学生の一人暮らし!親からの仕送り額がいくらあれば生活できる?


大学生から一人暮らしを始める方は非常に多いと思いますが、実際学生の本分は勉学なので親から仕送りをしてもらって生活している人がほとんど。

では、その仕送り額はいったいどれぐらいなのか!

今、大学生で一人暮らしをしている方も親的にもこの辺は気になると思うので仕送り額の平均を調べてみました!

私が学生時代に親からもらっていた実際の仕送り額などもご紹介していきますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

一人暮らしでかかる1か月の生活費

スーモの調査によると一人暮らしの平均家賃は約6.5万円と言われています。

それを元に1か月でかかる費用をざっくりと計算してみました。

【1か月でかかる費用】

項目 金額(月あたり)
家賃 65,000円
光熱費 約10,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約20,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約20,000円
合計 約134,000円

家賃と光熱費を抜くと生活に必要なお金は約6.9万円ほど。

人によって食費や交際費にはかなり差があるので、一概には言えませんがある程度節約してもこれぐらいのお金はかかってしまいます。

大学生だと授業もあるので13.4万円を一人で稼ぐのはかなり大変です。仕送りなしで一人暮らしをしようとすると最低でもこのぐらいの生活費がかかるのでほとんどバイトして過ごすことになるでしょう。

私の友人に週6でバイトをして月20万円ほど学生で稼いでいる人がいましたが、実際そうなると遊ぶ時間というのはほとんどなく、サークル活動もできない状況になってしまいます。

実際問題、学生で一人暮らしをするとなると親からの援助はある程度必要になってきます。

もし、親が一切援助をしてくれなくて、それでも一人暮らしをしたい場合は家賃が格安の物件を見つけていかに家賃を減らせるかが大切。

仮に家賃3万円なら月10万円以内の出費で抑えることができますからね。

仕送り額やバイト代平均を調べてみた

全国大学生活協同組合連合会によるデータによると一人暮らしをしている学生の仕送り額平均は約7万円という結果が出ています。

これはあくまで平均値なので、家庭によって仕送り額はバラバラです。

家賃+光熱費の他に仕送り額が7万円という話であれば、先ほどの1か月にかかる生活費としては十分やっていける額です。

しかし、総額として7万円ならアルバイトで月に6.4万円以上稼がなければ生活自体が破綻してしまいます。

ちなみに学生のアルバイト収入平均額は約4万円ほどです。大学生ならある程度時間にゆとりがあるのでアルバイトで4万円を稼ぐのはそう難しくありませんが、10万円以上稼ぐのは結構大変です。

私が学生自体に貰っていた仕送り額やアルバイト収入

一人暮らしを始めたのは大学1年生の5月からで、最初は高校時代に貯めていた貯金などを切り崩して生活していました。

田舎だったので木造アパートで家賃は3.5万円ほどとかなり格安でしたが、家賃と光熱費、ネット代は親名義で親に払ってもらっていた形です。

貯金がなくなったあたりから仕送りを貰って生活していました。仕送り額は月々約5万円ほどでしたが、実際に遊んだり食費等もあるのでこの額だと足りなかったのでアルバイトをすることに。

アルバイトの収入は月々5万円~7万円ほど。週に3回~4回、1日4時間~6時間ほど働いていました。

大学1年生の時は履修科目も多く、ほとんど自分の時間が取れなかったのであまりアルバイトをする時間はありませんが、2年生以降になると余裕ができるのでこの額は誰でも十分に稼ぐことが可能です。

少し貯金をする余裕もあるほどでしたが、もし仕送りをもらえていなかったと考えると、生活はかなり苦しくなっていたでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ:仕送り額平均は7万円ほどで、これだけあれば一人暮らしは余裕

実際に家賃とは別に7万円あれば一人暮らしで生活していくことも苦ではありません。遊びに行けないってことはありませんし、よほど無駄遣いをしなければ生活できます。

家賃や光熱費を払ってもらっていて、なおかつ仕送りがない場合はアルバイトで月々7万円以上稼がないと結構辛いかも。

親御さんにとっては授業料を払った上で家賃を支払い、さらに仕送りをするのはかなりの出費となるので、一人暮らしに反対する理由は最もです。

もし、まだ一人暮らしをしていなくて、親を説得するのであれば金銭的な問題を自分でやっていくから、と説得するのが良さそうですね。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す