家賃7万円で一人暮らしはきつい?手取りや年収はいくら必要?

部屋を借りる際にまず最初に決めるのが希望家賃です。高すぎると生活が苦しくなるだけですし、格安のところは負担も少なくて良いですが、その分部屋の質が落ちてしまいます。

今回は家賃7万円で一人暮らしをする場合の手取り収入がどのぐらい必要なのか、いくらだときついのか初期費用や生活費はどのぐらいかかるのか実際に計算してみましたので参考にしてみてください。

家賃7万円物件なら理想手取りは月21万円以上

世間的に言われている”家賃は収入の3分の1”に当てはめると家賃7万円となると手取り収入は21万円以上ということになります。

額面は約26万円となります。

理想額
手取り月収21万円
年収(ボーナスなし)約312万円
年収(ボーナスあり)約360万円

手取21万円あれば家賃7万円かかったとしても余剰金は14万円あるので1ヶ月の生活費としては十分です。

基本的に家賃を決める時はボーナスを加味しないで考えておきましょう。

ボーナス込みだと毎月の家賃+生活費で赤字になってしまう月が出てしまう可能性があるため、ボーナス分は貯蓄として考えてください。

もちろん手取り21万円以下でも家賃7万円の部屋に住むことは可能ですが、あまりにも無理して自分にとって高い家賃に住むと家賃支払いだけで生活がいっぱいいっぱいになってしまうので後悔しやすくなります。

また年間でどのぐらい貯金したいのかによっても家賃設定は変わるのでそのあたりを考慮して家賃を決めましょう。

入居審査基準は年収252万円以上が必要

いくら家賃の高いところに住みたいと言っても審査で落ちてしまう可能性もあります。

審査基準は手取りではなく年収を元に計算されます。だいたい家賃×36か月分が目安と言われているので家賃7万円なら最低でも252万円以上必要になってきます。

家賃審査に通る年収目安
5万円180万円
6万円216万円
7万円252万円
8万円288万円
9万円324万円
10万円360万円

もちろん審査の基準というのは物件の需要バランスや管理会社、家賃保証会社を利用するかどうかによっても変わるので一概に「○○万ないと絶対に落ちる」とは言い切れません。

例えば需要が高く入居者がすぐに見つかるような物件というのは大家としても「なるべく家賃をちゃんと払ってくれる人がいい」と考えるので年収の低い人は審査で落ちてしまいやすくなります。

逆に閑散期で入居者が全然集まらないような状態であれば大家としてはすぐに家賃収入を得たいので「とりあえず家賃を払える能力があるなら入居してもらいたい」と考えます。

管理会社ごとに独自の審査基準を設けているので物件によっても同じ家賃で通る場合と落ちる場合があります。

あくまで目安として必要な年収が250万程度と考えておきましょう。

年収250万円であればフリーターでもギリギリ稼げる範囲内です。

家賃7万円の初期費用目安

【家賃7万円の初期費用内訳】

前家賃70,000円
敷金70,000円
礼金70,000円
仲介手数料77,000円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料5,000円
合計322,000円

初期費用は家賃×4か月~5か月ぐらいが相場と言われています。賃料7万円なら28万円~35万円前後に落ち着くことが多いです。

実際に敷金・礼金・仲介手数料を1か月として計算したところ32.2万円ほどかかることがわかります。

もっともこの数字はあくまで目安で、例えば敷金・礼金・仲介手数料が無料のような物件なら20万円ぐらいで抑えることも可能ですし、逆に保証会社を利用すれば40万円近くになることもあります。

物件や利用する不動産によって初期費用は大きく異なるので注意。

家賃7万円の1カ月の生活費は約16万円

生活費に関しては総務省統計局のデータを参考にしています。家賃7万円だった時の一人暮らしがかかる1か月の生活費内訳はこんな感じ。

【一般的な社会人の生活費】

家賃70,000円
電気代4,000円
ガス代3,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
スマホ代5,000円
合計159,000円

細かく計算していくと家賃を除く生活費がだいたい9万円前後かかり、家賃7万円を合わせると合計で16万円ほどかかります。

月にどのぐらい貯金したいのかにもよりますが、手取りが21万円あれば月々5万円ぐらい貯金できるので割とゆとりはあるかと思います。

ただ、人によっては飲み会が多かったり恋人とのデートにもっとお金を使ってしまえば交際費がかさむので割とカツカツになる可能性もあります。

堅実に貯金したいならどこかで節約するか、もしくは家賃を手取り収入の4分の1程度に抑えるのがおすすめ。

年収300万円なら年間約36万円ほど貯金が可能

年収300万円の人が家賃7万円の物件に住んで普通に生活したとしても年間約36万円以上は貯金可能です。

家賃を含む生活費は1年間でおよそ191万円。

計算上は年収191万円あれば赤字にならずに生活することは可能ですが、月によってはかなりきつい生活を強いられることになるためおすすめしません。

家賃7万円の物件に住んだ際の年収別の貯金できる額をまとめてみました。

年収手取り貯金できる額
200万円約163万円-28万円
250万円約192万円1万円
300万円約240万円49万円
350万円約280万円89万円
400万円約320万円129万円

