家賃8万円で一人暮らしはきつい?手取りや年収はいくら必要?

家賃8万円は都内で一人暮らしするために必要な金額の目安と言われています。だいたい8万円払えばボロボロのアパートに住まなくて済みますし、快適な生活を送ることができます。

今回は家賃8万円で一人暮らしするとどの程度の年収がないときついのか手取りや生活費、貯金できる額について計算してみました!

家賃8万円だと手取りは24万円以上が理想

”家賃は手取り収入の3分の1”という世間的に言われている目安に当てはめると理想の手取りは約24万円ほどになります。

24万円の手取りとなると税金を引かれる前の額面は約30万円。ボーナスを含めると年収は約400万円前後です。

理想額
手取り月収24万円
年収(ボーナスなし)約360万円
年収(ボーナスあり)約390万円~420万円

ボーナスの有無によって年収に差が出ますが、基本的に家賃の目安はボーナスを加味しないで計算するほうが月の生活で赤字にならないのでボーナスは全て貯金すると仮定すべきです。

家賃8万なら入居審査は最低288万円以上必要

入居審査の目安は家賃×36か月分の年収と言われています。

条件が満たないからといって必ずしも落とされるわけではありませんが、自分の年収なら通りやすいかどうか、家賃が適正かどうかを測る基準として目安になるかと思います。

家賃審査に通る年収目安
5万円180万円
6万円216万円
7万円252万円
8万円288万円
9万円324万円
10万円360万円

入居審査の基準は管理会社や物件の需要、家賃保証会社の利用の有無によって異なります。

例えば新築でかなり需要も高い物件の場合は入居したい人も多くなるので大家としては選び放題の立場になります。

そうなればなるべく家賃を滞納しない人を選びたいので相対的に入居審査自体が少し厳しくなります。

逆に繁忙期で売れ残ってしまったような需要の低い物件というのはすぐにでも入居してほしいので若干目安に満たない入居者でも審査が通る可能性があります。

また、家賃保証会社はクレジットカードの審査のように滞納歴なんかをチェックする場合とそうでない場合もあるのでそういった過去の履歴を考慮されることもあるため審査が厳しくなる傾向があります。

「保証人不要」と謳っている物件のほとんどは家賃保証会社の利用が必須となっているため注意が必要です。

家賃8万円の初期費用は約36万円

【家賃8万円の初期費用内訳】

前家賃80,000円
敷金80,000円
礼金80,000円
仲介手数料86,400円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料5,000円
合計361,400円

初期費用の目安は家賃×4か月分~5か月分と言われています。

家賃8万円なら32万円~40万円ほどに収まることが多く、実際に計算してみても約36万円でした。

最も、この初期費用というのは物件次第で大きく変動します。

例えば保証会社を利用すればだいたい家賃の50%ほどが追加される(約4万)ので40万円を超える可能性もあります。

逆に敷金、礼金、仲介手数料がかからない好条件の物件なら家賃8万円なのに初期費用は23万円前後に抑えられることも。

僕も家賃8万円の物件を借りたことがありますが、その時の初期費用は全部で20万円ほどでした。

1か月の生活費は約18万円

生活費に関しては総務省統計局のデータを参考にしています。世間的な一人暮らしの平均値なのでこれも目安になってしまいますが、1か月にかかる費用を家賃含めて計算してみました。

【一般的な社会人の生活費】

家賃80,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費400,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計180,000円

家賃が8万円で生活費が合計10万円ぐらいなので合わせると1か月18万円ほどあれば普通の生活ができます。

仮に手取りが24万円で平均的な暮らしをすれば1ヶ月あたり6万円も貯金できます。

ただ、人によっては外食ばかりでもっと食費が高かったり、付き合いで飲み会が多かったり、デート時の交際費等で生活費が10万円を超えてしまうことも多いので貯金額はもっと少なくなるかも。

この計算でいけば確かに手取り18万円あれば家賃8万円の物件に住むことも可能ですが、毎月ギリギリの生活になってしまい、赤字になる可能性もあるのでリスクが高いです。

ある程度の余裕を持たせたいなら手取りの3分の1、もっと言えば4分の1で計算していくと良いと思います。

都内の家賃8万円以下の物件を調べてみた

共益費込みで家賃8万円の物件を山手線中心に調べてみました。

実際に検索してみたところ家賃8万円も出すと新築物件だったり、築浅物件など割と綺麗な物件に住むことができます。

築浅大久保

築浅高田馬場

ただ、新築や築浅となるとアパートでワンルームや1K、もしくはロフト付きなどのちょっと手狭な物件になってしまいます。

大久保1DK

1DKの物件も見つかりましたが、主要駅だと築年数が少し古くなってしまいます。

池袋新築マンション

手狭でもいいなら新築のマンションにも住むことができそうです。

主要駅じゃない場所(各駅しか止まらないとか)や新宿から少し離れた駅なら1DKでも比較的新しめの物件が複数ありますね。

家賃8万円あれば都内には十分住むことができそうです。

年収400万円なら年間100万円以上貯金可能

年収400万円(ボーナスあり)の年間手取りは約330万円ほど。

家賃8万円の物件に住むとして、年間にかかる生活費は約216万円です。

つまり、年収400万円で家賃8万円の物件に住んだとしても年間100万円以上貯金が現実的に可能な数字です。

年収手取り貯金できる額
300万円約240万円24万円
400万円約320万円104万円
500万円約400万円184万円

生活をまったく切り詰めることなく家賃8万円の物件に住むことができて、年間100万貯金できればかなり理想的な暮らしですね。

年収300万円だと普通に生活することはできますが、少し貯金がしにくくなるので食費や交際費等を節約する必要があります。

貯金したいなら食費と交際費を節約しよう

「年収400万もない」とか「もっと貯金したい」という人は食費と交際費を節約することで1か月の生活費を抑えることができます。

光熱費や雑費などは生活する上での必要経費ですし、ここを切り詰めてしまうと快適な暮らしができなくなってしまいます。

一人暮らしだと節約したところでたいして効果もないのであまりおすすめはしません。

食費は世間的な平均が約4万円と言われていますが、正直一人暮らしをずっとしてきた私個人の意見としてはかなり高いように感じます。

自炊を多くすれば月あたり2万円以下に抑えることもできますし、仮に2万で生活できていれば年間24万円も節約できます。

交際費に関しては人によってかなり差が出る部分なので、飲み会に行きすぎなら少し抑えるだけで節約できます。

一人暮らしの無駄遣いを圧倒的に減らす節約術!

