2人入居可なのにルームシェア不可?2つの違いはいったい何?

恋人や友達と一緒に住むために部屋を探している方は「2人入居可」物件や「ルームシェア可」物件を探すと思いますが、実はこの2つには違いがあります。

稀に「2人入居可」となっているのになぜか「ルームシェア不可」と記載がある物件も存在するので今回はこの2つの違いについてご紹介していきます。

ルームシェアと2人入居可のそれぞれの意味

ルームシェア可と2人入居可は似ているようで意味合いが微妙に違います。

ルームシェア可とは

ルームシェアというのはその名の通り、一つの部屋、あるいは物件は誰かとシェアするものです。

似たようなものにシェアハウスというものがありますが、あれは最初から物件を複数人でシェアする専用の家なので一人ひとりの専用部屋が設けていて主要な設備は共用して利用する形態です。

ルームシェアの相手は基本的には友達です。恋人関係でも大きくいえばルームシェアですが他に「同棲」という言い方があるのでわざわざ「恋人とルームシェア」とは言いませんよね。

ただ、ニュアンスとしては友達、恋人と共同生活することはルームシェアです。

物件の条件に「同棲可」なんて表記はまず見ないですからね。

2人入居可とは

2人入居可というのは基本的に家族限定、もしくは身内と2人ならOKという意味です。

ニュアンス的な部分も多く難しいですが、2人入居可と記載されている物件は契約上友人や恋人を認めていないところもあります。

この2人というのは「家族」や「従妹」という意味です。

ただし2人入居可しか書いていない物件の場合はルームシェアに関して制限がないのでカップルや友人と一緒に住むことができる可能性も高いです。

物件情報をよく見ないで恋人と一緒に物件を探していて「ここ2人入居可だから良さそう」と思っても、実はルームシェア不可となっていたら一緒に住めない可能性が出てくるので注意してください。

恋人とどうしても2人入居可・ルームシェア不可物件に住みたい場合は「結婚する予定」ということを伝えると審査が通りやすくなります。

結婚を前提に考えているのであれば身内に近い関係ということになります。

ちなみに2人入居可なので1人で入居することも可能ですが、広い間取りの場合は「1人なのになぜそんな広い間取りの物件に住みたいのか」について聞かれることがあります。

例えば「本当は恋人と一緒に住む予定だけど内緒にするために1人で住む予定にしているのではないか」という疑いがかけられてしまえば、審査がスムーズに進まなくなる可能性もあります。

もちろん広い間取りに住むこと自体は何もそこまで変なことでもないので聞かれたら「寝室が欲しくて」とか「荷物が多い」などの理由を伝えれば問題ありません。

2人入居可でルームシェア不可物件の意味

先ほども紹介したように「家族や身内ならいいけど、友達とか恋人と一緒に住むことはダメな物件」ということになります。

不動産会社に勤めています。

この場合の2人入居は家族なら可ですね。(夫婦・親子・兄弟など)
ルームシェアは友人同士の事です。

参照元:知恵袋

2人入居可だけだと勘違いする人も多いですし、実際そのままの意味で考えると2人=同棲も大丈夫ととらえられるのでわざわざ「ルームシェア不可」と記載しているのでしょう。