計算によると年収250万円ならプラスマイナスゼロでそれ以下は赤字になります。

100万円貯金したいのであれば年収400万円以上かもしくは生活費そのものを見直して徹底的に節約する必要があります。

出費を抑えたいなら食費と交際費

光熱費は節約したところでそこまで料金が変わるものでもありませんし、ネット代や雑費は必要経費でほぼ固定額になるので節約できません。

となると、節約したいなら食費か交際費になります。

特に食費4万円という数字は世間的には平均値かもしれませんが、今まで8年以上一人暮らししてきた私としてはかなり高いと感じています。

1日約1,300円かかっているということは外食が多いため。外食を少し抑え、自炊すればもっと安く抑えることは十分可能です。

実際、私はほとんど自炊生活をしていますが食費は毎月2万円以下で済んでいます。

「料理するのが面倒」と感じる場合はスーパーの総菜などを購入してご飯だけ炊くというやり方もありますし、ちょっと意識するだけでもかなり安く抑えられるので気を付けてみてください。

家賃7万円の手取り別節約内訳

家賃7万円の平均家賃生活費は16万円ですが、手取りが少なければそれに応じて生活費自体も削減しなければなりません。

手取別の節約した生活費内訳についてまとめてみました。

手取り20万円の生活費内訳

家賃70,000円
電気代4,000円
ガス代3,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
スマホ代5,000円
合計159,000円

手取り20万円あるなら生活費を削らなくても月4万円+ボーナス分を貯金にまわすことができるので生活が苦しくなるということは豪遊しない限りはありません。

もっと節約したい場合は先ほど紹介した通り食費や交際費となります。

手取り19万円の生活費内訳

家賃70,000円
電気代4,000円
ガス代3,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費30,000円
雑費10,000円
交際費15,000円
スマホ代5,000円
合計145,000円

手取り19万円の場合は月の貯金が3万円なのでギリギリ節約する必要はなさそうですが、ジムに通っていたりマッサージなど趣味等にお金を使っている場合は赤字になってしまう月も出てくる可能性はあります。

あえて節約するのであれば現実的な解決策としてはまずは食費を1万円ほど削るのが理想。

食費3万円でも外食を少し控える程度で達成可能。ウーバーイーツ等のテイクアウトも配達料や手数料がかかってしまうのでなるべく控えたほうが良さそうです。

交際費はもともと少ないので削るのが難しいですが、飲み会を1回控えるだけでも3,000円浮かせることができます。

生活費を1.5万円削減できれば手取り19万円でも4.5万円もの貯蓄が可能です。

手取り18万円以下の生活費内訳

家賃70,000円
電気代4,000円
ガス代3,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費30,000円
雑費10,000円
交際費15,000円
スマホ代2,000円
合計142,000円

手取り18万円以下だと貯金ができても月1~2万円程度となるので趣味にお金を使ってしまうと間違いなく赤字になってしまいます。

先ほどと同様食費や交際費を少し削るとして、スマホ代も同時に見直す必要があります。

生活費の項目の中で固定費を削減することは難しいですが、キャリアスマホであれば格安スマホに乗り換えるだけでも簡単に固定費の削減ができます。

僕の場合だと以前はSoftbankのスマホを使っていて月約8,000円程度かかっていましたが、あまりにも貯金がなさすぎたので格安スマホに乗り換えたところ月1,600円で抑えられるようになりました。

格安スマホはキャリアメールを使えなかったりLINEの年齢認証ができない等の問題はありますが、他は普通に機能します。

スマホ購入時の本体代がかかってしまうので初期費用は安くても3万円ほどかかってしまいますが長期的に見れば間違いなくオトクなのでおすすめです。

都内で家賃7万円の物件はこんな感じ

家賃7万円払えば都内の物件も借りられますが、知らべてみたところマンションよりも圧倒的にアパートが多かったです。

【新宿】

新宿

【四ツ谷】

四谷

【西荻窪】

西荻窪

また、新宿のような都心になるとアパートかつ1Kではなくワンルームの物件、しかも駅から10分以上歩くような物件しか見つかりませんでした。

都内のどこに住むかにもよりますが、家賃7万円以下で探すとなると少し工夫が必要です。

家賃を抑えるための物件の条件
  • 駅から少し離れた物件
  • マンションではんくアパート
  • 2階じゃなくて1階
  • ワンルーム
  • 急行が止まらない駅
  • 少し都心から離れた駅
  • ユニットバス(かなり安い)

