CHINTAIの特徴や口コミ・評判!利用するメリット・デメリットまとめ


CHINTAIの特徴や良い点・悪い点!仲介手数料や口コミ・評判ってどう?

顔色が悪いトラのキャラクターでお馴染みのCHINTAI(チンタイ)。

CMでは「ネットでCHINTAI!」でお馴染みで有名なタレントをよく起用しているのが印象深いですよね!

もちろん一人暮らしにもぴったりなサイトなので今回はそんなCHINTAIの特徴や仲介手数料、口コミや評判を簡潔にまとめてみました!

スポンサードリンク

CHINTAIの特徴をざっくりと説明

CHINTAI

CHINTAIのホームページへ

CHINTAIは不動産情報まとめサイトの一つですが、まとめサイトとしては規模が小さく主に取り扱っているのはエイブルの物件です。

エイブルで検索する時との違いはプラスアルファで地域の不動産情報があるかどうか。

エイブル自体は全物件の仲介手数料が半額となりますが地域の不動産が取り扱っている物件となると手数料が変わることがあります。

CHITAIを利用するメリット

【良い点】

  1. 仲介手数料の安い物件が多い
  2. 細かいテーマで物件を検索できる
  3. 部屋の広さを指定して検索ができる
  4. 急行が止まる駅が一目でわかる

仲介手数料の安い物件が多い

CHINTAI仲介手数料

CHINTAIはエイブルと提携している不動産情報サイトでエイブルは全物件の仲介手数料が半額となっているため、仲介手数料の安い物件ばかり表示されます。

さらに地域密着型の不動産物件も混じっているのでエイブルの物件数だと物足りなさを感じる人にとっては探しやすいという利点があります。

ただ、地域密着型不動産の仲介手数料は半額となっていないため注意してください。

物件を探す時に【仲介手数料54%以下】と表記されていれば半額、何も表記がない場合は仲介手数料1か月かかる物件です。

エイブルの特徴や口コミ詳細はこちら!

細かいテーマで物件を検索できる

CHINTAIテーマ別検索

CHINTAIはテーマ別に検索することも可能で、人気のある条件からちょっとマイナーな条件など、条件設定として指定できない範囲も検索できるようになっています。

【例】

  • 保育園・幼稚園近くの物件
  • 子供可の物件
  • 屋上付きの賃貸物件
  • 特優賃の物件(コスパ最強の物件)
  • 防音対策賃貸物件
  • トリプルゼロの物件

普通に検索しようと思っても屋上付きの物件なんて検索方法がありませんし、防音性を謳っている物件なんてのもあるので見ているだけでも面白いです。

部屋の広さを指定して検索できる

これもCHINTAIならではの検索方法の1つ。

普通は家賃や駅からの距離などの検索方法が一般的ですが、CHINTAIではさらに【今の広さ】や【リビングの広さ】までも細かく条件設定することが可能です。

CHINTAI部屋の広さ

例えば「8畳以上の部屋がいいな」と思ったらこの機能が役に立ちますし、普通はこんな検索できませんからね。

一覧で表示して、1つ1つ間取りを見て・・・という面倒臭い作業をしなくても条件設定ができるのは便利な機能です。

急行が止まる駅が一目でわかる

CHINTAIは沿線別に検索するとこんな感じで表示されます。

CHINTAI急行始発

急行が止まる駅、始発の駅なんかが一目でわかるので住みたい駅が決まっていない人はこれを参考にして部屋を探すというのもありかもしれません。

ちなみに急行や快速が止まる駅というのは人気物件なので同じ部屋の条件でも家賃が高くなる傾向があります。

どうしても住みたい地域があるけど家賃が気になる場合は一駅ずらして検索してみるといいかも。

CHINTAIを利用する上でのデメリット

【悪い点】

  1. まとめサイトにしては物件の掲載数が少ない
  2. 仲介手数料が1か月取られる物件も紛れている

まとめサイトにしては物件の掲載数が少ない

CHINTAIは全国の物件を取り扱っていますが、総取扱数は約80万件~100万件ほど。

一見多いようにも思えますが、同じまとめサイトであるスーモやホームズは約600万件なので、比較するとかなり少ないです。

基本的にエイブルが紹介している物件+地域の不動産が紹介している物件という構成なので取り扱い物件数は少なくなってしまいます。

仲介手数料が1か月取られる物件も紛れている

エイブルの魅力と言えば全物件の仲介手数料が半額なことですが、地域密着型の不動産物件も同時に紹介してしまっていることで物件の中には普通に仲介手数料が1か月分かかる部屋も混じっています。

