大学生の仕送り平均額は?家賃抜きでいくらあれば生活できる?

大学生から一人暮らしを始める方は非常に多いと思いますが、実際学生の本分は勉学なので親から仕送りをしてもらって生活している人がほとんど。

では、その仕送り額はいったいどれぐらいなのか!

今、大学生で一人暮らしをしている方も親的にもこの辺は気になると思うので仕送り額の平均を調べてみました!

僕が学生時代に親からもらっていた実際の仕送り額などもご紹介していきますので参考にしてみてください。

大学生の仕送り額の平均はいくら?

全国大学生活協同組合連合会による2020年のデータによると一人暮らしをしている学生の仕送り額平均は約7万円という結果が出ています。

これはあくまで平均値なので、家庭によって仕送り額はバラバラです。

都内に住むのであれば物価も高いので仕送り額も増えますが、地方ならそこまで仕送りがなくても生活できるという判断から少ない仕送り額になっています。

家賃+光熱費の他に仕送り額が7万円という話であれば、1か月にかかる生活費としては十分やっていける額です。

しかし、総額として7万円なら学生の家賃平均で考えるとアルバイトで月に3.9万円以上稼がなければ生活自体が破綻してしまいます。

ただ親の生活を考えたときに仕送りを毎月7万円送るって結構な負担です。

大学生となると授業料だけで年間100万円前後かかりますし、それに加えて仕送り額年間84万円を送るってことですからね。

アルバイトで稼ぐ平均額は?

学生のアルバイト収入平均額は約4万円ほどです。

大学生ならある程度時間にゆとりがあるのでアルバイトで4万円を稼ぐのはそう難しくありませんが、10万円以上稼ぐのは結構大変です。

特に1年生の時は必修科目も多く、1限目からフルで講義が入ってしまったり、空きコマがあっても中途半端な時間でしかも1時間30分しかないのでバイトを入れることもできません。

終わってから居酒屋等でバイトをするのはありですが、アルバイトの職種によっては夜の営業をしていないこともあるので自分に合っているバイトは探せないかもしれません。

また、学生の場合は提出物が定期的にあるのでそのために時間を割かなければならず、毎日バイトを入れるのは現実的ではありません。

僕が学生時代に貰っていた仕送り額やアルバイト収入

一人暮らしを始めたのは大学1年生の5月からで、最初は高校時代に貯めていた貯金などを切り崩して生活していました。

田舎だったので木造アパートで家賃は3.5万円ほどとかなり格安でしたが、家賃と光熱費、ネット代は親名義で親に払ってもらっていた形です。

最初の半年ほどは高校時代に貯めた貯金でなんとかなりましたが、底を尽きてからは親に頼んで仕送りを貰って生活していました。

仕送り額は月々約5万円ほどでしたが、実際に遊んだり食費等もあるのでこの額だと足りなかったのでアルバイトをすることに。

アルバイトの収入は月々5万円~7万円ほど。週に3回~4回、1日4時間~6時間ほど働いていました。

大学1年生の時は履修科目も多く、ほとんど自分の時間が取れなかったのであまりアルバイトをする時間はありませんが、2年生以降になると余裕ができるのでこの額は誰でも十分に稼ぐことが可能でした。

本気を出せば1年目でも10万円近く稼ぐ人もいましたが、さすがにそこまでの根性はありませんでした。

少し貯金をする余裕もあるほどでしたが、もし仕送りをもらえていなかったと考えると、生活はかなり苦しくなっていたでしょうね。

家賃抜きでいくらあれば生活できる?

一人暮らしの平均家賃は約6.5万円と言われていますが、学生に限定すると光熱費込みで5.3万円が家賃平均となっています。

社会人に比べて学生は初めての一人暮らしということで圧倒的にアパートが多く、また大学近くの物件は相場よりも安い傾向があるので平均家賃も低くなっています。

【学生が1か月でかかる費用】

項目金額(月あたり)
家賃光熱費約53,000円
食費約25,000円
交通費約3,500円
教養娯楽費約11,000円
書籍費約2,000円
勉学費約2,000円
日常費約7,000円
スマホ代約3,500円
その他約2,000円
合計約109,000円

家賃と光熱費を抜くと生活に必要なお金は約5.6万円ほどです。

親に家賃を払ってもらっているのであれば約6万円を稼ぐことができれば生活することが可能です。

ちなみに社会人が1ヶ月でかかる費用はこちら。

【社会人が1か月でかかる費用】

項目金額(月あたり)
家賃65,000円
光熱費約10,000円
ネット代約4,000円
スマホ代約5,000円
食費約20,000円
雑費約10,000円
交際費(交通費込み)約20,000円
合計約134,000円

人によって食費や交際費にはかなり差があるので、一概には言えませんがある程度節約してもこれぐらいのお金はかかってしまいます。

学生の場合は学校の近くに住むので交通費は友人と遊びに行く時ぐらいしかかかりませんし、何をするにも学割が利くので社会人に比べて安く済む傾向があります。

ただし、それでも大学生にとって仕送りを一切してもらえないと約11万円ほど稼がないといけないのでかなり大変な生活をすることになります。

僕の友人に週6でバイトをして月20万円ほど学生で稼いでいる人がいましたが、実際そうなると遊ぶ時間というのはほとんどなく、サークル活動もできない状況になってしまいます。

