家賃7万円で一人暮らしするなら手取りはいくら必要?毎月の生活費は?


家賃7万

部屋を借りる際にまず最初に決めるのが希望家賃です。高すぎると生活が苦しくなるだけですし、格安のところは負担も少なくて良いですが、その分部屋の質が落ちてしまいます。

今回は家賃7万円で一人暮らしをする場合の手取り収入がどのぐらい必要なのか、初期費用や生活費はどのぐらいかかるのか実際に計算してみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

家賃7万円物件なら理想手取りは月21万円以上

世間的に言われている”家賃は収入の3分の1”に当てはめると家賃7万円となると手取り収入は21万円以上ということになります。

生活費は月々平均で10万円前後、家賃と合わせると17万円ほどかかります。

手取りが21万円なら最大で家賃を11万円ほどまであげることも計算上はできますが、そうすると毎月余分なお金が一切なくなってしまい、人によっては赤字になる可能性もあるので注意。

毎月どのぐらい貯金したいのかを考えると自分の適正家賃がわかります。

家賃7万円の初期費用目安

【家賃7万円の初期費用内訳】

前家賃 70,000円
敷金 70,000円
礼金 70,000円
仲介手数料 77,000円
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 15,000円
事務手数料 5,000円
合計 322,000円

初期費用は家賃×4か月~5か月ぐらいが相場と言われています。賃料7万円なら28万円~35万円前後に落ち着くことが多いです。

実際に敷金・礼金・仲介手数料を1か月として計算したところ32.2万円ほどかかることがわかります。

もっともこの数字はあくまで目安で、例えば敷金・礼金・仲介手数料が無料のような物件なら20万円ぐらいで抑えることも可能ですし、逆に保証会社を利用すれば40万円近くになることもあります。

家賃7万円の1カ月の生活費は約17万円

生活費に関しては総務省統計局のデータを参考にしています。家賃7万円だった時の一人暮らしがかかる1か月の生活費はこんな感じ。

【一般的な社会人の生活費】

家賃 70,000円
電気代 4,000円
ガス代 3,000円
水道代 3,000円
ネット代 4,000円
食費 400,000円
雑費 10,000円
交際費 20,000円
スマホ代 5,000円
合計 170,000円

細かく計算していくと家賃を除く生活費がだいたい10万円前後かかり、家賃7万円を合わせると合計で17万円ほどかかります。

月にどのぐらい貯金したいのかにもよりますが、手取りが21万円あれば月々4万円ぐらい貯金できるので割とゆとりはあるかと思います。

ただ、人によっては飲み会が多かったり恋人とのデートにもっとお金を使ってしまえば交際費がかさむので割とカツカツになる可能性もあります。

堅実に貯金したいならどこかで節約するか、もしくは家賃を手取り収入の4分の1程度に抑えるのがおすすめ。

年収350万円なら年間約90万円ほど貯金が可能

手取り21万円だと額面はおそよ27万円ほどになります。

ボーナスを合わせると年収は約350万円。税金などを引くと手元に残るお金は年間約295万円ほどです。

先ほどの生活費17万円×12カ月分なので、普通に生活していても年間90万円ほどの貯金が可能です。

年間100万円貯金したいのであれば生活費を見直す必要がありますが、家賃7万円でも十分に実現可能な貯金額です。

ちなみに年収が300万円で同じ計算をすると年間の貯金額は36万円ほどになってしまいます。

出費を抑えたいなら食費と交際費

光熱費は節約したところでそこまで料金が変わるものでもありませんし、ネット代や雑費は必要経費でほぼ固定額になるので節約できません。

となると、節約したいなら食費か交際費になります。

特に食費4万円という数字は世間的には平均値かもしれませんが、今まで8年以上一人暮らししてきた私としてはかなり高いと感じています。

1日約1,300円かかっているということは外食が多いため。外食を少し抑え、自炊すればもっと安く抑えることは十分可能です。

実際、私はほとんど自炊生活をしていますが食費は毎月2万円以下で済んでいます。

「料理するのが面倒」と感じる場合はスーパーの総菜などを購入してご飯だけ炊くというやり方もありますし、ちょっと意識するだけでもかなり安く抑えられるので気を付けてみてください。