仲介手数料別で検索できる機能があったらまだよかったのですが、それもできないので「だったらスーモやホームズで検索した方が良くないか?」となってしまいます。

スポンサードリンク

CHINTAIの評判・口コミ

 

以前住んでいたアパートから、近所でいい所がないか
探していました。

ただ、その辺りの賃貸は最寄り駅周辺から少し遠い
大きい駅周辺の大手チェーン店が管轄していたので
電車を乗り換え、最初はCHINTAIに行ったのですが、
気に行ったのがなかったので、後日、エイブルに
行きました。

でも、CHINTAIと物件が重複していたり、
他の物件も5件ほど見たのですが、微妙で
引っ越し代を使って初期費用も払うほどでは
なかったんです。

車で、平日だったので担当者と店長まで一緒に
付いてきて回ったのですが、見終わった後、
また考えさせて下さい、近所なのでもうここで
降ろして下さいと言ったら、車から降ろしてもらえずに
非常に怖い思いをしました。

CHINTAIは、また考えますと言って、降ろして
くれたので、腹が立ったのでその事を言うと、
エイブルとCHINTAIはルールが違うと訳の解らない
事を担当者が助手席の店長の顔色をうかがいながら
後部座席の私に言いました。

店長も、少しマズイと思ったのでしょう。

エイブルに帰る途中で、引き返してようやく
近所の物件を見ていた所で降ろしてくれました。

後から調べたのですが、エイブルの直営店でした。

参照元:教えて!goo

CHINTAIに掲載されている物件の多くはエイブル管理なのでエイブルの口コミや評判も集めてみました。

【エイブルの口コミ】

私もエイブルを利用したことが今まで2回ほどありましたが、ちゃんと対応してくれて部屋を探してくれるものの、その日よさそうな部屋が決まらないと「次いつ予約しますか?」としつこかった記憶があります。

直営店なのかFC店なのかで対応も変わってくると思いますが、エイブルはしつこいイメージ。

ただそれでも仲介手数料半額があまりにも魅力的なので利用する価値が高いと私は思います。

CHINTAIは仲介手数料を抑えたい人向けのサイト

正直言ってサイト自体にそこまで目新しさは感じませんし、条件を優先して検索するならスーモやホームズの方が検索しやすいです。

仲介手数料が安い物件がいいってことならCHINTAIじゃなくてエイブルのサイトで検索した方が効率がいいのでわざわざCHINTAIを利用する意味は正直言ってあまりないように感じました。

 

 

まぁ部屋の広さで探せる機能だけは使えると思うので、広さを指定したい人は検索する価値はあるのかも。

ちなみに私のおすすめする不動産情報サイトは「不動産情報サイトランキングTOP10」でまとめていますので参考にしてみてください。

効率的に部屋探しをしたいならイエプラがおすすめ

部屋探しをするときにスーモやホームズでまず検索をかける人は多いと思いますが、そもそもネットの不動産情報はリアルタイムではなく、少しラグがあるので良い物件を見つけても成約済みになっていることが多いです。

私は以前このせいで1か月ぐらい無駄にしたことがあります。

そこでおすすめなのがイエプラというサイト。

イエプラは条件を伝えると半自動で最新情報を送ってくれるサイトで、細かい条件はすべてチャットで伝えることができるサービスです。

イエプラの物件

わざわざ不動産に行かなくても最新の情報を得ることができるので手間もかからず自分で探す面倒くささもないのでかなりラク。

無料で使えるサイトとしてはかなりクオリティが高いので気になる方は使ってみてください。

イエプラ公式ページへ

その他の物件情報掲載サイト

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す