軽量鉄骨アパートはうるさい?住むのはやめとくべきなの?

アパートには木造と軽量鉄骨の2種類ありますが、防音性がどのぐらい違うのかは実際に住んでみないとわかりません。

構造によって同じアパートでも微妙に防音性は変わりますが「軽量鉄骨はやめとけ」という意見も少なからずありません。

今回は軽量鉄骨アパートは防音性が低くてうるさいのかどうか細かくまとめてみました!

軽量鉄骨アパートがうるさいのは本当

結論から言うと軽量鉄骨アパートは防音性が低いため、隣人がうるさかったりするとその音は筒抜けに響いてしまいます。

音の種類音の聞こえ方
足音聞こえる
ドアの開閉音聞こえる
テレビの音わずかに聞こえる
洗濯機や掃除機の音聞こえる
会話わずかに聞こえる
いびき聞こえる

木造よりもは多少マシですが、軽量鉄骨に防音性はあまり求めないほうがよさそうです。

もちろん中には軽量鉄骨でも遮音性に優れた素材を多く使用して建設していればある程度快適にはなりますが、一般的な軽量鉄骨アパートの防音性は低いです。

木造と軽量鉄骨の防音性はどのぐらい違う?

木造アパートと軽量鉄骨の防音性というのは正直ほとんど変わりません。

遮音性というのはL値で示されており、値が高ければ高いほど音が聞こえやすくなります。

これは日本建築学会が調査した建物の遮音性と等級の関係性です。

遮音等級建物構造音の聞こえ方
L-35日常生活で気になるような音はほぼ聞こえない
L-40鉄筋鉄骨コンクリート造防音性が高く外からの音も軽減される
L-45子供の泣き声や走り回る音は多少聞こえる
L-50鉄筋コンクリート造子供の泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60重量鉄骨造足音やドアの開閉音など振動を伴う音が聞こえる
L-65軽量鉄骨造多少音量は軽減されるが生活音はほぼ聞こえる
L-70生活音はほとんど筒抜け
L-75木造生活音は筒抜けで小さな音まで聞こえる

木造は最低レベルで軽量鉄骨のほうが多少マシなレベルですが、施工方式によってはほとんど変わらないレベルです。

生活音はどちらも聞こえてしまうぐらいには防音性の低い構造となっています。

木造アパートの場合

木造アパートは建築方法の中では最も遮音性の低い構造となっています。等級としても最低レベルですが施工方法によっては多少生活音に差は出るようです。

木造アパートに住んでいて防音性が高いと言っている意見はほとんど見当たりませんでした。

等級から見ても最低レベルなので仕方ありませんが、その分家賃が安いので選択肢として選ばざるを得ない人も多いと思います。

軽量鉄骨アパートの場合

軽量鉄骨というのは建物の柱や梁などの骨組みに軽量の鉄骨を使う構造のことで厚さ6mm未満が基準値となっています。

厚さが6㎜以上ある鋼材を使用している場合は重量鉄骨と呼ばれ、アパートではなくマンションとして分類されます。

木造よりも通気性は悪いですが若干防音性が高いのと耐震性も少し改善されているので建物として木造と比較すると優秀です。

実際に軽量鉄骨アパートに住んでいる人の意見を集めてみました。

調べてみたところ軽量鉄骨アパートに住んで生活音が気になるとう意見が多く見受けられました。

木造より多少マシな部分も多いようですが、等級から見ても生活音を防ぐことはできないのである程度の音は我慢するしかなさそうです。

【防音性が意外と高いという意見】

同じ軽量鉄骨でもシャーメゾンの上階からの衝撃音を大幅に抑える「シャイド55」や「シャイド50」といった遮音性の高い床材や特殊な素材を界壁に設けている場合は防音性が高くなります。

また、防音性というのは結局のところ隣人が静かに生活しているかどうかという民度の問題が大きいので民度の高い物件であれば快適に過ごすことができます。

建物の防音性が低くても隣人があまり友人を招かず、割と静かに生活していれば住んでいて静かに感じるのは当然です。

軽量鉄骨造にもメリットはある

軽量鉄骨は防音性に関して言えば低いですが、それでも選ぶ上ではメリットもあります。

家賃が安い

木造に比べると少し家賃が高くなるものの、軽量鉄骨はアパートの部類に入るので重量鉄骨や鉄筋コンクリート造のマンションに比べるとかなり賃料が抑えることができます。

「家賃は安さ重視だけど防音性は少しほしい」という人にとっては軽量鉄骨が向いています。

比較的キレイな物件が多い

昔は木造アパートが当たり前となっていたので古い建物のほとんどは木造ですが、その後比較的コストを抑えつつ製造が楽な軽量鉄骨が普及したので軽量鉄骨でかなり古い建物自体が少ないです。

また、木造は環境の影響を受けやすいので劣化スピードも早いですが軽量鉄骨は比較的錆びにくいため多少築年数が経ってもある程度の状態を保つことができるのも見た目的にキレイさを維持できる理由となっています。