2人入居可でルームシェア不可

こういった物件は多くはありませんが、一定数存在します。


友人や恋人と一緒に住もうと考えている場合は「2人入居不可」や「ルームシェア不可」と書かれていない物件を探しましょう。

結構勘違いしやすいのは「友達と住むのはルームシェアでカップルの場合はルームシェアじゃない」と思ってしまうこと。


カップルであっても正確にはルームシェアなので不可というわけです。

泊まる程度ならどの物件でも問題ない

例えばルームシェア不可や2人入居不可と書かれている物件でも、友人や恋人を家に泊めることは可能です。

住むのがダメなだけで呼ぶことが禁止されているわけではないので、女性限定マンションでもない限り、基本的には泊まるということなら気にする必要はありません。

カップルの中には半同棲状態の人もいて、例えば2日に1回は家に来たり、泊まったりする状態だったとします。

一見するとほぼ同居しているのと同じですが、これも明確には”住んでいるわけではない”ので何ら規約に引っ掛かったり、追い出されることはあり得ません。

ルームシェア不可、2人入居不可というのは入居に関しての制限を設けているだけ。

スポンサードリンク

家族はいいのに友人や恋人がダメな理由とは

一見同じことのようにも思えますが貸している側としては家賃をちゃんと払ってもらえるかどうかが一番心配な部分です。

仮に友達とルームシェアをしたとしてある日急に友達が出て行ってしまって家賃が払えないってことになると最終的に困るのは大家。これは恋人関係でも同じことが言えますね。

別れたらどちらかが出ていく可能性が高く、その時に家賃払えないでは困るので最初からルームシェア不可にしてしまおうという考えです。

逆に家族などの身内であれば無責任なことをすると身内が大変な目に遭ってしまうので急に片方が出て行ってしまったりといったリスクはかなり低く、万が一どちらか一方が急に出ていったとしても身内なので責任逃れは出来ないわけです。

簡単に言えば身内だけで住まわせたほうが家賃が払えなくなる心配が少ない。

これが2人入居可でもルームシェア不可にしている真相です。

交渉次第でルームシェアできることも

2人入居可でルームシェア不可となっていると通常は同棲できない物件ということですが、こういう部分も交渉次第で案外なんとかなることも多いです。

もともと1人限定アパートなら話は別ですが、2人で住むことが想定されている物件なら大家にとって心配事は部屋が汚くなることやうるさくなることではなく家賃の問題。

同棲と伝えると嫌な顏をされることも多いですが「結婚する予定で交際している」と伝えるとすんなりOKが出ることも。

恋人なのか夫婦なのかは契約上の問題なので別れる可能性が低いことを伝えることで交渉は通りやすくなります。

もちろんこれは実際に結婚を考えているかどうかは関係ありません。「結婚を前提としているので部屋を借りたい」ということを伝えれば証明する必要もありません。

家賃交渉だけじゃない?部屋を借りる時に交渉できる5つの項目

ルームシェアに明確な決まりはない

物件に記載されている情報なんてのは意外と適当だったりします。

物件ごとに定義が異なるので「友達とはダメだけどカップルならOK」ってパターンもあるようです。

そもそもアパートとマンションの違いについて明確な定義はありませんし、あくまでニュアンスの問題なので、それこそ2人入居可=ルームシェアもOKも珍しくないようです。

この辺は管理会社や大家次第なので「○○だから~」と言って諦める必要はありません。

営業マンに相談してみて交渉を持ちかけたりするとダメなことでも覆るので簡単に諦めるのはもったいないですね。

内緒で同棲してしまっているカップルも多い

2人入居可でもルームシェア不可なら同棲はできないですが、世の中にはこうした物件や一人暮らし用物件でも内緒で同棲してしまっているようなカップルも実際多いです。

規約上はアウトですし、同棲している事実が見つかれば注意を受けたり退去勧告されたり、退去費が通常よりも高くなったりというリスクも高いです。

一人暮らし用の部屋で同棲すると規約以外にもお互いの生活リズムの違い等からケンカになったり、トラブルになる可能性も高いので注意してください。

ワンルームや1Kで同棲はきつい?実際に2人暮らししてみた感想まとめ

もともと規約上だめだったとしても、思い切って交渉することで応じてくれる可能性もあるので、一度大家ではなく担当の営業マンに相談してみるのが一番です。

不動産のプロなので、その交渉が通るかどうか判断してくれますし、ちゃんとしている営業マンなら親身になってくれます。

後から申告すれば許可されることも

結局この問題は家賃をしっかり払ってもらえるかどうか不安というのが問題点なわけです。

例えば仮に2人入居可だけどルームシェアはできないような物件だったとしても、入居してからしばらく経って管理会社に「同居人を増やせますか?」と相談すれば許可されることも多いです。

