別れた彼氏や彼女が同棲解消したいのに出て行ってくれない時の対処方法とは


恋人と同棲している人はそのまま結婚に至らなければいずれ別れることになります。

同棲の一番のデメリットは別れる時が面倒くさい!

片方が契約者で別れたのに出て行ってくれないと結構困るのでそんな時の対処方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

別れた恋人を追い出す方法とは?

相手を強制的に追い出したり、勝手に解約すると「居住権の侵害に当たるのではないか」と不安に感じてしまいますが、もしあなたが契約者なら全く問題ありません。

退去日を過ぎても恋人がその部屋に住むようなら”不法占拠”もしくは”不法侵入罪”に当たるため犯罪です。

つまり本気で追い出したいなら多少強引な手段を使っても構わないということは頭に入れておいてください。

それを踏まえた上で元恋人を追い出す7つの方法についてご紹介していきます。

1.部屋を解約するふりをする

自分名義で部屋を借りていて、本当に部屋を解約できれば良いのですがそこまで資金的余裕がない場合は部屋を解約するふりをしましょう。

通常部屋を解約するには退去の1ヶ月前なので相手に与える猶予は1ヶ月間になります。

いくら居候している恋人でも部屋を解約するとなれば、当然焦りますし何か手を打たなければならないと考えます。

その嘘がなるべくばれないように自分も引っ越しの準備をしているかのような素振りを見せる必要があります。

部屋の物をわざわざ片付けるのは面倒ですが、せめて段ボールぐらい置いておくと信憑性が増します。

段ボールが無料でもらえる場所はどこか

2.居心地を悪くする

別れているのに相手が出て行かないのは引っ越しが面倒くさい、お金がない等色々と理由はありますがやはりその部屋の居心地が良いのも原因になっている可能性があります。

わざとその部屋の居心地を悪くしておけば自然と相手も嫌気がさして出ていく気になります。

物理的なら部屋を汚くしておく、相手の嫌いな臭いにしておくなどが有効。

精神的には相手と会話をせずに一緒にいるだけで気まずい空間を作ると良いでしょう。

その他にも相手の寝たい時にわざと友達と電話したり、テレビを見たりするのも有効。

睡眠妨害って結構地獄ですからね。

3.○○日までに両親が来るからと言う

何をやっても出ていこうとしない場合は「○○日に両親が泊まりに来るからそれまでに出て行って欲しい」と言ってみましょう。

さすがの恋人も両親が来るとなれば居座っているわけにはいかないので出ていこうと準備します。

「母親と住むことになった」とか言えば長期的に出て行かせることが出来ますし、「引っ越しの手伝いをしてもらう」という理由を使えば1の理由と併用して使うことができます。

4.鍵を交換して入れないようにする

「出て行って」と伝えて、それでも出ていかない場合は入れなくさせるのも1つの手。

賃貸物件は勝手に鍵を交換することはNGですが、管理会社に連絡すれば可能です。

同棲していることを管理会社の人も知っているなら「同棲解消する都合上、鍵を交換したい」と伝えればいいだけですが、もし内緒でこっそりと同棲している場合は他に理由を考える必要があります。

手っ取り早いのは「鍵を無くしてしまったので交換してもいいですか?」と伝えること。もしくは「鍵を盗まれた可能性があるので交換したい」と伝えると不信感なく交換できます。

恋人の荷物は段ボールにまとめて外に置いておくか、もしくは実家の住所がわかるなら郵送してしまうべきです。

もちろんこの方法は事前に相手に「○○日までに出て行って」と伝えておく必要がありますけど有効な手段です。

5.友達を招き入れる

これも居心地を悪くさせる方法の1つ。未練があるにしろ、面倒だからという単純な理由にしろ2人だけで解決するのはかなり大変。

こういう時は自分の友人を介入させてしまうのが手っ取り早いです。友達を家に招いて居心地を悪くさせ、家にいることができない状況にしてしまいましょう。

それでも出ていかない場合は異性の友達に協力してもらうのもあり。

6.新しい恋人を作ってしまう/友達に恋人のふりをしてもらう

居座っていておけばまたいずれ仲直りして復縁できると思っている可能性があるので、その可能性をつぶすために新しい恋人を作ってしまうというのも1つの手。

相手に現実を突きつけて「あなたとはもう復縁することはない」ことを遠まわしに伝えることができます。

ただ、そんな簡単に恋人が作れるものでもないので”恋人がいる素振り”を見せるのも有効な手段です。

7.相手の実家に荷物を送ってしまう

もしも相手の実家の住所がわかっているなら最終手段として荷物をすべて実家に郵送してしまう、もしくは電話して取りに来てもらうというという強硬手段を取ることもできます。