部屋探しというのは何かしら自分の希望の条件を妥協することになるので、優先順位は決めておくべきです。

僕も過去5回ぐらい引っ越してますが、結局何かしら妥協して部屋を決めています。

引っ越しに必要な貯金額は34万円~43万円

今一人暮らしをしているなら引っ越しにあたっての退去費用、荷物を運ぶための引っ越し代、そして入居するために初期費用がかかります。

家賃7万円の物件に引っ越すために必要な金額を計算してみました。

初期費用28~35万円
退去費用約3万円
引っ越し代3~5万円
合計34万円~43万円

一人暮らしの退去費用相場はだいたい3万円~高くても5万円前後となります。普通に生活していれば3万円ぐらいで済むはずです。

初期費用は賃料×4か月~5か月で計算しているので28万円~35万円ほど。

そして引っ越し業者に依頼した時にかかる引っ越し代は3万円~5万円。

引っ越し業者は繁忙期なのか閑散期なのかによって料金が変わります。暇な時期なら安く引っ越せますし、繁忙期だと割増料金となるので一人暮らしの荷物量でも5万円ぐらいかかることも。

34万円~43万円ほど貯金しておけば引っ越し費用で困ることはないでしょう。

もちろん、この金額に満たなくても新居の初期費用が安ければ問題ありません。

初期費用を安くする方法

引っ越しにかかるお金の中で一番負担の大きい項目はやっぱり初期費用です。

とにかく安く引っ越したいという人は物件の【敷金】【礼金】【仲介手数料】に着目しましょう。

敷金はかかったとしても退去時にクリーニング代として充てられる項目なので、損をすることはありませんが礼金と仲介手数料は完全にムダ金。

家賃7万円でこの3つの項目を0円に抑えられれば単純に21万円以上安く部屋を借りられることになるので、条件を絞り込む時は気にするべきです。

ちなみに仲介手数料に関しては仲介する不動産(仲介業者)によって金額が変わります。

例えばアパマンショップやピタットハウスは基本1か月分の仲介手数料がかかりますが、エイブルやミニミニだと半額で引っ越すことが可能です。

仲介手数料は仲介業者の大切な収入源となるので無料にしているところは少ないですが、キャンペーン等で安くするところもあります。

仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?

手数料が安い不動産をまとめてみましたので参考までに。

貯金がない場合は一時的にシェアハウスも視野

「実家を出たい」もしくは「今住んでいる物件の家賃が高くて困っている」という場合は一時的にシェアハウスを借りることをおすすめします。

というのもシェアハウスは相場に比べて圧倒的に家賃が安いのが理由の1つ。都内でも5万円前後で借りることができます。

また、初期費用も通常の賃貸物件のように何十万もかかることはありません。2~3か月分の賃料が払えるなら問題なく借りることができます。

審査も緩くてフリーターや現在無職で少し貯金があるという人にもおすすめ。

シェアハウスと聞くと「赤の他人と共同生活」をイメージしますが、最近は各部屋に鍵がついていてリビングや風呂・トイレのみ共有するというケースが多いです。

ほとんど顔を合わせることもありませんし、他人に介入されることもあまりないので生活しやすいです。

シェアハウスがやめとけと言われるデメリットと意外なメリット

家賃や初期費用を安く抑えられる不動産サイト

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

同じ物件でも初期費用が変わるので不動産選びは重要。

仲介手数料が安い不動産の例

他にも初期費用や家賃が全体的に安い不動産をまとめてみました。

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

イエプラ

イエプラは自宅にいながら店舗に行った時のように部屋を探してもらえるサービスです。

スーモやホームズと同じ取り扱い物件数を持ち、最新の物件情報を提供してもらえるのが最大の魅力です。

UR賃貸やビレッジハウスのように初期費用や家賃そのものが安いというわけではありませんが、通常の不動産のような消毒施工費などの無駄なオプション費用が一切かからないので初期費用が高くなることはありません。

チャットで専門スタッフとやり取り可能なのでカテゴリー分けできない細かい条件(初期費用10万円以下など)を伝えることもできます。

イエプラのホームページへ

エイブルやアパマンショップ等の物件もイエプラを通して紹介してもらうことで初期費用を少し安くすることができます。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

まとめ

MEMO
  • 家賃7万円なら理想手取りは21万円以上(額面26万円)
  • 入居審査は252万円以上あれば通る
  • 家賃7万円の生活費合計は月16万円程度(年間191万円)
  • 手取16万円以下だと家賃7万円で生活するのはきつい
  • 年収300万円あれば年間36万円貯金可能

手取21万円以上あれば家賃7万円の物件でも快適に過ごすことができますし、ある程度の貯金も可能ですが手取りが17万円以下になると赤字になってしまうので切り詰めて生活する必要が出てきてしまいます。

生活費には固定費も多く削減できる部分は少ないので、食費と交際費をなんとか節約していくしかありませんがスマホ代を見直すことでかなり節約できるのでどうしても家賃7万円の物件に住みたい場合にはおすすめ。

初期費用を抑えるだけでもかなり違いがあるので、不動産選びはやっぱり大事です。

少しでも参考になれば幸いです。

年収300万円で一人暮らしするなら適正家賃はいくら?審査はどこまで通る?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です