都内で家賃7万円の物件はこんな感じ

家賃7万円払えば都内の物件も借りられますが、知らべてみたところマンションよりも圧倒的にアパートが多かったです。

【新宿】

新宿

【四ツ谷】

四谷

【西荻窪】

西荻窪

また、新宿のような都心になるとアパートかつ1Kではなくワンルームの物件、しかも駅から10分以上歩くような物件しか見つかりませんでした。

都内のどこに住むかにもよりますが、家賃7万円以下で探すとなると少し工夫が必要です。

【家賃を抑えるための物件の条件】

  • 駅から少し離れた物件
  • マンションではんくアパート
  • 2階じゃなくて1階
  • ワンルーム
  • 急行が止まらない駅
  • 少し都心から離れた駅
  • ユニットバス(かなり安い)

部屋探しというのは何かしら自分の希望の条件を妥協することになるので、優先順位は決めておくべきです。

私も過去5回ぐらい引っ越してますが、結局何かしら妥協して部屋を決めています。

引っ越しに必要な貯金額は34万円~43万円

今一人暮らしをしているなら引っ越しにあたっての退去費用、荷物を運ぶための引っ越し代、そして入居するために初期費用がかかります。

家賃7万円の物件に引っ越すために必要な金額を計算してみました。

家賃 70,000円
初期費用 28~35万円
退去費用 約3万円
引っ越し代 3~5万円
合計 34万円~43万円

一人暮らしの退去費用相場はだいたい3万円~高くても5万円前後となります。普通に生活していれば3万円ぐらいで済むはずです。

初期費用は賃料×4か月~5か月で計算しているので28万円~35万円ほど。

そして引っ越し業者に依頼した時にかかる引っ越し代は3万円~5万円。

引っ越し業者は繁忙期なのか閑散期なのかによって料金が変わります。暇な時期なら安く引っ越せますし、繁忙期だと割増料金となるので一人暮らしの荷物量でも5万円ぐらいかかることも。

34万円~43万円ほど貯金しておけば引っ越し費用で困ることはないでしょう。

もちろん、この金額に満たなくても新居の初期費用が安ければ問題ありません。

初期費用を安くする方法

引っ越しにかかるお金の中で一番負担の大きい項目はやっぱり初期費用です。

とにかく安く引っ越したいという人は物件の【敷金】【礼金】【仲介手数料】に着目しましょう。

敷金はかかったとしても退去時にクリーニング代として充てられる項目なので、損をすることはありませんが礼金と仲介手数料は完全にムダ金。

家賃7万円でこの3つの項目を0円に抑えられれば単純に21万円以上安く部屋を借りられることになるので、条件を絞り込む時は気にするべきです。

ちなみに仲介手数料に関しては仲介する不動産(仲介業者)によって金額が変わります。

例えばアパマンショップやピタットハウスは基本1か月分の仲介手数料がかかりますが、エイブルやミニミニだと半額で引っ越すことが可能です。

仲介手数料は仲介業者の大切な収入源となるので無料にしているところは少ないですが、キャンペーン等で安くするところもあります。

仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?

手数料が安い不動産をまとめてみましたので参考までに。

貯金がない場合は一時的にシェアハウスも視野

「実家を出たい」もしくは「今住んでいる物件の家賃が高くて困っている」という場合は一時的にシェアハウスを借りることをおすすめします。

というのもシェアハウスは相場に比べて圧倒的に家賃が安いのが理由の1つ。都内でも5万円前後で借りることができます。

また、初期費用も通常の賃貸物件のように何十万もかかることはありません。2~3か月分の賃料が払えるなら問題なく借りることができます。

審査も緩くてフリーターや現在無職で少し貯金があるという人にもおすすめ。

シェアハウスと聞くと「赤の他人と共同生活」をイメージしますが、最近は各部屋に鍵がついていてリビングや風呂・トイレのみ共有するというケースが多いです。

ほとんど顔を合わせることもありませんし、他人に介入されることもあまりないので生活しやすいです。

シェアハウスのメリット・デメリットや具体的な探し方をまとめてみた

効率的に部屋探しをする方法

自分の条件に合った物件を探したいなら不動産に直接行くよりもネットで自分で探した方が物件数も多くて効率的です。

ただ、ネットで探すとすでに成約済みで埋まっている物件も多いので注意してください。

個人的に最近おすすめなのがイエプラというサイト。

イエプラの物件

イエプラは家にいながら不動産に行くのと同じようにネットに掲載される前の物件を紹介してくれるので忙しい人でもかなり効率的です。

チャット機能があるので細かい条件を指定することができたり、atbbという通常不動産しか見ることのできない専用サイトを閲覧できたりして部屋探しにかなり使えます。

イエプラのホームページへ

無料で利用できるので参考までに。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す