実際問題、学生で一人暮らしをするとなると親からの援助はある程度必要になってきます。

もし、親が一切援助をしてくれなくて、それでも一人暮らしをしたい場合は家賃が格安の物件を見つけていかに家賃を減らせるかが大切。

家賃以外で支出を抑える方法

家賃は固定費なので住んでしまったら下げることはできませんが、正直一番負担が大きいのが家賃です。

家賃を抑えることができれば月々の出費もかなり抑えられます。親に家賃を援助してもらえる場合は家賃以外の出費をいかに抑えるかがカギです。

かといって学生時代を楽しむには娯楽費をケチってしまうのも非常にもったいないので、それ以外で削れる部分について考えてみました。

外食を控えてなるべく自炊する

学生時代は自炊するのも面倒だし、そもそも料理スキルがなくて外食に頼ってしまう人は多いと思いますがめちゃくちゃお金がかかります。

例えば1ヶ月の食費を全て外食にしたとしましょう。ランチで安くても500円かかりますし、ディナーはだいたい1,000円前後かかってしまいます。

朝食を抜いたとしても1日1,500円×30日で1ヶ月あたり45,000円出費することになります。

自炊の場合だと仮にスーパーで2,000円分の食べ物を購入しても2日~3日は余裕で持ちます。1日1,000円に抑えれば月30,000円、700円なら月約20,000円程度で抑えることが可能。

ちなみに僕はお金がなくてとにかく自炊で食費はケチっていました。当時家計簿をつけていましたが食費は一番安い時で月5,000円という安さ。

まぁさすがにここまで安いのは相当ケチっていたからですが、自炊すれば月20,000円以下に抑えるのは割と容易いです。

電気代とガス代を抑える

親に払ってもらえているのであれば問題ありませんが、自分で払うとなると電気代・ガス代は結構大きな出費です。

電気代を一番使うのが冬の時期の暖房機器です。エアコン、ハロゲンヒーター、ホットカーペットなどとにかく部屋を暖めよとするとかなり電気代がかかります。

僕は学生時代に何も考えずに暖房を使っていたら月15,000円ぐらい取られたことがあります。

この高さに驚愕してから”何にどのぐらいのお金がかかるのか”考え直して、今では電気代がかかりにくいコタツで冬場は凌ぐようになりました。

一人暮らしの冬の電気代平均はいくら?暖房器具の料金まとめ

ガス代に関してはお風呂が一番お金がかかります。特に冬場の長風呂はガス代がめちゃくちゃかかるのでシャワーの時間を考えたり、浴槽に浸かる頻度を減らすだけでも出費は抑えることができます。

一人暮らしでもお湯に浸かりたい!お風呂に入ると一回いくらかかるのか

スマホ料金を見直す

スマホ代は固定費として毎月一定額を支払わなければならないのでなるべく抑えたいところ。

僕が当時使っていたのはソフトバンクの携帯で月々約7,000円ぐらいでした。大手キャリアならだいたいこのぐらいになってしまいますが、友人に格安スマホを勧められて乗り換えたら月約2,000円の出費で済むようになりました。

「家族割が効くからこのキャリアじゃないとダメ」という人は無理に乗り換える必要はありませんが、特にこだわりがないなら個人的には格安スマホがおすすめです。

固定費を下げることで年間かなりお得になります。上記のように5,000円安くなれば年間60,000円も安くなるってことですからね。

スポンサードリンク

まとめ

MEMO
  • 親からの仕送り額平均は家賃抜きで7万円程度
  • 家賃+光熱費以外でかかる費用は約5.6万円
  • 大学生のアルバイト平均収入額は約4万円ほど
  • 1年生は履修科目も多く、忙しいので1年間だけ親に支援してもらうのもあり
  • 大学生が本気で家賃+生活を稼ごうとすると充実した生活を送れない

【仕送り別の必要額まとめ(家賃抜き)】

仕送り額アルバイト必要額
0円約56,000円
10,000円約46,000円
20,000円約36,000円
30,000円約26,000円
40,000円約16,000円
50,000円約6,000円
60,000円必要なし
70,000円必要なし

実際に家賃とは別に6万円あれば一人暮らしで生活していくことも苦ではありません。遊びに行けないってことはありませんし、よほど無駄遣いをしなければ生活できます。

家賃や光熱費を払ってもらっていて、なおかつ仕送りがない場合はアルバイトで月々約6万円以上稼がないと結構辛いです。

家賃光熱費さえ払ってもらえれば学生でも講義に出ながら6万円を稼ぐことは十分可能なので一人暮らしできるということです。

親御さんにとっては授業料を払った上で家賃を支払い、さらに仕送りをするのはかなりの出費となるので、一人暮らしに反対する理由は最もです。

もし、まだ一人暮らしをしていなくて、親を説得するのであれば金銭的な問題を自分でやっていくから、と説得するのが良さそうですね。

少しでも参考になれば幸いです。

一人暮らしに反対する親を説得させる方法!反対する理由とは? 部屋を借りる時に必ずかかる初期費用の内訳や安くする方法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です