年収500万円で一人暮らしするなら家賃上限はいくら?審査はどこまで通る?

年収500万円あれば一人暮らしをしてもある程度の物件を選ぶことが可能です。

だいたい年収500万円だとどのぐらいの家賃が適正なのか、入居審査の上限はどの程度なのか手取りを元に生活費等を計算してまとめてみました!

年収500万円での一人暮らしなら適正家賃は8.9万円~11.1万円

年収500万円の人の適正家賃は約8.9万円~11.1万円です。

社会保険料や健康保険料、所得税などの税金を引いた手取り年収は約420万円。

ボーナスは1年間で約80万円ほどと言われています。

適正家賃はボーナスを加味しないで計算するのが一般的で例のごとく「家賃は収入の3分の1程度」に当てはめると約8.9万円ほどの家賃が適正となりますが、年収が500万円もあるとボーナスを加味した11.1万円でも余裕で生活することが可能です。

生活費は年収が高くても低くてもある程度固定額となるため基本的に年収が高ければ高いほど計算上では貯金できる額も増えます。

金額
手取り年収約400万円
ボーナス平均額約80万円
適正家賃約8.9万円~11.1万円

家賃8.9~11.1万円の初期費用目安

初期費用は家賃4か月分~5か月分が相場と言われています。

家賃8.9万円であれば35.6~44.5万円程度。家賃11.1万円なら44.4~55.5万円前後になることが多いです。

家賃8.9万円家賃11.1万円
前家賃89,000円11,1000円
敷金89,000円11,1000円
礼金89,000円11,1000円
仲介手数料97,800円12,2100円
火災保険料15,000円15,000円
鍵交換費用15,000円15,000円
事務手数料5,000円5,000円
合計399,800円490,100円

初期費用は正直物件によってかなり差が出てしまうので目安程度に考えておきましょう。

例えば敷金、礼金、仲介手数料がかからない物件だったらそれだけで家賃×3倍円も安くなります。

逆に保証人がいなかったり、保証会社を利用することが条件となっている物件だと保証会社利用料として最初に賃料×50%ぐらいの料金が上乗せされるためもう少し高くなってしまいます。

他にも利用する不動産によっては【入居安心サポート費】や【消毒施工費】などのオプション代がかかる可能性があります。

こういった費用は不動産が独自で行っているサービスなので同じ物件でも不動産によって違いが出てくる部分です。

必ずしも悪いとは言い切れませんが、初期費用を抑えたい場合はこういったオプション費用は断るようにしましょう。

入居時の消毒サービスは任意で拒否できる?自分でやるのと効果は同じ?

年収500万だと入居審査基準は家賃13.8万円

入居審査というのは年収を元に計算されるため適正家賃とはまた計算方法が異なります。

だいたい家賃×36か月分の年収があれば入居審査は通ると言われているので年収500万円であれば13.8万円までの家賃なら審査は通る可能性が高いです。

家賃審査に通る年収目安
5.6万円200万円
8.3万円300万円
11.1万円400万円
13.8万円500万円

もちろん審査の基準というのは物件の需要バランスや管理会社、家賃保証会社を利用するかどうかによっても変わるので一概に「○○万ないと絶対に落ちる」とは言い切れません。

審査基準は各管理会社によって異なりますし、家賃保証会社はクレジットカードの審査のように滞納歴なんかをチェックする場合とそうでない場合もあるのでそういった過去の履歴を考慮されることもあります。

家賃が高くなればなるほど審査基準も厳しくなる傾向があるのでラインぎりぎりの家賃設定だと審査に時間がかかったり、審査途中で確認の電話がくることもあります。

家賃8.9万円~11.1万円の生活費合計は18.9万円

適正家賃である8.9万円~11.1万円の物件に住んだ場合は生活費合計は約19万円~21万円ほどです。

年収500万円の手取り月収はボーナスを加味しなければ約26.7万円なのでかなり余裕な生活をすることができます。

【家賃8.9万円の生活費】

家賃89,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計189,000円

普通に生活しているだけでも7.8万円の貯金が毎月可能で、さらにボーナス分も毎年自由に使えるのでかなり快適な生活を送ることができます。

【贅沢な生活をした場合】

家賃89,000円
電気代4,000円
ガス代3,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費60,000円
雑費10,000円
交際費80,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計269,000円

外食がメインで交際費に8万円使ったとすると貯金額は0円、もしくは若干赤字ぐらいになる計算です。

ここまで割り切って贅沢をする人は少ないと思いますが、貯金を考えないならこのぐらいの額は使えます。

【家賃11.1万円の生活費】

家賃111,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計211,000円

手取りだけでも月5万円ほど余裕がある生活を送ることができます。

ジムに通ったり、趣味にお金を費やしてもボーナス分をまるまる貯金することが可能です。

家賃13.8万円まであげると少しきつくなる可能性がある

家賃138,000円
電気代4,000円
ガス代3,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費50,000円
雑費10,000円
交際費40,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計268,000円

