新卒から一人暮らしはきついの?家賃補助なしならやめとくべき?

新卒から一人暮らしを始める人は多いと思いますが、一人暮らしにはかなりお金がかかる上に身の回りのことをすべて自分で行わなければなりません。

今回は新卒から一人暮らしをするのはきついのか、具体的な費用や問題点についてまとめてみました!

新卒の平均初任給額と適正家賃

まずは新卒の平均的な初任給額を見ていきましょう。

厚生労働省が発表している令和2年度賃金構造基本統計調査結果がこちら。

学歴別初任給額平均
  • 高校卒:161,223円
  • 短大卒:176,701円
  • 大学卒:200,888円
  • 大学院卒:227,371円

学歴によって初任給に多少の差はありますが、大学卒でだいたい20万円前後です。

高卒でも額面で16万円程度あるので一人暮らしをするには十分な金額となります。住む物件の家賃さえ適正であればしっかりとやっていくことは可能です。

月収適正家賃
14万円約4.7万円
15万円約5万円
16万円約5.3万円
17万円約5.7万円
18万円約6万円
19万円約6.3万円
20万円約6.7万円

注意してほしいのは「手取り額」の収入の3分の1を目安にすることです。

特に新卒1年目の場合初任給からは所得税と雇用保険料のみが惹かれる程度で健康保険料や厚生年金保険料は加味されていません。

また、2年目になると住民税も引かれてしまうので額面の約8割程度が手取り額になります。

つまり手取り額は2年目よりも1年目のほうが多いので、これをもとに計算してしまうと新卒2年目からきつくなる可能性が高いというわけです。

新卒からの一人暮らしがきついと言われる理由

新卒から一人暮らしがきついと言われる主な原因は金銭面ですが、それ以外にも新卒故の辛さがあるのでまとめて理由をまとめてみました。

初期費用が高くて金銭的余裕がない


一番の理由はやはり金銭的な面です。

新卒は給与的にも低いのはもちろん、部屋を借りるためには初期費用として家賃×4か月~5ヶ月分ほどかかってしまいます。

家賃初期費用目安
4万円約16万円~20万円
5万円約20万円~25万円
6万円約24万円~30万円
7万円約28万円~35万円
8万円約32万円~40万円
9万円約36万円~45万円

つまりある程度の貯金がなければそもそも部屋を借りることができないわけです。

また、入ったばかりの会社を辞めないとも限りません。

新卒の退職率というのは非常に高く、入っても3ヶ月程度で辞めてしまう人が多いので一人暮らしをしても収入がなくなってしまえば生活を維持するのは困難です。

こうなってくると最終的に実家に帰ることを与儀なくされるのでいきなり新卒で入社したばかりなのに一人暮らしをするというのはリスクがある行為です。

仕事で覚えることが多くて余裕がないため


新卒は初めての仕事をいくつも覚えなければならないため、家に帰ってからご飯を作ったり料理をしたり、洗濯をする余裕がありません。

ブラックな企業の場合はその時間を取ることさえできませんし、休日は精神的な疲れもあって家のことをやる余裕がありません。

結局一人暮らしを始めても帰って寝るだけの生活なら無駄に家賃を払ってしまっているのと同じです。

実家から会社までの距離が遠いというならまだしも、通勤できる距離であえて一人暮らしをしても無駄になってしまいます。

引っ越し作業を行う余裕がない


いざ部屋を借りてもすぐに生活できるわけではありません。

今まで使っていたものを運ぶ必要がありますし、洗濯機や冷蔵庫等の家電は新しく購入する必要があります。

学生とは違い社会人は時間があまり取れないのでこういった引っ越し作業をする時間が取れないのが問題です。

ある程度仕事に慣れているならまだしも新卒は覚えることも多くて休日はかなり貴重となるので引っ越し作業で無駄になってしまうとリフレッシュが一切できなくなってしまいます。

荷物をとりあえず運んだとしてもそこからダンボールを片づけたりベッドを組み立てたりとやることは意外と多いのでこれらをやる余裕がない新卒1年目にはかなりきつい作業となります。

環境がガラッと変わるため


家というのは本来安心できる場所や落ちつける場所ですが、一人暮らしをして最初のほうは自分の家に慣れません。

ただでさえ学生から社会人になって環境ガラッと変わって忙しいのに自分の家の環境も変わってしまうと休まる場所というのがなくなってしまうので精神的にまいりやすくなるというわけです。

