年収300万円の人が部屋を借りるなら適正家賃はいくら?審査はどこまで通る?


年収300万円

部屋を借りるにはかなりお金がかかりますし、毎月家賃として数万円が一気になくなるわけですから余裕がないと一人暮らしするのは精神的にもあまりよくないです。

今回は年収300万円前後の人の場合の適正家賃やその他もろもろについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

年収300万円なら審査基準の家賃は9万円前後

まずは年収300万円前後の人がどのぐらいの家賃の物件を借りられるのかについて。

賃貸審査というのは同じ家賃でも大家によって審査基準が異なるので一概には言えません。

例えば家賃10万円の人気物件といつまで経っても人が入らない不人気物件だと同じ年収でも人気のある物件には住めなかったり・・・なんてことは実際にあります。
【審査が通る収入の目安】

家賃 適正収入(手取り月収) 適正収入(年収)
4万円 12万円 144万円
5万円 15万円 180万円
6万円 18万円 216万円
7万円 21万円 252万円
8万円 24万円 288万円
9万円 27万円 324万円

ざっくりとですが年収300万円の人が部屋を借りる場合の最大家賃額は9~10万円ほどです。

それ以上は通りにくくなりますし、人気物件によっては10万円だとはじかれることもあります。

Roochのデータによれば83,000円が見込みあり相場みたいですが、私の友人は年収200万円で8万円の家賃の審査に通っていたので300万円なら10万円程度でも問題はないと思います。

審査では年収の他にも職業や貯金額とかも関係してくるので社会人で年収300万円なら9~10万円程度、フリーターならそれ以下と考えてください。

適正家賃は5.0万円~6.7万円

限度額は10万円前後ということがわかりましたが、実際年収300万円で家賃に10万の物件に住むのはあまり現実的ではありません。

家賃は月収の3分の1が嘘の理由とは?

年収300万円なら税金を除いた手取り年収は約240万円ほど。月にすると手取り約20万円(ボーナス込み)。

世間的に言われている”手取り月収の3分の1”を参考にすると適正家賃は約6.7万円ほどです。

この額を元に月々どのぐらい生活費がかかるのか総務省統計局のデータを参考にして計算してみました。

【生活費】

 

項目 金額(月あたり)
家賃 67,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約167,000円

平均額を当てはめるとだいたい月3.3万円ほど貯金できる計算です。

人によってはもっと交際費がかかったり、趣味にお金がかかったりするので生活費は高くなるかもしれません。そうなると貯金できるかどうかちょっと微妙なところですね。

また、この額はボーナスを含めて計算しているため「ボーナスは貯金したい」という人はもっと家賃を抑える必要が出てきてしまいます。

ボーナスが年2回×4か月と仮定(約60万円)すべて貯金した場合の手取り月収(約15万円)をもとに再計算していきます。

【ボーナス貯金型計算】

項目 金額(月あたり)
家賃 50,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約150,000円

ボーナスが年間60万円とすると限界家賃は約5万円ほど。ボーナスのみ貯金して月々は全く貯金せずに生活すると仮定すると5万円が適正家賃になります。

もっとも、生活費は平均値なので節約しようと思えば食費や交際費を削ることは可能。

ちなみに私が44,000円の物件に住んでいた時の月の出費は抑えても12万円程度でした。

年収300万円で年間100万円貯金するための適正家賃は3.6万円

貯金第一主義なら年収300万円でも年間あたり100万円貯金することも可能です。ただ、かなり節約する前提で家賃も抑える必要があります。

まず年収300万円の人は税金を引くと約240万円。そこから100万円を貯金すると残りは140万円。

このまま先ほどの平均額に当てはめると年間120万円+家賃がかかるので適正家賃は1.7万円になってしまいます。

こんな物件は存在しないのでまず、実際私が生活費にかかっている金額から食費を2万円と仮定すると月々の生活費(家賃除く)は約8万円。年間で96万円。

これを前提として再計算してみました。

項目 金額(月あたり)
家賃 36,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約20,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約116,000円

家賃を3.6万円に抑えることができれば年間で139.2万の出費で抑えることが可能です。

実際には恋人がいればデート代とか食費とかもっとかかりますが、年間100万円貯金したい人は参考にしてみてください。

ちなみに3.6万の家賃となると完全にアパートで、正直都内だと該当する物件は風呂なしだったり、築年数がかなり経っている物件しかないので地方住みじゃないと厳しいかも。

引っ越すのに必要な貯金は約40~50万円ほど(家具家電代込み)

部屋を借りるなら当然初期費用がかかるので一文無しでは無理です。

引っ越し代とかも考えると結構貯金をしておかないと厳しいかもしれません。

初期費用は平均家賃×4か月分~5か月分と言われています。

初期費用の内訳詳細まとめ

例えば6万円の家賃なら敷金礼金、仲介手数料や事務手数料含めて24~30万円ぐらいです。
【初期費用相場】

家賃 初期費用目安
40,000円 16~20万円
50,000円 20~25万円
60,000円 24~30万円
70,000円 28~35万円
80,000円 32~36万円

礼金がない場合や仲介手数料無料の物件もあるのでこれは本当に物件次第です。

私は家賃8万円の物件でも初期費用を20万円程度に抑えることができましたし、物件選びをちゃんとすれば初期費用を安くすることは簡単です。

それにプラスして引っ越し費用。短距離なら赤帽という引っ越し業者が安いです。

赤帽VSレンタカーVS引っ越し業者!安いのはどっち?

まぁ余裕を持って5万円と考えておきましょう。

そこから家具家電等を揃えなければなりません。

一から全て揃えようとすると大体15万円前後かかることになります。これも計算したのでよければどうぞ「家具家電一式いくらかかるか計算してみた」(参照)。

ここまででざっくり50万円ぐらいはないと余裕を持って住むことが出来ないことがわかります。

引っ越しを自力でやったり初期費用が安い物件に住むことを前提として、家具家電はあとから考えるという人でも30万円前後はないと厳しいです。

スポンサードリンク

どの仲介業者を選ぶべきか

最後に部屋探しについての小技というか小ネタについて。

初期費用の敷金・礼金というのは物件によりけりなので仕方ありませんが仲介手数料というのは不動産業者ごとに決まっていることがあります。

例えばエイブルが紹介する物件は仲介手数料は全て家賃の半分ですがアパマンショップは家賃1ヶ月分もっていかれます。

エイブルの他に仲介手数料が安くて良いのはいい部屋ネットミニミニも割引システムがあるので悪くありません。

ただどのサイトも独自の検索フォームでヒットする件数が少ないのでスーモやホームズなどのまとめサイトで一度検索するか、イエプラのようなチャットで部屋を探してもらえるサービスを利用して膨大な数から絞り込んでもらうと良いと思います。

イエプラを実際に使ってみた結果

基本的にどの仲介業者も他の業者が取り扱っている物件も紹介できるようになっているのでURLをエイブルやいい部屋ネットに持ち込むというのも一つの手です。

貯金を第一に考えるとやはり実家暮らしが一番ですが、一人暮らしをしたいという場合は最初は家賃の安い物件にあえて住むというのもありです。

一度高い物件に住むとその環境に慣れてしまうので次引っ越す時はそれ以上のものを求めてしまうようになります。かくいう私もそうなってしまっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考までにどうぞ。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す