3月中に入居するなら物件探しはいつからすべき?

高校生から大学生になったり、社会人になったりで3月というのは引っ越しシーズンです。

部屋探しが順調に進めば問題ありませんが、条件に合う物件が見つからなかったり狙っていた部屋が取られてしまうといった事態で思っているよりも時間がかかることもあります。

3月までに入居したい場合、物件探しはいつからすべきなのか、3月に入居するためのポイントについてまとめてみました!

3月に入居するなら物件探しはいつからすべき?

結論から言えば3月中に入居したいのであれば余裕を持って1ヶ月前の2月下旬~ギリギリでも3月上旬までには部屋探しをしないと間に合いません。

内見から実際に入居するまでにはだいたい2週間~1か月程度かかると言われています。

これは部屋自体はすでに決まっていてあとは内見や申し込みをする状態の場合にかかる日数なので、部屋探しからカウントするとさらに時間はかかります。

いえらぶが行った「お部屋探しにかけた時間はどのくらいですか」というアンケート調査によると1ヶ月以上と1か月未満の割合が最も多く、いずれも31%となっています。

部屋決定まで両極端な結果が出ていますが、いつまでに引っ越すという目的が明確であれば1週間以内に見つけることは十分に可能ということでもあります。

ちなみに物件には【即入居可物件】と【退去予定物件】の2種類があり、現時点で住んでいる人がいるかどうかでも入居できるまでに差がでます。

即入居可物件の場合

文字の意味としては「すぐに入居できる物件」となりますが、実際には本当にすぐに入居できるわけではありません。

これは、住んでいる人がすでに退去し、ハウスクリーニング、鍵の交換等が全て終わっていて、あとは契約を済ませればすぐに住めますよという意味です。

例えば、この物件を気に入ったとして申し込みをしたとします。

そうすると、ここから入居の審査、契約日、鍵の引き渡し日等の手続きを踏まなければ当然入居できません。

実際に計算してみるとこんな感じ。

入居までの工程かかる日数
物件の申し込み1日
審査期間3日~7日
初期費用の入金・確認1日
書類作成・契約1日
鍵の引き渡し・入居1日
合計日数7日~11日

以前「部屋探しから入居に至るまでの最短日数」という記事を書きましたが、計算したところ、どんなに早くても1週間はかかります。

僕は今までに5回以上引っ越ししていますが、申し込みしてから実際に入居までだいたい平均で1週間~2週間ぐらいかかっています。

退去予定物件の場合

仮に翌日に現在住んでいる人が退去する場合でもすぐには入居できません。

前入居者の退去費用を計算したり、実際にハウスクリーニングを行ったり、新しい鍵に付け替えるという作業が行われます。

この物件が「即日入居可」になるまでには早くても1週間~2週間かかります。

入居までの工程かかる日数
物件の申し込み1日
審査期間3日~7日
初期費用の入金・確認1日
ハウスクリーニング退去から1週間~2週間後
書類作成・契約1日
鍵の引き渡し・入居1日
合計日数2週間~3週間

ハウスクリーニング自体は1日で終わりますが、退去してから日取りを決めるまでにだいたい早くても1週間~2週間かかってしまいます。

しかも審査が通ってからじゃないとやらない物件もあるので厄介です。

退去後すぐにハウスクリーニングをやってしまうと、もし仮に次の入居者が決まらなかった時にどんどん時間が経過してほこり等が溜まってしまい再度クリーニングする羽目になってしまいますからね。

繁忙期の場合は清掃業者も忙しいので早くても2週間前後かかります。閑散期であればすぐに予約を入れられるので審査後1週間以内にはハウスクリーニングを終わらせることができます。