引っ越しに必要な貯金額は38万円~48万円

引っ越しするためには入居の初期費用や引っ越し業者に荷物を運んでもらうための引っ越し代、今一人暮らししているならそこを退去するための退去費が必要になってきます。

家賃8万円の物件に引っ越すことを前提としてどのぐらい貯金が必要なのか計算してみました。

家賃80,000円
初期費用32~40万円
退去費用約3万円
引っ越し代3~5万円
合計38万円~48万円

全部合わせるとだいたい38万円~48万円ほどあれば引っ越しすることが可能です。

もちろんこの金額はあくまで目安です。初期費用は物件次第でかなり差が出る部分ですし、もし初期費用を20万円程度で抑えられれば30万円あれば引っ越しできてしまいます。

一人暮らしの退去費用はだいたい3万円ほどと言われています。部屋を汚くしたり、傷つけていなければだいたいこのぐらいの金額で収まります。

引っ越し費用を抑える方法

退去費、初期費用、引っ越し業者費用それぞれを安くする方法をご紹介しておきます。

■退去費

退去費を抑えたいならなるべく部屋を綺麗に使うのが大前提ですが、退去前に掃除をすることで多少なりとも安くなる可能性があります。

例えば水垢を落とすとか、フローリングの傷を隠すために専用のクレヨン(かくれん棒とか)を使ったりする方法があります。

掃除をしたからといって確実に安くなるとは限りませんが、やる価値はあります。

一人暮らしの退去時のクリーニング代はいくらかかる?

■初期費用

初期費用に関しては敷金・礼金・仲介手数料が安い物件を選ぶべきです。

敷金は退去時のクリーニング代として充てられるため最初に払うか最後に払うかという違いしかなく、実際損することはありませんが礼金や仲介手数料は別。

礼金は人気のある物件や新築物件、築浅物件などにつけている大家が多いですね。強気に設定しているだけの可能性もあるので交渉することも可能です。

仲介手数料というのは部屋を紹介してくれる不動産仲介業者に払う手数料のこと。

不動産によって設定金額が違い、最大で賃料の1か月分かかります。

例えばアパマンショップやピタットハウスは基本賃料1か月分かかりますが、エイブルやミニミニなら紹介する全物件が半額で済みます。

不動産の選び方ひとつでかなり節約できる部分でもあるので、適当に不動産を決めると損する可能性も。

仲介手数料が一番安い賃貸不動産はどこ?

■引っ越し業者依頼料

引っ越し業者に依頼する費用は時期によって変動します。1月~3月のような繁忙期だと一人暮らしの荷物量でも5万円や6万円ぐらいかかりますし、逆に夏場の閑散期なら3万円以下で済むことも。

引っ越す時期をずらすというのも1つの手です。

また、そこまで引っ越し先が遠くないのであればレンタカー等を使って自力で引っ越しした方が格段に安くなります。

家賃や初期費用を安く抑えられる不動産サイト

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

同じ物件でも初期費用が変わるので不動産選びは重要。

仲介手数料が安い不動産の例

他にも初期費用や家賃が全体的に安い不動産をまとめてみました。

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

イエプラ

イエプラは自宅にいながら店舗に行った時のように部屋を探してもらえるサービスです。

スーモやホームズと同じ取り扱い物件数を持ち、最新の物件情報を提供してもらえるのが最大の魅力です。

UR賃貸やビレッジハウスのように初期費用や家賃そのものが安いというわけではありませんが、通常の不動産のような消毒施工費などの無駄なオプション費用が一切かからないので初期費用が高くなることはありません。

チャットで専門スタッフとやり取り可能なのでカテゴリー分けできない細かい条件(初期費用10万円以下など)を伝えることもできます。

イエプラのホームページへ

エイブルやアパマンショップ等の物件もイエプラを通して紹介してもらうことで初期費用を少し安くすることができます。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた

まとめ

MEMO
  • 家賃8万円なら年収300万円以上が理想
  • 家賃8万円の物件に住むと家賃+生活費は合計18万円ほどかかる
  • 入居審査は年収288万円あれば通る
  • 年収400万円あれば100万円以上貯金可能
  • 最低必要手取りは月18万円以上必要

どのぐらい貯金したいのかにもよりますが、普通に生活しているだけなら年収300万円ほどあれば問題ありません。

生活費が月18万円かかってしまうので最低でも手取り18万円はないと毎月の出費で赤字になってしまい、一人暮らしするのはきついです。

家賃というのはムダ金なのでそこまでして家賃8万円の物件に住む必要はありませんが、どうしても住みたい場合は生活費を節約する必要が出てきます。

年収400万円以上あれば年間100万円以上貯金できるので割と快適に生活できます!

少しでも参考になれば幸いです。

家賃7万円で一人暮らしはきつい?手取りや年収はいくら必要? 年収300万円で一人暮らしするなら適正家賃はいくら?審査はどこまで通る?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です