親からの仕送りでもらっても嬉しくないもの・困るものとは?

仕送りで食べ物や日用品を送ってもらえるのは一人暮らしにとって基本的には嬉しいものです。

特に金欠時とかだと改めて親のありがたみを感じます。ただ、仕送りの中にもあまり貰って嬉しくないものも紛れ込んでいるんですよね。

受け取る人にとって何がもらってうれしいか逆にうれしくないかに違いはありますが、一般的に貰ってもうれしくないものを調べてみましたのでその理由とともにご紹介していきます!

親からの仕送りでもらっても嬉しくないもの・困るものとは?

貰って嬉しいものについてはこちらを参考にしてみてください。

一人暮らしが仕送りでもらっても嬉しくないもの7選

仕送りでもらってうれしいもの・うれしくないものは人によって違いますが、今回は一般的にどんなものが子供を困らせるのか理由とともに7つほどご紹介します。

カップ麺などのインスタント食品(女性)

お湯を注ぐだけですぐに食べることができるカップ麺やカップ焼きそばは一人暮らしの味方ですが、そこまで値段が高いものでもなく、スーパーやコンビニなどどこにでも売っているものなので仕送りで送られてきても正直あまり嬉しくないものの1つです。

特に女性には不人気です。男ならカップ麺でもいいんだけど。

逆にレトルト系ならご飯とは合わせられる上に値段もそこそこするのでストックできて良いんですけどね。

もし仕送りするなら200円代するような美味しいカップ麺ならまだありです。それとスープ系のインスタント食品は割と人気が高いので送るならそっちがおすすめ。

カップ麺やお菓子類は息子ウケは良いですが、女性ウケはあまりしません。身体に悪いという点や太るという面もあるので娘には送らない方がいいでしょう。

乾物系

おばあちゃんが好きそうな乾物系も仕送りで嬉しくないもの上位に入るものです。

  • 切り干し大根の元
  • 乾燥昆布
  • きくらげ
  • ひじき
  • ちりめんじゃこ

料理好きならまだしも、普通の一人暮らしはこんな乾物系ばかり送られてきても調理に困ります。というか、料理すること自体面倒だったら乾物系を使う機会なんて皆無なので退去するまで使わずに終わることなんてざらです。

あまりにも「日持ち」を意識すると、このように一人暮らしにとっていらないものを送ることになり、誰も得しないので注意した方がいいですね。

料理好きならこういう乾物系もありなんでしょうけどね。個人的には乾燥野菜だったらお味噌汁に入れられるのでちょっとうれしいけど。

料理が好きな人にとって乾物系は送ってもらうと喜んでくれますが、自炊をあまりしないに人は価値のないものです。とくに息子にはウケが悪い傾向があるのでその辺を考慮しましょう。

すぐにダメになってしまう野菜や果物

実家で取れる野菜や果物は仕送りの超定番物です。一人暮らしをすると野菜なんて料理をしない限り買わないですし、果物は栄養素も高いですが、値段が高くてなかなか手が出せないので基本的には嬉しいもの。

ただ、こういったものは痛むのが早いので、量が多かったり時期によってはあまり喜ばれないのも事実です。

例えば友達との飲み会が多い時期だったり、バイト先で賄いがでる人なんかはいつの間にか冷蔵庫の中身をダメにしてしまうのはよくあることです。


送るなら少量にした方がいいかも。

野菜よりも果物の方がまだ傷むまでに時間がかかるので送るなら果物の方がいいです。ただし、一人暮らしでも食べられる程度の量を送るようにしましょう。

大量の調味料

調味料自体は貰って嬉しいものとして上位に入りますがそれが大量となると貰っても消費しきれずに困ります。

特に一人暮らしは自炊する人とそうじゃない人に分かれるので、自炊しない息子に調味料を送ったところで使う機会がなく困るだけになってしまいます。

また、こだわった料理でしか使えないようなピンポイント調味料(ローリエ、ガラムマサラ、甜面醤、獅子唐辛子、ターメリック等)は料理上級者じゃないと使いこなすことができないので結果的に賞味期限が切れてダメにしてしまう可能性大なので送らないほうが良いです。

