和室は安い?一人暮らしで畳み部屋に住むメリット・デメリットとは


和室は安い?一人暮らしで畳み部屋に住むメリット・デメリットとは

昔は、ワンルームを借りれば和室がほとんどだったみたいですが、最近はフローリングの部屋が圧倒的に多くなっています。

畳ってちょっと古臭いイメージもあるので敬遠してしまいがち。

そこで今回は一人暮らしで和室を選ぶメリット・デメリットについてまとめてみましたので、部屋探しをしている方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

和室のメリットとデメリット

 

【メリット】

  • 家賃が安い
  • 防音性が高い
  • 夏は涼しく、冬は比較的暖かい
  • 寝転がっても痛くない

 

検索してみるとお分かり頂けるように和室は洋室に比べて家賃が安いことが最大のメリットだと思います。

これは和室よりもフローリングの方が若者に圧倒的人気があることで需要がなくなっているためです。

それと新居の賃貸物件は和室にすることがないので、相対的に古い物件が残ることも関係しているでしょう。

また、防音性が高いため、ちょっとやそっとのことでは周囲に音が響かないのも利点。

和室ならどこに転がっても身体が痛くなりませんし、冬でもフローリングより冷えないといった特徴があります。

和室は安い?一人暮らしで畳み部屋に住むメリット・デメリットとは

参照元:naverまとめ

和室に植物を置くと、それだけでおしゃれに見えます。

【デメリット】

  • こぼすとシミになる
  • 家具を置くと凹む
  • 退去費用が高くなる
  • ダニが生息しやすい

 

フローリングなら飲み物をこぼしても拭けば済みますし、カーペットも洗うことが出来ますが、畳みはそういったことが一切できません。

また、傷はつきませんが凹みます。

普通に生活していく上でこういった事に注意しておかないと退去費用がかなり取られてしまうというのが最大のデメリット。

和室だと畳・襖の交換費用を退去時に請求される、
事が多いです。
畳も襖も普通に使っていても結構汚れます。
普通に使っていて汚れたものは、
借り主負担で修理するものなんですが
契約書に『畳み・襖の交換費用は借り主が負担する』
という特約がだいたい入っています。
ですので、だいたい請求されますね。

参照元:教えてgoo!

 

フローリングの場合は1㎡あたりで交換することができるため、退去費用もそれほど高くはなりませんが、畳の場合は丸ごと交換することになります。

畳1畳・・・平均1万円

フローリング1㎡・・・平均3000円

ものにもよりますが、これぐらい値段は変わるので退去費用もそれなりに取られるということです。

スポンサードリンク

洋室と和室どちらが良いか

 

個人的には和室よりも洋室の方が好きですが、家賃の安さを見ると和室でも抵抗がない人は和室がおすすめです。

退去費用がかかるのはデメリットですが、月々の家賃に比べたら大したことはありません。

 

2DK以上の部屋になると一部屋和室になる物件が非常に多い気がします。

和室は安い?一人暮らしで畳み部屋に住むメリット・デメリットとは

家賃を抑えたい人&広い部屋に住みたい人は和室、和室がなんとなく嫌だと感じている人は洋室を選べば良いと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

その他のメリット・デメリット

ユニットバスと風呂トイレ別

1Kとワンルーム

オートロックマンション

築年数が20年以上の物件

ロフト付物件

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す