仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?無料&半額の業者をピックアップ


仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?無料&半額の業者をピックアップ

一人暮らしを始める上で意外とネックなのが仲介手数料

家賃は仕方ないとしても、仲介手数料でお金がかかることを知らない人も多いので、契約時に予想外なお金がかかる場合があります。

ということで出来れば抑えたい仲介手数料が一番安い賃貸不動産会社はどこなのかについてまとめてみましたのでご覧ください!

スポンサードリンク

仲介手数料とは

そもそも仲介手数料とはいったいなんなのか。

簡単に言えば、物件の仲介をしてもらったお礼として定められた額を仲介業者ないしは大家に支払うお金のこと。

部屋を借りるにあたって基本的に「家賃」「敷金」「礼金」「仲介手数料」は絶対見ておかなくてはならないポイントです。

また、仲介手数料は法律により上限が定められており、どんなに高くともその物件の家賃1ヶ月分(消費税込みで1.08ヵ月分)となっています。

例えば5万円の物件なら仲介手数料も同じだけ発生するわけです。

もちろん仲介手数料はその賃貸不動産や物件ごとに決められているので、場所によっては0円だったり半額だったりすることも。

 

厄介なのが仲介手数料についての明記がなされていない場合があるということ。

インターネットで検索してみると、家賃や敷金・礼金については書かれているのに仲介手数料の項目だけが見つからないというサイトや物件があると思います。

記載がないものについては基本的に家賃1ヶ月分の仲介手数料が取られると考えて良いでしょう。結構多いので注意してください。

スポンサードリンク

仲介手数料が安い賃貸不動産はどこ?

不動産会社は無数に存在しますが、大手で仲介手数料を安くしている仲介業者は数えるほどしかありません。

レオパレス21【無料物件多数】

レオパレス

レオパレスのホームページへ

【特徴】

  • 仲介手数料が0円物件多数
  • 家具家電が最初からついている
  • 光熱費無料(賃料に含まれてる)

壁が薄いでお馴染みのレオパレスですが、そのデメリットを覆すかの如く仲介手数料だけでなく敷金・礼金も0円の物件が多いです。

自社物件の場合は仲介手数料・敷金・礼金0円で仲介している場合は1か月分かかるのでその辺は注意してください。

レオパレスは他の仲介業者と大きく異なり、ほとんどの物件を自社で建設しているため、仲介手数料が無料になります。

しかし、少し落とし穴があり、レオパレスの物件は他のサイトよりも少し高めの家賃に設定されています。

これはおそらく、物件の綺麗さもあるでしょうけど、敷金・礼金・仲介手数料0分を家賃に上乗せしているのでは、と考えられています。

レオパレスの特徴や口コミ・評判詳細はこちら!

ネット上では「短期的に住むならいいけど、長期的に住むと高い」ということが結構言われていますが、まさにその通りです。

マンスリープラン・ウィークリープラン(短期向け)ならレオパレスでもありです。

ちなみに壁が薄いのは建設コストを徹底的に削減しているのが理由です。

エイブル【全物件半額】

エイブル

エイブルのホームページへ

【特徴】

  • 掲載されてる全物件の仲介手数料半額
  • 無職でも審査は比較的通りやすい
  • 契約させようと必死(営業感が強い)

エイブルは扱っている全ての物件の仲介手数料が家賃の半分となっています。

非常にわかりやすくて助かります。

ちなみにキャンペーンなどにより、仲介手数料が0円という物件も多く見受けられました。

家賃交渉を積極的に行ってくれるので、家賃が少しでも高いと感じたら交渉してみるべしです!

ただ、エイブルはアパマンショップと同じく営業が割としつこめなので店舗に行くと「次いつこれますか?」と予約を入れさせようとしてくる点に注意が必要です。

まぁ初期費用が安くなるので、個人的にはおすすめな会社の1つです。

エイブルの特徴や口コミ・評判詳細はこちら!

