1ヶ月だけ一人暮らししたい人が部屋を借りる方法とかかる費用

長く住みたいとは思わないけど、一回だけ一人暮らしがしてみたいとか、嫌になった時にいつでも戻れるようにお試し気分で部屋が借りたいという人、出張等で1ヶ月だけ部屋を借りたいという人のために具体的に部屋を借りる方法や必要な初期費用についてご紹介していきます。

普通に一人暮らしをするのとちょっと話が違うので短期的に部屋を借りたい方は必見です!

1か月だけ部屋を借りる方法

マンスリーマンション

以前レオパレスのCM等でウィークリープラン、マンスリープラン等の言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、要するにこれが短期的に部屋を借りたい人向けのプランです。

ウィークリーというのはその名の通り1週間単位で部屋を借りられるプランでマンスリーは1か月単位のプラン。

通常、一人暮らしをするには敷金、礼金、仲介手数料、それに家具や家電を揃えなければならないのでかなりのお金がかかります。

マンスリーマンションの良いところは敷金や礼金がかからない上に家具家電が最初から備え付けられているので身軽に引っ越しが可能なことです。

簡単にマンスリープランと一般的な賃貸物件の違いをまとめてみました。

項目マンスリープラン通常の賃貸物件
家賃少し高い普通
敷金無料無料~1か月分
礼金無料無料~1か月分
仲介手数料無料無料~1か月分
光熱費定額10,000円前後
ネット代無料~約2,000円約4,000円
家具家電ついているついていない(ことが多い)

契約する会社によって多少の違いはありますが、基本的にマンスリープランは少し賃料が高いものの、光熱費が固定で敷金礼金仲介手数料がかかりません。

また、1ヶ月等の決められた期間の入居となるので前払い制、お金さえ払えれば良いだけに審査も非常に緩いのが特徴となります。

マンスリーのメリット・デメリットまとめ

メリットデメリットについてもまとめているので参考にしてみてください。

1ヶ月でかかる料金相場

マンスリープランで有名なレオパレスを例にとってご紹介していきます。

まず、レオパレスが紹介している費用例では1か月169,625円ほどかかるようです。

マンスリー物件

通常の物件にはないマンスリー手数料というのもがかかり1か月かかるとこのぐらい。

普通の賃貸契約の場合は賃料6万円で初期費用平均が24万円前後なので、そう考えると安いかも。

実際に借りられる物件はこんな感じ。

マンスリー

鉄骨造の物件で割と築年数も新しいので、1か月だけ借りるならマンスリープランの方が明らかにお得ですね。

仮に部屋を借りるので17万円かかったとして生活費を合わせるとこんな感じ。

項目金額(月あたり)
部屋を借りる約170,000円
ネット代約2,000円
スマホ代約5,000円
食費約20,000円
雑費約10,000円
交際費(交通費込み)約30,000円
合計約255,000円

25万円は大金ですが、初期費用を含めてこのぐらいで済むなら安い方ですね。普通に借りたらこれに加えて家具家電を揃える費用とかもかかりますし。

でもまぁ多いのは大都市圏で10万円前後~15万円ぐらいまででしょうね。
入居費用がかからないし、中のものが揃ってる代わりに、3割から5割ぐらいその物件の平均より高い感じがします。

参照元:知恵袋

安くしようと思えばもう少し安い物件はありますが、抑えようと思っても最低でも15万円ほどはかかると考えて良さそうです。

となると、念のため20万円~25万円ほどの貯金は用意しておいた方が良さそうですね。

レオパレスの短期プラン(割引を使う)

レオパレスは「通常プラン」「マンスリープラン」「短期プラン」の3つがあり、短期プランは30日から利用が可能です。

ただ、普通に短期プランで借りても割高になってしまうだけ。そこで併用するのがレオパレスの割引プランです。

対象物件であれば最大割引が50%とかなり安いので狙いを絞って検索してみると安い部屋が見つかる可能性があります。

1ヶ月でかかる料金相場

実際に短期割引50%適用物件から相場を見ていきます。

こちらは埼玉県の大宮駅近くにある物件。

通常かかる料金は約18万円ですが短期割引対象物件なので半額の10万円以下となっています。

ちなみに短期割引は最大で90日まで適用可能なので3か月間は通常よりもお得に住むことができます。

短期プランはマンスリー系と同様に審査はほとんどなく、前払い制となっているので入居するのは容易いです。

レオパレスにも良いところは多い?意外なメリットをまとめてみた レオパレスの物件はマジでやばい?評判から見るデメリットまとめ

レオパレスで借りるのであれば上記も合わせて参考にしてみてください。

シェアハウス

シェアハウスは1つの建物に対して複数人で共同生活する物件のことです。

マンスリープランのような短期的な契約はありませんが最低1ヶ月~住むことできるので短期で借りたい人にとっても選択肢の1つとしてはありだと思います。

シェアハウスと聞くと抵抗を感じる人も多いと思いますが、種類によっては1部屋1部屋しっかりとプライベート空間が設けられていてキッチンや風呂場、トイレなどが共有スペースとして存在しているだけなので思ったよりも住人と接触機会も多くなかったりします。

