退去時に部屋を掃除するとハウスクリーニング代は安くなるのか検証してみた


一人暮らしの退去金・クリーニング代は掃除すれば安く済む?鍵を無くすとヤバイぞ!

部屋を退去するときに掃除をしておくと安くなるとも言われていて、それを信じて掃除をしている方も多いと思います。

私も退去するときは毎回掃除していますが、実際のところ本当に安くなるのか気になると思うので、今回は私の経験をもとに退去時に掃除をしたときの退去費用を公開します!

スポンサードリンク

掃除すれば安くなるとは限らない

退去時に掃除をすると安くなると言う人も多いと思いますが、実際のところは”一概に安くなるとは限らない”というのが正しい表現です。

例えば普通に生活していて部屋が汚れ、埃があちこちにあり、汚れも目立っているとしましょう。これを掃除して綺麗にしても結局業者が入ってクリーニングを行うので安くなりません。

ただし、目立った傷や水垢に関しては掃除をすることで安くなる可能性があります。

フローリングについた傷はその部分だけ張り替えを行いますが、多少の傷であれば張り替えせずにそのままの状態にすることも珍しくありません。

明らかな傷は張り替え代を請求されるので、目立たないように補修するだけで”安くなる可能性が高くなる”というわけです。

一人暮らしの退去クリーニング代平均は約3万円

ズバットハウスクリーニング比較によるとワンルームや1K、1DKなどのハウスクリーニング代は約20,000円~38,000円となっています。

ハウスクリーニング代

平均して約3万円前後が一人暮らしのハウスクリーニング代ということになります。

つまり、普通に生活していて+綺麗に清掃していたら3万円以内には収まるはず。

では実際に私が掃除した物件がどのぐらいかかったのかご紹介していきます。

掃除した物件の退去クリーニング代

  • 1件目:木造アパート(4年住んだ物件)
  • 退去費:約50,000円

一番最初に借りた物件で大学生の時だったので4年間住みました。掛け時計を設置したり、クローゼットがない物件だったのでいたるところに両面テープで壁につけるフックを設置していたせいか、かなり値段が高くなっています。

鍵を無くしてしまったのもこの額になった原因です。

掃除は一通り行いましたが残念ながら相場よりも高い退去費用となりました。

  • 2件目:木造アパート(2年住んだ物件)
  • 退去費:約37,000円

割と綺麗に使っていましたが、カーテンレール部分に服を吊るしていたせいか、レールが曲がってしまいました。

掃除した結果、こちらも相場よりちょっと高めの退去費用となっています。この物件は入居時に「定額補修費」として家賃1か月分取られていたので結果的には差引額が返金されましたが、思っていたよりも高かったですね。

  • 3件目:鉄筋コンクリートマンション(4年住んだ物件)
  • 退去費:約30,000円

この物件は特に大きな傷もありません。ガラスが割れたことがありましたが、熱割れという現象だったので大家側負担となり相場ぐらいの退去費用となりました。

こうしてみると掃除しても結局そこまで安くなっていないことがお分かりいただけると思います。

傷を簡単に補修できる道具

普通の汚れは掃除してもたいして安くなりませんが、床の傷、壁の穴はうまく隠すことができれば相対的に退去費は安くなります。

一番手っ取り早く補修できるのがこれ。

かくれん棒 フローリング用 ヘラ付 4色セット ハードタイプ FB-30

新品価格
¥870から
(2018/7/28 16:00時点)

床の色は物件ごとに違うので一番近い色を塗りたくってヘラでならすとほとんど目立たなくなります。

画鋲などで壁に穴を空けてしまった場合はこちら。

ハウスボックス 穴うめ職人 クロス用 3本セット 9g

新品価格
¥474から
(2018/7/28 16:02時点)

小さな穴は隠せますが、壁を殴って空けたような大きなものは隠せないので注意してください。

スポンサードリンク

鍵を無くすと鍵交換費用が追加で請求される

一人暮らしの退去金・クリーニング代は掃除すれば安く済む?鍵を無くすとヤバイぞ!

退去する際には必ず鍵を返却しなければなりませんが、もし仮に鍵を無くしてしまうと鍵交換代として約15,000円ほど追加で請求されることになります。

仮にハウスクリーニング代が30,000円でも鍵を無くしただけで45,000円になってしまうので注意。

すでに鍵をなくしていたら遅いですが、入居中はなるべくスペアキーを作り、マスターキーは保管しておくのが一番です。

鍵のスペアは1本500円程度で作れます。

特約を読むといくらかかるかわかる?

部屋を契約した時に契約書の内容について説明されたと思いますが、ほとんどの人は契約内容についてははっきりとは覚えていないかと思います。

ただ、この契約書の内容によってある程度の退去費を割り出すことは可能です。

特約として「クリーニング基本料30,000円」と書かれていた場合、少なくとも3万円以上請求されることになります。

私も一度ありますが、これは基本料なので別途としてさらに7,000円請求され、合計で37,000円ほどかかりました。

一人暮らしのクリーニング代の平均は約3万円なのでこのように書かれていた場合は平均額よりも多く取られることになります。

退去費について気になったら一度契約書を読み直してみると良いでしょう。

特約などで何も書かれていない場合はそれほどかからないと思います。

結論:面倒だったら掃除しなくて良い

私は退去する際は必ず掃除していますが、時間がなかったり面倒なのと、実際にそこまで安くなるわけではないので無理に掃除しなくても良いんじゃないかなぁと思いました。

汚すぎて余計に清掃代がかかることもあるのでやっても意味がないわけではありません。特に水回りは意外とお金がかかるのでお風呂場やキッチンだけやっておくというのもありですね。

少しでも参考になれば幸いです。

退去に関するページ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す