賃貸EXとスモッカの違いや評判は?キャッシュバックは受け取れるのか

賃貸EXは経由して契約するだけで最大家賃1か月分がキャッシュバックされるという不動産サイトです。

これを見ると「スモッカと非常に似ているな」と思ってしまいますが、実は賃貸EXはスモッカと同じ株式会社じげんが運営管理しているサイト。

ということで今回は賃貸EXとスモッカの違いやキャッシュバックはちゃんと受け取れるのかについて口コミや評判を調べてみました!

賃貸EXとスモッカの違いとは?

どちらも運営会社は株式会社じげんとなっているためほとんど同じですが、改めて違いはあるのか調べてみました。

賃貸EXスモッカ
物件数4,013,878件4,013,942件
認知度低い比較的高い
キャッシュバック金額家賃1か月分(最大5万)家賃1か月分(最大5万)
受け取り難易度高い高い
受け取り方法事前申請やアンケート回答事前申請やアンケート回答
アンケート文字数2,500字程度2,500字程度
受け取り時期入居から半年後以降入居から半年後以降

微妙な違いはあるものの、物件数は随時更新となっているのでラグでの違い程度でほとんど一緒。

受け取り条件や金額に関しても株式会社じげんが運営しているので全く一緒でした。

サイトのデザインは微妙に異なるものの、ほとんどコピーサイトと言ってもいいぐらい同じ内容、同じ特典なのでデザイン的に使いやすいほうを使うのが無難。

【スモッカ】

【賃貸EX】

スモッカのほうがCMをばんばん打っていただけにちょっと有名ですが、どっちを使っても利用する特典は変わりません。

おそらく集客率をより高めるために2つの不動産情報サイトを作って利用してもらおうという意図があるのだと思います。

また、一時期スモッカは受け取り難易度があまりにも高すぎたり、申請したのにキャンセルされたという報告が相次いだため「悪い評判が広まり過ぎて利用者が少なくなってしまうことを恐れて」賃貸EXというサイトを立ち上げている面も少なからずあると思います。

リスク分散という意味も含めて運営サイトを2つにしているだけなので利用者としてはどっちを使っても同じ。

スモッカの口コミや評判!お祝い金をもらうのは無理なのか調べてみた

賃貸EXの口コミや評判をあつめてみた

【良い口コミ】

【悪い口コミ】

利用者は少ないですが、これもスモッカと同じでキャッシュバックされる金額は魅力的だけど受け取り難易度が高いのでちゃんとやらないとキャンセルされたり、受け取ることができない事態が発生します。

キャッシュバック目当てで利用した人にとってみれば、受け取れると思ったのに申請を却下されたらそりゃ詐欺だろってなりますからね。

キャッシュバック系の中では最も高値ですが、その分難易度が高いので受け取れる人は限られます。



キャッシュバックの受け取り難易度が高い理由

キャッシュバックを受け取るまでの流れ
  1. 賃貸EX経由で物件の問い合わせを行う
  2. 問い合わせ完了後4日以内に事前申請を行う
  3. 問い合わせた不動産で契約
  4. 入居から半年後14日以内に【成約お祝い金応募専門ページ】から応募する
  5. アンケートや口コミ・写真などの記入を行う(2500字程度)
  6. 楽天銀行を用意する
  7. 条件が全て満たされると家賃1か月分(最大5万円)が指定口座に振り込まれる

お祝い金詳細ページはこちら!

実際にキャッシュバックを受け取るための手順となりますが、特に赤字部分に関してが受け取り難易度が高いと言われる理由です。

1つ1つ詳しく解説していきます。

入居から半年後14日以内に【成約お祝い金応募専門ページ】から応募する

通常、この手のキャッシュバックは申請さえしておけば契約した後、つまり入居後数週間以内にはキャッシュバックを受け取ることができますが賃貸EXでは半年後にようやく応募できるという受け取りの遅さが問題です。

そもそも半年も経っていてまだキャッシュバックを覚えている人自体少ないでしょうし、覚えていたとしても半年後の2週間という期間の短さもうっかり応募するのを忘れてしまった人を増やすための条件なのは明らかです。

そこまで細かく覚えている人のほうが稀なので、この条件自体が受け取れる人を少なくするために作られているわけです。

ちなみに問い合わせた物件以外で成約してしまった場合は対象外となるので注意してください。

アンケートや口コミ・写真などの記入を行う(2500字程度)

これも賃貸EXでキャッシュバックを受け取る難易度が高いと言われる理由の1つ。

軽いアンケート程度ならまだしも、周辺地域の写真をわざわざ撮影して添付する必要があったり、2,500字という大学生のレポート並の文字数を満たさなければ受け取ることができません。

以前スモッカをまとめた際にレポート内容についてコメントをいただいたので詳細についてもまとめておきます。

レポート内容
  1. 不動産会社の良かったところ:400~450字
  2. 利用した不動産会社に改善してほしい点:200~250字
  3. 新居を選んだ理由:200~300字
  4. 引っ越し理由:50~100字
  5. 最寄り駅の良いところ:200~300字
  6. 新居のおすすめスポット写真3枚と理由:200~300字
  7. 以前の住まいの感想:200~300字
  8. 以前の住まいの最寄り駅の便利な点:200字~300字
  9. 通勤・買い物等交通事情について:200字~300字
  10. 以前の住まいのおすすめスポット理由:200字~300字
  11. お祝い金を貰えることの感想:300字~400字
  12. 10万円もしもらえたら:100字以内