仮に入居審査基準である家賃13.8万円にした場合は食費を1万円、交際費を2万円までしかあげることができません。

これでも生活はできますが余裕のある暮らしができるかどうかは微妙なところ。

趣味にお金を使っている人ならジムに通う費用だったり美容代だったり他にも生活費が嵩むので赤字になる可能性も考えられます。

もちろんボーナス分はまるまる貯金が可能なので生活できなくなることはありません。

家賃8.9万円なら年200万円近く貯金可能

生活費がどのぐらいかかるのかによって貯金額はかなり異なる部分ですが、最低固定生活費は10万円です。

あとは家賃をどの程度にするかによっても貯金額が異なります。

家賃生活費(年)貯金できる額(年)
8.9万円120万円173万円
11.1万円120万円147万円
13.8万円120万円114万円

適正家賃である8.9万円なら200万円近く貯金することができます。

入居審査基準ギリギリの13.8万円だったとしてもボーナス分をそのまま全て貯金にまわすことができるので日々の余剰金と合わせて100万円は貯められます。

もっとも年収が高くなればなるほど生活費も浪費しやすいので実際にはもっと生活費がかかってしまう可能性も高いですが、やろうと思えばこのぐらい貯金できるという指標として見ていただければと思います。

年収500万円ならどんな部屋に住める?

家賃8.9万円~11.1万円であれば東京都内でも比較的綺麗で広めの物件に住むことが可能です。

年収500万円で住める物件の特徴
  • リビングが広めのワンルーム
  • 新築物件
  • メゾネット物件
  • 1LDK~2DK
  • オートロック物件
  • 駅近くの物件
  • 独立洗面台付き

ワンルームならオートロックや宅配ボックスなど設備が充実している物件も住むことができますし、少し築年数を犠牲にすれば1LDKのような寝室を別にする物件も住むことができます。

もちろん最寄り駅をどこにするかで同じ家賃帯でも全く違うのでいくつか例を紹介していきます。

【家賃9万円:池袋徒歩5分の広め1K】

【家賃11万円:駒込4分の1DK】

【家賃11万円:田端8分の1LDK】

さすがに1LDKのような広い部屋だと築年数が少し古めになってしまいますが、ワンルームなら新築物件で選び放題です。

だいたい9万円あれば東京都内で一人暮らしするには十分です。

引っ越す際に必要な貯金額

引っ越しするときにかかる費用は意外と大きいので家賃ばかりに目がいかないように注意してください。

近距離の引っ越しなら自力で運んだり、赤帽に頼めばかなり安く済みますがある程度の距離だと時間もかかるので普通の業者に頼む必要が出てきます。

一人暮らしの引っ越し費用相場は約3万~5万で繁忙期かどうかによって値段も変わります。

家賃8.9万円11.1万円
初期費用35.6~44.5万円44.4~55.5万円
退去費用約3万円約3万円
引っ越し代3~5万円3~5万円
合計41.6万円~52.5万円50.4万円~62.5万円

あくまで目安なのでこれより格段に安かったり高かったりする場合もあります。

僕の場合家賃8万円の物件を借りて初期費用を20万円で抑えられたこともあります。この辺は敷金や礼金ありなしがでかいです。

初期費用を抑える方法はいろいろとあります。

  1. 敷金・礼金0か月物件を探す
  2. 仲介手数料が安い物件を探す
  3. 家賃が安い物件にする
  4. フリーレント物件を選ぶ

例えば敷金1か月というのは「家賃1か月分」ということなので家賃5万・共益費2万とかの物件だと家賃5万×1か月分という計算になるのでお得になります。まぁこんな共益費だけ高い物件はほぼありませんが。

フリーレント物件というのは入居して最初の数か月家賃が無料になる物件のことですが、初期費用自体は変わらず入居後に安くなるパターンもあります。

ただどちらにしても家賃が浮くのはでかいので見つけたら検討してみてください。

仲介手数料は最大で1か月かかりますが例えばエイブルなら0.5か月、レオパレスは無料など仲介業者や物件によって異なります。

仲介手数料はムダ金なので安い業者を選んだほうがお得です。

まとめ

MEMO
  • 年収500万円の適正家賃は8.9万円~11.1万円
  • 入居審査は13.8万円までなら通る可能性が高い
  • 家賃8.9万円なら年間200万円近くの貯金が可能
  • 東京都内でも9万円出せば綺麗な1Kや広めの部屋に住める

貯金を重視している人なら家賃8.9万円の物件で探すべきですし、部屋の快適さ重視であればボーナス込み計算である11.1万円の家賃が適正となります。

いずれにしても東京都内なら9万円ほどで割と良い部屋に住むことはできるので条件に合う物件が見つからないという可能性は低いです。

入居審査も13.8万円までは通るので恋人と同棲する時に自分の年収分だけで部屋を探すことも可能。

家賃や初期費用を安く抑えられる不動産サイト

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

同じ物件でも初期費用が変わるので不動産選びは重要。

仲介手数料が安い不動産の例

他にも初期費用や家賃が全体的に安い不動産をまとめてみました。

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

イエプラ

イエプラは自宅にいながら店舗に行った時のように部屋を探してもらえるサービスです。

スーモやホームズと同じ取り扱い物件数を持ち、最新の物件情報を提供してもらえるのが最大の魅力です。

UR賃貸やビレッジハウスのように初期費用や家賃そのものが安いというわけではありませんが、通常の不動産のような消毒施工費などの無駄なオプション費用が一切かからないので初期費用が高くなることはありません。

チャットで専門スタッフとやり取り可能なのでカテゴリー分けできない細かい条件(初期費用10万円以下など)を伝えることもできます。

イエプラのホームページへ

エイブルやアパマンショップ等の物件もイエプラを通して紹介してもらうことで初期費用を少し安くすることができます。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