賃貸物件の契約更新のやり方!手続きはいつまでに済ませれば良いのか


賃貸物件の契約更新のやり方!手続きはいつまでに済ませれば良いのか

部屋を借りている場合、通常は2年で契約を更新しなければなりません。

しかし、初めての一人暮らしの方やこれまで親に全て任せていた場合はその辺りがよくわからないですよね。

今回はそんな一人暮らしの方のために契約更新のやり方や手続きはいつまでにしなければならないのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク

契約更新の流れ

「イメージが湧かない」という方のために、まずは簡単に契約更新の流れについてご説明します。

  1. 更新日1ヶ月~3ヶ月前にお知らせが届く
  2. 管理会社に連絡をする(お知らせに書いてあります)
  3. 管理会社から書類が届く
  4. 記入して返送
  5. 入金・または引き落とし
  6. 更新完了

その物件の仲介業者や管理会社によって違いはありますが、多くの場合こういった流れになります。

更新の際に、契約の変更があった場合は直接店舗に赴く場合がありますが、基本的には自宅に書類が届き、返送して入金するだけなので忙しい人でも問題ないと思います。

それと基本的に更新は2年に1回となっており、家賃1ヶ月分~2ヶ月分がかかります。

いつまでに済ませれば良いのか

賃貸物件の契約更新のやり方!手続きはいつまでに済ませれば良いのか

更新するにしても退去するにしても更新日の約1ヶ月前には連絡する必要があります。

更新をする場合は更新する旨を電話やメールで伝えると、更新のための書類が送られてくるため、送られてきたらそれを不備がないように記入し返送します。

 

書類が郵送されてきてから返送するのを忘れてしまう方も多いようですが、やはりこれも更新日の2週間前までには済ませておくべきです。

もし仮に更新日ギリギリになってしまった場合は、返送する前にその旨を連絡してもらえれば変なトラブルにもならずに済みます。

うっかり更新日が過ぎてしまったら?

ちなみに更新日が過ぎてしまった場合の更新は「法定更新」となります。

「法定更新」とは・・・賃貸契約が期間満了時までに整わなかった場合、借主さんの立場を守るために「法律」で更新されたことを保証するもので、その場合は、家賃などの基本的な条件は以前と同じで「期間の定めの無い」契約が更新された事になります。

参照元:うちコミ!

法定更新となってしまった場合、契約を解除する場合は通常退去jの1ヶ月前にする連絡を3ヶ月以上前に連絡しなければならないようです。

そして気になる更新料ですが法定更新となってしまった場合は貸し手側が更新料を請求することが出来なくなります。

つまり・・・意図的に更新せずに更新日を過ぎてしまうことが出来れば更新料は払う必要がないということです。

ただ、契約書に「法廷更新の場合も更新料として賃料の1か月分を支払う」などという記載があった場合は更新料は支払わなければなりません。

詳しくはこちらをご覧ください。

契約更新の連絡がこない場合や書類が届かない場合の対処法

スポンサードリンク

更新にかかるお金

賃貸物件の契約更新のやり方!手続きはいつまでに済ませれば良いのか

仲介業者によっては更新料を一切取らない(自動更新・法定更新)ところもあるようですが、基本的には家賃の1ヶ月分~2ヶ月分がかかります。

しかし、更新料は実はこれだけではないのです。

賃貸借契約書をよく見て頂けるとわかると思いますが、契約更新の場合この他に火災保険料も2年に1回料金が発生します。

そして、契約更新にかかる事務手数料がかかることも多いです。

ちょっとわかりにくいと思うので例を出します。

アパートに住む家賃60,000円・更新料1ヶ月分の場合

  • 更新料60,000円
  • 火災保険料:15,000円
  • 事務手数料:5,000円
  • ※賃貸保証料:24,600円

※賃貸保証料とは連帯保証人がいない人が保証がいない場合に発生する保証会社の手数料のこと

更新料は家賃の1ヶ月分と言っておきながら実際には他にもこういったお金が取られてしまいます。

これを知らないで「更新料は大丈夫」と思っていると思った以上にお金がかかるので覚えておいてください。

別途家賃も払うの?

「更新料って更新月の家賃も含まれているのか」という疑問。

残念ながら更新料とは別にその月の家賃もしっかりと請求されます。

例えば4月1日が更新日で更新料が家賃の1ヶ月分だとしたら、4月の家賃も払わなくてはならないので正確に言えば「家賃2ヶ月分」かかるということになります。

上記で挙げた更新料にかかる料金+家賃1ヶ月分ということです。

つまり・・・一気にお金が無くなります。

家賃6万円なら火災保険料等込々で14万円ほどかかります。

更新料が家賃の1ヶ月分なら合計すると家賃2ヶ月分。

0.5ヵ月分なら1.5ヶ月分。

1.5ヵ月分なら2.5ヶ月分実際にはかかるわけです。

勘違いして貯蓄をしていないと大変なことになるので注意してください。

更新する際には家賃の値下げ交渉もできる

契約更新する際には入居時と同様、家賃の値下げ交渉が可能です。

例えば経済状況が変わり、周りの物件の家賃価格が下がっている場合なんかは値下げ交渉もスムーズです。

■例「契約更新についてですが、周囲の物件の価格が下がっているようなのでこちらの物件も○○円ほど安くしていただけないでしょうか?賃料据え置きの場合は引っ越しを検討していますので○○日までに回答いただけると幸いです。」

契約は双方の合意があってこそのものです。家賃に不満があるようなら積極的に交渉すべきです。

いかがでしたでしょうか?

家賃更新の仕方は簡単ですが、思った以上にお金がかかることを覚えておいてください。

実際は引っ越しよりも契約更新した方が安い?

契約更新のタイミングで引っ越しをされる方が多いですが、実際どのぐらい差が出るのか計算してみました。

■賃料6万円(敷金1か月・礼金0円)の場合

【契約更新】

  • 更新料:60,000円
  • 家賃:60,000円
  • 火災保険料:15,000円
  • 事務手数料:5,000円
  • 合計:140,000円

【引っ越し】

  • 前家賃:60,000円~
  • 敷金:60,000円
  • 仲介手数料:64,800円
  • 火災保険料:15,000円
  • 事務手数料:5,000円
  • 合計:204,800円+α(保証会社利用料など)

差額は64,800円で契約更新の方が安いです。

ただ、仲介手数料0円物件や敷金0円物件で契約するともう少し安くすることは可能です。

基本的には更新する方が安いですが、今の部屋に不満があるようなら初期費用が安い物件を探してみるのもありです。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す