家賃6万円の物件で一人暮らしするなら手取り18万円以下だときつい?

物件を探す時にはまず家賃を決めてからその他の条件を考えるのが通常の部屋探しのやり方です。

一人暮らし用物件を探す時に家賃6万円を目安にする人は多いと思いますが、実際家賃6万円だとどのぐらいの収入が必要なのか計算してみましたのでぜひ参考にしてみてください。

家賃6万円の物件なら理想手取りは18万円以上

賃料は手取り月収の3分の1という理論を目安とすると理想の手取りは18万円になります。

家賃手取り収入目安
5万円約15万円
6万円約18万円
7万円約21万円
8万円約24万円

結論から書くと生活費は家賃込みで15.4万円前後毎月かかるので平均的な生活をしていれば毎月2万~3万円ほど貯金できる計算です。

18万円未満だときつくなってしまうので家賃をあげることはおすすめできません。

細かい費用もしっかりと計算してみたので参考にしてみてください。

入居審査基準は年収216万円以上が必要

審査基準は手取りではなく年収を元に計算されます。だいたい家賃×36か月分が目安と言われているので家賃6万円なら最低でも216万円以上必要になってきます。

家賃審査に通る年収目安
4万円144万円
5万円180万円
6万円216万円
7万円252万円
8万円288万円
9万円324万円

審査の基準というのは管理会社、保証会社によって異なりますし、担当してくれる営業マンの腕次第によっては自分の適正家賃以上の物件を借りられることもあります。

また、人気の高い物件かどうかによっても審査基準は変わります。

全く入居者がこないと大家としても家賃収入を得ることができなくなってしまうので不人気物件は審査がゆるくなるというわけです。

「年収216万円ないから無理」ということはないのであくまで目安として考えておきましょう。だいたい200万円あれば審査を通してくれる営業マンは多いです。

家賃6万円の初期費用の目安

まずは部屋を借りる時に必ずかかる「初期費用」から。初期費用は家賃をベースに大きく変動します。

例えば敷金礼金1ヶ月と記載されている物件。家賃が3万円なら敷金も礼金も3万円ずつ、合計6万円で済みますが家賃6万円なら敷金礼金合わせて12万円もかかります。

初期費用の相場は家賃の4倍~5倍と言われています。家賃6万円なら約24万円~30万円ほど。

もちろん物件によっては敷金や礼金が0円だったり、仲介手数料が半額だったりするのであくまで参考程度に。

【家賃6万円の初期費用内訳】

前家賃60,000円
敷金60,000円
礼金60,000円
仲介手数料64,800円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料5,000円
合計279,800円

前家賃というのは住み始める期間によって変動しますが大体1ヶ月~最大2ヶ月分の家賃がかかります。

賃貸アパートの契約でよくある前家賃って何?

また、保証会社を利用している場合、家賃の50%ほど(この場合は3万円)がかかります。

敷金や礼金がかからない物件の場合は20万円以下に抑えることもできそうですね。

初期費用を抑えたい場合は礼金と仲介手数料に注目してみてください。この2つの項目は完全にムダ金で物件や不動産によっては0円ですませることも可能です。

仮に礼金と仲介手数料が0円だと15.5万円に抑えることが可能。

家賃6万円の1ヶ月の生活費は約16万円

続いて生活費もろもろ含め、1ヶ月にどのぐらいかかるか計算していきます。

生活費に関しては総務省統計局のデータを参考にしています。

【一般的な社会人の生活費】

家賃60,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計160,000円

生活費は人によってかなり違いが出る部分なのであくまで目安です。

普段は仕事をしている社会人の場合、光熱費はだいたい1万円ほど。

ただ、飲み会が多いと交際費はもっとかさむと思われます。

こうして計算してみると家賃6万円の人がかかる生活費は16万円ほど。

他にも趣味に使ったりすればこのシュミレーション費用よりも高くなりますが、抑えようと思えばこのぐらいの生活費でも十分やっていけます。

手取り収入手元に残る額
14万円約-2万円
15万円約-1万円
16万円0円
17万円約1万円
18万円約2万円
19万円約3万円
20万円約4万円

手取り16万円以下だと普通に生活すると赤字になってしまうので食費や交際費等の節約が必要になります。

食費はもともと外食を含めて少し多く見積もられているため自炊中心の生活にすれば2万円ほど削減できますが、趣味に使ったりしているとあっという間にお金が無くなってしまうので注意が必要です。

