賃貸アパートで楽器練習はできるの?苦情が来る時間帯には要注意


アパート言えば壁が薄く、隣人の生活音が聞こえてくるイメージがありますが、確かにこれに関しては間違いありません。

音楽が好きな人だったり楽器演奏が好きな人にとっては騒音を気にして満足に自宅で練習もできなくなります。

そもそも賃貸アパートで楽器の練習ってして大丈夫なのか、今回はその辺の事情と隣に響く騒音がどれぐらいなのかご紹介していきます。

スポンサードリンク

アパートで楽器演奏は不可能?

楽器の種類にもよりますが、基本的にアパートでの演奏は不可能となっている物件が多いようです。

物件の備考欄等に何も書かれていない場合は楽器の演奏しても規約違反にはなりませんが、これは本来楽器不可と書きたいところを人集めのために書いていないだけです。

家主も家賃収入で儲けるのが目的ですから、あまり厳しい規約にしてしまうと人が集まらなくなって困ってしまうため人気物件以外は空欄になっていることが多いです。

楽器を演奏してほしくないというのはアパートに限らずマンションでも同じです。

私は現在鉄筋コンクリート造の比較的防音性の高いマンションに住んでいますが、マンションでさえ備考欄に楽器不可と書かれていました。

一応規約上なにも書かれていないのであれば楽器練習は可能、不可と書かれていれば練習することはできません。

練習時は時間帯に気を付けよう

一口に楽器と言っても色々と種類がありますよね。

  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • ベース
  • 電子ドラム
  • キーボード
  • リコーダー
  • カスタネット
  • タンバリン
  • ハーモニカ

挙げるときりがありませんが、大学生の場合はギターを自宅で練習したいという方が多いと思います。

楽器不可となっていなければアパートでも練習することは可能ですし、規約違反でもありません。

ただ、時間帯を守らないと必ず苦情に繋がるので注意してください。

常識的には夜の楽器の練習は夜の20:00までにしておきましょう。

普通の人は昼間に出かけていますが夜になると帰ってくるのでその時間帯がだいたいこの時間です。

隣人が帰ってくると当然楽器の音が漏れているのでトラブルに繋がりやすいです。

朝は9:00前からは演奏しないようにしてください。

逆に昼間はアンプを用いて練習してもトラブルになることは滅多にありません。

というのも昼間は出かけている場合が多いのもそうですが、昼間に演奏していても非常識とはならないので結果的に苦情に繋がりにくいのです。

逆の立場で考えてみるとわかりやすいかもしれません。

うるさくても昼間だから仕方ないか、と普通の人はなりますからね。

スポンサードリンク

隣人にはどの程度聞こえているのか

これももちろん楽器によりけりですが、一番音が出にくいベースでも隣人は楽器を演奏していることは伝わります。

考えてみればアパートっていびきが聞こえるレベルの壁の薄さの物件が多いので当然と言えば当然ですね。

うるさいと感じるのは振動音が伝わってくる系です。

電子ドラムとかはまさにその典型例で不快に感じることが多く苦情に繋がりやすいです。

面白いことに演奏が上手いと苦情にならない場合も多いようです。

どんなに小さな音でもアパートなら聞こえてしまうということは理解しておきましょう。

その上で時間帯を考えて練習するようにしてください。

隣人が楽器を弾いていてうるさかったらどうするべき?

鉄骨造のアパートとマンションの意味の違い-防音性はどの程度か-

逆に隣人が楽器をよく練習する人だった場合の対処方法についてご紹介します。

直接苦情を言いに行くのが一番手っ取り早いですが、たいていの人はそんなことできません。

なので管理会社に連絡を入れておきましょう。

 

「○○○号室の方が深夜にも関わらず楽器を弾いていてかなり迷惑しているのですが、なんとかしていただけませんか?」と伝えてみてください。

これを伝えると管理会社の方からその人に騒音トラブルに関しての通知が行きます。

 

もちろん誰が苦情を言ったのかは絶対伝えないのでその辺は安心してください。その人が角部屋で自分自身が隣人だとバレる可能性は高いですが(笑)

大抵の人は通知があった時点で控えるようになります。

それでもやめないようであれば再度管理会社に連絡するか、直接苦情を言いにいくのもありです。

そもそも大抵の賃貸物件では一切の楽器演奏は禁止されています。これはピアノだろうが笛だろうが同じです。

ただ、それを平気で破る住人に対して大家も『管理会社』も“手出し”は出来ません。裁判所に訴えても勝訴できる(=『明渡命令』が取れる)かどうか疑問です。

参照元:教えて!goo

ただ、基本的に賃貸契約は借主が有利になっているのでこれで追い出すとかは出来ないのが現状です。

アパートは騒音トラブルに注意しよう

賃貸物件で一番トラブルに繋がるのは騒音に関することです。

これは楽器の音だけでなく宅飲みによるうるささだったり、夜中に洗濯機を回す音がうるさいなど色々と種類があります。

多少の音は仕方ないですが、自分に苦情が入らないようにある程度周りのことを考えて生活した方が結果的に自分も生活しやすいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す