1つ1つの項目が設けてあってそれぞれに回答していくという感じです。

そもそもこのアンケートを何に使うのか不明慮だし、正解がないだけに却下される可能性があることを考えるとかなりキツい。

楽天銀行を用意する

賃貸EXのキャッシュバックは口座振り込みとなりますが、専用の口座を開設しなければそもそも受け取ることができません。

キャッシュバックを受け取るためだけに楽天銀行口座を開設しなければならないという面倒臭さも相まって受け取り難易度は高くなっています。

提携しているからか、振込手数料を考えてのことかはわかりませんが、利用者が煩わしいと感じる条件が多いので受け取らせる気がないようにすら感じてしまいます。

一応受け取ることができたという口コミ自体はあるのでちゃんとすべてクリアすればキャッシュバックを受け取ることは可能ですが、そこまでする価値があるかは微妙なところ。

楽天銀行口座開設ページへ

まとめ

MEMO
  • 賃貸EXとスモッカはほぼ同じ内容のサイト
  • スモッカと同様にキャッシュバック受け取り難易度はかなり高い
  • キャッシュバックは入居半年後以降でなければ受け取れない
  • 受け取ることは可能だが、ちょっとしたミスをすると受け取り不可能となる

名前は違うもののシステムとしてもキャッシュバック内容としても賃貸EXとスモッカは同じです。

賃貸EXは確かにキャッシュバック金額も大きく、受け取れればかなり利用者にお得なサイトですが当然受け取り難易度はかなり高いので時間に余裕がある人じゃない限りはおすすめできません。

残業が多い社会人とか休みの少ない仕事をしている人には向かないサイトなので学生やカップル向けですね。

ちゃんと指定のレポートをこなせば一応受け取ることは可能なので詐欺ではありませんが、絶対に受け取れるとは思わないほうがいいです。

キャッシュバックを受け取れるサイト比較

キャッシュバック金額だけならスモッカや賃貸EXが一番高いですが、受け取り難易度は他の不動産サイトのほうが低いです。

 不動産サイトキャッシュバック金額
door賃貸5,000円+抽選で95,000円
スマイティ最大で1万円(初期費用の10%)
キャッシュバック賃貸5,000円~最大100,000円

いくつかキャッシュバックを受け取れるサイトをまとめてみたので自分に合ったものを使ってみてください。

door賃貸

door賃貸

door賃貸は入居決定で5,000円が確実に貰えて抽選で100名に1人が95,000円のキャッシュバックを受け取れることができるのでお祝い金の最大額は10万円です。

受け取り条件
  • 契約から60日以内に申請
  • PayPary銀行口座を持っていること
  • 問い合わせと違う部屋でも対象

申請自体はラクですがPayPayの口座を持っていないといけないというのが地味に難易度が高いように感じます。

わざわざPayPayの口座を使っている人自体少ないでしょうから、受け取るために口座開設をする必要が出てきます。

また最大で10万円貰えるとはいえ、抽選形式になっているのでほとんどの人は5,000円程度しか貰うことはできません。

受け取りやすさやキャッシュバック金額を比較するとキャッシュバック賃貸のほうが上ですし。キャッシュバック金額の平均額で言うならスマイティのほうが上。

もともとdoor賃貸は15,000円のキャッシュバックを行っていましたがスマイティと同様減額したみたいですね。

door賃貸の特徴をまとめてみた

スマイティ

スマイティお祝い金

スマイティは大手会社であるカカクコムが運営している不動産サイトで、経由するだけで【賃料】【共益費】【礼金】の合計額10%、最大で1万円が貰えます。

受け取り条件
  • 問い合わせ後45日以内に申請
  • 契約書等の画像の添付が必要
  • 問い合わせと違う部屋でも対象

受け取り条件は問い合わせから45日以内とdoor賃貸よりも期限が短いですが、その他はあまり変わらないのでキャッシュバックを受け取るのはそこまで難しくありません。

最大で1万円なので家賃共益費+礼金が10万円を超えているようならdoor賃貸よりスマイティがおすすめです。

礼金がかからない物件で家賃共益費が5万円未満ならdoor賃貸のほうが受け取れる額は大きいです。

スマイティの特徴をまとめてみた

キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸

その名の通りキャッシュバック賃貸は経由して契約するとお祝い金を受け取れるサイトで平均5,000円~1万円程度、最大で10万円が貰えます。

受け取り条件
  • 契約後60日以内に申請
  • 問い合わせと違う部屋でも対象

受け取り額としては少ないかもしれませんが、受け取り条件は非常に緩いので経由して契約すればほとんどの人はキャッシュバックを貰うことができます。

実際に調べてみたところほとんどの物件は5,000円程度のキャッシュバック金額となっていたのでスマイティのほうが多く貰える可能性は高いでしょう。

キャッシュバック賃貸の特徴をまとめてみた

部屋を効率的に探せるサイト

経由するだけでキャッシュバックが受け取れるサイトは非常に優良なので積極的に使うべきですが、サイト自体はスーモやホームズと同様目立ったものではないのでおとり物件は少なからず存在します。

効率的に部屋探しをしたい時に使えるのはイエプラというサイトです。

イエプラ

イエプラは家にいながら半自動的に部屋探しができるサイトで、チャット欄があるので細かい条件を伝えてあとは毎日条件に合う物件情報が送られてくるというもの。

イエプラの魅力
  • 新着物件情報を家にいながら知ることができる
  • 細かい条件を設定できる
  • 部屋を借りるにあたって相談ができる
  • 無料で使える

例えば「浴室は洗面台がない物件が良い」とか「寝室の扉は横開きじゃないほうが良い」という条件って不動産屋に直接言わない限り自分で探すことはできないんですけど、イエプラならそれが出来るというわけです。

イエプラ自体はキャッシュバックを行っていないので探してもらったらその物件情報をスマイティで改めて検索して経由して契約すれば効率的に部屋探しをしてなおかつキャッシュバックを受け取ることができます。

イエプラの公式ページへ