隣人騒音トラブル!隣りの部屋から壁ドンされた時の正しい対処法


隣人騒音トラブル!隣りの部屋から壁ドンされた時の正しい対処法

壁ドンという言葉は最近では別の意味で使われることが多くなりましたが、本来の意味ではあれば隣りの部屋からドンドンとされることを指します。

一人暮らしならあるあると言えるレベルで頻繁に起こる壁ドン。

もう心臓が飛び出そうなほど私はビビりましたが、今回はそんな隣人トラブルの一つである壁ドンの正しい対処法についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

身に覚えがある場合

隣人騒音トラブル!隣りの部屋から壁ドンされた時の正しい対処法

まず、壁ドンがされる理由というのはほとんどの場合が「声がうるさい」「テレビの音が大きい」等、音が関係しています。

 

身に覚えのある場合、テレビの音量や音楽に関しては小さくすることで今後壁ドンを防ぐことができます。

防音対策については別のページにまとめましたので参考になるかと思います。

 

私が一人暮らしをしていて、壁ドンをされたときは宅飲み時がほとんどでしたが、これに関しては静かにするほかどうしようもありません。

 

人の声というのは思っている以上に隣の部屋に聞こえるものです。

自分の寝る時間に隣が騒がしかったらイライラするのも無理はありません。

特に木造アパートや鉄骨造のアパートに住んでいる場合は建物の構造上、音が隣に漏れるのは仕方のないことです。

自分の住んでいる物件がどの程度音が響くかチェックしてみてください。

 

心理的には壁ドンをする人はわざわざ直接言う勇気がない人が多いのも一つの特徴です。

 

なので壁ドンされたら少し静かにすると収まります。

それでも収まらないようなら隣の部屋を訪ねるのもありです。

私も一度やってみましたが実際はほとんどの場合出てきません。

 

なぜなら、壁ドンする人は基本的に小心者だから。

もし、インターホンを鳴らしても出てこない場合は再び壁ドンをされる確率は低くなると言えます。

逆に相手がうるさかった時はこちらからクレームを入れるべきです。

隣りの部屋がうるさかった時の正しいクレームの入れ方

スポンサードリンク

身に覚えがない場合

 

大概は騒音トラブルなので自分の身に覚えがある場合がほとんどですが、中には静かにしているのに壁ドンをされたということも。

 

考えられる理由は2つ。

  • アクシデントによるもの
  • 隣人がキチガイ

 

一人暮らしの部屋は基本的に狭いので、ベッドは壁沿いに設置されていると思います。

 

寝ている時に肘や頭が壁にぶつかって、それが壁ドンとして聞こえてしまうことはよくあること。

 

この場合は実際に相手はうるさいとは思っていないので気にする必要はないと思います!

 

しかし、もう一方は厄介!!

隣人がちょっと変わり者、いわゆるキチガイだった場合。

私は頭が少しおかしい人が隣に住んでいたことがあるのですが、静かにしているのに急に壁ドンをされたことがあります。

 

相手の精神がおかしい場合は壁ドンの回数が尋常じゃない。

当時は同じアパートの別の階に後輩が住んでいたのですが、後輩の部屋にまで壁ドンが響いていたそうですw

 

さすがに、壁ドンの回数が多かったので、ある日「うるさいぞ」と壁越しに怒鳴ったら、それ以来壁ドンが来ることもなくなりました。

隣人騒音トラブル!隣りの部屋から壁ドンされた時の正しい対処法

正直これは正攻法とは言えませんが、やり返すと案外収まるケースもあるようです。

出来ることなら相手の部屋のインターホンを鳴らして謝りに行くとその後の関係も悪化せずに済むと思います。

 

大概の場合は部屋から出てきてくれないと思いますが、インターホンを押すことでこちらからもけん制をすることが出来ます。

もし嫌がらせのような壁ドンの仕方をされた場合は管理会社に直接訴えかけるのも良いと思いますよ!

余談ですが深夜にインターホンが鳴った場合、たいていは隣人のクレームなので居留守を使うと面倒なことになるかもです。

もちろん開けたら誰もいない・・・なんてこともあり得ますけどね。私は2回ほどあります。

深夜にインターホンを押す非常識者は誰!?

 

もし壁ドンをされたときはぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す