入居日や退去日が中途半端な日付だと家賃は日割り計算?それとも月割?


入居日や退去日が中途半端な日付でも家賃は全額払う必要があるのか

基本的に賃貸物件の場合、前の月の末に支払うことになっていますが、入居日や退去日はかなり中途半端な日にちになる人も多いかと思います。

例えば、4日に退去するのにその月の家賃全額を払うってあまりにも勿体ないですようね。

そこで今回は入居日や退去日が中途半端でも家賃は全額払う必要があるのかといった疑問を解消していきます。

スポンサードリンク

入居日が中途半端な日付の場合

 

もちろん物件に異なる、というか賃貸契約書によって異なるのが大前提ですが、ほとんどの物件の場合、入居月は家賃を日割りで計算されていることが多いです。

日割り計算とは、家賃を30日で割って住んだ日数分を足したもののことです。

例えば、家賃6万円の物件に4月25日に入居したとしましょう。

この場合、4月の家賃は60,000円÷30日×5日=10,000円になるということです。

初期費用の内訳には前家賃(5月分)+日割り家賃(4月の5日分)が含まれています。

ちなみに2月とか3月とか月によって28日だったり、31日だったりしますが、日割り計算が原則30日での計算と定められています。

最も、日割り家賃と言っているものの、この中には共益費も含まれるので間違えないようにしてください。

結局、いつ入居したところで初期の負担は変わっても、全体を通した負担は変わらないので入居日に関してはあまり考えなくても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

退去日が中途半端な日付の場合

入居日や退去日が中途半端な日付だと家賃は日割り計算?それとも月割?

退去の場合も基本的には同じですが、入居の時とは若干異なり「日割り」の他に「半月割り」「月割り」が存在します。

ただ、退去月ってもうすでに家賃は払ってますよね。

例えば3月14日に退去するとしても3月分の家賃は2月末に支払わなければなりません。

 

日割りの場合は、家賃から3月の日割り分を差し引いて、余った家賃分は返却されるか、大家サイドから「日割りで○○円を入金してください」と連絡があるはずです。

 

しかし、半月割りと月割りは名前の通り日数で割るものではありません。

 

・半月割り・・・月を15日に分けて計算する方法。

・月割り・・・たとえ退去日が何日であってもその月の家賃を全額支払わなければならない計算方法。

これに関しては賃貸契約書の家賃項目、あるいは退去に関する項目に書かれているので一度ご確認ください。

例えば月割りなのに3日とかに退去してしまうと、かなり勿体ないことがお分かりいただけると思います。

5日しか住んでないのにその月の家賃全額負担はあまりにもバカバカしいですが、諸事情によりこうなってしまう場合もあるので退去する際は予め逆算して計算しておくべきですね。

契約書に
「退去月の家賃は日割り計算しない」
と書かれていない場合は、原則通り、日割り計算することが常識です。

大家さんやその物件によっては、確かに退去月の家賃は日割り計算
しないところがありますが、それは例外です。
その規定自体は有効ですが、定めがない限りは日割りされます。

参照元:知恵袋

 

もし、契約書に何も書かれていないようであれば、日割り計算されるとのことですが余計なトラブルを避けたいのであれば直接電話して聞いた方が良いでしょう。

 

ちなみに私の場合、以前住んでいたアパートは3月の26日まで住んでいたのですがそう言えば家賃全額支払って、一円たりとも返却されていません。

当時は賃貸契約書に目を通すこともなく、こういった知識がほとんどなかったので現在確認のしようがないですが、おそらく月割りとして計算されていたということでしょう。

しかし、意外と見落としがちな部分だけに、賃貸契約書に日割りと書いてあるにも関わらず、全額支払わせるという大家もいるのでこの部分はよく覚えておくようにしてください。

知識がないと足元をすくわれることになります。

 

賃貸契約書を読み返してみて、良く分からない場合は退去日を決める前に問い合わせて聞いてみるのが結局のところ確実です。

その他の一人暮らしコラム

初期費用を10万円以下に抑える方法

同じ家賃なら広さと機能面どっちを取るべきか

敷金・礼金・仲介手数料無料のデメリットとは

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す