家賃4万円で一人暮らしするなら手取りや初期費用はいくら必要?

家賃4万円は賃貸物件の中でも比較的安価で、都心から少し離れた駅じゃないと見つからないような家賃価格です。

今回は家賃4万円で一人暮らしするならどの程度の手取りや年収が必要になるのか生活費や初期費用を計算してみました!

家賃4万円なら理想手取りは月12万円以上

家賃というのは自分の収入に応じて理想額が異なります。

基本的には手取り収入の3分の1程度が理想と言われていて、それに当てはめるとだいたい月12万円以上の手取りは欲しいところ。

理想額
手取り月収12万円
額面月収約15万円
年収約180万円

手取り12万円となるとアルバイトやフリーターでも稼げる金額となります。

正社員の場合はほとんどボーナスがもらえないような会社に勤めている可能性が高いため、今回はボーナスを計算に入れずに年収を割り出しています。

ボーナスがある場合はボーナスをすべて貯金すると仮定して計算していきます。

入居審査基準は年収180万円以上が必要

部屋を借りる上で必ず通らなければならないのが入居審査です。

一人暮らしがしたくても入居審査基準に満たない年収だとたとえ家賃が安くても部屋を借りることはできません。

一般的に入居審査は家賃×36か月分の年収があれば通るといわれているので家賃4万円の場合だと約144万円が基準値となります。

家賃審査に通る年収目安
4万円144万円
5万円180万円
6万円216万円
7万円252万円
8万円288万円
9万円324万円
10万円360万円

もちろんあくまで基準なだけなので144万円に満たないからと言って必ずしも部屋が借りられないとは限りません。

家賃が高い物件はその分、家賃が払えなくなったときの大家の損失も大きくなるので厳しくなってしまう一方、家賃の安い物件は簡単な審査方法しかとっていないところも多いです。

また、かなり好条件で人気の高い物件の場合だと大家としては入居者を選び放題なので審査も厳しくなる傾向があり、逆に需要が低くなかなか入居者が集まらない状態であれば審査がゆるくなる傾向があります。

「審査に通るか微妙」なラインの場合は家賃保証会社の利用を勧められたり、審査途中で急に電話がかかってきて詳しく年収について聞かれることがあります。

家賃4万円程度だと物件的にはあまり需要が高くない可能性が高いので審査基準に多少見合わない年収だとしても徹可能性はあります。

家賃4万円の初期費用相場は約20万円前後

部屋を借りる際にかかる初期費用の平均は家賃×4倍~5倍程度と言われています。

家賃4万円であればだいたい16万円~20万円程度に収まることが多いです。

内訳についてもまとめてみました。

【家賃4万円の初期費用内訳】

前家賃40,000円
敷金40,000円
礼金40,000円
仲介手数料44,000円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料5,000円
合計199,000円

実際に計算してみると約20万円程度で収まりました。

初期費用は正直物件によってかなり差が出てしまうので目安程度に考えておきましょう。

例えば敷金、礼金、仲介手数料がかからない物件だったらそれだけで15.5万円も安くなるので初期費用合計は10万円未満で済むこともあります。

前家賃40,000円
敷金0円
礼金0円
仲介手数料0円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
事務手数料5,000円
合計75,000円

初期費用を安くしたいのであれば注目すべきは【敷金】【礼金】【仲介手数料】です。

敷金に関しては退去時のクリーニング費に充てられ、余った金額は返金されるので無駄にはなりませんが、礼金と仲介手数料は払っても戻ってくることはありませんし、払ったことで得られる恩恵というのは何もありません。

この3項目を0円にすることができれば初期費用を大きく抑えることが可能です。

逆に不動産選びを間違えてしまうと【入居安心サポート費】というよくわからない費用に1.5万円程度とられたり、消毒施工費などの意味があるか微妙な効果のものをほぼ強制的に加入させられて高くなるので注意してください。

入居時の消毒サービスは任意で拒否できる?自分でやるのと効果は同じ?

また、保証人不要の物件は家賃保証会社の利用が必須となるので初期費用に家賃の50%程度が上乗せされてしまいます。

家賃4万円で普通に生活すると赤字になる

生活費に関しては総務省統計局のデータを参考にしています。家賃を含む1か月の生活費がわかるとだいたいどのぐらいの手取りが必要になるか見えてきます。

もちろんこれも平均値をまとめてものなので人によってももっと安かったり高かったりするので目安です。

家賃40,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計140,000円

手取り12万円で普通に生活してしまうと月約14万円もかかってしまうので2万円の赤字となってしまいます。

手取り額で生活するためには上記の生活費から多少節約する必要が出てくるというわけです。

手取り額別に1か月あたりの生活費を赤字にならないように計算しなおしてみました。

手取り12万円の場合

家賃40,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費20,000円
雑費10,000円
交際費20,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計120,000円