木造よりも虫が出にくい

軽量鉄骨と木造を比較すると壁の厚さや床の厚さなどはほとんど同じです。

ただし、木造に比べると気密性が高くなっているので相対的に若干防音性が高くなっているわけです。

気密性が高ければそれだけ虫が入ってくる隙間が少ないということになるので虫の発生を抑えることができます。

また、木造は虫にとっても住み心地の良い環境となっているので木に卵を産み付ける虫の性質を考えると軽量鉄骨のほうが虫が湧きにくいというのは納得がいきます。

虫嫌いなら木造よりも軽量鉄骨。

木造よりも耐震性に優れている

軽量鉄骨は木造に比べると耐震性に優れている点も地震大国ならではの魅力です。

軽量鉄骨は折れにくい素材と言われているので倒壊のリスクはかなり低く、その名の通り軽い素材となっているので重量の影響で建物がつぶれることは滅多にありません。

普段は気にしない耐震性ですが、いざというときに木造よりも安心できる点を考えると軽量鉄骨を選ぶメリットと言えます。

比較的静かに過ごすための軽量鉄骨アパートの選び方

軽量鉄骨でも物件の選び方によっては静かで快適に過ごすこともできます。

新築や築浅物件を狙う

築年数20年前後の軽量鉄骨よりも新築や築浅などの比較的最近造られた建物のほうが防音性が優れている可能性があります。

昔に比べて技術が発達しているのでより防音性の高い素材を取り入れていたり、床材も良いものにしている物件も増えています。

以前に比べて賃貸物件の空き室が増えている傾向にあり、入居者は防音性を求めているので最近建設されている物件は防音性を重視して造られているというわけです。

もっとも新築や築浅でもレオパレスのような建設コストを最低限で造っていると防音性皆無の物件となることもあるので注意が必要です。

軽量鉄骨で防音性に優れているなら物件情報にアピールポイントとしての記載があります。

戸数の少ない物件を探す

生活音が響くかどうかは防音性が影響しますが、そもそも隣人がいなければ木造だろうと軽量鉄骨だろうと生活音が響くことはないので快適に過ごすことができます。

通常の賃貸物件は101号室~105号室といった具合に部屋が複数存在しますが、探してみると101号室~102号室までといった部屋数の少ない物件もあります。

戸建てのような見た目で隣の部屋がないような物件も存在するので、こういった部屋数の少ない物件に着目して探してみると防音性を気にせず生活することができます。

角部屋を選ぶ

隣人がうるさくするかどうかは実際に住んでみないとわかりませんが、角部屋であればそのリスクを2分の1に軽減することができます。

中部屋だと両隣りの生活音が聞こえてしまったり、逆に自分が少しでもうるさくしていると苦情が入る可能性が高いですが、角部屋であれば隣人1人のリスクだけで済みます。

また、角部屋は隣人が引っ越し等で空き室になったときに生活音を気にせず快適に過ごすことができる点。

上からの音に関しては我慢するしかありませんが、リスクを少しでも減らしたいなら角部屋は絶対に譲れない条件です。

大通りや路線沿いはなるべく避ける

軽量鉄骨はコストが安く造られているため車や電車、バイクなどの外からの騒音に対してもあまり期待することができません。

軽量鉄骨で大通りとか線路沿いに住むと間違いなく外からの騒音に悩まされることになるので、なるべく路地裏や住宅街を選ぶようにしましょう。

外からの騒音がないだけもかなり静かに過ごすことができます。

1階よりも2階を選ぶ

上からの足音や生活音を気にするようであれば1階ではなく2階を選ぶようにしましょう。

2階のほうが若干家賃が高かったり、自力で引っ越し作業をするのは面倒ですがその分防犯面に優れていたり下の階からの生活音はあまり響かないのでメリットも多いです。

アパートの場合は2階が最上階となっている物件が多いのでそこまで家賃に差はありません。

軽量鉄骨造でも快適に過ごすための防音対策

防音対策
  • 窓に遮音シートを貼る
  • 家具を壁際に設置する
  • 防音マットを設置する
  • コルクマットやジョイントマットを使う
  • 音が出るものをなるべく壁から離す

家具を壁沿いに設置するのは防音効果が期待できますが、テレビやベッドなどをぴったりとつけてしまうとこちらの音が隣人まで響いてしまいやすくなるので注意してください。

外からの騒音対策
  • 遮光カーテンを設置する
  • 断熱シートやプチプチを窓に貼る
  • 隙間テープを張り付ける
  • 給気口や換気口を閉める

騒音対策として有効なのは窓の対策です。窓を閉め切っていても隙間はできてしまうので隙間を埋めるためのテープを貼るのがおすすめです。

細かい条件の物件を効率的に探す方法

軽量鉄骨自体はそれほど防音性が高くありませんが、物件の選び方次第で快適に過ごすことができます。

ただ【角部屋】【隣りの部屋が空き室】【静かな住宅街】等の細かい条件となってしまうのでスーモやホームズで探すのは正直あまり効率的ではありません。

おすすめはイエプラという家にいながら部屋を探してもらうことのできるアプリです。

イエプラの場合はチャットで専門スタッフに条件を伝えてあとは放置していれば勝手に探してくれるので自分の条件に当てはまる物件がかなり探しやすくなっています。

物件数も500万件以上あり、おとり物件をオペレーター側で排除してくれるので効率的に部屋探しが行えます。

直接不動産に行っても同様の探し方はできるものの、物件数自体が少なくて希望の条件を満たす物件を見つけるのは難しいのでこういった無料で使えるアプリの利用がおすすめです。

イエプラ公式ページへ

イエプラの仲介手数料判明!口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

結論:軽量鉄骨アパートはやめとくべきなの?

防音性を重視するなら軽量鉄骨造の物件はやめたほうが後悔が少ないですが、家賃の安さを重視するなら選択肢としては問題ありません。

防音性を考えるなら鉄筋コンクリート造のマンションや分譲賃貸のほうが圧倒的に良いですが、比例して家賃も高くなってしまうのでやはり家賃との兼ね合いになってきます。

家賃を抑えたいけど防音性の高さも重視しているなら物件選びがかなり重要になってきます。

特に部屋数の少ないような物件、角部屋あたりを中心に探すようにしてみましょう。

木造アパートと鉄筋コンクリートマンションの防音性の違いとは? 角部屋1階は最強?賃貸物件で最も防音性が高い部屋の位置や構造とは