一人暮らしのしつこいインターネット回線勧誘の手口と断り方


一人暮らしのしつこいインターネット回線勧誘の手口と断り方

一人暮らしを始めたばかりの時は良く分からない勧誘に戸惑うことが多いと思います。

NHK受信料や宗教、新聞などもそうですが、私が個人的に一番やっかいだと思ったのがインターネット回線の勧誘です。

フレッツ光やジェイコムなどネット回線には色々ありますが、とにかくその手口が巧妙だったので被害を出さないためにもその手口と断り方についてまとめてみました!

スポンサードリンク

ネット回線勧誘の手口

一人暮らしのしつこいインターネット回線勧誘の手口と断り方

今回は私が一人暮らしを初めてした頃に、思わず契約しそうになった巧妙な手口についてご紹介します。

訪問営業で来たのはフレッツ光の20代後半の男性。

普段は居留守を使うのですが、その日はたまたま出てしまい、こんな説明をされました。

「今、光の工事についてこのアパートを順次回っているのですが、ご存知でしょうか?」

こんな感じで言われてまぁよくわからなかったのですが、そのあと

「今ネットの契約はしていますか?」と聞かれて答えると

「工事が終わると回線が凄く早くなります!しかもかなり料金も安くなるのでみなさんに乗り換えてもらっています」

とまたまたよくわからないことを言われて契約の話に。

 

話を聞いた限りでは

  • まるで契約をしないとネットが使えなくなるような口ぶり
  • アパートに住んでいる全員が乗り換えているような口ぶり

で話していたので自分も契約しなくちゃいけないんじゃないかと思ってしまいました。

私がなぜ途中で契約をやめたのかというと、この契約をするにはいったん自分が契約しているネット回線を解約しなければならず、その電話がかなり面倒くさかったからです。

しかも比べてみると自分が契約している回線と料金はほぼ一緒。

 

契約の流れになってしまったので後日、接続用のモデムが届いてしまいましたが今現在返していません(笑)

とまぁ、今までNHKの受信料や新聞勧誘、宗教の勧誘に出てしまったことがありますがNHK受信料と同じぐらい卑怯なやり口だった感じました。

 

自分があまり知らない分野の話だと断るのは難しいですよね。

回線勧誘の断り方

 

  • 居留守を使う

一人暮らしのしつこいインターネット回線勧誘の手口と断り方

そもそも一人暮らしをしている方は連絡がない訪問は全て居留守を使うべきです。

例え友人でも連絡なしに来ることは滅多にないでしょうし、あるとすれば宅配便ぐらいですからね。

ただ「居留守を使っているのがばれてしまう理由」でも言いましたが、居留守を使っていることは相手にわかってしまうので、しつこく何度もインターホンを押されたり、ノックをされたりとデメリットもあるので注意してください。

 

  • 契約は親に任せていると言う

一人暮らしのしつこいインターネット回線勧誘の手口と断り方

それでも何かの間違いで出てしまった場合。

ネット回線に詳しくない方は本当に何を言っているのかわからないですし、契約しなければならない空気になりますので、すかさず「契約は全て親に任せているのでよくわかりません」と言ってください。

何を言われても「私は契約できません」と断り続けてください。

契約の全てを親に任せている場合、あなたに営業を仕掛けたところで意味がないことが伝わり諦めてくれます。

 

  • パソコンを持っていないと言う

一人暮らしのしつこいインターネット回線勧誘の手口と断り方

そもそもインタネットを使わない場合、契約をする必要性もないわけです。

なので「パソコンを持っていない」ことを伝えるのも有効な手段です。

そのあともしつこいようなら「ネット料金も全てそちら持ちなら契約しても良いですよ」と皮肉めいた返答をしてみてもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク

それでも契約しそうになったら

 

まだ契約はしていないけど、仮契約になっている場合はまだ断ることが出来るので安心してください。

実際、私も一度「わかりました、契約します」と言って、営業担当に帰ってもらった後に断ったことがあります。

別にネット回線を繋いでいた人は契約する前に「解約の手続きをしておいてください」と言われるはずです。

同時に営業担当の名刺や連絡先、パンフレットももらます。

仮契約となっている場合は後日、担当の者から契約の流れの電話が来ると思いますのでその前にこちらから電話して「契約はしません」と断りましょう。

電話番号は渡されたパンフレット等に書いてあり、先ほどの営業担当者ではなく、コールセンターに繋がっています。

もちろん営業担当の電話番号に電話しても良いのですが、先ほど契約するといった手前で断りにくいですし、また言いくるめられても嫌なので私はしませんでした。

 

これだけで仮契約を解除することが出来ます。

いかがでしたでしょうか?

今回は私の実体験を交えたお話しなので多少やり取りに覚えていない箇所もありますが、だいたいこんな感じで営業されることが多いでしょう。

仮契約でしたらまだ断れますのでぜひ参考にしてみてください!

ネット回線以外でも巧妙な勧誘をしてくる業者は多いので「良く来る営業訪問者とその対策」で事前にチェックしておくことをおすすめします!

その他の一人暮らしコラム

NHK受信料金を払わなくて良い正当な理由

不審者に狙われやすい部屋の特徴とその防犯対策

家賃を滞納してしまった場合の対処方法

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す