女性限定(専用)マンションは逆に危ない?メリット・デメリットをまとめてみた


女性限定マンション

一人暮らしを始める時、女性は特に防犯面を気にする方が多いでしょう。

そのこともあり、最近では女性限定と謳っている物件も増えてきました。

しかし、女性限定の物件だからと言って果たして本当に住み心地は良いのか疑問なところです。

ということで今回は女性専用物件のメリットやデメリット、ネットでの口コミ・評判をまとめてみましたので参考にしてみてください!

スポンサードリンク

女性専用マンションとは

新築物件

女性専用(限定)マンションというのはその名の通り、女性のみしか住むことができない物件のこと。

物件によって「男性を招くことはOK」である場合と「身内の男性(親など)すら招くのがNG」となっている物件があります。

女性専用にすることで大家側にはメリットも多く、借りる側にとっても「変な男が住んでいる不安」がないのでメリットです。

ちなみに男性が女性専用マンションを借りようと思っても、内見の時点で拒否されるので注意してください。

女性専用マンションの良い点

【メリット】

  1. セキュリティー面が充実している
  2. 隣人トラブルが比較的少ない
  3. 女性目線の設備が整っている物件が多い

1.セキュリティ面が充実している

女性限定物件に住もうと考えている方はおそらくセキュリティ面を考えている方が多いと思います。

確かにそう謳っているだけあって防犯カメラ、オートロック、物件によっては常駐している管理人がいるところもあります。

この辺は物件の詳細を確認してみるとどんな設備が整っているのかがわかると思います。

2.隣人トラブルが少ない

入居者が女性のみの場合は一般的な賃貸物件に比べるとトラブルが起きにくいのも事実です。

これはもともと男性の方がトラブルを起こしやすいのと、もう一つは女性同士なので仮にトラブルになったとしても和解しやすいという利点があるためです。

女性の中でもトラブルを起こしやすいタイプもいますが、そういった方はそもそも女性限定の物件を探すことはないでしょうからね。

3.女性目線の設備が整っている物件が多い

入居者のターゲットを女性限定に絞っているからこそ、部屋内部の設備も女性目線で作られていることも多いです。

例えばキッチンの高さや収納も背の届くように低めに設計されています。

ちなみにもともと女性限定ではなかった物件に関してはこういった設計はされていないので注意してください。

女性専用マンションの悪い点

【デメリット】

  1. 家賃が高い
  2. 必ずしも安全とは限らない
  3. 男友達や彼氏を部屋に呼べない場合がある

1.家賃が高い

まず一つ目は家賃が高めに設定されている物件が多いことです。

これはセキュリティ面を強化したことや女性限定の設計にしていることでコストがかかっているため家賃を高めに設定しなければ採算が合わないという借り手側の都合です。

また、「女性限定」という付加価値によって家賃が引き上げられているとも言えます。

2.必ずしも安全とは限らない

それと防犯面についてですが、ネットでの噂になっているように必ずしも安心とは限りません。

女性限定物件は裏を返せば狙いやすい物件と言えます。

掲載している時に「女性限定」をアピールしたいので誰でも簡単にその情報を見ることが出来てしまいます。

さらに不審者側からすれば、その建物=女性しかいないので侵入して男性がいるという心配がありません。

セキュリティも万全でないでしょうし、それだけ狙われる危険性を考えれば安全とは限らないというわけです。

 

オートロックマンションの場合はまだマシですが、女性限定を謳っている物件にはアパートもあります。

アパートのセキュリティなんてほとんどないのと同じなのでセキュリティ面を考えている方は絶対に選ぶべきではないでしょうね。

まぁ女性限定でセキュリティ面を謳っている物件で住んでいる女性にもしものことがあったら問題になるので、安全とは限りませんが一般的な物件よりはセキュリティが厳しいぐらいに考えておくべきでしょう。

3.男友達や彼氏を部屋に呼べない場合がある

仲の良い男友達や彼氏が出来た時に女性限定の物件だと入室すらできない場合があります。

これはその物件の条件により異なるので一概には言えませんが「彼氏を家に呼ぼうとしたらトラブルになった」なんていう思いをする可能性もあるので注意が必要です。

詳しくは「女性限定物件に彼氏を泊まらせることはできる?」を参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ネットの口コミ・評判

 

メリットは変な隣人に悩まされないとか防犯がしっかりしてることですかね。
彼氏が頻繁に泊まるとかはうるさく言われるかも…女性の一人暮らしには女性専用物件ではあまりデメリットは少ないのでは?

参照元:Yahoo!JAPAN不動産

 

借手側から見たのだけ言いますね
メリット:親は安心できる(表面上)
デメリット:恋人が出来ても、部屋に連れて来にくい

そうは言っても、恋人が出来たら部屋に連れて来ちゃってて
「女性限定」とは名ばかりになってるのが殆どですよ

参照元:知恵袋

 

 

仲介業者の賃貸営業をしております。

その物件を管理している管理会社や大家さんによって方針が異なります。

原則は、「女性しか契約できない、単身入居限定のアパート」です。
父親等、家族であっても、敷地内に入る前に管理会社へ言って下さい!っていう厳しいところから、契約者が女性であれば、彼氏でも友達でも入室OK!っていう緩いところまであります。

まぁ、入居者さんは、女性しか出入りしないセキュリティのために女性専用アパートに入居している訳で。男性の出入りがあれば当然クレームを言われやすいです。女性だけの出入りに留めておいた方が無難ですよ~。

参照元:知恵袋

 

調べてみたところ「身内ですら男性の入室は禁止」のところもあるみたいです。

引っ越しを親に手伝ってもらう方はいったいどうするんでしょうかねw

もし女性限定物件を探しているのであれば、契約の前にこの「男性の入室」がどこまで可能なのか詳しく聞いておいたほうがトラブルにならずに済むと思います。

女性専用マンションは逆に危ない?

一番気になるのはこの部分だと思います。せっかく防犯面を考えて女性専用マンションに住んでも逆に狙われやすかったら意味がありませんからね。

物件を掲載していれば、それだけで女性専用という情報が入手できてしまいます。

ただ、入居者をすべて女性にすることで、そのマンションに男性がいた瞬間=不審者ということになるので、一般の物件に比べて不審者としては非常に入りにくいとも言えます。

オートロックなんてのは住人の後ろをついていけば簡単に侵入できてしまいます。

もし女性専用物件を選ぶのであれば「防犯カメラが設置されているか」「管理人は常駐か」を気にするべきです。

防犯カメラがあればそう簡単に侵入できませんし、管理人がいることで防犯性がぐっと高くなります。

安い女性専用マンションはこういった設備が整っていないことがあるので注意してください。

女性は何かとコストがかかりますが、犯罪に巻き込まれないためにもそれなりに対策しておくべきです。怖い思いはトラウマ化しますからね。

女性専用マンションの探し方

女性限定マンションはネットで探す場合「こだわり条件」等でチェックをつけて探すのが効率的です。見た目は他の物件を変わらないので一覧で見ていてもまず気づきません。

女性限定マンションはかなり数が少ないので比較的物件数の多いサイトを使ってください。スーモやホームズあたりが無難。

自分で探すのが面倒な場合はイエプラというサイトがおすすめです。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

条件を設定しておけば新着物件を半自動的に紹介してもらえて、チャットで細かい相談ができるのでかなり便利です。無料で使えるサイトなので興味があれば使ってみてください。

最初から不動産に行って営業マンに探してもらう人もいますが、時間効率が悪く物件数も少ないのであまりおすすめしません。

イエプラ公式ページへ

参考までにどうぞ。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す