手取り12万円なら食費を2万円削ることによって手取り月収以内で納めることができます。

食費4万円というのは体感的には結構外食とかしないといかないぐらい高めの数値となっているので自炊を増やすだけでも自然と2万円以内で収めることは可能です。

月2万円だと1日に使える食費は約667円となります。

多少の我慢は必要ですが、十分に生活できます。

手取り11万円の場合

家賃40,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費20,000円
雑費10,000円
交際費10,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計110,000円

手取り11万円の場合は食費を削っただけでも月12万円かかってしまうため赤字です。

さらに1万円削るためには交際費等の遊び金を少し節約する必要が出てきます。

人によっては交際費1万円はかなりきついですが、ほとんど友達と遊ばない人なら可能な額です。

飲み会は月に3回ほど行くことが可能。1日どこかで遊ぶってなったら1回で飛んで行ってしまいますが。

手取り15万円の場合

家賃40,000円
電気代4,000円
ガス代4,000円
水道代3,000円
ネット代4,000円
食費40,000円
雑費10,000円
交際費30,000円
交通費10,000円
スマホ代5,000円
合計150,000円

手取り15万円なら節約を考えなくても普通に生活することが可能です。

食費4万円なら外食もちょくちょくすることができますし、交際費を3万円に増やしてもトータルはプラスマイナスゼロです。

貯金をしたいのであれば手取り11万円や手取り12万円のケースと同様節約する必要があります。

手取り15万円あれば一時的に使いすぎて赤字になってしまっても節約するだけで取り戻すことが可能です。

年収300万円なら年間約100万円ほど貯金が可能

家賃4万円だと普通に生活しても理想手取り12万円で赤字になってしまうので今回は少し節約をする前提として生活費8万円でどの程度の貯金ができるのか計算してみます。

年収144万円の人が家賃4万円の物件に住んで生活費8万円で生活するとちょうどプラスマイナスゼロ。

家賃を含む生活費は1年間で約144万円。

年収手取り貯金できる額
150万円約123万円-21万円
200万円約163万円19万円
250万円約192万円48万円
300万円約240万円96万円
350万円約280万円136万円

年収200万円あれば月々1万円~2万円ほどの貯金ができます。

年収が300万円あれば年間約100万円ほど貯金することができます。

生活費を節約する前提となっているので実際にこの金額を貯金するのは少し難しいかもしれませんが、現実的に貯金できない数字ではないので貯金したい人は目安にしてみてください。

