一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ


一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

いざという時のために色々と防犯グッズや災害グッズなどは売っていますが、多くの人は「自分は関係ないだろう」と思っています。

実際、一人暮らしをしていても危険な状況に遭遇することは滅多にない、あるいは一度もないかもしれません。

しかし、一人暮らしをしている女性の場合は話が違います。

というわけで今回は一人暮らしの女性のための防犯対策についてまとめてみました!

スポンサードリンク

ちょっと怖い話

 

一人暮らしをしようとしている女性はなんだかんだで防犯面を考えた部屋選びをしている方が多いと思います。

なので「私は心配ない」と警戒しない場合も多いらしいのでちょっと私の友人の話を一つしたいと思います。

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

これは少し前の出来事なんですが、私の友人の彼女も一人暮らしをしています。

ある日、シャワーを浴びようと思い、お風呂場に行った時に鏡を見ていると・・・知らない男と目が合ったそうです。

 

大声を上げようとしたその瞬間、彼女は顔面を殴られ戦意喪失。

そのまま襲われてしまったという事件が起こりました。

 

なぜ彼女は全く面識のない男に襲われてしまったのか。

それは家の鍵を開けっぱなしにしてしまったせいです。

 

私もあまりこういう事件を身近に感じたことがなかったので防犯面なんて今まで一度も考えたこともありませんでしたが、なかなかに怖い話ですよね。

 

鏡越しに知らない男と目が合うのを想像してみてください・・・発狂するレベルの恐怖。

 

ちなみにこの事件の犯人は未だに捕まっていません。

顏はおそらく覚えているでしょうけど、こうした被害では証拠が残りにくいので犯人を特定することはほぼ不可能なんでしょうね。

 

つまり、最終的に泣き寝入りするしかないわけです。

 

この話を聞くと防犯面に対して少し意識しませんか?

部屋を決める前の防犯対策

 

  • オートロックの物件を探す

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

学生の場合だとオートロックの物件は少し家賃的にも高いので手が出しにくいですが、やはりオートロックだと何かと安全です。

 

正直、オートロックの物件といえど上手いこと中に入ることはできるんですけど、犯罪を犯すような人はオートロック物件の人を狙うことがほとんどありません。

防犯カメラが付いている可能性とかを考えているからでしょうね!

金銭面に余裕があればオートロック物件に住むことをおすすめします。

オートロック物件のメリット・デメリット

  • 2階以上の部屋に住む

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

家の鍵は普段から閉めるようにする人が多いですが、意外とベランダの鍵は閉めていない、もしくは閉め忘れている方が多いのも事実。

 

こういった時に2階以上の物件だと侵入することが困難なため、比較的安全です。

 

女性が2階以上の部屋に住む理由はやはり防犯面を考えてのことでしょう。

しかし、一つ注意点があります。

確かに1階じゃない分安全かもしれませんが、逆に言えば犯人は2階以上に住む人に女性が多いことがわかっているわけです。

ベランダから入れなくても先ほどの話のように玄関から入ることも可能。

オートロックじゃない物件で扉の鍵さえ開いていれば簡単に侵入は可能ですからね。

一階と二階それぞれのメリット・デメリット

  • 路地裏にある物件は避ける

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

 

ひと気がない物件というのは、かなり狙われやすいです。

犯罪者というのはできる限り一目につかないところにターゲットを絞ります。

一人暮らしの物件は結構路地裏にあることが多いのですが、できればこういう物件は避けてください。

なるべく駅から近く、人通りが多い物件を選ぶことで被害に遭うリスクを減らすことができます。

一人暮らし中の防犯対策

 

  • 鍵をしっかり閉める

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

忘れがちな方も多いと思いますが、しっかりと鍵を閉めることがなにより大切です。

 

ベランダは忘れがちな方も多いので要注意です。

基本的な事ですが、一応記載しておきます。

 

  • カーテンの色を考える

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

女性が住んでいるのか男性が住んでいるのか外から見分ける方法はカーテンです。

女性の場合、ピンクや黄色などの色を使う傾向があるので外から簡単に知られてしまいます。

 

一方男性の場合は青や茶色などのカーテンが多いことがわかっています。

 

外から住んでいる人の性別がわかってしまうので、簡単に狙いを付けることができますよね。

 

住んでいると意外と気づきにくい部分ですが、この色を変えるだけでも防犯的には効果がありますよ!

 

  • 洗濯物をベランダに干さない

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

さすがに下着までベランダに干す女性はほとんどいないと思いますが、洗濯物は性別を判断する上で良い材料になります。

 

下着じゃなくても服を見ればどんな人物が住んでいるのか一発でわかってしまいますからね。

洗濯物をベランダに干すというのは当たり前なことかもしれませんが、できる限り部屋干しすることをおすすめします。

 

どうしてもベランダに干したい場合は、男性の下着をあえて吊るすだけでもかなり効果があります。

外から見たら常に部屋に男性がいるように見えますからね!

 

  • 部屋に入る時に誰ががいると思わせる

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

部屋に人がいなくても「ただいま」と言いながら入る。

これも狙っている人がいる場合は効果があります。

 

中に誰ががいると思わせることによって相手に無理だと思わせるようにしましょう。

ちなみに、人の出入りが激しい部屋も避けてくれるので、毎晩飲み会をするような家は狙われにくいです。

居留守を使っているのがばれてしまう理由

スポンサードリンク

役立つ防犯グッズ

 

いくら部屋の防犯をしているからと言っても、外出中に狙われてはなんの意味もありません。

 

防犯グッズは色々売っていますがやはり引っ張ったり、押すだけで大きな音がでるサイレンを購入するのが一番良いと思います。

一人暮らしの女性は危険!ベランダに注意?防犯対策や狙われる部屋の特徴まとめ

持ち歩いている人なんてほとんどいないと思いますが、犯行に及ぶ人はみな大きな音を嫌います。

 

まぁ持っていてもその時に使えるかどうかはわかりませんが、持っていないと何の抵抗もできないですからね!

襲われた時って意外と声が出せないことが多いそうですから部屋に入られた時などにも役に立ちます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

一人暮らしの女性は特に目をつけられやすく危険です。

しかも一人暮らしということを知られると部屋に上がってくる場合も多いのだとか。

部屋の中なら誰にも見つからずに犯行に及ぶことができますからね!

 

普段の生活を少し見直すだけでも防犯対策になるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す