入居時の消毒サービスは任意で拒否できる?自分でやるのと効果は同じ?


退去の際にクリーニング代を求められるのは有名な話ですが、実は入居時にも殺菌消毒や防虫クリーニング代と称してハウスクリーニング代を取られることがあります。

しかもこの値段がなかなかに高くて、何も知らない当時の私は腑に落ちなかった覚えがあります。

ということで今回は入居時の殺菌消毒・防虫クリーニングは義務なのか、断ることはできるのかなどについてまとめてみましたのでご覧ください!

スポンサードリンク

消毒サービスは基本的には拒否できる

結論から言うと賃貸契約の際の消毒サービスは拒否できるものです。

そもそも消毒サービスというのは”オプション”であり、基本的には任意のものです。しかし、仲介業者はあたかもそれを必須条件かのように提示して「みんな入っているもの」とか当たり前のように「消毒サービスとして○○円かかります」と告げてきます。

当たり前に発生する料金かのように説明されるので、入居者として「これは義務なのか」と思い込んでしまう場合も多いのが現状。

私も初めて一人暮らしをした時は何もわからず、説明されるがままに消毒オプションに加入してしまいました。アパマンショップです。

結構強引な勧め方をするのにはちゃんと理由があります。

消毒オプションというのは大家でも管理会社でもなく仲介業者が独自のサービスとして提供しているのが一般的です。

仲介業者の利益というのは仲介手数料とオプションサービス料、事務手数料等が元となっています。

つまりエイブルやアパマンショップ、ミニミニなどの仲介業者にとって消毒サービスを勧めることは大事な収入源となるわけです。

勧め方が強引なのはインセンティブが発生するから。不動産会社によってはノルマを設けているところもあるでしょう。

入居の条件となっている場合は拒否できない

基本的には任意で拒否が可能な消毒サービスですが、場合によっては拒否できないこともあります。

それは入居条件として賃貸契約の【特約】に消毒サービスの加入が必須になっているような物件(不動産)。

いくら基本的には任意だからといって契約する条件が消毒サービスの加入となっている場合は拒否すれば=賃貸契約を結ばないということになるため実質的に拒否できない仕様になっています。

契約の際は聞いてみるのがおすすめ

ほとんどの場合はオプションなので拒否できますが、稀にこのように拒否ができない仲介業者もいるので契約の前に「これって拒否できますか?」とストレートに聞いてみるのがベストです。

契約内容をよく確認すればそれが任意なのか必須条件なのか判断することもできますが、どうせなら手っ取り早く聞いてしまった方が早いです。

初期費用を提示してきた時に当たり前のように加入前提で含まれていることが多いので、必ず消毒サービスについてはツッコむべしです。

アパマンショップなんかも本来は拒否できるものなのに必須条件みたくしているので注意してください。

消毒サービスの効果はどの程度なのか不動産屋に聞いてみた

消毒サービスの効果はいくつかあります。

【効果】

  • 害虫駆除
  • 消毒・抗菌
  • 消臭

簡単に言うと住みついてしまっている害虫や菌を駆除して、その後虫が発生しにくい環境にしてくれるというものです。

私は今まで何度も引っ越しをしてきて、そのうち3件ほど消毒サービスを利用してみたのでどの程度の効果があったかを説明します。

まず、入居して1年目はどの物件もゴキブリが一切発生しませんでした。たまたまかもしれませんが、1年目の虫発生率はかなり低かったように感じます。

ただ、うち1件は築年数が48年とかなり古い物件で(リフォーム済み)、住んでから3か月ほどでクモが発生しました。

2年目に関しては最初に部屋を借りた物件にゴキブリが定期的に発生するようになりました。私はかなりの虫嫌いなので見つけた時は失神しそうになるレベルでしたよほんとに。

で、発生した時期から置くだけハーブというものを買っておいておいたおかげか、ゴキブリとは遭遇しなくなりました。

一人暮らしの虫嫌い者超必見!部屋の虫よけ対策グッズ総まとめ

ただ、小さな虫やクモなんかは今までにも何度か発見しています。

これを考えると効果は長くて1年程度で、2年目の夏は何か対策しないと効果がきれているため虫の被害に遭う可能性が高ということです。

これだけだと個人的な見解になってしまうので不動産の方にも消毒サービスの効果について聞いてみました。

不動産の営業マンいわく「消毒サービスは素人がやるのとほとんど変わらない。バルサン炊くのと一緒ですよ」と教えてくれました。

業者でしか扱えないような凄い効果があるようにも思えますが、実際のところは市販薬程度の効果しかないのは紛れもない事実です。


スポンサードリンク

やってもらうべき?自分でやるべき?

効果が市販薬とあまり差がない上に金額が平均15,000円~20,000円ほどと高額なことを考えると普通に考えれば自分でやった方がよっぽど安上がりです。

市販薬なんか1,000円程度で購入できるので仲介業者は少なくとも10,000円以上の利益ってことですからね。

ただ、市販薬の唯一のデメリットは使用した際に仮に害虫の死骸が発生した場合、自分で処理しなければならないという点です。←重要

まぁ必ずしも死骸が発生するわけではないですし、ほうきでささっと払ってしまえばいいのでそこまで問題にはならないのかもしれませんが、私のように虫が大嫌いで見るのも無理なレベルだと消毒サービスにも価値が出てきます。

基本的に消毒サービスで出た死骸は処理してくれますからね。

その点を考えた上で「そのぐらいなら自分でもできる」と思えるなら自分で市販薬を購入してやってしまった方が明らかにお得。

無理なら頼む価値も少しはあるのかな、と感じています。

効果の高いおすすめの市販薬

一般人が購入できるものの中で一番手軽でなおかつ効果の高いものはバルサンです。

バルサンにも「水タイプ・霧タイプ・煙タイプ」などいろいろと種類がありますが、現行で最も最強なのがプロEXシリーズ。

【第2類医薬品】バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ 46.5g

新品価格
¥615から
(2019/4/18 23:49時点)


ワンプッシュで使用できるので素人でも扱いやすく、入居してすぐに使うのがおすすめ。

バルサンを使うなら火災報知器に反応しないものを選ぶようにしてください。意外と忘れがちですが、火災報知器が反応するとうるさいですし、留守にしていると近所迷惑になりますからね。

細かい情報などは「一人暮らしにおすすめの最強バルサンはどれ?」でまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す