実家から通えるのに実家近くで一人暮らしをするのは無駄?

一人暮らしは親元を離れて一人で生活するイメージがありますが、実家近くにわざわざ部屋を借りて一人暮らしをする人も少なくありません。

「実家近くに部屋を借りるならそもそも一人暮らしをすること自体無駄なのでは?」と思うかもしれませんが、実は意外とメリットも大きいので今回は本当に無駄なのかどうか魅力やデメリットを紹介していきます。

実家近くでの一人暮らしは無駄?

結論を言えばたとえ実家近くだったとしても一人暮らしすること自体は無駄ではありません。

ただし、状況によっては無駄に出費を増やすことに繋がったり、メリットよりもデメリットのほうが多くなる場合もあります。

実家近くの一人暮らし
  • 大学生の場合:親に家賃を負担してもらえるならありだが実費だと負担が大きすぎる
  • 社会人の場合:家賃補助があるならあり。ない場合は無駄な固定費を払うため貯金がしにくくなる

大学生の場合はバイトで稼がないとならないのですべて自分で負担するのはあまりにもきついです。

家賃を賄うためにロクにサークルにも参加できなくなってしまい、学生生活を謳歌するのが難しくなってしまいます。

家賃を負担してもらえるのであれば、一人暮らしをすることで恋人が作りやすかったり宅飲みをしたりと良いことも多いのでたとえ実家近くでも一人暮らしするのはおすすめです。

僕も学生時代から一人暮らしをしていましたが、本当に実家を出てよかったと感じるぐらいにメリットは多かったです。

社会人の場合は家賃補助があるなら一人暮らしの負担を大幅に減らすことができるので実家近くであっても問題ありません。

家賃補助が出るかどうかは会社によって異なります。どこでも一律出る場合と職場から近くないと出ない場合があるのでよく調べておきましょう。

家賃補助が出ない場合は家賃をまるまる支払う羽目になってしまうので、わざわざ一人暮らしをするかどうか微妙なところ。

一人暮らしをしないといけない理由があるならありですが、なんとなくという理由だったら無駄に家賃を払うだけの生活になってしまいます。

一人暮らしで得られるメリット

実家近くかどうかは関係なく一人暮らしをするというだけでもメリットは多々あります。

何をするにも自由

一人暮らしはとにかく自由です。朝帰りをしても夜で歩いても誰にも文句を言われることなく過ごすことができます。

二十歳を超えると実家暮らしでも干渉される機会なんて少ないですが「どこ行ってたの?」とかいちいち聞かれたりしないので気兼ねなく人と遊ぶことができるのが一人暮らしの良さです。

僕は学生時代から一人暮らしをしていますが、友人も近くで一人暮らしをしていたこともあり、暇になったらちょくちょく遊びにって一緒に朝まで過ごしたりしたのは良い思い出です。

ご飯を取るタイミングとか朝起きられなくて無理矢理起こされるってこともないので身内によるストレスを受けにくいというのがメリット。

自分の好きなものだけ食べられる

実家暮らしだとだいたい親が料理を作ってくれることも多いかと思いますが、中には自分の苦手なものだったり、あるいは気分的に食べたくないものを出されえることも珍しくありません。

好き嫌いが全くないのであれば自分で料理を作らなくて良いので手間もかからずラクなんですけど、ダイエット中とかだと食べたくないけど食べないと親に申し訳ない気持ちになることもあります。

一人暮らしの場合は自分が食べたいものを食べることができるし、気分によって料理を変えたりダイエット中なら食事制限したりして心配されることもありません。

自分好みの部屋にすることができる

誰しも一度は自分好みの部屋やちょっとオシャレな部屋というものに憧れると思いますが、実家暮らしの場合は例え自室があってもカーテンの色とか布団の色、家具は最初からあるもので簡単に移動させたり捨てることもできないので妥協した部屋になりがち。

一人暮らしの場合だと一から部屋をコーディネートすることができるので家具を白に統一してみたり、自分が必要なもののみ購入して置くことができます。

実際に部屋をコーディネートするのは難しいですが、自分以外の物がないので気兼ねなく捨てたり雰囲気を変えることができるのは一人暮らしならではだと思います。

一人暮らしの6畳の部屋をおしゃれに見せるレイアウトコーディネート例

趣味や仕事に没頭しやすい

実家にいると何かに没頭したくても家族から呼ばれたり、話し声なんかが邪魔して集中することができないことも珍しくありません。

集中して仕事をしたいときとか趣味に没頭したい時なんかも親が部屋に入ってきたり、呼ばれたりすると集中力も途切れてしまいます。

一人暮らしならこういった外部からの要因というのはほとんど排除されるので宅配便とか営業訪問以外で邪魔をしてくる人は一人もいません。

気を遣う必要がなくなる

共同生活をしていると自分がお風呂に入りたい時に誰かが先に入っていてタイミングを逃したり、トイレに行きたい時に家族が使っているということもしょっちゅう起こったりします。