年収300万なら年間で約60万円貯金可能

賃料6万円の1か月の生活費は16万円。1年で約192万円かかる計算です。

年収手取り貯金できる額
200万円約161万円-31万円
300万円約240万円約48万円
400万円約320万円約128万円

年収300万円の手取り年収は約240万円ほどなので1年間で約48万円ほど貯金できます。

年間100万円貯金したいなら家賃を抑えるか生活費をもう少し削減する必要がでてきますね。

年収が200万円ほどで家賃6万円では生活費を切り詰めないと赤字になってしまいます。

貯金ができなくて困っている人はアプリでお小遣い帳をつけるなどして何にどのぐらいお金を使っているのか把握してみてください。

たいていは交際費だったり食費にかなりのお金を使っているケースが多いです。

自炊を増やすだけでも食費はかなり抑えられる

一人暮らしの平均食費額は約4万円ほどですが、実際のところこの額は結構大きいと思います。

ウーバーイーツや外食を重ねる生活をしない限り一人暮らしをしていて4万円かかることはありません。

僕の場合は自炊を多くすることで毎月の食費を2万円以下ぐらいで抑えることができているので、外食を少し控えるだけでもかなり節約することが可能です。

「料理するのが面倒」とか「そんな時間がない」という人はお米だけ炊いてスーパーの総菜を購入するだけでも節約になるので貯金重視の方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

都内で家賃6万円はアパートがほとんど

地方に住む予定の人なら家賃6万円でも十分条件の良い物件を探すことは可能です。

しかし、都内に住みたいという方は正直家賃6万円だとかなり条件の悪い物件しかありません。

ホームズ新宿まで20分以内の物件、かつ家賃6万円という条件で探してみました。

家賃6万都内1

都内2

都内3

ないことはないみたいですが、木造アパートで駅から遠かったり、ユニットバスだったり築年数が20年以上だったりするので物件は妥協しないときつそう。

どうしても家賃6万で都内に住みたいならやっぱり妥協は必要みたいです。

  1. 駅から遠い物件を選ぶ
  2. マンションよりアパートを選ぶ
  3. 「収納が少ない」のようなちょっとした訳あり物件を選ぶ
  4. 人気が低い物件を選ぶ
  5. 最寄り駅を変える

物件自体にあまり妥協したくないのであれば、住みたい駅から1駅か2駅となりの場所にすると急に家賃相場が低くなったりすることがよくあるのでおすすめです。

あとはちょっとした訳あり物件、人気の低い物件というのは家賃が安めです。

ちょっと予算オーバーの物件でも家賃交渉で下げることが可能なのでダメ元で交渉してみるのも一つの手です。

引っ越しに必要な合計貯金額は32万円~40万円ほど

部屋を借りる際にかかる初期費用はもちろん、引っ越しするにあたっての引っ越し代や今現在も一人暮らしなら退去費がかかります。

それを元に賃料6万円の物件に引っ越す場合に必要な金額を計算してみました。あくまで目安程度に考えておいてください。

初期費用24~30万円
退去費用約5万円
引っ越し代3~5万円
合計32万円~40万円

引っ越し業者に依頼する時の金額は時期によってかなり差が出ます。1~3月のような引っ越し繁忙期だと5万円あるいは6万円ぐらいかかってしまいますが、閑散期だと値段も安くなっていて3万円以下で引っ越せることも。

今住んでいる部屋の敷金をすでに払っている場合は敷金から割り当てられるため必要な貯金額はもっと減りますし、初期費用が安い物件ならもっと金額は安く済みます。

まとめ

MEMO
  • 家賃6万円なら理想手取りは月16万円以上
  • 入居審査は年収216万円まで通る
  • 手取り16万円なら毎月2万円程度の貯金が可能
  • 年収300万円あれば年間約60万円ほど貯金が可能
  • 都内で家賃6万円以下の物件は少ない

家賃6万円なら手取りは16万円前後は欲しいところです。

生活費は人によってかなり違いが出る部分ですが、平均月10万円程度なのでそれに家賃を上乗せして計算して自分の手取りが足りているのか考えてみましょう。

都内だと基本的にアパートにしか住むことができません。それなりの物件に住むなら主要駅を避けたり東京に近い埼玉や千葉、神奈川の駅を選択するのもありだと思います。

家賃や初期費用を安く抑えられる不動産サイト

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

同じ物件でも初期費用が変わるので不動産選びは重要。

仲介手数料が安い不動産の例

他にも初期費用や家賃が全体的に安い不動産をまとめてみました。

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

イエプラ

イエプラは自宅にいながら店舗に行った時のように部屋を探してもらえるサービスです。

スーモやホームズと同じ取り扱い物件数を持ち、最新の物件情報を提供してもらえるのが最大の魅力です。

UR賃貸やビレッジハウスのように初期費用や家賃そのものが安いというわけではありませんが、通常の不動産のような消毒施工費などの無駄なオプション費用が一切かからないので初期費用が高くなることはありません。

チャットで専門スタッフとやり取り可能なのでカテゴリー分けできない細かい条件(初期費用10万円以下など)を伝えることもできます。

イエプラのホームページへ

エイブルやアパマンショップ等の物件もイエプラを通して紹介してもらうことで初期費用を少し安くすることができます。

少しでも参考になれば幸いです。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です