数か月間1人で家賃を払えていた実績があるので当初の”家賃を払ってもらえるか”という問題はすでに解消しているので後から同居人が増えるという形にすれば大家としては問題ないのです。

ちなみにこの方法は以前僕が恋人と同棲しようとした時に営業マンの人から教えてもらった方法の1つです。

それ以前から2人で内緒に住み始めてしまうのは規約違反ですが、家賃をしっかり払って信用してもらってから申告すればルームシェア不可物件でも交渉できることがあります。

2人入居可すら書いていない物件の場合は?

ルームシェア可とも2人入居可とも書かれていない物件の場合はどうかというと間取りによって異なります。

ワンルームや1Kの場合

ワンルームや1Kなど明らかに単身者専用の物件の場合は単純な記載不足で本当は2人入居不可物件の可能性が高いです。

そもそも物件が単身者専用に造られていた場合、2人で住むには窮屈になりますし防音性などの観点から2人で住まれると困るといった問題があるため。

ただし、ワンルームや1Kでも部屋の広さが10畳以上など2人で住んでも十分な広さがある場合は2人入居を認めている物件もあります。


空き室が多かったり築年数が古い物件だと狭いワンルームでも出て行かれると次の入居者を探すのが困難になるため許可されることもあるようです。

実際にスーモで調べてみたところ、築年数の古めなワンルームは2人入居可としていることが多かったです。

1LDKや2DKなど広い間取りの場合

「1人入居可」「単身者のみ」という記載がなければルームシェアしたり同棲できる可能性が高いです。

不動産会社に勤めています。
2DKとかなら比較的交渉でいけたりします。
元々2人入居を考慮していますからね。
特に空室が多い物件だといけます。

参照:yahoo不動産

”可能性が高い”という表現をしたのは、先ほども言ったように定義が非常に曖昧なためです。

通常であれば1人OKなのか2人OKなのかという記載がありますが、それがないということは情報不足で記載をしていなかったことが考えられます。

1LDKや2DKのような2人で住んでも問題ないような間取りであれば申し込みする際に「2人で住みたい」ということを伝えれば通るはずです。

まとめ

MEMO
  • 2人入居可物件は”家族や身内ならOK”という意味
  • ルームシェア可物件は”友達同士でもOK”という意味
  • ルームシェア可などの記載がない場合は部屋の広さによっては認められる
  • 空き室が多い物件や築年数が古い物件は交渉しやすい
  • わからない場合は管理会社に問い合わせてみよう

2人入居可物件とルームシェア可物件はそれぞれ別の意味となりますが、同棲の場合は「結婚を前提に」という理由であれば入居できる可能性は高くなります。

友達同士でルームシェアしたい場合なら2人入居可物件ではなくルームシェア可物件を探すようにしてください。

今住んでいる部屋で新たに同居したい場合は必ず管理会社や大家の許可が必要になるので相談してみましょう。

一人暮らしで後から同居人が増えるのはあり?必要な書類や二人入居不可物件の対処法

交渉におすすめなサイト

こういった物件ごとの微妙な規定の違いなんかはわかりづらいですが、かといって直接質問するのが苦手という場合におすすめなのがイエプラというサイトです。

イエプラの物件

イエプラはチャットで部屋探しをしてもらうサービスですが、チャットゆえに気軽な質問も直接顔を見ずに行えます。家賃交渉や「2人で入居したい」という交渉事にも使えます。

わざわざ不動産に足を運ぶ必要もないですし、スーモやホームズのような大規模サイトにも掲載されていない物件を取り扱っているのでおすすめです。

イエプラのホームページへ

参考になれば幸いです。

同棲に関する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です