3月の物件の特徴まとめ

3月というのは不動産業界にとっての繁忙期です。他の時期とは違った特徴があるので注意してください。

物件数が非常に多い

3月は1年の中でもかなり物件数の多い時期です。

これはちょうど大学生や専門学生になる人、新社会人になる人、転職した人等の時期が被ることで起こります。

スーモやホームズでも1,000万件近く掲載されるほど多いので条件の良い物件を最も見つけやすい時期となります。

物件の入れ替わりが”かなり”激しい

退去する人が多い反面、同様に部屋探しを行っている入居希望者も多い時期となります。

人気物件はすぐに他の人に取られてしまったり、不動産に行っても1人1人丁寧に対応している余裕がないほど慌ただしいです。

3月に引っ越す場合はゆっくりと部屋探しをしようとすればいつまで経っても部屋が決まらなくなります。

家賃がやや高め

部屋探しをする人が多くなる時期というのはいわゆる需要の高い時期となるので大家としても家賃価格を引き上げる傾向にあります。

多少強気の家賃帯にしても入居者が集まるので自然と全体的な家賃は高くなりますが、1年中全く家賃が変わらない物件も多いのでそこまで気にする必要はありません。

一応住みたい地域の家賃相場について調べておくと失敗するリスクが減ります。

家賃交渉等がしにくい

3月は繁忙期の中ではやや下降傾向ですが、それでもまだまだ部屋探しをしている人は非常に多いです。

この時期というのは家賃交渉や設備交渉、初期費用の交渉に対して強気に対応されるのでなかなかうまく交渉ができない傾向があります。


強気に対応しても他の入居者がすぐに現れるので応じる必要があまりないというわけです。

もちろん、交渉が全くできないというわけではありません。以前僕が3月に引っ越したときは家賃を1,000円ほど下げてもらうことができました。

水曜日も営業している不動産が多い

通常、不動産というのは「契約が水に流れる」という意味合いを持つ水曜日を定休日にしていることが多いです。

不動産としては営業したくても管理会社が水曜日を休みにしていればやり取りを行えないため仕方のないことです。

ただし繁忙期である1月~3月というのは水曜日も普通に営業しているのであまり曜日を気にすることなく部屋探しを行うことができます。

引っ越し業者費用が高い

2018年11月時点の「SUUMO引越し見積もり」口コミデータによると荷物が多くなればなるほど料金も顕著に高くなることがわかっています。

時期単身(荷物小)単身(荷物大)
1月47,189円64,776円
2月48,617円62,694円
3月58,168円87,643円
4月55,010円81,943円
5月50,365円66,955円
6月50,193円63,121円
7月48,053円67,773円
8月45,746円58,447円
9月49,332円59,896円
10月45,989円62,489円
11月47,022円56,935円
12月45,033円64,202円

引っ越し業者が特に高くなるのは3月と4月です。

不動産の繁忙期は1月~3月なものの、部屋が決まって引っ越しをするのは3月や4月になるのでやや時期がずれます。

荷物の量が多ければ多いほど値段も高くなってしまうので注意が必要です。

また、繁忙期は引っ越し業者の予約が取りづらいので早めの予約が必要になります。

3月中に入居する場合のコツ

3月というのは不動産業界にとっても繁忙期です。

通常よりもかなり忙しい状態なので呑気にゆっくりと部屋探しをしようとするといつまでも部屋が決まらない可能性もあるので行動力が重要です。

住みたい物件の優先順位を決めておく

部屋探しに時間がかかってしまうと大幅に入居日が遅れる可能性があるので、住みたい物件の条件について明確にしておく必要があります。

たいていの場合、自分が住みたい条件に合致する物件には住めません。これはある程度家賃を抑えたいと考えているため。

理想の物件というのはだいたいプラス1万円ぐらいの家賃となっていることが多いので何かを妥協する必要も出てくるわけです。

at-homeが30歳以下の一人暮らししている人を対象に行った「部屋探しの際に妥協した点」についてランキング形式でまとめてみました。

妥協している点ランキング
  1. 築年数
  2. 階数
  3. 間取りや広さ
  4. セキュリティ
  5. 日当たり

逆に絶対に譲れない条件として挙げられるのは通勤時間や最寄り駅からの近さです。

人によって妥協できない部分は違うと思うので自分の中でのランキング(絶対に譲れない点)を上位3つほどまとめておきましょう。

退去予定の物件は避ける

退去予定の物件はまだそこに人が住んでいるので実際に住むまでには時間がかかります。

即入居物件の中にもハウスクリーニング済みとそうでないものがあるので、内見する前に「この物件はハウスクリーニングされているのか」を確認しておくべきです。

ハウスクリーニング自体は数時間で終わりますが、業者は1日に何軒も回るので予定を組んで実際に清掃が入るまでに時間がかかってしまいます。

退去予定物件はまだ人が住んでいて退去を待たなければならず、さらにそこからハウスクリーニング等が行われるので避けるべきです。

即日・翌日に内見予約を入れる

3月は部屋の入れ替わりが非常に激しく、今日まで空き室だった物件が翌日には成約済みになってしまっていることはよくあります。

「内見は週末でいいや」と考えていると他の人に取られてしまう可能性がかなり高いので、良い部屋を見つけたら当日もしくは翌日までに内見予約を入れておきましょう。

3月は早さが勝負です。これが6月や7月などの閑散期だと割とゆっくり部屋探しができますが繁忙期は本当にスピード命です。

審査時に必要な書類等を用意しておく

審査の申し込みをする際には申込書に記入することになりますが、ちゃんと準備できていないとその日に手続きを済ませることができなくなるので時間が余計にかかってしまいます。