引っ越しに必要な貯金額は約26万~33万円

引っ越すためには入居する際の初期費用だけでなく、荷物を運ぶために引っ越し業者に依頼したり、今現在一人暮らしならその物件を退去する際のクリーニング代がかかります。

それを含めてどのぐらいかかるのか計算してみました。

初期費用約16~24万円
退去費用約3万円
引っ越し代約3~5万円
合計約22万円~32万円

家賃4万円なら初期費用が賃料×4か月~5か月分で16万~20万円前後かかるので引っ越し業者依頼費と退去費を合わせると22万円~32万円ぐらいが平均となります。

初めて一人暮らしする場合は退去費用を考えなくて良いので上記の金額より安く済みます。

また、引っ越しを業者に頼まずに自力でレンタカー等を借りてできるのであればさらに3万~5万円の金額を浮かせることができます。

特に近距離の引っ越しであれば業者に頼まなくても自力で引っ越しは可能です。

家賃を抑えて良い条件の物件に住む方法

家賃5万円の物件を都内で探してもなかなかよい条件の物件はありません。

キッチンがなかったり風呂がなかったり部屋が異常に狭かったり駅からかなり遠かったりなど生活に支障が出るレベルの物件も多いです。

そこで家賃を比較的抑えつつある程度理想的な物件を探す方法について紹介していきます。

主要駅を避けて探す

山手線のような有名どころの沿線や新宿、渋谷、池袋のような路線数の多い主要駅は利便性が高いためかなり家賃が高くなってしまいます。

家賃5万円でそれなりに良い物件を探したいなら主要駅は避けてあまり人気のない駅を選ぶようにしましょう。

生活に必要なのは最寄にスーパーや銀行があるかどうか程度なので発展している必要はありません。

1駅離れるだけでも家賃が1万円以上違ったりするので条件に合う物件が見つからない時は検索する駅を変えてみましょう。

築年数が古いリノベーション物件を探す

意外と穴場物件となるのが築年数は古いけど内装はフルリノベーションされている物件です。

古い物件に抵抗を感じる人は多いと思いますが、かなり築年数が古くなると需要が低下して全く入居者が集まらなくなるため内装を全てリノベーションする傾向があります。

内装は新築同様の綺麗さがありながら家賃はかなり安いので住む人にとってはかなりお得で狙い目な物件となるわけです。

外観自体は古いままなのでリノベーションされているからといって人気物件になるわけではないのでかなり掘り出し物件が見つかる確率も高くなります。

築年数が古いアパートや賃貸マンションに住むメリット・デメリットまとめ

シェアハウスを探す

「実家を出たい」もしくは「今住んでいる物件の家賃が高くて困っている」という場合は一時的にシェアハウスを借りることをおすすめします。

というのもシェアハウスは相場に比べて圧倒的に家賃が安いのが理由の1つ。都内でも5万円前後で借りることができます。

また、初期費用も通常の賃貸物件のように何十万もかかることはありません。2~3か月分の賃料が払えるなら問題なく借りることができます。

審査も緩くてフリーターや現在無職で少し貯金があるという人にもおすすめ。

シェアハウスと聞くと「赤の他人と共同生活」をイメージしますが、最近は各部屋に鍵がついていてリビングや風呂・トイレのみ共有するというケースが多いです。

ほとんど顔を合わせることもありませんし、他人に介入されることもあまりないので生活しやすいです。

シェアハウスがやめとけと言われるデメリットと意外なメリット

家賃や初期費用を安く抑えられる不動産サイト

仲介手数料は基本的に家賃1ヶ月分かかりますが、仲介業者を選べば無料や半額で済ますことも可能です。

同じ物件でも初期費用が変わるので不動産選びは重要。

仲介手数料が安い不動産の例

他にも初期費用や家賃が全体的に安い不動産をまとめてみました。

ビレッジハウス

ビレッジハウス

ビレッジハウス公式サイト

ビレッジハウスは政府が昔管理していた雇用促進住宅を一括で借り上げ内装をリフォーム・リノベーションした物件を提供しています。

通常の賃貸物件とは違い築年数が古くて安い住宅を買って賃貸物件として提供しているため広い割に安いという特徴があります。

敷金や礼金、仲介手数料はもちろん更新料でさえも無料です。

初期費用

最大3万円のキャッシュバックも行っているので初期費用がわずか数千円で済んだという人も中にはいるぐらい安いです。

ビレッジハウスはやばい?口コミや評判と安い理由をまとめてみた

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅

UR賃貸住宅の公式サイト

UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が管理している公的な賃貸住宅のこと。

通常賃貸物件は民間企業が仲介したり管理していますが、URの場合は行政が管理しているので仲介手数料はもちろん敷金・礼金もかかりません。

物件はビレッジハウスと似ていて団地のような物件が非常に多いので一人暮らしというよりも同棲やルームシェア向きの物件が多いですね。

UR賃貸の良いところは家賃の前払いをすることで実質審査なしで部屋を借りることができることです。

休職中やフリーランスで貯蓄はあるけど年収的に部屋が借りられない場合でも前払いすれば部屋を借りられるので貯蓄がある人向けのサイト。

UR賃貸住宅の評判はやばい?住みたくないと言われるデメリットとは

イエプラ

イエプラは自宅にいながら店舗に行った時のように部屋を探してもらえるサービスです。

スーモやホームズと同じ取り扱い物件数を持ち、最新の物件情報を提供してもらえるのが最大の魅力です。

UR賃貸やビレッジハウスのように初期費用や家賃そのものが安いというわけではありませんが、通常の不動産のような消毒施工費などの無駄なオプション費用が一切かからないので初期費用が高くなることはありません。

チャットで専門スタッフとやり取り可能なのでカテゴリー分けできない細かい条件(初期費用10万円以下など)を伝えることもできます。

イエプラのホームページへ

エイブルやアパマンショップ等の物件もイエプラを通して紹介してもらうことで初期費用を少し安くすることができます。

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

まとめ

MEMO
  • 家賃4万円の理想手取りは計算上手取り12万円
  • 快適に生活するなら手取り14万円以上は必要
  • 入居審査は年収144万円以上なら通る
  • 都内に住むならシェアハウスが現実的

家賃4万円は地方や都心から少し離れた地域であれば普通にありますが、都心だと風呂やトイレすらないような部屋ばかりになってしまうので部屋を借りても快適に生活するのはかなり難しいです。

どうしても都内に住む必要があるならいっそのことシェアハウスを借りたり、友達とのルームシェアを視野に入れたほうが良いと思います。

生活費は月14万円かかるので計算上の理想手取りは12万円ですが、欲を言えば手取り14万円ほどは欲しいです。

少しでも参考になれば幸いです。

家賃5万円で一人暮らしするなら手取りや年収はいくら必要?