気を遣って一緒にご飯を食べたり、兄弟がいれば面倒を見なければならないとという状況にもなります。

一人暮らしの場合は自分しか住んでいないので全く気を遣わずに生活することができるのがメリット。

朝の忙しい時間帯でもゆっくりトイレに入ったり、お風呂でゆっくり過ごすこともできますし、夜更かしして友達と宅飲みしても文句を言われることはありません。

もちろん木造アパートとかだと今度は隣人から苦情が来たりするのでそういった気遣いは必要になりますが、身内に気を遣うことがなくなるので生活しやすくなります。

恋人や友達を呼びやすくなる

実家にいると親の目があるので友達を呼びにくかったり、恋人や異性を家にあげるのに抵抗を感じる人も多いと思いますが、一人暮らしなら他の人の目を一切気にする必要がないので招きやすくなるという利点があります。

それこそ今までは家に呼べないから毎回外でデートしてそれなりにデート費用がかかってしまっていた人でも一人暮らしすればそういった出費を大幅に減らすことができます。

「恋人とは一緒にいたいけどお金を使いたくない」という時に家デートは最強。

また、一人暮らしをしていることで自然と異性を家に招きやすくなるので、結果的に恋人が作りやすくなるというメリットもあります。

あえて実家近くで一人暮らしをする利点

実家近くで一人暮らしをすることによって得られるメリットについてまとめてみました。

最低限の荷物で一人暮らし可能

いつでも取りにいけるぐらい近くの引っ越しであれば最低限の荷物だけ取りあえず持って行けばいいので引っ越しがラクです。

取りあえず必要最低限なものを運んで、必要だと感じたら入居後に徐々に運ぶということもできます。

遠距離での引っ越しだと一度にまとめて運ばないと実家に取りに戻るのが面倒なので近距離引っ越しならではのメリットです。

入居後でも荷物が揃っていないようなら実家で過ごすという選択肢もできますし、実家に帰ったところで大したデメリットもありませんからね。

業者に頼らずとも引っ越し作業ができる

一人暮らしで面倒なのが引っ越し作業です。特に遠距離の引っ越しとなると自力で車を使って運ぶのはかなり大変なので引っ越し業者に頼む人も多いと思います。

近距離の引っ越しであれば車に荷物を載せて運んでも往復に時間がかかるわけでもないので比較的ラクですし、何より引っ越し業者に依頼する費用が一切かからないので初期費用を抑えることができます。

だいたい30分圏内であれば自力で引っ越ししたほうが費用を抑えられるのでお得です。

実家の近くで一人暮らしならこういうこともできてしまうのが魅力。

自力での引っ越しで駐車場所がない物件はどこに車を止めるべき?

いざという時に親を頼ることができる

一人暮らしをしているといきなりNHKが来たり、よくわからない書類だったり、生活している上でのトラブルというのはあります。

こういった時自分一人だとどうしていいのかわからず必死に調べたり自分一人で解決しようとしますが、実家近くであればいざという時は親に頼ることができます。


それこそ「食費すら払えないぐらい今月厳しい」ってなった時は実家に帰ればいいだけですし、不審者に狙われているような不安があるなら親に相談してすぐに来てもらうってことも可能。

