家賃交渉はタイミングや時期が重要!いくらまで可能?どこまで下がる?


家賃交渉はタイミングや時期が重要!いくらまで可能?どこまで下がる?

一人暮らしで部屋を探すにあたって一番重要とも言える家賃!

通常最初に希望家賃額を担当に告げると物件を探してくれますがなぜか希望家賃額よりも高い物件を提示してくることがよくあります。

なんか嫌ですよね(笑)

そこで今回はそんな手口を逆手に取った家賃交渉の仕方やいくらまで家賃交渉可能なのかまとめてみました!

スポンサードリンク

家賃交渉はいくらまで可能?

家賃交渉はタイミングや時期が重要!いくらまで可能?どこまで下がる?

通常一人暮らしというのは不動産仲介業者に部屋を探してもらいます。

物件を持っているのは大体が大家さん。

なので家賃交渉は自分ではなく担当してくれる賃貸ショップの方ということになりますね!

 

で、世間一般で可能だと言われている金額は1000~10000円ほど。

元の家賃がどれぐらいかによりますが一人暮らしだと平均は約3000円ぐらいの値引きは可能と言われています!

3000円の値引きが成立すれば年間36000円もオトクになります!

これはぜひとも交渉を成功させたいですよね!!

家賃の他にも

  • 敷金
  • 礼金

の交渉も可能となっています。

物件によっては大きく値下げしてくれる可能性もあるのでダメ元でもやってみるべきです。

家賃交渉テクニック

家賃交渉はタイミングや時期が重要!いくらまで可能?どこまで下がる?

家賃の交渉において重要なのは担当の方と仲良くなるのが手っ取り早いです!

逆の立場になって考えてみれば、感じの悪い客の家賃交渉なんてしたくないですよね、仕事とは言えど(笑)

そういう場合、家賃交渉も適当に済まされてしまいます。

とはいっても実際仲良くなろうと思っても難しいので、嫌われない程度に愛想を振りまいておく程度で良いと思います。

 

続いて冒頭でも述べましたが、担当はこちら側の希望家賃額よりも高い物件を提示することが結構あります!

しかも条件に合って住みたいと思うのは大概希望の家賃額より高い(笑)

まぁこれが向こう側のやり方です!

しかしこれを逆手に取るのです。

 

ここからは心理学的な話になりますが、担当の方がこちら側の希望家賃額よりも高い物件を提示した時に少なからずの罪悪感が生まれています(家賃が希望額じゃなくて申し訳ないなど)

この時に「条件は完璧だけど家賃がなぁ・・・」と渋ってください。

担当は契約させようと必死なので必ず「家賃交渉してみましょうか?」と提案してくれますよ!

ここまで持っていけたら出来るだけ多めに家賃の値引き額を担当に伝えてみてください。

おそらく希望の額は通らないでしょうがその額付近まで交渉してくれるはずです。

ちなみに入居者が多くなる時期は家賃交渉がしにくくなり、逆に閑散期には家賃交渉がしやすくなる傾向があるのでこの時期を狙い目にするのもポイント結構ポイントだったりします。

一人暮らしの部屋を探す最適な時期・タイミングはいつ?

スポンサードリンク

礼金狙いが交渉を成功させる

 

実は家賃を値引きすることよりも礼金を0にしてもらうことの方が格段に成功率は上です。

家賃を値引きするということは大家さん的には毎月の収入が減るということ。

しかし礼金の場合は最初のお金が入らなくなるだけで済みます。

 

2年間済む予定の部屋で家賃が7万円だと仮定します。

礼金が家賃1ヵ月だとすると家賃交渉で3000円値引いてもらうのとほぼ一緒です!

 

交渉するときに「家賃3000円ぐらいか礼金を0にしてほしい」と伝えればどちらかの交渉は成功すると思います!

メールで交渉してみるのもありなようですね。実際に交渉に応じてくれるかは別ですが直接言うのが苦手な人にはいいかもしれません。

相手もプロなのでこういう嘘は息するのと同じようにつきますが、言われたら焦るのも仕方ないですね。

ちなみに仲介業者はあらかじめ家賃の値下げ幅を大家と取り決めているという噂もあるので、あまり食い下がっても一定以上は下げてもらえない可能性があることを頭に入れておいてください。

いかがでしたか?

こちらが何も言わなければ絶対に交渉はしてくれないのでここは積極的に交渉を提案してみてください。

入居審査を利用した家賃交渉のテクニック

こちらにも家賃交渉のテクニックについてご紹介しているので合わせてご覧ください。

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す