よく使用するようなものでも基本的にひとパックあれば十分。例えば砂糖3パックとか塩3パックとか送られてきても置き場所に困るだけなのでやめたほうがいいです。

実用的じゃない物・使わないもの全般

  • 絶対に着ないようなセンスの服
  • 一人暮らしに必要ない健康グッズ
  • 絶対に読まないような本
  • ユニットバスなのに入浴剤

気持ちはありがたいけど必要じゃないものを送られてきても置き場所に困りますし、せっかく厚意で送ってきてくれるものなので捨てることもできずに困ってしまいます。


料理しないのに料理本とか自分の好みがあるのによくわからないセンスの服を送られてきても困るだけ。

プレゼント等でよく挙げられる入浴剤も一人暮らしだとシャワーしか浴びないことが多いので困ることが多いです。

嫌いな食べ物

人によって好き嫌いが分かれるのが食べ物なので、嫌いな食べ物を送ったとしても消費することができずに最終的に捨てるだけになってしまいます。

例えば僕の場合だと野菜全般が苦手で玉ねぎやキノコ類はまだいけるものの人参とかナスが送られてきても絶対に食べません。

人によっては肉が嫌いだったり魚がダメだったりトマトやキャベツがダメだったりと色々ありますが、親なら子供の好物はある程度把握できるはずなので実家にいたときに苦手だったものは出来るだけ送らないようにしてください。

「栄養があるから」と言われても食べれないものは食べれないし、実家と違って一人暮らしは頑張って食べようとは思わないので結果的に無駄になってしまいます。

趣味に合わない家具や小物

実用性はともかく自分の趣味に合わないものを貰っても嫌々使うか処分する羽目になります。

一人暮らしをすることになって「部屋をオシャレにしたい」と考えている人は多いはず。にもかかわらずよくわからないキャラクターがプリントされた小物とかを貰ったとしても置き場所に困るだけ。

人によっては布団の色とかカーペットの色もしっかりとこだわって統一感のある部屋にまとめていることもあるので、色味が合わないだけで困らせる可能性があります。

こういう家具や小物類は事前に「これいる?」と写真付きで送ってくれるとありがたいですね。無駄に送料とかかかってしまうだけになるので気を付けてください。

スポンサードリンク

大量に同じものを送られると困る

お米やふりかけ、調味料など一人暮らしにとってうれしい仕送りはいろいろとありますが、いくら嬉しいものだからと言って大量に送り付けられると使いきれなくて困ります。

例えばまだまだお米のストックがあるのにまたお米を送られてきたり、めんつゆを一気に3本送られてきても相当そば好きじゃないと消費できなくて困ってしまいます。

実家ではすぐになくなるようなものだからといって大量に送り付けられても一人暮らしは消費量が全然違うので、その辺を理解していだけると嬉しいですね。

仕送りでもらっても困らないものとは?

あると便利な仕送り
  • お米
  • 食器用洗剤
  • 洗濯用洗剤
  • ハンドソープ
  • タオル
  • サランラップ
  • アルミホイル
  • ゴミ袋
  • スポンジ
  • 入浴剤
  • 歯磨き粉
  • ウェットティッシュ
  • 防虫剤(虫よけ全般)

喜ばれるとは限りませんが、生活する上でどうしても消耗してしまうようなものはあっても困りません。あれば必ずいつか使うことになりますし、こういう消耗品はいつの間にかなくなっているので意外と送ってもらうとありがたかったりします。

もちろん喜ばれるってわけではないので、何を入れればいいか困った時に参考にしてみてください。個人的には虫よけ対策グッズが地味に助かります。買うと高いし、どれ買ったらいいか迷って結局買わないけどあると助かりますからね。

一人暮らしの虫嫌い者超必見!部屋の虫よけ対策グッズ総まとめ

個人的におすすめな虫よけグッズをまとめてみたので参考にしてみてください。

送る前に一度確認すべし

何を送るべきか迷った時はLINEでも電話でもいいので一度「何が欲しいか」聞いてみるのが仕送りを送る側にとっても、貰う側にとっても一番良い方法です。

また、送ろうとしているものがあっても事前に「○○送るよ」と一言欲しいです。そうしないと大量ストックのありがた迷惑にしかならないので。

仕送りは送られてくるまで何が入っているかわからないというワクワク感もありますが、確実に喜んでほしいなら事前に欲しいものは何か聞き、余計なものはなるべく入れないようにするのが一番です。

一人暮らしの大学生が貰うと嬉しい親からの仕送りおすすめ食べ物

仕送りで喜ばれるものもまとめてみたので参考までにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です