ゴキブリが出てしまっても親に助けてもらったりとかできますし、寂しくなっても実家に帰ればいいだけ。

定期的に親の様子を見に帰ってあげられる

一人暮らしをすると実家に帰る機会ってだんだん減っていくので親に顔を合わせることがなくなってしまいます。

僕の場合はまさにその典型で数年実家に帰っていないぐらいです。

実家に帰らないのはわざわざ帰るのが面倒という単純な理由です。

実家近くで一人暮らしをすれば帰る交通費すらほとんど必要ありませんし、時間もたいしてかからないで頻繁に親に顔を見せることができます。

顔を見せるってだけでも親孝行ですからね。心配な時にすぐに駆け付けてあげられるのも実家近くで一人暮らしをするメリットです。

生活圏内が変わらない

普通は新しい土地で一人暮らしをするとまずその地理を覚える必要があります。

「スーパーはどの辺にあるのか」とか「市役所はどこか」とか「どうやって駅までいくのが一番近いのか」といったことも実際に調べたり足を運ばなければわかりません。

生活圏内が変わらないということはこういった煩わしい部分を一切なくすることができますし、知っている土地なので安心感もあります。

ホームシックになりにくい


初めて一人暮らしをした時は最初の1週間ぐらい寂しさが強く軽いホームシック状態になりました。

今まで実家で親と生活していたのがいきなり一人ぼっちになるわけですからホームシックになること自体はおかしなことではありません。

実家近くでの一人暮らしなら帰ろうと思えばいつでも帰ることができるし、見知らぬ土地というわけではないのでそういった寂しさや心配もほとんど感じないのは利点です。

実家近くで一人暮らしをするデメリット

無駄に家賃がかかってしまう

わざわざ実家近くで一人暮らしをするのは言うなれば家賃が余計なかかるだけという見方もできます。


実家暮らしの時は家賃なんてかからなかったのでその分のお金を自由に使うことができましたが、一人暮らしをすれば当然家賃や光熱費などの固定費は毎月必ずかかってしまいますし、家賃というのは無駄金でしかありません。

都内だと安くても家賃は6万円~8万円で光熱費や食費を合わせれば毎月最低10万円以上は簡単に飛んでいきます。

令和2年の家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]によると一人暮らしの預貯金額平均はで276万円、中央値は50万円となっています。

平均額はかなりお金を持っている人も平均した数値なので中央値のほうが値としては正確です。

実家暮らしの場合は家賃分をすべて貯蓄に回すことができるので家賃8万円なら96万円差が出てしまいます。

このお金を自分の趣味だったり親孝行だったり自分磨きに使えると考えると一人暮らしが絶対に良いとは言い切れません。

無駄に出費を増やすことに繋がるので単純に一人暮らしをしたいだけなら意味がないように感じるかも。

女性の一人暮らしで絶対に譲れない条件は?妥協しないほうがいい?

親の干渉を避けられない

親に干渉されずに自由に過ごすことができるのが一人暮らしのメリットですが、実家から近いということは親もすぐに来ることができてしまいます。


過度に干渉してくるような親であれば一人暮らしをしたとしても定期的に来ることは十分に考えれますし、それが恋人と一緒に過ごしている時とかだったら最悪です。

最低限来るときは連絡するように言っておかないと一人暮らしをしていても実家と同じような生活になってしまいます。

困った時にすぐ頼ってしまいがち

一人暮らしをすることによって今まで頼ってしまっていた料理や掃除・洗濯などはもちろん、知らなかった書類関係の問題だったり、一人暮らしをすることによって起きるトラブルに対して対処する能力が身につきます。

僕の場合は一人暮らしをするまで一切料理を作ったことがありませんでしたが、今では基本的な料理ならなんでも作ることができるようになるぐらいには成長できました。

実家近くで一人暮らしをしていると「料理作るの面倒だな」と感じたらすぐに実家に行って親に作ってもらうことができてしまったり、問題が起きた時に何かと頼ってしまうという癖がついてしまいがちなので自分のためにはなりません。

メリットでもある一方、頼らないように気を付けていないと自分が成長する機会を失ってしまいます。

新鮮さを得られにくい

一人暮らしって「心機一転」という感じで今までとは違う土地、違う場所で生活することで新たな気持ちになることができますが、生活圏内が変わらないとどこか新鮮さには欠けてしまいます。

慣れ親しんだ土地なので安心感がある一方「1からやり直す」という気持ちの切り替えはしにくいです。

生活していたら友人と遭遇してしまったり、日常がそれほど変化しないことに退屈さを感じる可能性は十分考えられます。

勤務先の距離が変わらない

実家近くに職場があるなら別ですが、単純に親元をあまりにも離れるのが怖いという理由だけで実家近くに住むと利便性は全く向上しません。

通勤時間が長いから勤務先の最寄り駅周辺に住んで自由な時間を手に入れたりするのは紛れもない一人暮らしのメリットですが、全く変わらないのであればただ単に家賃がかかるだけ。

家で快適に過ごせるようになるという面もありますが、その他の生活では大した恩恵は感じません。



実家近くでの一人暮らしを無駄にしないためには

上記で挙げたように実家近くで一人暮らしをするのはデメリットも多々あります。一人暮らし自体メリットも多いので悪い選択ではありませんが、注意すべきことについてまとめてみました。

