邪魔だな」と感じることはあると思いますが、食材が思うように切れない苛立ちに比べたらマシだと思いますよ!

 

  • ステンレスまな板受け 10604

ステンレスまな板受け 10604

新品価格
¥1,296から
(2016/5/23 10:53時点)


価格:1269円

こちらも上記と同じような商品ですが、こっちの方がアマゾンでは人気が高いようです。

違いとしては骨組みが2つか一つかの違いとまな板が滑らないように端に黒いゴムが付いていることです。

シンプルですし、場所を取らないという面を考えればこちらの方が優れているかもしれませんね。

ただ、先ほどの方が安定性は優れていると思います。

 

この他にもまな板を置くための便利グッズは売っていますが、私が便利だと思うのはこの2つです。

ちなみにコメントによると意外と街中では売っていないようなのでご注意ください。

 

いかがでしたでしょうか?

狭いキッチンはいかにどう使うか工夫することが大切です。

我慢して料理をして、引っ越した時に広めのキッチンの部屋に住めば、開放感だけで幸せになりそうですよね(笑)

お困りの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す