マンスリーマンションよりも家賃が安く、審査はありますが非常に緩い面談程度なのでほとんどの人が入居することができます。

基本的な家具家電はすべてそろっているので身一つで入居することができます。

シェアハウスのデメリットとしては共同生活となるので自分がキッチンやお風呂を使いたい時に使えなかったり、独自のハウスルールが設けられていることがある点です。

ゴミ出し、掃除当番など面倒事があったりするので完全に1人で生活したいという人にはあまり向きません。

また、各自の部屋自体は3畳~4畳程度の寝るだけのプライベート空間となっているところも多いのでその点注意が必要です。

1ヶ月でかかる料金相場

 項目料金相場
家賃30,000円~60,000円
共益費5,000円~10,000円前後
契約手数料15,000円前後
合計50,000円~85,000円

シェアハウスは通常の物件とは違い敷金や礼金がかかりません。

場所によってはデポジット金(退去清掃費)として10,000円前後請求されるところもありますが、だいたい都内でも10万円ぐらいで借りることができます。

電気代や水道代は共益費に含まれているので基本的には使い放題です。1人1人細かく請求できないので共益費という形で請求しています。

シェアハウスは種類がさまざまで、タコ部屋のような共同生活を強いられる物件から1人1人しっかりと鍵付きの部屋が設けらているような物件もあります。

短期入居可能なシャアハウスを探せるサイト!

ビジネスホテル

ビジネスホテルはその名の通り短期的にホテルに泊まって生活するスタイルです。

部屋を借りるというよりは泊まるという表現のほうが正しいと思います。

マンスリーマンションに比べると1泊ごとの値段になったり、アメニティ等の設備が充実している分値段があがります。

ビジネスホテルの場合は本当に泊まるだけって感じなのでキッチンや洗濯機などの日常生活で必要なものが揃っていないことが多いのがデメリットです。

洗濯をしたい時は併設されているコインランドリーを利用したり、食事は契約で朝食だけ出してもらうなどのライフスタイルに合わせた選択をする必要があります。

1ヶ月でかかる料金相場

 項目料金相場
宿泊費(1日)6,000円~12,000円
宿泊費(30日)180,000円~360,000円
清掃費(退去費)0円
合計180,000円~360,000円

ビジネスホテルは基本的に1泊や2泊の超短期型になっているため1ヶ月単位で泊まろうとするとマンスリープランを選択しなければなりません。

サイトによっては1週間程度しか泊まることができなかったりするので探す時は注意してください。

都内のビジネスホテルは相場が1泊あたり8,000円前後で高いところは1万円を超えてきます。かなり高い。

アメニティが充実していたり、清掃代が宿泊費に含まれていて定期的に部屋を掃除してくれるのはメリットです。

また宿泊プランによっては朝食とかをつけられてたりするので朝ご飯が食べたい人にとってはこういったプランで泊まるのもありです。

airbnb

Airbnb

「Airbnb(エアービーアンドビー)」というのは簡単に言えば部屋を貸したい人(ホスト)と部屋を借りたい人ゲスト)をつなぐwebサービスです。

ホテルともちょっと似ていますが、Airbnbの場合はアパートやマンションなどの自宅っぽい部屋や一戸建て物件、別荘、民宿などなど泊まれる場所が多いのが特徴です。

日本ではまだあまり流行っていない形態ですが海外では旅行客等の利用が一般的になっていますし、探してみると意外と豊富な物件数が出てきます。

またホテルの場合は会社が運営していますがAirbnbは個人ごとに部屋を貸しているような形態という違いがあります。

綺麗な部屋が多く、ホテルよりも割安で泊まれるので抵抗がない場合はこっちのほうがおすすめです。

1泊~1ヶ月単位で借りたいもできるのでちょっと実家を離れたい人とか一人暮らしの経験をしてみたい人は良いかも。

部屋を借りるというよりもホテルに泊まるという感覚のほうが近いですね。

Airbnbのホームページはこちら

1ヶ月でかかる料金相場

 項目料金相場
宿泊費(1日)3,000円~5,000円
宿泊費(30日)90,000円~150,000円
清掃費(退去費)約6,000円
合計96,000円~156,000円