ミニミニ【全物件半額】

ミニミニ

ミニミニのホームページへ

【特徴】

  • 全物件の仲介手数料半額で無料もあり
  • 割引プランが多い
  • プランが細かくてわかりずらい
  • 家賃の支払いがミニテックカードのみ

ミニミニの物件は仲介手数料が全て家賃の半分です。

ミニミニではお馴染みのスーパー君システムを取り扱っているのですが、これが結構評判が良い。

アフターケアがしっかりとなされているので入居後も安心です。

ただ、スーパー君のシステムは契約前にしっかり確認しないと落とし穴があるので注意が必要です。

ミニミニの特徴や口コミ・評判詳細はこちら!

 

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅のホームページへ

【特徴】

  • 仲介手数料無料
  • 敷金・礼金無料
  • 広い部屋が多い
  • 保証人が不要

UR賃貸住宅は掲載されている全物件の仲介手数料が無料な上、敷金・礼金も0円なので初期費用を大きく抑えることができます。

ほとんど団地しか取り扱っていないため、一人暮らしには少々手広ですが、広い部屋に住みたい、初期費用を抑えたい人にとっては理想の物件が見つかりやすいです。

連帯保証人を付けられないという人も保証人不要システムなので安心なのが特徴。

UR賃貸住宅の口コミ・評判まとめ

 

 

大手不動産の仲介手数料をざっくりとまとめてみた

  • ピタットハウス:仲介手数料1か月
  • アパマンショップ:仲介手数料1か月
  • ハウスメイト:仲介手数料1か月
  • いい部屋ネット:仲介手数料1か月
  • ハウスコム:仲介手数料1か月

ほとんどの不動産は仲介手数料が1か月かかりますが、物件によっては半額としていたり、キャンペーン等で安くしたりする場合もあります。

仲介手数料が0円の不動産は地域密着型だったり大手でないことが多いですね。大手の不動産サイトはキャンペーン等で0円や割引されていることは多々ありますが、基本的に家賃の1ヶ月分払うものと思っておいた方が良いです。

また、仲介手数料にスポットを当てているサイトは少なく、「記載自体がない」ことが多いのも注意です。仲介手数料は仲介業者の大きな収入源なので安くする業者は少ないのも理由の一つです。

私のおすすめ仲介業者ランキング

 首都圏ならイエッティがおすすめ

店舗を持たない仲介業者の一つにイエッティというサイトがあります。

お部屋探されサイトietty(イエッティ)を実際に使ってみた感想や口コミ・評判まとめ

条件を記載すると自動で新着物件を紹介してくれて、チャットでやり取りできるので相談や質問もできるというサービス。

以前までのイエッティは仲介手数料1か月分がっつりとっていましたが久しぶりに使ってみたら【仲介手数料半額】と大々的にアピールしていました。

イエッティの仲介手数料

取り扱い物件数が多く、不動産専用サイトである「レインズ」から物件を紹介してもらえるので店舗に行くことなく新着物件も見ることができます。

しかもURL持ち込みが可能なのでスーモやホームズで自分で探していて「いいなぁ」と感じたら持ち込んで仲介手数料を半額にしてもらうことができます!

今まで持ち込んだ物件の仲介手数料を安くする業者なんていませんでしたから、かなり凄いです。

無料で使えるサービスなのでぜひ利用してみてください。

イエッティ公式ページへ

イエプラで仲介手数料無料物件のみを探すのも手

イエプラもイエッティと同じようなサービスですが、こちらは仲介手数料が不動産屋依存。

ただ、チャット上で「仲介手数料無料にしている物件のみを探してほしい」と伝えれば、手広いイエプラの方がもしかしたら効率はいいかもしれません。

イエプラも無料で使えるサイトで、さらに通常不動産業者しか見れない【ATBB】というデータベースを見ることができるのでホームズやスーモよりも早く最新情報と膨大な物件を見ることができます。

イエプラATBB物件検索

これも同じように「ATBBが見たい」と伝えるだけで専用IDとURLを教えてもらえます。

イエプラ公式ページへ

仲介手数料が安い物件のみを探すのは不動産屋でもネットのサイトでもほぼ不可能なので、こういったサービスを使った方が効率的です。

参考までにどうぞ。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す