相手がいつまでも居座っている理由はいろいろと考えられますが、まず引っ越すのが面倒というのも大きいと思います。つまり、生活できない状況にさせてしまえば自然と相手を追い出すことは可能。

なんで出て行こうとしないのか分析してみた

  1. 復縁するチャンスをうかがっているため
  2. 引っ越すお金がないから
  3. 単純に面倒だから/忙しくて時間がないから
  4. 居心地が良いから
  5. あえて居座ることで嫌がらせをしている

たいていはこの理由のいずれかに当てはまります。相手が働いているのであればお金がないという線は薄いでしょう。

居心地が良くて、引っ越すといっても部屋探しから色々としないといけないのは正直面倒で、あとであとでと先延ばしにしてしまっているという理由も考えられます。

出て行ってくれない理由を考えるとおのずと解決策が思いつくので、まずは相手がなぜ居座り続けているのかを考えてみましょう。

スポンサードリンク

相手にお金がなかったらどうすればいい?

相手が出ていけない理由が金銭的理由だった場合はどうすれば良いかということですが、実際問題お金がなくても引っ越すことは可能です。

一人暮らしの場合は初期費用に20~30万円かかってしまいますがシェアハウスなら初期費用がかかりません。

シェアハウスのメリット・デメリット

お金を貯めるために一時的にシェアハウスを利用する人もいるぐらいなので、お金がないから引っ越せないという言い訳は通用しません。

引っ越し業者に頼むお金もないということであれば、そのお金を貸すというのもありでしょう。

いずれにしてもそこまで大金が必要ではありません。

もちろん別れた瞬間出て行ってというのはあまりにも急な話なので無理かもしれませんが、1ヶ月間の猶予を与えて相手に準備させてあげてください。

それでもだめなら本当に引っ越してしまうのもあり?

もし、何をやっても相手が一切出て行かなそうなら本当に部屋を探して部屋自体を解約してしまうのもありでしょう。

自分に金銭的余裕がないのであれば上記で説明したようにシェアハウスの選択肢もありますし、それが嫌であれば一人暮らし用で初期費用が安い物件を探すのも手です。

初期費用は敷金・礼金、仲介手数料0円の物件に目星をつければかなり安く済ませることができますし、フリーレント物件(家賃1ヶ月無料)物件というものもあります。

こういった物件は不動産で探すよりもイエプラ等のサービスを利用して専門スタッフにネットで探してもらうと効率的です。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

実際自分で探すのはかなり大変ですし、利用は全て無料なので気軽に使えます。

ぜひ参考にしてみてください。

引っ越し費用はどのぐらいかかるのか

住む場所の家賃によっても引っ越し費用は変わりますし、初期費用は物件によりけりなので一般的にかかる費用の目安を表にまとめてみました。

  • 初期費用:賃料×4か月~5か月分
  • 引っ越し業者:3万円~5万円が相場
  • 退去費用:賃料1か月分程度
家賃 初期費用 退去費用 引っ越し代 合計
80,000円 32~40万円 8万円 3~5万円 43万円~53万円
90,000円 36~45万円 9万円 3~5万円 48万円~59万円
100,000円 40~50万円 10万円 3~5万円 53万円~65万円

あくまでこれは目安の金額です。

例えば賃料8万円でも敷金、礼金、仲介手数料が0円の物件なら初期費用を15万円以下に抑えることができるので20万~25万円ほどあれば引っ越しができてしまいます。

今住んでいる物件の敷金を払っているなら退去費は敷金から賄われるので手持ち金額はもっと少なくても済みます。

詳しくは「部屋を借りる時に必ずかかる初期費用の内訳や安くする方法まとめ」で解説しているので参考にしてみてください。

同棲を解消するのは思っている以上に大変

私は過去に2回ほど同棲したことがありますが、別れることになって同棲解消するのって思っている以上にストレスがかかります。

どっちが原因にしろ、同棲解消する前に別れ話をすることになりますからね。家賃の負担等もあるでしょうし、別れることが決定してからも顔を合わせなきゃいけないのが辛いです。

退去の手続きをしなきゃいけないですし、引っ越しの準備とかほんと大変なので精神的にもかなりやられます。

同棲を解消する際は大変だと思いますが、少しでも参考にしていただければと思います。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す