年収200万円で一人暮らしはできる?適正家賃や生活費はいくらかかるのか


年収200万

実家で生活しているのであれば苦ではありませんが、一人暮らしとなると年収200万円では多少不安を抱える方もいると思います。

今回は年収200万円前後の人の適正家賃や生活費をシュミレーションしてみたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

年収200万円の適正家賃は4.1万円前後

年収200万円の1か月の収入は約17万円前後です。

年収が195万以下なら税率は一律5%で済みますが、200万円になると所得税は約10万円ほどになります。

住民税は約9万円、年金が年間約19万円、国保が平均15万円ほどかかります。

つまり手取り額は年間147万円。住んでいる地域によって差はありますが家賃と生活費を合わせて使える金額は月あたり12.3万円まで。

例のごとく家賃は”月手取りの3分の1”を目安にすると4.1万円ほどが妥当な家賃額となります。

1か月あたりの生活費を趣味レーションしてみた

家賃4.1万円という数字を元にして1か月の生活費を計算してみました。

生活費に関しては総務省統計局のデータを参考にしています。
【生活費】

項目 金額(月あたり)
家賃 41,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約40,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約141,000円

生活費の平均値で計算してしまうと1か月あたり14万円以上かかってしまうので赤字です。

これを回避するには”家賃を下げる”という選択もありますが、そうなると上限の家賃は2.3万円という風呂トイレがついていないような部屋かど田舎になってしまいます。

実質的にこれだとほとんど物件は存在しないので、生活費を実現可能な範囲(私の実際の生活費)で再計算してみます。

【節約した生活費】

項目 金額(月あたり)
家賃 41,000円
光熱費 約11,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約20,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約121,000円

人によって食費や交際費で結構前後するのであくまで目安ですが、節約すればだいたい月々12万円前後の出費です。

外食を減らし、なるべく自炊をすることで食費は減らすことができます。食費をちょっと制限すれば収入の3分の1で暮らすことが可能。

 

年収200万円が一人暮らしで貯金するには

貯金できないということはありませんが、7万円や8万円の物件に住んだり気にせず外食しまくったりすると貯金するのは厳しいです。

適正家賃である4万円~5万円なら普通に生活することが可能ですし、毎月1万円程度、年間12万円の貯金なら現実的に可能です。

上記のシュミレーションで削れるところとしては【交際費】と【食費】です。交際費は人によってかなり変わる部分ですが、飲み会の回数を減らしたりすれば簡単に減らすことができます。

食費は本気を出せば月1万円程度でも生活は可能ですが、ちょっとコンビニでお弁当を買ったり、外食するとすぐに2万円は超えてしまいます。

自炊ができない人はお米だけ炊いてスーパーの総菜コーナーでおかずを購入するのが賢いやり方。

審査は賃料5.5万円までなら楽々通る

年収200万円のフリーターだったとしても借りられる物件はいくつもあります。賃貸物件の審査というのは「家賃を払っていけるかどうか」というものなので、当然家賃が安い物件なんかは審査が通りやすいです。

審査の基準は管理会社によって違いますが、ある程度の目安をまとめてみたので参考にしてみてください。

【審査が通る収入の目安】

家賃 適正収入(手取り月収) 適正収入(年収)
4万円 12万円 144万円
5万円 15万円 180万円
6万円 18万円 216万円
7万円 21万円 252万円
8万円 24万円 288万円
9万円 27万円 324万円

例えばミニミニなら収入の3分の1あれば通ると言っているので年収200万円なら5.5万円ぐらいの賃料なら審査は通ります。

審査に関してはその物件が人気かどうかや管理会社によってかなり左右されますが、年収200万円ならギリギリ6万円ぐらいの物件までならなんとか審査は通ると思います。

それ以上の物件は大家次第ですね。人気が高くない物件なら家賃7万円でも通りますし、この辺は連帯保証人の有無とかでも変わるのであくまで参考程度に。

私は無職時代に家賃5万円の物件を借りられたことがあるので、ほんと目安程度に考えておいてください。

営業マンの腕が良いと審査も通りやすくなります。

無職が賃貸物件の入居審査を通りやすくするための7つのテクニック

家賃4~5万円ならアパートが必須条件

どこの住むのかにもよりますが、都内や首都圏近郊で家賃4万~5万円となると確実にアパートしか選択肢がありません。

【家賃の高い物件の特徴】

  • 新築や築浅物件
  • 駅から徒歩10分圏内の物件
  • 特急や急行が止まり、利便性の良い駅周辺
  • 広い部屋
  • オートロック物件
  • マンション(特に鉄筋コンクリート造は高い)
  • 部屋の設備が整っている物件

【家賃が安い物件の特徴】

  • 築年数が古い物件
  • 駅から遠い物件(遠くなるほど家賃が大幅に下がる)
  • 日当たりが悪いなど問題点のある物件
  • アパート
  • ユニットバス(風呂トイレが同じ)
  • ワンルーム

家賃を安くしたいなら必ずどこかを妥協しなければなりません。駅からの距離なのか築年数なのか、こだわる条件は人それぞれですがアパートはマンションに比べて格段に値段が安いのでおすすめです。

後は築年数にも注目してください。築年数が古くてもふるりフルリフォームされている物件の場合は内装がとても綺麗です。

スポンサードリンク

引っ越すために必要な貯金額は20万円前後

実際に入居するためには【引っ越し代】と【初期費用】が必要になります。

一人暮らしの引っ越し代相場は平均で3万円程度ですが、自分でレンタカーを借りたり友人に手伝ってもらうなどすれば安くすることができます。

問題は初期費用です。初期費用は賃料×4~5か月分が相場です。

【初期費用相場】

家賃 初期費用目安
40,000円 16~20万円
50,000円 20~25万円
60,000円 24~30万円
70,000円 28~35万円

初期費用を手っ取り早く安くするには【敷金】【礼金】【仲介手数料】に着目し、なるべく0円の物件を探すとめちゃくちゃ安くなります。

賃料が5万円でも込々で10万円程度に抑えられる物件もあります。

余裕をもって引っ越しをしたいなら20万円~30万円ほどは貯蓄しておきたいところです。

安く抑えたいなら敷金、礼金、仲介手数料を気にすればかなり出費を減らすことが可能です。

より条件の良い物件を探すのにおすすめのサイト

たいていの場合はスーモやホームズのような大規模サイトを使って部屋探しをすると思いますが、人気の高い物件(条件の良い物件)は掲載された時点で成約してしまいます。

そこでおすすめなのがイエプラというサイト。

イエプラの物件

条件を伝えると半自動で部屋探しをしてくれるサービスで、スーモやホームズに掲載されていないような物件を紹介しくれます。

チャット機能があるので気になることや家賃交渉等は気軽に質問したり相談できます。

さらにイエプラでは通常不動産業者しか見ることのできない【ATBB】というサイトが無料で閲覧できます。

イエプラATBBホーム

スーモやホームズに掲載される前の物件は一時的にこういった不動産業者サイトに集められるので、誰よりも早く条件の良い物件を探すことが可能というわけです。

実際に利用してみましたが、まだネットに掲載されていない物件も多いのでおすすめです。

イエプラのホームページへ

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す