収入に見合う家賃帯の物件を選ぶ

実家近くで一人暮らしをするとなんとなく「無駄だな」とか「家賃もったいないな」と感じる人も多いです。

家賃が高ければ高いほど無駄だと感じる傾向が高くなるため、貯金的にも余裕がある状態でなおかつ家賃を払っても辛くないレベルの物件を選ぶようにしましょう。

女性だとセキュリティを考慮すると自然と家賃が高くなってしまうのである程度は仕方ないですが、男の場合は安アパートでも構いません。

ずっと住み続けるわけではないので安い物件を選んだほうがリスクは少ないですし、助けを求められる実家が近くにあるのでいざという時は実家に帰ればいいだけです。

親に頼り過ぎないように注意する

なんでもかんでも親に頼り過ぎては自分の成長にも繋がりませんし、実家にいるときと大して変わりません。

なるべく親に頼らずに自炊したり、解決できそうにないトラブルに巻き込まれない限りは親に頼りすぎるのは控えるようにしましょう。

基本的に自分でできることはなるべく自分でやって、もし本当にどうしようもなくなった時は実家に助けを求めるぐらいの感覚でいるようにしましょう。

親に「来るときは連絡してからにしてほしい」と言っておく

いきなり親が家に来ると一人暮らしの快適さを損なう可能性が高いので、もし家に来るようであればあらかじめ連絡するように告げておきましょう。

そうしないと先ほども言ったように恋人と一緒に過ごしていたり、趣味や仕事に集中している時に邪魔をされてしまうことがあります。

これだけは徹底してもらうようにしっかりと忠告しておきましょう。

実家が近いことによる弊害でもあるので、もしどうしても来られたくないのであれば自分から定期的に顔を見せに帰るのも大事。

親としては心配だから来ているので顔を見せるだけで安心してくれます。

まとめ

MEMO
  • 実家近くで一人暮らしするのは決して無駄ではない
  • 一人暮らしすること自体にメリットが多い
  • あまりにも高い家賃だと無駄だと感じやすくなる
  • 一人暮らしをするための目的を持とう

確かに実家近くでわざわざ一人暮らしをすると「もったいない」とか「家賃の無駄」という意見もありますが、一人暮らしをすること自体に多くのメリットがあるので決して無駄なことではありません。


ただ、実家に頼り過ぎたり毎日毎日実家に帰ってしまうような状況なら意味がないので一人暮らしをするための目的をしっかりと明確にすることも大切です。

僕の友人は「彼女を作りたい」という明確な目的を持って実家近くで一人暮らしをして恋人を作っていました。年齢的に実家暮らしだと彼女が作りにくくなるのでこういうのは間違った選択ではありません。

意外と実家近くで一人暮らしするのはメリットも多いので良いと思います。

一人暮らしと実家暮らしはどっちがいい?メリット・デメリットをまとめてみた 一人暮らしをやめたいと思う瞬間は?実家に帰る以外の選択肢とは

実家近くで一人暮らしする際の部屋探しのコツ

実家近くで一人暮らしする場合、無理をする必要がないのでなるべく費用を安く抑えることが重要です。

初期費用の高さを考える

一人暮らしをするとなると家賃に目が行きがちですが、コスト的な問題で言うなら初期費用の高さを気にしたほうがいいです。

もし実家近くで一人暮らしをしてみて「やっぱり実家のほうが良い」となった場合に初期費用が20万円なのか50万円なのかでかなり無駄なお金に差が出てしまいます。

敷金はともかく【礼金】や【仲介手数料】は無駄金となるので無料や半額の物件を選びましょう。

また、消毒施工費等のオプション代がかからない不動産を選ぶか、契約時に断るようにすることで初期費用を抑えることができます。

入居時の消毒サービスは任意で拒否できる?自分でやるのと効果は同じ?

希望家賃の物件があるか探してみる

無理をしてまでわざわざ一人暮らしをする必要はありません。

実家近くであれば最悪一人暮らしをしないという選択肢もあるので、まずは周辺地域の家賃相場を確かめる意味でも物件を探してみましょう。

同じ間取りでもマンションよりアパートのほうが安いですし、鉄筋コンクリート造より木造のほうがコストがかからない分家賃は安くなります。

スーモやホームズで探すのも無難ですが、実際に引っ越すことまで考えるならイエプラがおすすめです。

イエプラは部屋を探してもらうアプリですが、細かい条件をチャット上で設定できる上におとり物件や成約済み物件を排除してくれます。

無駄なオプション代は一切かかりませんし、内見する場合店舗に行かずに現地集合&現地解散できるので15分程度の所要時間しかかからないのも魅力の1つ。

部屋探しする際に有用なので使ってみてください。

イエプラ公式ページへ