Airbnbでは宿泊先がアパートから民宿、ホテルなどさまざまなのでかかる料金もかなり違いがありますが料金相場は1日約3,000円~5,000円と言われています。

一人暮らし用のワンルームだと格安でだいたい1ヶ月10万円以内で泊まることができます。広めの部屋とかだとだいたい150,000円~高くても200,000円程度。

ホテルに比べるとかなり宿泊費が安いのでカプセルホテルとか選ぶならAirbnbで探した方がよっぽど快適に生活できます。

キッチンやバスルームもついていますし、シャンプーやリンスも備え付けられていることが多いですね。

ホテルと違って毎日清掃が入るわけではないので宿泊期間は自分で掃除する必要があります。退去費は清掃代がだいたい6,000円ほどで済みます。

インターネットカフェ

ネットカフェといえば数時間単位で借りるイメージがありますが、実は長期プランを設けているところも多く1ヶ月間借りることも可能です。

昔はどのネットカフェも簡易的な仕切りのみで防音性は皆無、かなり狭い部屋で寝るのも大変な狭い空間ばかりでしたが、最近は防音完備をしていてさながら通常の部屋と変わらないような空間を提供しているところが当たり前になりつつあります。

つまり昔よりも今のほうが長期滞在しやすいということです。

ネットカフェなら飲み物は飲み放題ですし、インターネットも使い放題でシャワーもあるところが多いので短期的なら生活するのに苦労しません。

1ヶ月でかかる料金相場

インターネットカフェは長期で借りることにより割引が適用されることがあります。

例えば都内を中心に運営しているカスタマカフェの料金はこちら。

 項目料金
7日間22,000円~
14日間42,900円~
1ヶ月間76,000円~

料金はシェアハウスと同じぐらいでマンスリーマンションやAirbnbよりも安いです。

部屋の狭さはシェアハウスと同等、もしくはそれ以下ですし引っ越しの際に家具家電をすべて処分する必要があるなどのデメリットもありますが借りる上では最もラクです。

本当に短期的に借りるだけとか一時しのぎで寝泊まりできれば十分な人にとってはネットカフェがおすすめです。

家出とかにも使われるぐらいなので。

1ヶ月だけ部屋を借りるならシェアハウスがおすすめ

短期的に借りるというとマンスリーマンションを思い浮かべる人が多いですが、実際に計算してみると意外と料金が高いので安く済ませたいのであれば1ヶ月~部屋を借りられるシェアハウスがおすすめです。

シェアハウスのデメリットは他の住人と少なからず共同生活を強いられることですが、独立した部屋があるので出張等で帰って寝るだけの場所を確保するなら問題ありません。

ビジネスホテルは他と比べてかなり料金が高いで選択肢としては低いです。

Airbnbは個人的には1ヶ月住むには安くて非常におすすめですが、借りるというよりも泊まるという表現が正しいのと個人が貸しているのでそこに抵抗を感じなければ・・・と言った感じ。

一応Airbnbでも頼めば郵便物を受け取れるようにできるみたいですけど、不可の場所もあるので結構難しい。

住居確保には向きません。

ただしマンスリーマンションは郵便物を受け取れることができるので住所が必要になる人にとってはやっぱり借りたほうが良さそう。

とにかく早く引っ越したいのであればAirbnbが最もおすすめ。

今日にでもどうにかしなければならないレベルならネットカフェを借りるというのも手です。

スポンサードリンク

1ヶ月だけ借りれる物件の探し方

マンスリーマンションはレオパレス以外の不動産でも探すことは可能ですが、実際自分一人で探すとなると物件数が少ないので希望の物件を探し出すのも一苦労です。

シェアハウスもサイトによって持ち物件数が異なるのでいちいちサイト巡りをするのは面倒です。

効率的に自分の希望条件の物件を探すにはイエプラなどのネットで部屋を探してもらうサービスを利用するのが手っ取り早いのでおすすめ。

利用は無料ですし、チャットで細かい条件を伝えたら不動産と同じスピードで新着物件を紹介してもらえるので手間もかからず、楽に探せます。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

自分で探す場合は掲載している情報が古かったり、不動産で直接探してもらうと取扱物件数が少なかったりデメリットが多いのであまりおすすめしません。

参考までにどうぞ。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です