実家とは違い、平日は仕事場以外の人と話す機会は取れず、家に帰っても独りぼっちの生活を繰り返すことになります。

メンタルが弱い人は2重の環境変化により仕事を辞めてしまったり、精神的なうつになることも多いので注意が必要です。

新卒で一人暮らしするために押さえておくべき条件

いきなり一人暮らしをしても全く問題ない人もいますが、総合的に考えればリスクが高いです。

新卒で一人暮らしを考えているなら最低限押さえておくべきポイントについてまとめてみました。

ある程度貯金の余裕を持ってからする

部屋を借りるためにはある程度の貯金が必要になります。

学生時代からコツコツとアルバイトをして貯金していた人や親に出してもらうというのであれば問題ありませんが、そうでない場合は部屋を借りることすらできません。

初期費用を払えるだけの貯金が貯まったとしてもそれを全額使用してしまうと家賃や生活費の出費にメンタルがやられる可能性があります。

貯金というのはある意味精神安定剤となるのである程度の余裕は必要です。

最低限初期費用を払っても家賃3ヶ月分ぐらいを支払えるだけの蓄えは備えておくべきです。

もし急に病気になったり、仕事が辛くなり退職する羽目になった場合にも家賃支払いは待ってはくれません。

少し余裕があればその時間で転職活動をしたり、治療に専念できたりと選択肢も増えるので心の余裕もできます。

仕事が始まる2週間前に引っ越し作業を終わらせる

多くの場合、仕事が始まる前の3月末に一人暮らしを始めますが、あまりにもギリギリになってしまうと引っ越し作業が中途半端で新しい生活に慣れないうちに新社会人となってしまいます。

仕事になれない最初のうちは家のことをやる余裕がないので、仕事が始まる前にはインフラ契約や引っ越し作業、部屋の片づけをすべて完了させておくべきです。

理想は4月になる2週間前ぐらいなので3月中旬頃までに入居できれば余裕をもって生活を整えられます。

部屋探しから入居まで最短でも2週間程度かかるので2月の中旬から始めると良いでしょう。

もし新卒になってから一人暮らしを考えているのであれば仕事にある程度慣れてからにするのも手です。

通勤が最初は辛いかもしれませんが、実家からであれば貯金の貯まるスピードも早いですし仕事も覚えて心の余裕がある状態で一人暮らしを始めることができます。

中途半端に4月中旬とかから一人暮らしをするよりは3ヶ月~半年程度様子を見たほうが結果的に良かったりします。

家賃は月収の3分の1以下にする

適正家賃というのは手取り月収の3分の1程度と言われています。

月収が21万円なら7万円程度が理想ということになります。

ちなみに1か月の生活費は家賃抜きで約10万円ほどかかります。

生活費金額
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計約100,000円

手取りで考えると家賃と生活費を合わせるとほとんど手元に残るお金がないことがお分かりいただけるかと思います。

家賃負担は一人暮らしをしているとかなり大きな額となるので、この固定費をいかに抑えられるかが重要です。

金銭的な余裕がなくなると精神的に辛くなってしまうので特に最初の一人暮らしであれば快適性よりも安さ重視のほうが満足度としては高くなります。

家賃補助なしならやめとくべき?

厚生労働省の就労条件総合調査の概況によれば家賃補助の平均額は月約17,000円となっていますが、家賃補助があるかどうかは会社によって異なります。

家賃補助があれば家賃8万円の物件に住んでも6.3万円と同じになるためだいぶ楽ですが、全くない場合は家賃すべて給与から支払わなければならないのでかなりきついです。

家賃家賃生活費合計
5万円約15万円
6万円約16万円
7万円約17万円
8万円約18万円

基本的には家賃+10万円が生活費となるので毎月の手取り額がこれを下回るようであれば生活が成り立ちます。

ボーナスは1年目の冬から支給されることが多いので毎月の貯金が厳しくてもボーナスをまるまる貯金に使うことができます。

最初はきついので無理をしてまで一人暮らしする必要はありませんが、家賃をうまく調節すればできなくないというのが結論。

まとめ

MEMO
  • 新卒1年目の一人暮らしがきついのは金銭面も大きいが環境慣れ(仕事慣れ)していないことも原因
  • 新卒から一人暮らしをしたいなら3月末には引っ越し作業をすべて完了させるべき
  • 初任給は今後もらえる額より多いため家賃設定は控えめにしたほうがいい
  • 無理をしてまで新卒で一人暮らししなくても問題ない
  • 家賃補助があれば割と快適に生活可能

新卒から一人暮らしを始める人は多いと思いますが、金銭面や新しい環境にガラッと変わってしまうことにより多少なりともきついと感じると思います。

最初の一人暮らしはある程度条件を妥協して物件を選ぶようにしましょう。

無理をしてまで一人暮らしする意味はないので、仕事に慣れてから一人暮らしを検討するというのも手です。

実家暮らしのほうが金銭的にはかなり余裕が出るのでどっちを取るかといったところですね。

条件の良い物件を効率的に探す方法

部屋探しと言えば物件数の多いスーモやホームズで探すのが無難ですが、ネットで部屋探しをするとすでに成約済み物件も多々あるため効率としては悪いです。

かといって店舗で探すと物件数が限られていたり条件に合わない物件を勧められてしまいます。

おすすめなサイトとしてはイエプラ。

イエプラは自宅にいながら店舗で探してもらうのと同じように新着物件を紹介してもらえます。

店舗に行く手間がかからず取扱物件数も500万件とかなり膨大なので使い勝手が良いです。

また、通常は不動産業者しか見ることのできない【ATBB】というサイトも見れるので他の人よりも効率的に部屋探しができます。

無料で使えるサービスなので興味があれば使ってみてください。

イエプラ公式ページへ

家賃をいかに押さえて条件の良い物件を見つけられるかが部屋探しには重要です。