たいていは内見→申し込みという流れなになるので内見する際は合わせて書類を準備しておくと入居までかなりスムーズになります。

準備すべき書類
  1. 連帯保証人の氏名・年齢・電話番号
  2. 連帯保証人の勤め先や勤務年数
  3. 身分証明書
  4. 住民票(3か月以内のもの)
  5. 印鑑
  6. 現在の住所
  7. 収入証明書(源泉徴収票など)

自分のことならまだしも連帯保証人のことは事前に準備しておかないとわからなかったりするので情報を集めておきましょう。

申し込みがスムーズにいかない一番の原因は実家の住所、親の年収や職業、職場の住所に関する項目です。

連帯保証人が不要の物件でも緊急連絡先として使用されることが多いのであらかじめ親に確認しておきましょう。

僕は親の職場を知らなくてわざわざ電話して聞いたりしたので時間がかかってしまいました。

初期費用にかかる費用を用意する

審査を通過して契約するまでは初期費用の振り込みは必要ありませんが、入金が遅れることで部屋の明け渡し期間も伸びてしまうので事前にしっかりと準備しておきましょう。

初期費用の相場は家賃×4か月~5ヶ月分と言われています。

仮に家賃が6万円だった時の初期費用内訳はこんな感じ。

前家賃60,000円
敷金60,000円
礼金60,000円
仲介手数料66,000円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料10,000円
消毒施工費15,000円
保証会社利用手数料35,000円
合計336,000円

保証会社を利用するかどうかでも初期費用は変わりますが、家賃6万円だと30万円前後かかる計算になります。

敷金や礼金がかかるかどうか、オプション代の有無によってもかなり左右される部分なので申し込み時点で初期費用の概算を見積りしてもらうのが確実です。

早めに引っ越し業者の予約を入れる

引っ越し業者に引っ越しを依頼する場合は早めに連絡をしないと埋まってしまい予約が入れられなくなる可能性が高いです。

国土交通省が調査した大手引っ越し業者の引っ越し件数によると3月~4月がピークとなっています。

繁忙期であればだいたい1ヶ月前ぐらい前を目安に予約を入れるようにしましょう。

これは引っ越し侍がまとめた引っ越し依頼のタイミングに関する表です。

見積もり依頼のタイミング通常時期(4月~12月)繁忙期前(1月~3月)
前日~1ヵ月前74.8%68.5%
1ヶ月~2ヶ月前20.3%25.7%
2ヶ月~3ヶ月前4.9%5.8%

やはり繁忙期のほうがやや早めに行動を心がけていることがわかります。

引っ越しの見積もりは「引っ越し日」「転居先の住所」「階数」「荷物量」がわかれば行うことができますし、予約を後から変更しても3日前にならなければ手数料がかからないのが基本です。

ある程度物件の目星がついた時点で予約を取るようにしてもいいでしょう。

まとめ

MEMO
  • 内見~入居までにかかる最短期間は7日~11日程度
  • 退去予定の物件はクリーニング等のせいで2週間~3週間かかる
  • 部屋探しにかかる日数は1週間程度見積もると良い
  • 3月中に入居したいなら2月下旬頃から探し始めるのがおすすめ

余裕を持って考えるなら入居したい日の約1ヶ月前から部屋探しを始めることで予定日にちゃんと入居できます。

最短であれば1週間~2週間以内に入居も可能ですが、すべてうまくいく場合に限られるので注意してください。

部屋探しにどの程度時間がかかるのか一番読めない部分ですし、数年住むことを考えるとパッと決めるわけにもいかないので1週間程度は最低でも使うと考えておきましょう。

3月の部屋探しは不動産業界の繁忙期に当たるので良い部屋を見つけたらすぐに内見予約を行って申し込みを済ませるのが重要です。

4月中に入居したいなら物件探しはいつからすべき?

効率的に部屋探しを行うには

部屋探しは色々とやり方があると思いますが、効率的に行うには「取扱物件数」と「情報の新しさ」に注目してください。

店舗に行くと物件情報が早いですが取扱物件数が少なくて、ネットで探すとこの逆で情報が古い場合が多く、すでに成約済みの場合が多いです。

とにかく早くというのであれば取りあえず住みたい駅の最寄りの不動産に行くのが手っ取り早いでうが良い条件の部屋は見つかりにくいのは覚悟しましょう。

個人的には以前Facebook等で話題になっていたイエプラなどのお部屋探されサイトの利用です。

ネットで専門スタッフに条件を伝えて探してもらうというものですが、物件数が多く、なおかつ情報が新鮮なので効率的な部屋探しが行えます。

関東と関西しか物件を取り扱っていないのが難点ですが、それなのにスーモやホームズに匹敵する物件数があります。

こういった無料で使えるサービスは利用した方が得です。

イエプラのホームページへ

少しでも参考になれば幸いです。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